ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「検索」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「検索」に関する情報が集まったページです。

1万人から回答:
スマートスピーカーの認知率は8割 実際の利用率は?
調べたいことを話しかけると人工知能(AI)が認識し、インターネット検索のような調べものや家電の操作を代わりに行ってくれるスマートスピーカー。伊藤忠グループのリサーチ会社マイボイスコム(東京都千代田区)の調査で、スマートスピーカーの認知率が8割に上ることが明らかになった。実際に利用している人の割合は9%だった。(2022/5/18)

TechTarget発 世界のITニュース
ECサイトの“ユーザー離れ”を抑止する「Retail Search」をGoogleが提供
消費者がECサイトで求める商品を見つけられず離れてしまう「検索放棄」によって、小売業者は顧客を失う恐れがある。Google Cloudの新ツール「Retail Search」は、その解決策となるのか。(2022/5/18)

キャンプ場予約「楽天トラベルキャンプ」開設 AC電源の有無で絞り込み検索も
キャンプ場予約サイト「楽天トラベルキャンプ」がオープン。海・山・湖といったロケーションで絞り込んだり、「まったり落ち着く」「ワイワイにぎやか」など雰囲気を確認することもできる。(2022/5/17)

どうする? 電子帳簿保存法Q&A:
役立つ「OCR」4選 請求書から日付・金額など読み取り 電子帳簿保存法Q&A
電子帳簿保存法の改正に伴い、日付、金額および取引先などの検索要件に関わる項目を自動判別できる高度なOCRツールを探している──そんな質問に対する、専門家の回答は?(2022/5/13)

リクルート事例で分かるIaaS→PaaS移行のコツ(1):
リクルートの情報検索組織が検索APIの基盤をIaaSからPaaS中心にした理由
リクルートの情報検索組織において検索APIの基盤をどうやってPaaS中心のシステムに移行したかを紹介する連載。初回は、PaaS中心の世界観に至った歴史的いきさつ、理由について解説する。(2022/5/13)

東京ガス、膨大なデータを自然言語で検索するAIサービスを導入 データ資産を最大活用
東京ガスは、アクセンチュアが提供するデータ資産の活用を支援する「AI Powered ナレッジシェアリング」を導入した。同ソリューションは企業が保有するデータの価値を引き出し、データドリブン経営を支援する。(2022/5/6)

iPhone Tips:
iPhoneの標準アプリを再インストールする方法
「FaceTime」や「ブック」など、iPhoneに標準でインストールされているが削除できるアプリはいくつか存在する。これらを削除すると、再インストールする場合は「購入済み」ではなく「検索」から検索し直さなければいけない。(2022/4/29)

Google、検索結果からの個人情報削除リクエスト範囲を拡大 住所やメアドも
Googleは、検索結果からの個人情報削除リクエストの対象範囲を拡大した。身分証明書の画像や住所や電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報などが追加された。(2022/4/28)

「貧血」や「インフルエンザ」検索で監修済み医療情報をトップに表示 Googleが新機能
グーグルは、検索サービスのアップデートとして、喘息、インフルエンザ、貧血などの一般的な疾患に関する信頼度の高い情報を見つけやすくする機能を日本向けに追加したと発表した。(2022/4/26)

Twitterで検索すると幸せになれる魔法の言葉が話題 絶景スポットやおすすめのお店がワンサカ
みんなの「幸せ」をたくさん見られる。(2022/5/2)

ゴールデンウィークの過ごし方を調査 「密を避ける」人はどれほどいるのか?
LINE CONOMIはスポット検索サービス「LINE PLACE」にて、「2022年のゴールデンウィークの過ごし方に関する調査」を実施した。(2022/4/26)

ふぉーんなハナシ:
Galaxy Z Fold3 5Gの「S Pen」を紛失 解決策をサムスン電子に聞いた
つい先日のことだが、「S Pen Fold Edition」を紛失してしまった。Galaxy Z Fold3 5Gからの検索はできるのか、再度購入する方法はあるのか気になる。サムスン電子ジャパン広報に聞いてみた。(2022/4/25)

「MapFan」に未来情報 これからできる保育所や公園など3年先まで 「引っ越しにも」
地図検索サイト「MapFan」を運営するジオテクノロジーズは20日、新規出店や開催予定のイベント、再開発情報などを表示する「MapFan 未来情報」の提供を始めた。(2022/4/20)

