ニュース
» 2009年12月16日 17時45分 UPDATE

Windows 7の「Aero Peek」に対応、Sleipnir 2.9.2公開

Sleipnir 2.9.2は、Windows 7に搭載された新機能「Aero Peek」に対応。タスクバーアイコンにマウスカーソルを重ねるだけで、Webページをタブごとにサムネイル表示できるようになった。

[杉本吏,Business Media 誠]

 フェンリルは12月16日、Webブラウザ「Sleipnir 2.9.2」を公開した。フェンリルのWebサイトからダウンロードできる。対応OSはWindows 98/98SE/Me/2000/XP/Vista/7。

ts_sl71.jpg

 Sleipnir 2.9.2では、Windows 7の新機能である「Aero Peek」に対応。Windows 7でAeroが有効になっている環境で利用できる。タ スクバーのアイコンにマウスカーソルを重ねるだけで、Sleipnirで開いているWebページをタブごとにサムネイル表示でき、直接タブを閉じたり切り替えたりといった操作が可能だ。

ts_sl72.jpg 従来版で対応した「Jump Lists」に加え、Windows 7のAero Peekにも対応した

 SSL認証ページの閲覧中はアドレスバーの色がグリーンに変化し、Webページのセキュリティ対応の有無を確認しやすくなった。また、従来版で搭載したInternet Explorer 8の互換表示切り替え機能を、イントラネットサイトの表示の際にも利用できるようになった。

ts_sl73.jpg 通常時はホワイトのアドレスバー(上)が、SSL認証を受けたページだとグリーンに変化する(下)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