ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「検索エンジン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

1000人に聞いた:
スマホでよく使う機能 「検索エンジン」「メール」を上回る1位は?
人々はスマートフォンをどのように活用しているのか。JTB総合研究所が調査を実施した。(2024/1/19)

BingチャットはAzure+Oracle Cloudで動いていた
米Oracleが、米Microsoftの検索エンジン「Bing」が搭載するチャットAI機能「Bingチャット」に、クラウドサービス「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)を提供していると発表した。BingチャットはMicrosoftのクラウドサービス「Microsoft Azure」とOCIを併用する形で動作しているという。(2023/11/9)

Googleの生成AI搭載検索エンジン「SGE」、120カ国で提供開始 新機能も
Googleは日本で8月から提供している検索の生成AI機能「Search Generative Experience」(SGE)の提供地域を120カ国以上に拡大し、新たに4言語追加する。また、フォローアップ質問の機能や翻訳の改善も追加する。(2023/11/9)

ITmedia マーケティング用語集:
【用語解説】コンテンツSEO
役に立つコンテンツを継続的に発信し続けることによって検索エンジンから集客するSEO手法である「コンテンツSEO」について解説。(2023/9/30)

Googleの生成AI搭載検索エンジン「SGE」にページ内容まとめなどの3つの新機能
Googleは、5月に米国で提供を開始した検索の生成AI機能「Search Generative Experience」(SGE)の3つの新機能を発表した。コーディングのオーバービューも見やすくなる。(2023/8/16)

ソフトバンクが“国産生成AI”開発を本格始動 日本語に特化する意義は?
ソフトバンクは決算会見の中で、生成AI開発子会社「SB Intuitions」が本格稼働したと発表した。MicrosoftやGoogleのAIも活用し、「マルチ生成AI体制」で販売を行う。Yahoo!検索エンジンの刷新について宮川潤一社長は「選択肢は3つある」とコメントした。(2023/8/9)

今日のリサーチ:
検索エンジンを除き最も検索利用頻度の高いのは女性が「Instagram」「Twitter」、男性が「YouTube」
ユーザーの検索行動に関する調査です。(2023/8/3)

Googleの生成AI搭載検索エンジン「SGE」の検索結果に画像や動画表示
Googleが米国で提供しているGoogle検索の生成AI機能テスト「Search Generative Experience」(SGE)の検索結果に画像や動画が表示されるようになった。また、検索結果の表示までの時間が短縮された。(2023/8/3)

Innovative Tech:
「ChatGPT vs. Google」どっちで検索する? 95人を対象に米研究者らが違いを調査
米マイアミ大学に所属する研究者らは、情報探索タスクに検索エンジン(Google)とAIチャットツール(ChatGPT)を使用する際のユーザーにおける行動や考え方の違いを調査した研究報告を発表した。(2023/7/24)

CMOのためのデジタルトレンド解説:
Google検索と生成AIが融合する今、「SEOの意義」を再考する
Search Generative Experience(SGE)の登場により、SEOを取り巻くユーザーと検索エンジン、自社サイトの関係はどのように変化するのでしょうか。この機会に、SEO自身の意義について、あらためて考えてみましょう。(2023/6/28)

エクサウィザーズ:
生成AIで有価証券報告書の要点を抽出・文章化 検索エンジンを強化
エクサウィザーズは、企業情報に特化した同社の検索エンジン「exaBase 企業検索」に、生成AIを活用した情報分析機能を提供することを発表した。「ChatGPT」を利用し、有価証券報告書から正確かつ新しい重要情報を抽出し、文章化する機能。上場企業の経営戦略を簡潔に要約することで、ユーザーの意思決定の迅速化を支援する狙い。(2023/5/29)

Google、生成AI搭載検索エンジンのお試し利用を米国で開始
Googleは、生成AI搭載版Google検索のテストを米国で開始した。複合的なクエリに対応し、フォローアップの質問にも答える。ショッピングの相談では従来通りの広告も表示される。(2023/5/26)

LLMと生成AIを手掛ける検索企業NeevaをSaaS型データウェアハウスのSnowflakeが買収
SaaS型データウェアハウスを手掛けるSnowflakeは検索エンジン企業Neevaを買収すると発表した。NeevaはLLMと生成AIも手掛けている。Snowflakeはデータクラウド全体にNeevaのエンジンを導入する計画。(2023/5/25)

調べものをしたいなあ 「ChatGPT」を使う人はどれくらい?
ナイル(東京都品川区)は、「ChatGPTと検索エンジン使用時の検索行動に関するアンケート調査」を実施した。(2023/5/23)

