ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「検索」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「検索」に関する情報が集まったページです。

SEOタイムズ編集部が初心者向けにわかりやすく解説:
自社のWebサイトが検索結果に出てこない? 原因と解決法を徹底解説
せっかく時間をかけて作ったWebサイトが、なぜかGoogleで検索してもなかなか表示されない経験はありませんか? 実は、これには理由があります。(2024/2/20)

「Slack AI」、Enterpriseプランの有料アドオンとして提供開始
Slackは、スレッドの要約やメッセージの検索などを実行するAIツール「Slack AI」の提供を開始した。まずは、Enterpriseプランの有料アドオンとして英語でのみ利用可能だが、近日中にサポート範囲を拡大する予定。(2024/2/15)

用途が広がるMicrosoftの「Copilot」【後編】
「Copilot」の“検索”は何がすごいのか? Microsoftの業務アプリで考察
Microsoftの「Copilot for Service」と「Copilot for Sales」は、業務アプリケーションの操作や検索を生成AIで支援するサービスだ。Copilotは、エンドユーザーの業務アプリケーションの使い方をどう変えるのか。(2024/2/15)

MetaのThreads、Twitterの「トレンド」的な「topics」テスト開始
Metaは、Twitter(現X)の「トレンド」のような機能のテストをまずは米国で開始した。検索ページと「For You」フィードにAIが選んだトピックが表示される。(2024/2/13)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
レジ待ち不要、商品を「冷蔵庫にしまってくれる」?――Walmartの顧客体験はここまで進化する
「生成AIによる検索機能強化」「WalmartアプリでのAI活用」「ドローン配達」。Walmartが発表した、24年に行う顧客体験改善の取り組みを見てみましょう。(2024/2/9)

Googleがデジタルコンテンツの真正性を高める業界団体「C2PA」に参加 YouTubeなどへの「出所/来歴確認」機能の追加を推進
ディープフェイクや無断転載されたコンテンツが問題視される中、Googleがデジタルコンテンツの真正性を高めるための業界団体に中心メンバーとして参加することになった。Google検索やYouTubeなど、各種サービスにC2PA規格の出所/来歴確認機能を組み込むための検証を進めていくという。(2024/2/8)

Google検索からキャッシュ消える 公式Xが理由を説明
Googleの検索結果に表示されたWebページの内容を、ページにアクセスしなくても確認できるキャッシュ機能が2月までに削除された。(2024/2/7)

AI・機械学習の用語辞典:
ベクトル検索(Vector Search)とは? キーワード検索との違い
用語「ベクトル検索」について説明。テキストなどのデータを数値ベクトル(埋め込み)として表現し、それらのベクトル間の類似度を計算することで、関連する情報を見つけ出す検索方法を指す。Azure OpenAI Serviceの独自データ追加機能で利用可能な「キーワード検索」「ベクトル検索」「ハイブリッド検索」「セマンティック検索」という検索手法の違いについても言及する。(2024/2/7)

Microsoftデータ分析ツールの進化【後編】
非構造化データのための「ベクトル検索」にも着目 MicrosoftのAI向け新機能
Microsoftは2023年11月のカンファレンスで、AI技術を活用した新製品や新機能を発表した。データベース分野ではどのような発表があったのか。(2024/2/6)

Marketing Dive:
Googleが検索広告に生成AIモデル「Gemini」を統合してマーケターが期待できること
Googleが予告通り検索広告の会話機能に生成AIを導入した。Geminiの統合でマーケターが期待できるのはどういうところだろうか。(2024/2/5)

今日のリサーチ:
ニュースや時事ネタの情報源 Z世代はX>テレビ>検索――SHIBUYA109 lab.調査
Z世代はいかに情報を取捨選択しているのでしょうか。(2024/2/4)

Google、検索結果からキャッシュへのリンクを削除 「cache:」も近い将来廃止へ
数日前からリンクが削除されていると指摘されていました。(2024/2/2)