製造ITニュース:
低コストのサブスク形式で中小製造業にも導入しやすい図面検索AI
テクノアは2022年4月15日、AIの画像認識技術を活用したソフトウェア「AI類似図面検索」を発売した。図面点数が1万枚以下で、2ユーザーまでの場合、初期費用は税別で100万円、月額利用料は3万円。(2022/4/22)

Social Media Today:
Googleが切り開く「検索→購入」の近道 クルマ販売でも実施へ
進化する検索トレンドに対応すべく、Googleが新たに「車両広告」を提供開始。自動車販売業者にとって福音となるか。(2022/4/15)

DuckDuckGoのデスクトップWebブラウザ、まずはMac版をβで
プライバシー重視検索で知られるDuckDuckGoが、初のデスクトップ向けWebブラウザを発表した。まずはMac向けβをリリースする。現在ウェイティングリストに参加できるようになっている。(2022/4/13)

Google LensにMUM採用の画像+テキストのマルチ検索
Googleは、AndroidおよびiOSのGoogleアプリの新機能「マルチ検索」を発表した。「Google Lens」の画像検索結果にテキストでの検索を重ねられる。検索アルゴリズム「MUM」(Multitask Unified Model)を採用している。(2022/4/8)

山手線など23路線:
JR東「どのくらい混んでいるか」「どの駅から混むか」が分かる実証実験を開始
JR東日本は4月4日、経路検索から一部の路線の混雑状況が分かる「車内混雑がみえる経路検索」の実証試験を開始した。(2022/4/4)

Google、検索結果の信頼性判断を支援する複数の新機能
Googleは、検索結果の信頼性を判断するための複数の新機能を発表した。「Top stories」で他から多数引用されている記事にラベルを表示するなどだ。いずれもまだ英語でしか使えないが、いずれグローバルに展開する。(2022/4/1)

Google、検索アルゴリズム「MUM」で自殺などの危機にある個人のクエリを検知する取り組み
Google検索に、向こう数週間中に検索アルゴリズム「MUM」が採用される。MUMはクエリの背後にある意図を検知し、自殺を考えるなど個人的な危機にあるユーザーにより適切な検索結果を提示する。(2022/3/31)

23年卒業生が選ぶ:
就活生が注目している企業ランキング、1位は?
2023年卒業予定の大学生は、どの企業に注目しているのだろうか。就職サイトに登録している学生が検索した企業名を集計したところ……。(2022/3/31)

はてブ、不正ブクマ依頼に加担しないよう注意喚起 不自然なら検索結果から除外措置
ソーシャルブックマークサービス「はてなブックマーク」(はてブ)を運営する、はてなは、不正なブックマーク依頼などに応じないよう、ユーザーに注意喚起した。情報まとめサイトの運営業者を名乗る者が、不正にブックマークを集める行為を行っているという。(2022/3/29)

ショートカットが出なくても慌てない:
JR東日本のきっぷが「Google マップ」の検索結果から購入可能に 「えきねっと」会員登録が必要
Google マップにおいて、検索結果からJR東日本の「えきねっと」にジャンプしてJR東日本の特急列車のきっぷを予約/購入できるようになった。ただし、えきねっとを利用する際には会員登録が必要となる。(2022/3/29)

「Google マップ」から新幹線の予約が可能に JR東と連携 特急列車も
JR東日本エリアで完結したルートを「Google マップ」で検索すると、そのルートを保持したまま「えきねっと」に遷移してきっぷが買えるようになる。新幹線や特急列車も予約可能だ。(2022/3/29)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
NFT人気は一過性? なぜか関心が急下降している件
デジタル資産に唯一性を保証するNFT(非代替性トークン)に注目が集まっています。しかし、検索トレンドの推移を見てみると、意外な傾向が……。(2022/3/28)

「Yahoo! MAP」で小児用コロナワクチンマップ提供 詳細情報やルート検索も
ヤフーは24日、スマートフォン向け地図アプリ「Yahoo! MAP」上に新型コロナワクチンの小児接種に対応した施設や医療機関を表示する「小児用 コロナワクチンマップ」の提供を始めた。(2022/3/24)

TwitterがDM検索を強化 グループとメッセージもキーワードで探せるように
Twitter社がTwitterのDM検索機能を強化し、グループDMメッセージをキーワード検索できるようにしたと発表した。(2022/3/24)