Googleに挑戦したNeeva、サブスク検索エンジン提供終了へ 企業向けLLMにシフト
元Google幹部が設立したNeevaは、2021年に公開した広告なしの検索エンジンを数週間以内に閉鎖すると発表した。一般ユーザーに検索エンジンを切り替えてもらうのは困難だったとしている。今後は、エンタープライズ向けのLLM技術にシフトする。(2023/5/22)

乗換NAVITIMEが乗換検索エンジンをチューニング 「早く歩くと1本前の電車に乗れる」ルートを提案
ナビタイムジャパンが「乗換NAVITIME」にて、乗換検索エンジンのチューニングを実施。少し早く歩くと早く到着するなどのルートがある場合に、通常の検索結果(4ルート)に加えてルート一覧に表示する。(2023/5/19)

過熱する「AI検索」の覇権争い【第3回】
ChatGPT競合「Bard」をGoogleが“絶対に成功させないといけない”のはなぜ?
MicrosoftがOpenAIの技術を「Bing」に組み込んで検索エンジン市場での勢力拡大を図る中、Googleは「ChatGPT」競合の「Bard」を投入し、即座に反撃の姿勢を示した。Googleを突き動かすのは、ある“不安”だ。(2023/5/17)

全ユーザーに一般提供:
GitHub、コード検索インタフェースや検索エンジンなどをアップデート 活用例も紹介
GiHubは、コード検索に関する新機能の追加を発表した。(2023/5/15)

過熱する「AI検索」の覇権争い【第2回】
ChatGPTに夢中のMicrosoftナデラ氏が語る「AIチャットbot」の“本当の意味”
検索エンジン市場での躍進を目指して、Microsoftは「Bing」にOpenAIのAIチャットbot「ChatGPT」の技術を組み込んだ。AIチャットbotの力で、Bingはどう進化するのか。ナデラ氏が寄せる期待とは。(2023/5/10)

マイナビ「TECH+」で個人情報漏えいの可能性 セミナー参加者1210人分
マイナビは過去のセミナー参加者1210人分の個人情報が、およそ3年にわたり検索エンジンを介して閲覧できる状態になっていたと発表した。(2023/5/2)

過熱する「AI検索」の覇権争い【第1回】
「BingがGoogle検索に勝つ日」がまさかの現実に?
Microsoftは検索エンジン「Bing」に、ジェネレーティブAIの代表格「ChatGPT」を生んだOpenAIの技術を組み込み始めた。「Google検索」の圧倒的勝利で終わったはずの検索エンジン戦争が、再び活発化しようとしている。(2023/5/2)

Z世代に人気の部活、不動の1位は? 2位「バスケ部」、3位「サッカー部」
中国の検索エンジン大手「百度」(バイドゥ)を運営するバイドゥの日本法人(東京都港区)が、「入りたい!人気部活ランキングTOP10」を発表した。(2023/4/29)

SEOタイムズ出張版:
対話型AIの台頭による検索エンジン市場への影響とは
対話型AIが検索エンジンにとって代わるのか、それはいつのことなのか。現時点で検索エンジン市場に与えている影響はどの程度か。そしてChatGPTの成長を妨げる動きとは……。(2023/4/28)

ABEMAが7作品:
Z世代が選ぶ好きな恋愛番組 2位「あざとくて何が悪いの?」、1位は?
中国の検索エンジン大手「百度」(バイドゥ)を運営するバイドゥの日本法人(東京都港区)が、「Z世代が選ぶ!!好きな恋愛番組TOP10」を発表した。(2023/4/15)

MicrosoftとOpenAIのタッグがもたらす意味【第4回】
「ChatGPTと検索の違い」よりも深いOpenAIとGoogleの“根本的な違い”とは?
MicrosoftがOpenAIの技術を組み込んで検索エンジンの強化を進める中、Googleはどう動くのか。その行方を占う上で、OpenAIとGoogleの“ある違い”が重要になる可能性がある。それは何なのか。(2023/3/24)

OpenAIの技術でGoogleに挑むMicrosoft【後編】
ChatGPTに慣れた人はググることをやめるのか、やめないのか
「ChatGPT」などのAIチャットbotが、検索エンジンに取って代わるかどうかは議論の余地がある。ただし専門家によると、AIチャットbotが検索エンジンに影響を及ぼすことは確実だ。検索エンジンはどう変わるのか。(2023/3/12)