GoogleマップにもLLM採用のアドバイス機能(まずは米国から)
Googleは、GoogleマップにLLM(大規模言語モデル)採用の対話型検索機能のテストを米国で開始すると発表した。提案にフォローアップの質問をすることで会話しながらアドバイスを受けられる。(2024/2/2)

「Apple Music Classical」の強みは圧倒的な検索機能 “プチストレス”から解放され、初心者もクラシックファンも満足
Apple Music Classicalアプリの大きな特徴は検索機能の充実だ。初心者や「多少は知っているが……」という人は、「今すぐ聴く」に並んでいる楽曲から聴きはじめるといいだろう。(2024/2/1)

「かこって検索」、Pixel 8/8 Proで利用可能に
Googleの「Pixel 8」および「Pixel 8 Pro」でも「かこって検索」機能が使えるようになった。画面上で知りたい画像やテキストを指で囲むと、囲んだものについての検索結果が表示される。(2024/2/1)

Xでのテイラー・スウィフト偽AI画像拡散について米連邦政府が懸念表明 Microsoftは「Designer」のフィルターを強化
テイラー・スウィフトの偽ヌード画像がXで拡散されたことについて、米連邦政府が懸念を表明した。Xは画像を削除し、「Taylor Swift」の検索結果を表示させないようにした。画像生成には「Microsoft Designer」が使われたと報じられている。(2024/1/30)

「この曲何?」アプリの「Shazm」、ヘッドフォンでも利用可能に
Appleは曲名検索アプリ「Shazam」をアップデートした。端末に接続したヘッドフォンやイヤフォンで聴いている曲も検索可能になった。Bluetooth接続にも対応する。(2024/1/30)

SEOタイムズ編集部が初心者向けにわかりやすく解説:
SEOで評価される「一次情報」とは?
SEO対策で一次情報が重要視される理由は何か。一次情報を効率的に検索するコツと共に、詳しく解説します。(2024/1/31)

Google Newsは“パクリ記事”だらけ? 生成AIも悪用 検索でも上位に、米メディアが実態指摘
他社から盗用した“パクリ記事”が、米Google Newsに大量にまぎれ込んで検索結果の上位に表示されている――。調査報道を手掛ける米メディア「404 Media」がそんな実態を告発した。(2024/1/30)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年1月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。(2024/1/30)

「Yahoo!乗換案内」「Yahoo!マップ」、全国路線バス事業者のカバー率が100%に
LINEヤフーの「Yahoo!乗換案内」「Yahoo!マップ」「Yahoo!路線情報」は、全国の路線バス事業者のカバー率100%を達成。934社の路線バスでルート検索と時刻表の表示が可能となった。(2024/1/25)

Pixel 8に新色「Mint」追加 ハンギョドンとのコラボグッズも 新機能「かこって検索」なども順次配信
グーグルは1月25日、スマートフォン「Google Pixel 8」に新色の「Mintカラー」を追加したと発表した。また、「かこって検索」など、Feature Dropで紹介された新機能を順次配信する。(2024/1/25)

知財ニュース:
電気機器業界の特許取得プロセスを「AI知財生成ツール」で効率化
Tokkyo.Aiは、電気機器業界の特許取得プロセス効率化を、同社のAI知財生成ツールで支援する。発明の概要を入力するだけで特許文案を生成できる他、AIが作成した文案に基づいた類似特許の検索、分析などにも対応する。(2024/1/25)

Google広告の会話機能にGemini統合(まずは英米から)
Googleは広告サービス「Google広告」の「会話機能」に、生成AIモデル「Gemini」を統合すると発表した。これにより、広告主は検索広告キャンペーンの画像をAIで生成できるようになる。(2024/1/24)

「駅すぱあと」アプリ、経路検索でリアルタイム運行情報を提供 首都圏の鉄道6社局で
ヴァル研究所のアプリ「駅すぱあと」にて、経路検索結果で首都圏の鉄道事業者5社局のリアルタイム運行情報を提供開始。「現在の遅延状況」も考慮して経路を検討できるようになる。(2024/1/23)

