ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「検索」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「検索」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

特定分野・用途向け検索サービス【後編】
Googleと業種/用途特化型検索サービスの最大の違い
業種/用途特化型検索サービスはそれぞれユニークな特徴と機能を備え、特殊な使い方を提案している。こうしたサービスとGoogleなどの汎用検索エンジンの決定的な違いとは何か。(2020/1/27)

「広告と検索結果が見分けづらい」Google、批判受けてデスクトップ検索の新デザイン撤回
Googleは既に新しいデザインのテストを開始しています。(2020/1/26)

Google、デスクトップ検索デザイン変更への批判を受け改めてテストを開始
デスクトップでのGoogle検索結果のデザイン変更へのフィードバックを受け、Googleが改善のためのテストを開始した。デザイン変更ではファビコン(情報源を示すロゴ)を表示するようになったが、これを表示しないデザインや、表示位置を変えるデザインをテストしていく。(2020/1/25)

Google検索結果、デスクトップでもデザイン変更 ファビコン付きに
デスクトップでのGoogle検索結果の表示が変わった。昨年5月にモバイル版で行ったデザイン変更が反映され、URLの表示位置が変わり、ファビコンが表示されるようになった。広告の区別が付きにくくなったという意見もある。(2020/1/24)

Android版Google検索にAIが履歴をまとめてくれる「コレクション」機能
Android版Google検索に、検索履歴に簡単にアクセスできるようにする「コレクション」機能が追加された。AIが検索履歴に基づいて集めた「マイレシピ」や「行ってみたい」場所のコレクションがカード状に表示される。(2020/1/23)

特定分野・用途向け検索サービス【後編】:
Googleと業種/用途特化型検索サービスの最大の違い
業種/用途特化型検索サービスはそれぞれユニークな特徴と機能を備え、特殊な使い方を提案している。こうしたサービスとGoogleなどの汎用検索エンジンの決定的な違いとは何か。(2020/1/22)

ジョルダンの「乗換案内」アプリ、ドコモ・バイクシェアに対応 電車・バス・自転車を組み合わせた経路を表示
ジョルダンの経路検索アプリ「乗換案内」が、「ドコモ・バイクシェア」に対応。出発地と目的地を入力すると、電車、バス、ドコモ・バイクシェアを組み合わせ、最適な移動経路を表示する。ポートまでの経路を案内するナビ機能なども実装した。(2020/1/21)

Instagramから「IGTV」ボタン消滅 「ほとんど使われなかったから」
Instagramアプリのメインページの右上から、「IGTV」ボタンが消えた。検索ページには残っている。Facebookは「ほとんど使われなかったから」削除したと語った。(2020/1/20)

特定分野・用途向け検索サービス【前編】
Googleでは実現しない特化型検索サービスの世界
Googleの検索エンジンがいかに優れていても、汎用的であるが故に限界がある。一方で特殊な用途や特定の業界に特化することによってしか実現しない検索サービスが存在する。(2020/1/20)

Linux基本コマンドTips(371):
【 dnf 】コマンド(応用編その3)――複雑な条件を付けてソフトウェア(パッケージ)の情報を表示する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、「dnf」コマンドでソフトウェア(パッケージ)を検索する方法です。(2020/1/17)

2020年4月に1.0版を予定:
Microsoft、「Windows Terminal Preview v0.8」を公開
Microsoftは、ターミナルアプリケーションの最新プレビュー版「Windows Terminal Preview v0.8」を公開した。オープンオースソフトウェアとして利用できる。今回は検索機能を追加し、設定やUIにも改良を施した。(2020/1/16)

Linux基本コマンドTips(370):
【 dnf 】コマンド(応用編その2)――複雑な条件を付けてソフトウェア(パッケージ)を探す
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、「dnf」コマンドでソフトウェア(パッケージ)を検索する方法です。(2020/1/16)

Digi-Key Electronics プレジデント兼COO Dave Doherty氏:
PR:サプライヤーとエンジニアの“橋渡し役”、100万品種の追加を目指すDigi-Key
高品質のソリューションを提供するサプライヤーと、それを探すエンジニアの“橋渡し役”を自負するDigi-Key Electronics(以下、Digi-Key)。プレジデント兼COO(最高執行責任者)を務めるDave Doherty氏は、エンジニアが必要な物を即座に探し出せる環境とサポートが欠かせないと強調する。2020年は、検索エンジンやオンライン設計ツールへの投資を継続するとともに、100万品種の追加を目指す。(2020/1/15)