「新しいBing」リリースから1カ月 BingのDAUが1億人超 累計チャットは4500万回
Microsoftが「新しいBing」をプレビューリリースして1カ月経った。検索エンジンBingのDAUは1億人を超え、Bingチャットは累計4500万回以上になった。1チャット当たりのターンは6回から10回に増えた。(2023/3/9)

OpenAIの技術でGoogleに挑むMicrosoft【中編】
ChatGPTへの幻想をぶち壊す“甘くない真実”
Microsoftが「Bing」に要素技術を組み込むなど、「ChatGPT」などのAIチャットbotが情報収集の在り方を変えつつある。それでもAIチャットbotが検索エンジンを不要にするとは言い切れない。なぜなのか。(2023/3/5)

Brave検索にも(GPTではない)LLM採用の検索結果AI要約機能「Summarizer」追加
Braveは検索エンジンBrave Searchの新機能「Summarizer」を発表した。LLM採用の検索結果のサマライズ機能だ。OpenAIのGPTではなく、Hugging Faceの技術を採用している。(2023/3/3)

Googleと労働者の戦い【前編】
Google検索を裏で支える「評価担当者」の時給は? その意外過ぎる実態
検索エンジンの代名詞であるGoogle検索。その“質”を支えるのが「評価担当者」だ。この評価担当者の役割を担う外部企業の従業員が、交渉で異例の昇級を果たした。さまざまな意味で驚くべき、評価担当者の実態とは。(2023/3/3)

OpenAIの技術でGoogleに挑むMicrosoft【前編】
ChatGPTの力でMicrosoftが仕掛ける「検索エンジン戦争」の行方
新進気鋭のAIチャットbotとして勢いづく「ChatGPT」。その技術を検索エンジン「Bing」に取り込んで、王者Googleの牙城を崩そうとしているのが、ITの巨人Microsoftだ。(2023/2/26)

「私のこと、どうでもいいと思っているんでしょ!?」:
“AIチャット検索=イケてない彼氏”説 「新しいBing」とケンカしながら考えた
「新しいBing」が話題です。AI(人工知能)によるチャットbot型検索エンジンが新たに搭載され、自然文(話し言葉)で質問を投げると、AIが答えを返してくれるようになったのです。筆者もいろいろ聞いてみたんですが、正直、イライラしました。例えが適切ではないかもしれませんが、“イケてない彼氏”との会話に似ていて……。(2023/2/24)

石川温のスマホ業界新聞:
マイクロソフトのチャット検索対応「新Bing」を試してみた――グーグル危うし。検索における「ゲームチェンジャー」の予感
Microsoftが、出資先のOpenAIのAI音声モデルを活用した検索エンジンを「Bing」「Microsoft Edge」で試験運用し始めた。想像以上に出来が良く、Google優位の検索エンジン市場に大きな変化が起こるかもしれない。(2023/2/19)

ChatGPT入門:
新しいBingに組み込まれたChatGPTよりも強力な言語モデルに触ってみよう
ChatGPTはブラウザや検索エンジンの世界にも大きな影響を与え、その技術を組み込んだ検索エンジンが登場しました。今回はこれに触ってみましょう。(2023/2/17)

検索結果のランキングを向上させるための8つのポイント【第8回】
Webサイトで“使ってはいけないキーワード”とは? 検索エンジン高評価のこつ
Webサイトで利用する単語や文章を工夫することで、検索エンジン経由のアクセス数の増加が見込める。「検索キーワード」を活用するときのこつを説明する。(2023/2/17)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「ChatGPT」とは一味違ってさらに便利! Googleとの違いは? Microsoft Bingの「AI検索」を試して分かったこと
Microsoftが2月7日(米国太平洋時間)、自社の検索エンジンとWebブラウザにOpenAIの「次世代大規模言語モデル」を実装することを発表した。ChatGPTとは何が違うのか、実際に使って検証してみよう。【更新】(2023/2/16)

検索結果のランキングを向上させるための8つのポイント【第7回】
検索順位が上がる「モバイルフレンドリー」なWebサイトの作り方
モバイルデバイスで利用しやすい「モバイルフレンドリー」なWebサイトは、検索エンジンで上位に表示されやすい。モバイルデバイスで快適に動作するWebサイトを構築するための幾つかのポイントを説明する。(2023/2/10)

AI検索エンジン「Perplexity」が調べ物に便利 ユーザーの代わりにWebを検索→簡単に要約して教えてくれる
情報源を付記してくれるので、回答の正確性を判断しやすいのが良い。(2023/2/3)

検索結果のランキングを向上させるための8つのポイント【第6回】
検索に強い“爆速読み込みWebサイト”を構築する方法
検索エンジンに“良いWebサイト”と見なされるには、Webサイトの読み込み時間の高速化が必要になる。その実現には、どのような工夫が必要なのか。(2023/2/3)

検索結果のランキングを向上させるための8つのポイント【第5回】
「メタディスクリプション」「ヘッダタグ」とは? SEOの基礎知識
Webサイトを検索エンジンのランキングで上位に表示させるための「SEO」は、どのように進めればよいのだろうか。SEOで実践すべき3つの基本事項を解説する。(2023/1/27)

Social Media Today:
Microsoftが“ヤバい”対話型AI「ChatGPT」をBingに統合へ 検索はどう変わる?
Microsoftの「Bing」が間もなく検索の覇権争いに復帰する。AIを搭載したChatGPTを検索エンジンに統合し、ユーザーが会話型の検索をできるようにすることを計画しているのだ。(2023/1/23)

検索結果のランキングを向上させるための8つのポイント【第3回】
“SEO狙いサイト”を排除するGoogle「ヘルプフルコンテンツアップデート」とは
検索エンジンのGoogleは「ヘルプフルコンテンツアップデート」を実施した。これにより、検索結果の順位が変動する可能性がある。ヘルプフルコンテンツアップデートで評価されるWebサイトの特徴を説明する。(2023/1/13)

検索結果のランキングを向上させるための8つのポイント【第1回】
検索されやすい「Webサイト」「ブログ」には何が書いてあるのか
Webサイトを検索エンジンの検索結果の上位に表示させるには、定期的に内容を更新することが役立つ。ただし、むやみに更新しても意味がない。どのように更新するのが効果的なのか。(2022/12/31)

試行回数を増やすためにできること:
PR:分析し過ぎは失敗のもと コンテンツSEOに成功するコツは?
ユーザーの検索意図に合わせたコンテンツ発信で、検索エンジン経由の集客を狙う「コンテンツSEO」が注目されている。しかし「なかなか思うような成果が得られない」と悩む企業もある。具体的な解決策をエキスパートに聞いた。(2022/12/1)

Tech TIPS:
<Edgeの検索設定とは別です>Windows 11タスクバーの検索エンジンをGoogleに設定する
Windows 11の「検索」機能を使ってキーワードを入力、検索を行うと、Microsoft Edgeが起動し、Web検索が実行される。ただ、検索エンジンは必ずBingとなってしまう。Google検索に慣れている人には少々使いにくい。そこで、この検索をGoogle検索にする方法を紹介しよう。(2022/11/7)

Googleシェアは6年で6ポイント減:
世界の検索エンジンシェアが発表 「Google1強」に挑む、直近5年で急成長のサービスとは?
アウンコンサルティングが、主要検索エンジンのシェアを調査した。その結果、「Google1強」の状態は変わらないものの、ここ5年で急成長を遂げ、その牙城に挑むサービスが出てきているようだ。(2022/10/31)

Innovative Tech:
検索の上位表示を公平にする新ランキングシステム 全コンテンツに最低限の露出と利益保証を付与
米コーネル大学の研究チームは、検索エンジンやレコメンドシステムなどにおいて、全てのコンテンツを公平に表示する新たなランキングシステムを開発した。ユーザーの満足を維持したまま、全てのコンテンツに最低限の露出と利益を保証し、公平性の担保を目指す。(2022/9/27)

メカ設計ニュース:
3Dデータ検索エンジンを全面リニューアル、多彩な検索機能をブラッシュアップ
キャデナス・ウェブ・ツー・キャドは2022年8月17日、CADENASが提供する機械設計者/建築設計者向け3Dデータ検索エンジン「3Dfindit.com」が、同年8月10日に全面リニューアルしたことを発表した。ユーザーインタフェース(UI)を刷新し、多彩な検索機能のブラッシュアップを図り、ユーザビリティを強化している。(2022/8/19)

デキるITビジネスパーソンの常識クイズ:
ChromeのアドレスバーからGoogle以外の検索エンジンを使うには「検索サイトURL+○」
デキるITビジネスパーソンなら誰もが知っている基礎知識をクイズ化。今回はChromeのアドレスバーからGoogle以外の検索エンジンを使う方法。(2022/7/11)

Brave Search、正式版に 1年で25億クエリ突破 新機能「Goggles」追加
Braveブラウザを手掛けるBrave Softwareは、1年前にβ公開した検索エンジン「Breve Search」を正式版にしたと発表。過去1年のクエリ数は累計25億件と、DuckDuckGoの4倍の速度で成長したとしている。検索範囲やフィルタを設定できる新機能「Goggles」(β)も追加した。(2022/6/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。