人工知能ニュース:
レゾナックが生成AI活用の社内情報検索システム「Chat Resonac」を構築
レゾナックは旧昭和電工と旧日立化成が過去蓄積してきたデータや文書を、生成AIにより対話形式で検索できる社内システム「Chat Resonac」を構築したと発表した。(2024/1/22)

今日のリサーチ:
2023年に視聴者が最も多く検索したテレビCMランキング
マーケティングの効果を測る重要指標である「指名検索」。2023年に最も指名検索スコアが高かったテレビCMは何だったのでしょうか。(2024/1/21)

製品動向:
インテリア提案業務のDXサービスに、画像検索機能を追加 類似商品や雰囲気に合った家具を提案
リクルートと三井デザインテックが共同で運営するプロ向けのインテリア提案業務支援サービス「MINTERIOR(ミンテリア)」で、ユーザーがアップロードした画像から類似商品を探せる検索機能を追加した。インテリアコーディネーターは業務効率化に加え、精度の高い提案が可能になる。(2024/1/19)

「Yahoo! JAPAN」アプリに画像検索機能 「自分に似ている有名人」検索機能も
LINEヤフーは、「Yahoo! JAPAN」アプリに「カメラ検索機能」を実装した。(2024/1/18)

Yahoo! JAPANアプリ、画像から商品や人物を検索できる「カメラ検索機能」導入
「Yahoo! JAPAN」アプリは、画像から似ている商品や人物などを検索できる「カメラ検索機能」の提供を開始。文字入力は不要で、撮影した画像や端末に保存してある画像を使用して商品や有名人、類似画像を検索できる。(2024/1/18)

画面に映るものを「かこって検索」――Android向け「Google検索」に実装 Galaxy S24シリーズとPixel 8/8 Proから
Googleが、Androidスマートフォン向けの「Google検索」に新機能「かこって検索(Circle to Search)」が実装される。1月31日からPixel 8シリーズとGalaxy S24シリーズで利用できるようになるという。(2024/1/18)

1000人に聞いた:
スマホでよく使う機能 「検索エンジン」「メール」を上回る1位は?
人々はスマートフォンをどのように活用しているのか。JTB総合研究所が調査を実施した。(2024/1/19)

Googleの新AI検索機能「かこって検索」、Pixel 8/8 Proでも利用可能に
Googleは、AI採用の新たな検索方法「Circle to Search」(日本では「かこって検索」を発表した。画面上の気になるアイテムやテキストを指で囲ったりなぞったりすることでGoogle Lensを起動できる。マルチ検索も可能だ。(2024/1/18)

NAVITIMEの「トラックカーナビ」、Apple CarPlayに対応 大画面で目的地やルート検索結果が見やすく
トラック専用のナビゲーションアプリ「トラックカーナビ」が「Apple CarPlay」に対応した。提供元のナビタイムジャパンが1月17日に発表した。ユーザーからの要望を受け、大画面向けにカスタマイズしたUIでナビゲーション機能を利用可能にしたという。(2024/1/17)

YouTube、「オーバードーズ」や「心肺蘇生法」の検索結果上部に安全な応急処置動画枠新設
YouTubeは、オピオイドなどの過剰摂取(オーバードーズ、OD)や心肺停止などの応急措置の検索結果に信頼できる動画を表示するコーナーを新設した。保険期間が制作した動画のみが並び、広告なしで再生できる。(2024/1/11)

Meta、InstagramとFacebookで若者保護を強化 有害コンテンツを自動的に制限
Metaは、InstagramとFacebookでの十代の若者保護を強化すると発表した。自傷行為などの有害コンテンツを検索できなくなり、フォローしている相手の投稿でも有害コンテンツは表示されなくなる。(2024/1/10)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2023年12月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。(2023/12/26)

Yahoo!検索、停電の規模や地域を分かりやすく表示 LINEヤフーが新機能を実装
LINEヤフーは、「Yahoo!検索」に停電時の情報を分かりやすく表示する機能を実装した。同社が12月21日、発表した。どこでどの程度の規模の停電が起こっているのかを、確認しやすくなったという。(2023/12/22)