「Google」アプリで過去15分の検索履歴を削除する機能、ようやくAndroidにも追加
Android版「Google」アプリに「過去15分の履歴を削除」機能が追加された。Googleが2021年のGoogle I/Oで発表した「Quick Delete」機能。iOS版アプリには昨年7月に追加済みのものだ。(2022/3/23)

ヤフーのゲーム検索ランキング、「ウマ娘」「ELDEN RING」を抑えて1位になったのは? 
ヤフーは22日、2月中の検索数が多かったゲームタイトルをランキング形式で発表した。1位と2位は世界中で人気を集めたタイトルだった。(2022/3/23)

「SEOポイズニング」攻撃の実態【後編】
Googleは検索悪用攻撃「SEOポイズニング」を防ぐために何をすべきなのか?
SEOを悪用して有害サイトへ誘導する「SEOポイズニング」を使った攻撃を食い止めるために、Googleなどの検索エンジンベンダーにできることとは何なのか。セキュリティの専門家に聞く。(2022/3/21)

三浦翔平&桐谷美玲、夫婦で「3.11検索」表明 佐々木希やみちょぱら多数芸能人がシェア
3月11日、絶対に忘れられない日。(2022/3/11)

DuckDuckGOも検索結果でロシア関連虚偽情報をランクダウン
中立的な検索結果を標榜してきた検索エンジンDuckDuckGoのワインバーグCEOが、ロシアの虚偽情報はランクダウンすると発表した。「ロシアのウクライナ侵攻にうんざりしている」とツイート。検索結果にはニュースモジュールも表示する。(2022/3/11)

「3.11」検索で10円寄付 ヤフーとLINEが東北支援施策 東日本大震災から11年
ヤフーとLINEは3月11日、ユーザーが「Yahoo! 検索」と「LINE Search」それぞれで「3.11」と検索すると、両社が10円ずつ(計20円)寄付する東北支援施策を2022年も開始した。(2022/3/11)

「omochi」で学んだこと:
「検索しない若者」のための求人サービス パーソルグループが挑んだユーザー視点の新規事業創造とは?
8種類のかわいいキャラクターを使った診断で自分に合ったアルバイトを探せるユニークな求人サービス「omochi」。若い世代のインサイトを起点にしたサービス創造の背景について、事業責任者に聞いた。(2022/3/11)

「SEOポイズニング」攻撃の実態【中編】
検索結果からマルウェアに誘導 「SEOポイズニング」3つの方法とは?
SEOを悪用して有害なWebサイトに誘導する「SEOポイズニング」攻撃は、実際のサイバー攻撃においてどのように悪用されているのか。マルウェア「SolarMarker」の配布に使われた攻撃を例に、具体的な方法を探る。(2022/3/11)

3歳児ママ「日々進化してます!」 言いたい言葉を“脳内検索”する「子どもあるある」に共感続々
頭の中はフル回転。(2022/3/4)

「SEOポイズニング」攻撃の実態【前編】
「SEOポイズニング」復活の“謎” SEOを攻撃に悪用する手口
検索エンジンの結果に有害なWebサイトが表示されやすくする「SEOポイズニング」は、新しい攻撃手法ではない。ただしSophosの調べによると、SEOポイズニング攻撃に“変化”が起きている可能性がある。それは何か。(2022/3/4)

ゲッティイメージズが発表:
北京五輪で「日本で最も検索されたアスリート」 3位「平野歩夢」、2位「高木美帆」、1位は?
ゲッティイメージズが、北京五輪期間中、日本で最も検索されたアスリートランキングTOP10を発表した。その結果、1位は「羽生結弦」(日本・フィギュアスケート)だった。2位は「高木美帆」(日本・スピードスケート)、3位は「平野歩夢」(日本・スノーボード)だった。トップ10のうち、6選手がフィギュアスケートからの選出となった。(2022/3/2)

ゲッティイメージズが発表:
北京五輪で「世界で最も検索されたアスリート」 3位「ネイサン・チェン」、2位「谷愛凌」、1位は?
ゲッティイメージズが、北京五輪期間中、世界で最も検索されたアスリートランキングTOP10を発表した。その結果、1位は「カミラ・ワリエワ」(ROC・フィギュアスケート)だった。2位は「谷愛凌」(中国・フリースタイルスキー)、3位は「ネイサン・チェン」(米国・フィギュアスケート)だった。日本人選手では「羽生結弦」(日本・フィギュアスケート)が8位となり、唯一ランクインした。(2022/3/2)