Android版「Google」アプリに公開前の機能を試せる「Labs」タブ登場
Googleが、Android版「Google」アプリに、公開前の新機能を試せるコーナー「Labs」を開設した。まずは検索結果をズームする機能と、スクリーンショットをその場で編集する機能を試せる。(2020/1/14)

Linux基本コマンドTips(369):
【 dnf 】コマンド(応用編その1)――ソフトウェア(パッケージ)を探す
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、「dnf」コマンドでソフトウェア(パッケージ)を検索する方法です。(2020/1/10)

KDDIら、東京臨海副都心エリアの観光・移動をサポートするMaaS実証実験アプリ「モビリティパス」提供開始
KDDIらは、1月16日から東京臨海副都心エリア向けのMaaS実証実験アプリ「モビリティパス」を提供。観光関連記事やスポット情報を閲覧でき、さまざまな移動手段を組み合わせた最適なルートの検索・予約が行える。(2020/1/9)

お台場周辺でMaaSの実証実験 専用シャトルを運行、アプリで予約・ルート検索 KDDIなど参加
KDDIなど6法人が、MaaSの実証実験を東京臨海副都心エリアで行う。エリア内で「東京臨海シャトル」を運行する他、ルート検索などができるアプリ「モビリティパス」を配信する。観光客の輸送効率化などが狙い。(2020/1/9)

オフラインでもアウトドアマップが使えるWear OS搭載スマートウォッチ「SUUNTO 7」
フィンランドのSUUNTOがスポーツウォッチ「SUUNTO 7」を発売。Snapdragon Wear 3100を搭載したスマートウォッチでもある。フルカラーのアウトドア用マップを搭載し、オフラインでもルートを検索できる。(2020/1/7)

Googleさん:
人間の医師を超えるGoogleのAIヘルスケア、その舵取りは?
Googleが元旦に、AI採用の乳がん検診ツールに関する論文を発表。ヘルスケアに本気で取り組む意気込みを見せました。医療機関向け患者データ検索ツールも開発中です。(2020/1/5)

台湾で注目されている日本製品ランキング 「日清 から揚げ粉」が上昇中
訪日外国人向けのショッピングサポートアプリ「Payke」の商品接触ランキングデータと検索数を比較。台湾で人気の日本製品は?(2019/12/26)

ラブホテル検索「ハッピーホテル」に個人情報漏えいのおそれ サービス一時停止
メールアドレスとログインパスワードが流出している可能性があるため、他のサービスで使い回している人は変更を。(2019/12/24)

ラブホ検索サイト「ハッピーホテル」で会員情報漏えい サービス一時停止
ラブホテル・レジャーホテル検索サイト「ハッピーホテル」の会員情報が漏えいした。サイバー攻撃によるもので、運営元はサービスを一時停止し、原因を究明中。(2019/12/24)

ソフトバンクが子どもの位置検索ができる「どこかなGPS」を投入 2020年2月下旬以降に発売
ソフトバンクが、位置情報の送信に特化した端末を発表。本体と2年間の通信料金をセットにして発売。GPS機能を搭載した正方形の小型デバイスがの専用アプリを通じ、離れた場所から位置を検索できる。(2019/12/19)

今日のリサーチ:
米国における年間検索トレンド――Yext調査
米国における1年間の検索トレンドを各業界のトピックで振り返ります。(2019/12/18)

ナビタイム、観光バスドライバー向けに「バスカーナビ」提供
ナビタイムジャパンは、12月17日にAndroid向け観光バス専用カーナビアプリ「バスカーナビ」をリリースした。観光バスドライバー向けに大型バスの交通規制などを考慮したルート検索やナビゲーションが可能で、リアルタイムの渋滞情報も考慮する。(2019/12/17)

G20サミットで注目:
トップ3は関西勢が独占 外国人観光客がナビ検索した人気スポットは?
「2019ナビタイム スポット検索ランキング」によると、外国人観光客が最も検索したスポットは「大阪城天守閣」。2位は「鹿苑寺(金閣寺)」、3位は「奈良公園」となり、トップ3は関西のスポットが独占した。(2019/12/17)