「Yahoo!検索」で全国の停電状況が確認可能に 発生件数に合わせて地図を色分け、ひと目で状況が分かる
送配電会社や都道府県ごとの状況も確認できます。(2023/12/22)

X(Twitter)で投稿が見られない状態 トレンドには「Twitter障害」「X不具合」
トレンドをクリックしても検索結果が見られない……。(2023/12/21)

ビルセキュリティ:
デルタ電子が2024年に国内展開 AI搭載の監視カメラで可能になる属性検索の“ディープサーチ”
デルタ電子は、2017年にデルタグループに加わったVIVOTEKが開発したクラウド型監視カメラサービス「VORTEX」を2024年1月に日本での販売を開始する予定だ。一般的なクラウド型カメラの機能性に加え、カメラ本体とクラウドの連携で、指定したターゲットの検出や追跡が実現する。(2023/12/20)

CIO Dive:
「検索経由でSaaSは買うな」 後悔する企業としない企業の違いはどこにある?
Capterraの調査によると、ソフトウェアを購入した企業は、予想外の導入コストやオンプレミスライセンスから利用に応じた料金体系への移行により、購入に対する後悔が大きくなる可能性があることが分かった。(2023/12/20)

自作の「泳ぐゴジララジコン」がすごい完成度 熱線代わりに水を吐くギミックがカッコイイしかわいいと好評
水生は虫類「モササウルス」ラジコンの改造。ベースを見つけてくる検索力と着眼点がすごい。(2023/12/19)

Tech TIPS:
ChromeのGoogle検索結果で生成AI表示を有効/無効(オフ)にする方法
GoogleアカウントでGoogle Bardを有効にしておくと、Google ChromeのGoogle検索で、生成AIによる回答を得ることができる。Google Bardを有効にする方法、Google検索で生成AIを有効/無効にする方法を紹介しよう。(2023/12/15)

Google、過去25年で最も検索されたトピックを「ウォーリーを探せ」的ゲームで紹介
Googleは、検索ロゴを変えるGoogle Doodleで、25年で最も検索されたトピックを探すゲームを公開した。「テイラー・スウィフト」などの検索語を表す絵を「ウォーリーを探せ」のように見つけてクリックしていく。(2023/12/13)

今日のリサーチ:
2023年Google検索ランキング、世界も注目したゲームの名は?
2023年中にGoogleで検索が急上昇した言葉のランキングです。(2023/12/11)

検索数が急上昇した「Yahoo!検索大賞2023」 アニメ部門1位は『推しの子』、大賞は?
ヤフーは「Yahoo!検索大賞2023」を発表。最も検索数が急上昇し大賞を獲得したのは、プロ野球選手の大谷翔平さんで、「大賞」と「アスリート部門」1位のダブル受賞となった。(2023/12/11)

最近傍検索ライブラリ「Annoy」の後継:
Spotifyが近傍検索ライブラリ「Voyager」をオープンソースで公開 その実力とは
Spotifyは公式ブログで、同社が開発した新しい近傍検索ライブラリーVoyagerについて紹介した。Voyagerは実稼働環境でのSpotify推奨の最近傍検索ライブラリとしてAnnoyの後継となることを目的としているもので、GitHubで公開されている。(2023/12/9)

今年、検索数が“急上昇”した映画は「君たちはどう生きるか」、アニメは「推しの子」──Yahoo!検索大賞2023発表
LINEヤフーは5日、今年検索数が急上昇したワードを取り上げる「Yahoo!検索大賞2023」を発表した。「作品カテゴリー」では、映画「君たちはどう生きるか」や、テレビアニメ「推しの子」などが各部門の1位になった。(2023/12/5)

米MetaのThreads(スレッズ)、日本語でキーワード検索が可能に アダム・モッセリ氏が対応言語拡大を明言
米Metaの「Threads(スレッズ)」が日本語でのキーワード検索に対応した。Threadsの責任者であるアダム・モッセリ氏が明らかにした。キーワード検索は英語でも行えたが、対応言語が増えた格好だ。(2023/12/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。