日立、NECら8団体が「分野間データ連携基盤技術」を開発 分野をまたぐデータ利活用が可能に
日立製作所など8団体は、産官学での分野を超えたデータ連携を実現する「分野間データ連携基盤技術」を開発した。データカタログを共通化することで、分野をまたぐ分散型のデータ検索や利活用を容易にする。交通、観光・旅行などの分野で社会実装に向けた実証を開始する。(2022/3/2)

営業リスト100件が最低500円から 160万社から約4万のキーワードで検索可 企業データベース「FUMA」に新サービス
WebベンチャーのPlainworksが、160万社以上の情報を収録する企業データベース「FUMA」の新サービスとして、企業リストを最低500円で提供する「FDS」を始めた。営業先リストなどが求める企業の利用を見込む。(2022/3/1)

ヤフーの経路検索アプリ、春のダイヤ改正に対応 減便や終電繰り上げも
ヤフーは28日、スマートフォン用の乗換検索アプリ「Yahoo!乗換案内」を始め、地図アプリ「Yahoo! MAP」(どちらもiOS、Android)、ブラウザ版「Yahoo!路線情報」「Yahoo!地図」が鉄道各社の2022年春のダイヤ改正に対応したと発表した。(2022/2/28)

Googleで「バットシグナル」を検索すると……
Google検索で「バットシグナル」や「ブルース・ウェイン」、「ゴッサム・シティ」などを検索すると、バットシグナル装置のイラストが表示される。これをクリック(タップ)すると画面にバットシグナルが表示され、バットマンのシルエットが横切る。「THE BATMAN−ザ・バットマン−」の日本公開は3月11日。(2022/2/25)

東京メトロmy!アプリ、駅構内の「エレベーター利用ルート」を検索可能に
東京メトロの「東京メトロmy!アプリ」が、2月24日に「駅構内ナビゲーション」機能へ「エレベーターを利用するルート」を搭載。ナビ対応駅も23駅から43駅に拡大した。(2022/2/24)

ヤフーの検索ビッグデータの使い道 AWS消費財事業のキーパーソンが説く「商売のタネ」の見つけ方
サードパーティーデータが使えない中で、オンラインマーケティングの品質を高めるにはどんな方法が考えられるだろうか。検索ビッグデータを公開するヤフーは、個人情報を提供しない一方でさまざまな消費者ペルソナの嗜好や行動を探るヒントとなるデータを公開している。これらのデータはどう稼ぐ力に反映させればいいのか。ヒントを紹介する。(2022/3/8)

「広告やまとめサイトなどは出ません」Google検索を“まとも”にしてしまうウェブサービス「まとも検索」が公開
「Google検索は死んでいる」バズりを受けて制作。(2022/2/22)

広告やまとめサイトを表示しない「まとも検索」 公的機関や医療機関などに限定してググれる
ブロガーで個人開発者の村上福之さんが、まとめサイトや広告を表示しない検索サイト「まとも検索」を公開した。Google検索の検索先を公的機関や医療機関、論文などに限定できる。(2022/2/21)

Tech TIPS:
邪魔か便利か、簡易ブラウザを画面端に常時表示できる新機能「Edgeバー」とは
Microsoft Edgeバージョン98で導入された「Edgeバー」は、Windows 10の「ニュースと関心事項」やWindows 11の「ウィジェット」と似た機能に見える。しかし、Web検索やOutlook.comにすぐにアクセスできるなど便利な面もある。Edgeバーを非表示にしておく? それとも設定を行って使いこなす?(2022/2/21)

JALがMaaSアプリ提供開始 飛行機・電車・バスで経路検索、予約・手配も可
日本航空は、地上交通と航空機の移動を併せた経路検索などができるサービス「JAL MaaS」の提供を始めた。地上交通機関の予約・手配も可能で、マイルをためることもできる(2022/2/17)

車載情報機器:
2030年に売上高1000億円の事業に、パイオニアの「ナビ機能付きドラレコ」の狙い
パイオニアは2022年2月10日、ナビゲーション機能を搭載したドライブレコーダー「NP1」を同年3月2日に発売すると発表した。従来のカーナビゲーションシステムとは異なり、ディスプレイ画面なしで音声によるルート案内や、乗員の音声入力による目的地検索を提供する。設定や地図での目的地検索は専用のスマートフォンアプリを通じて行う。(2022/2/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。