検索機能やカーソルなどを改良:
Microsoft、「Visual Studio Code」の「November 2019」リリースを公開
Microsoftは、クロスプラットフォームエディタ「Visual Studio Code」の最新版「November 2019」リリース(バージョン1.41)を公開した。検索機能やカーソルなどを改善した。(2019/12/17)

Google、検索結果のニュース表示をまた改善 カルーセルが重層に
Google検索でニュースを検索すると、これまでは2つのトップストーリーとその下にカルーセル状の複数記事が表示されたが、トップストーリーもカルーセル状になり、関連する話題が複数ある場合はそれが複数のカルーセルとなって重層表示されるようになる。まずは英語版から。(2019/12/13)

ヤフーが美容師検索で新サービス InstagramなどSNS参考に開発
ヤフーが美容師検索サービス「Yahoo! BEAUTY」の提供を始めた。SNSのハッシュタグ検索のように、キーワードで好みの髪形を探し、施術した美容師を探せるようにする。(2019/12/12)

Googleマップ、iOSにも「シークレットモード」、Androidには「場所」の複数選択削除機能
GoogleマップのAndroid版で10月から使えていた「シークレットモード」がiOSでも利用可能になった。訪れた場所や検索履歴が保存されない。Android版では、「タイムライン」で保存された「場所」を選択して削除できるようになる。(2019/12/10)

グーグル共同創業者が退任 ペイジ氏とブリン氏 ピチャイCEOが親会社も統括
 【ワシントン=塩原永久】米検索大手グーグルの持ち株会社アルファベットは3日、共同創業者のラリー・ペイジ最高経営責任者(CEO)が退任し、グーグルCEOのスンダー・ピチャイ氏がアルファベットCEOを兼務する人事を発表した。親会社と事業会社グーグルのCEOを一本化し、経営の迅速化につなげる狙いとみられる。(2019/12/4)

大ヒットドリンクや注目家電など:
2019年、検索数が急上昇した「商品」は? 3年連続受賞の食品も Yahoo!検索大賞
1年間で前年と比べて最も検索数が急上昇した人物や製品などを表彰する「Yahoo!検索大賞2019」が発表された。ブームとなったタピオカドリンクや、加熱式たばこなどの商品が選ばれている。(2019/12/4)

キングジム、筆圧4096段階対応の電子ノート PDF編集やDropbox連携も
キングジムは、電子ノート「freno」のクラウドファンディングを始めた。4096段階の筆圧検知に対応し、ノートの検索機能やPDF編集機能も備える。(2019/12/4)

アイドル関連が話題に:
2019年にメルカリ内で検索回数が急増した「トレンドワード」トップ10が発表 出品人気はアイドルや新元号に集中
2019年、メルカリ内でトレンドとなったものが発表。18年と比較すると、トップ10には食品関連が増えた。出品ワードマップにはアイドルや新元号が目立った。新元号に関しては、発表後に検索数や出品数が激増したという。(2019/12/3)

入試にスマホ持ち込みOK 東京女子学園中、データ読み解く力を試す
東京女子学園中学校が2020年の入学試験の算数で、スマートフォンの持ち込みを認める。受験者はスマホの検索機能や計算機能などを自由に使い、試験問題に回答する。(2019/12/3)

「note」がnote.comドメインに SEO強化で検索流入を増やす
ピースオブケイクは、「note」のURLを「note.mu」から「note.com」に移行する。SEOを強化して検索流入を増やす狙いがある。(2019/11/25)

「かわいい動物を見たければTwitterで“イヌヌワン”“ネココニャン”と検索すべし!」 新ポケモン「ワンパチ」が謎トレンドを生み出し全国のペット自慢が集まる事態に
Twitter最高やん。(2019/11/21)

Azure上でマーケ支援の「Marketing Cloud」を提供 TeamsとSales Cloudの連携も――SalesforceとMicrosoftが連携強化
Salesforce.comとMicrosoftは、戦略的パートナーシップの拡大を発表。「Microsoft Azure」をマーケティングプラットフォーム「Salesforce Marketing Cloud」の提供基盤とする他、チームコラボツール「Microsoft Teams」からSalesforceのCRMツールなどの検索、表示、共有できる連携機能も開発する(2019/11/18)

400件のAI活用事例を探せる無料サービス登場 業界、用途、技術別に検索可能
AIの活用事例を検索できる無料サービスを、AI専門メディアを運営するレッジが公開した。業界、用途、技術別に検索できる。(2019/11/18)

LINEとヤフーが経営統合正式合意 午後に会見
 検索サービス「ヤフー」を展開するZホールディングス(HD)と無料通信アプリを提供するLINEは18日、経営統合することで基本合意したと発表した。同日午後5時から東京都内で、両社の社長が記者会見する。検索やSNS(交流サイト)、通販、金融などさまざまなネットサービスを一手に担い、利用者が1億人規模にのぼる国内最大のプラットフォーマーが誕生する。(2019/11/18)

Google検索結果に発音練習機能と画像表示
モバイルのGoogle検索で例えば「quokkaの発音は?」などと検索すると、音声での発音を再生できるだけでなく、マイクに向かって発音して練習できる機能が、まずは米国の英語版で可能になった。単語の翻訳や定義の検索では画像が表示されるようになった。(2019/11/15)

マネーフォワード、「ボクシル」運営元を約20億円で買収 SaaSマーケティングに参入
マネーフォワードがスマートキャンプを19億9800万円で買収。スマートキャンプはSaaS情報の比較・検索サイト「BOXIL」を運営している。国内SaaS市場の急成長を踏まえ、SaaSマーケティング事業に参入して収益基盤を強化する狙い。(2019/11/11)

YouTubeのホームフィードと検索結果にショッピング広告
YouTubeのホームフィードと検索結果にショッピング広告が表示されるようになった。例えば「ランニング」と検索するとスニーカーのショッピング広告が表示される。(2019/11/6)

「手数料を一方的に値上げ」「検索結果の基準が不透明」 デジタルプラットフォーマーの取引実態、公取委が報告書
公取委が「デジタルプラットフォーマー」の取引慣行の実態を調査した報告書を公開。オンラインモールとアプリストアを運営するデジタルプラットフォーマーと、利用事業者に聞き取り調査した。(2019/10/31)

BIM:
大林組が「Arch-LOG」積極活用、BIMオブジェクト拡充へ
大林組と丸紅アークログは、BIMオブジェクト総合検索プラットフォーム「Arch-LOG」の活用およびBIMオブジェクト拡充のためのアライアンス(業務提携)を締結した。BIMオブジェクトを管理する強固なプラットフォームを構築することで、BIM活用領域の拡大に備えたい構えだ。(2019/10/31)

気になるニュース&ネット記事:
PyTorch vs. TensorFlow、ディープラーニングフレームワークはどっちを使うべきか問題
2大フレームワークであるTensorFlow/PyTorch(一部でKeras/Chainerも)に対して検索トレンドや研究論文数などでの比較を行い、「現状はどういう状況で、今後はどうなりそうか」について、筆者独自の考察を加え、他の記事における考察を引用する。(2019/10/31)

「さようなら、Flash」 Google検索、Flashのインデクシングを終了へ
Googleが、FlashコンテンツのGoogle検索へのインデクシングを2019年内に終了すると発表。(2019/10/29)

Googleの親会社Alphabet、2桁台の増益だがクラウドやPixel 3aのコストがかさみ、純利益は23%減
Googleの親会社Alphabetの7〜9月期決算は、売上高は20%増の約405億ドル、純利益は23%減の約71億ドルだった。検索のTACコストやデータセンターへの投資、廉価版端末「Pixel 3a」のコストなどが影響した。(2019/10/29)

Google、複雑な会話型クエリでも意図をくんで答えるBERT採用検索を英語で開始
Googleは、注目の自然言語処理技術「BERT」を、まずは米国の英語検索で採用する。「ブラジルから米国への入国にはビザが必要?」のような会話型クエリを入力した場合、従来より欲しい答えが表示されるようになる。(2019/10/27)

「嬉しいよりも、すみません」 おばたのお兄さん、「花より男子」で検索した結果“花沢類”になりすましてしまう
まーきのっ。(2019/10/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。