ニュース
» 2009年05月28日 11時27分 公開

Skype 4.1β版リリース 画面の共有が可能に

バージョン4.1では、自分のデスクトップ画面の一部または全部をほかのユーザーにも見せることができる。

[ITmedia]

 Skypeは5月27日、Windows向け「Skype 4.1」のβ版をリリースした。

 このバージョンでは、Mac版Skype 2.8βで導入された画面共有機能が追加されている。この機能は、自分のデスクトップ画面の一部または全部をほかのユーザーにも見せることができるというもの。友人にコンピュータの操作方法を教えるといった場合に役に立つという。Windows、Mac、LinuxでSkypeを使っているユーザーと画面の共有が可能だ。

 またGmail、Windows Live Hotmail、Yahoo!、AOL、LinkedInなど、ほかのサービスからコンタクト情報をインポートできるようになった。誕生日リマインダと、コンタクト情報をほかのSkypeユーザーに送る機能も、前回のバージョンではなくなっていたが戻したとしている。

 Skype 4.1βはSkypeのサイトからダウンロードできる。日本語版も提供されている。

関連キーワード

Skype | β版 | Windows


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -