ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  >  G

「Google」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Chrome「サードパーティーCookie廃止後に別のトラッキング技術は採用しない」
Googleは今回、サードパーティーCookieのサポート廃止後に現在広告業界が取り組みを進めているトラッキング技術を採用することはないと明言した。自社が進めるPrivacy Sandboxが広告業界にもユーザーにとってもメリットがあることを強調する狙いがあるものとみられる。(2021/3/6)

Chromeブラウザの更新サイクルが6週間から4週間に短縮へ
Googleが、Chromeブラウザのリリースサイクルを従来の6週から4週に短縮する。9月に予定しているバージョン94から適用の予定だ。隔週セキュリティアップデートの導入でサイクル短縮が可能になったとしている。(2021/3/5)

Googleのプライバシー保護、日本企業から歓迎と懸念の声
米Googleがプライバシー保護を優先し、広告に個人の閲覧履歴を使用しない方針を示したことは、データ活用の分野で後れを取ってきた日本企業にも影響が及びそうだ。歓迎する声が挙がる一方、データが集めにくくなることへの懸念も広がっている。(2021/3/5)

Google、段ボールVR端末「Cardboard」のGoogleストアでの販売終了
Googleが2014年に発表したスマートフォンを差し込んで使う段ボール製VRヘッドセット「Cardboard」のGoogleストアでの販売を終了した。布製VRヘッドセット「Daydream View」は2019年に終了している。(2021/3/4)

Google、アプリ開発SDK「Flutter 2」公開 Webとデスクトップ、Surface Duoもサポート
Googleが2018年にリリースしたアプリ開発SDKのバージョン2「Flutter 2」を公開した。iOSとAndroidに加え、Windows、macOS、Linux、Webブラウザ向けのアプリを開発できる。Microsoftは2画面端末「Surface Duo」でFlutterを採用している。(2021/3/4)

Google、サードパーティーCookie完全廃止に向けてFLoCのテスト開始
Googleが来年予定しているChromeでのサードパーティーcookie完全廃止に向けて、これに代わるプライバシー重視の代替技術「FLoC」のテスト開始を発表した。“他のプロバイダーのように”サードパーティーCookieの代わりにユーザーを一意に識別するような識別子を使うことはしないと強調した。(2021/3/4)

リフト&シフトは万能ではない:
メインフレームのモダナイゼーションでは何が起こるのか、Googleがアンチパターンを解説
Googleは公式ブログで、メインフレームのワークロードを移行する際に考慮すべき一般的な落とし穴やアンチパターンを解説した。「ビッグバンアプローチ」「リフト&シフト」「インプレースモダナイゼーション」のそれぞれに落とし穴がある。(2021/3/5)

Google Workspace(旧G Suite)に「Googleアシスタント」対応や「Focus Time」などの新機能
Googleの法人向けオフィススイート「Google Workspace」に、Googleアシスタント対応や通知の量を制限できる「Focus Time」設定などの新機能が追加された。また、現場の従業員のための「Workspace Frontline」の提供も開始する。(2021/3/2)

Innovative Tech:
台風の雲をリアルに再現、直感操作も KAUSTやGoogleなど「Stormscapes」開発
メソサイクロンやスーパーセルのような、積乱雲の発達過程をリアルに描画する。(2021/2/26)

TechTarget発 世界のITニュース
「AI」で小売業者のECシフトを支援 Googleの新クラウドサービスの中身は?
Googleは、AI技術を利用した小売業者向けクラウドサービス3種を発表した。小売業者のECへの移行を支援するという。これらのクラウドサービスで小売業者は何ができるのか。(2021/2/26)

オーストラリア、GoogleとFacebookの抗議を受け修正した記事使用料支払い法案可決
GoogleとFacebookが抗議していたオーストラリアの記事使用料支払い法案が可決された。両社の抗議を受け、多数の修正が加えられたが、「世界初の、メディア業界にプラスなマイルストーン」と財務長官は語った。(2021/2/25)

「YouTube Kids」卒業の子供向け監視付きYouTubeアカウントサービス始動
Google傘下のYouTubeが、8〜19歳の子供の保護者向けペアレンタルサービスを発表した。YouTube Kidsアプリは卒業してもまだ監視が必要な子供向けアカウントを親が開設できる。このアカウントでは表示される動画が制限され、ターゲティング広告が表示されない。(2021/2/25)

世界を読み解くニュース・サロン:
なぜフェイスブックが「いじめっこだ」と世界から叩かれているのか
米フェイスブックが強大な影響力を批判されている。最近はオーストラリアでニュース記事の利用に料金を支払うよう求められ、強硬措置を取った。一方、グーグルは記事に対価を支払う新サービスの契約を各国で進める。劣勢のフェイスブックの今後の対応は?(2021/2/25)

TechTarget発 世界のITニュース
「Meet」会議を自動文字起こし OtterのChrome拡張機能で何が可能になった?
Otter.aiは、自動文字起こしサービス「Otter」をGoogleのWeb会議ツール「Google Meet」で利用できるようにした。Webブラウザ「Chrome」の拡張機能として提供するこの機能は、どんなことを可能にするのか。(2021/2/25)

Googleマップがダークモードに対応 Androidの新機能で
GoogleマップのAndroid版アプリに黒を基調とした背景画面に切り替えるダークテーマが追加。Androidの新機能の一つ。同社は「間もなく世界中のAndroidユーザーに提供を始める」としている。(2021/2/24)

Androidに「メッセージ」の予約送信や危険なパスワード警告など6つの新機能
Googleが、Android端末向けの6つの新機能を発表した。「メッセージ」の予約送信や「Password Checkup」は既に利用できる。(2021/2/24)

Facebook、オーストラリアでのニュース共有制限解除 法案修正で合意
オーストラリアの新法案に抗議して同国メディアのコンテンツ共有を制限していたFacebookが、政府との話し合いの結果、法案修正で合意し、共有を再開すると発表した。Googleもサービスを引き上げると警告した後、法案修正で合意している。(2021/2/23)

Google、AI倫理チームの共同リーダーを解雇 行動規範違反を理由に
Googleが、昨年12月に解雇した倫理的AIチームの共同リーダー、ティムニット・ゲブル博士に続けて、もう1人のリーダー、マーガレット・ミッチェル博士も解雇した。ミッチェル氏が自ら「解雇された」とツイートした。(2021/2/22)

Google、倫理的AIチームに代わる新チームとその黒人女性リーダーを発表
Googleは、Google AIの倫理的AIチームに代わる「責任あるAIに関する新専門知識センター」の設立と、そのリーダーにマリアン・クローク博士(黒人女性)を指名したことを発表。同社は昨年12月、倫理的AIチームの共同リーダー、ティムニット・ゲブル博士(黒人女性)を解雇した。(2021/2/19)

「Apple TV」アプリが「Chromecast with Google TV」に降臨
Googleが予告通り、Appleの動画サービス・アプリ「Apple TV」を映像ストリーミング端末「Chromecast with Google TV」で利用できるようにした。Appleオリジナルの「Apple TV+」の作品を視聴できる。(2021/2/19)

「Android 12」の初開発者プレビュー公開 Pixel 3以降のPixelシリーズにインストール可能
Googleが次期モバイルOS「Android 12」のDeveloper Previewを公開した。Pixel 3以降のPixelシリーズにインストール可能。触覚ジェネレーターやメディアトランスコーディング機能を確認できる。(2021/2/19)

ダウンロード&ビルドも可能
GoogleのAndroid後継OS(?)「Fuchsia」はいつ開花するのか
Googleがモバイル向けの新たなOSをオープンソースで開発中だ。まだ多くの点が不明だが、既にダウンロードしてビルドすることも可能になっている。(2021/2/19)

うぉぉ! Googleストリートビュー撮影車っぽくなるぞ 360度撮影ドラレコを屋根上設置できるバーマウントが発売
見かけるとなぜかうれしいストリートビュー撮影車。(2021/2/18)

「GIGAスクール構想対象自治体の約半数がChromebookを選択」とGoogle
Googleが教育者対象のオンラインイベント「Learning with Google」を開催し、「Google for Education」の50以上の新機能を発表した。その中で、日本の文科省によるGIGAスクール構想対象自治体の約半数がChromebookを採用したと語った。(2021/2/18)

“メディア王”マードック氏のNews CorpもGoogleとNews Showcaseで契約
グローバルメディア企業News Corpが、Googleが世界で展開するメディア向けライセンスプログラム「News Showcase」への参加を発表した。「Googleからの多額の支払いと引き換えに」コンテンツを提供するとしている。(2021/2/18)

Facebook、オーストラリアでニュース共有制限へ メディアへの対価義務付け法案に抗議
Facebookはオーストラリアのニュースフィードでの記事共有を制限すると発表。プラットフォームに記事を掲載する企業にメディアへの対価支払いを義務付ける法案に抗議する目的だ。Googleは既に複数のメディアと契約済みだ。(2021/2/18)

Googleが教育機関向けの「G Suite」を「Google Workspace」に改称 サービスを拡充
ビジネス向けに続き、Googleが教育向けのクラウドサービスを「G Suite」から「Google Workspace」に改称することになった。改称に合わせて新しいエディション(サービス体系)を4月から投入し、2022年1月(既存ユーザーは同年7月)からストレージポリシーの改定を行う。(2021/2/18)

Innovative Tech:
音楽からダンスを自動生成するAI振付師 Googleなど開発
本物のダンサーから学習した大規模なデータセットを利用した。(2021/2/17)

LINE Payが「Google Pay対応キャンペーン」、1000円以上の支払いで500円還元
LINE Payは、2月16日から「Google Pay対応キャンペーン」を開始。iD設置店舗で初めて「Visa LINE Payプリペイドカード」を設定したGoogle Payで合計1000円以上支払うと、LINE Pay残高500円分をプレゼントする。(2021/2/16)

Googleさん:
Googleがこっそり伝承していた“Androidお菓子ネーム” 次期Android 12はかき氷?
例年2月か3月に次期Android OSがリリースされます。アルファベット順に付けられていたお菓子ネームは「Android 10」を最後に公表されなくなりましたが、Google社内では今も伝承されています。Android 12は「S」で始まるお菓子です。(2021/2/16)

Google、「Googleフォト」アプリの編集機能を強化
米Googleは、同社提供のフォトアプリ「Googleフォト」の編集機能強化を発表した。(2021/2/15)

Googleさん:
Googleが「Stadia」のオリジナルゲーム製作をあきらめた理由
Googleが、ゲームクラウド「Stadia」のオリジナルゲーム製作のために立ち上げたスタジオを閉鎖する。「アサシン クリード」などを手掛けたカリスマが率いるチームは解散。オリジナルゲームは生まれなかった。(2021/2/14)

人類史に残る紳士的実験「遺伝的アルゴリズムでエッチな画像を作ろう!」がついにゴール 無事Googleに怒られエッチと認定される
制作者「エッチなみなさんのご協力あってのこと」。(2021/2/13)

「みんながエッチなことに真摯だった」──ただのモザイクをエッチな画像に“進化”させるプロジェクト、Googleの広告BANで目標達成 開発者に聞く
「2つのモザイク画像の中からセクシーに感じるものをクリックすると、だんだん画像がエッチになっていく」プロジェクトが話題に。仕組みや制作の経緯を開発者に聞いた。(2021/2/12)

Pixel独占だったGoogleフォト高機能が他のAndroidにも ただし要有料「Google One」
「Googleフォト」の「ポートレイトライト」やAIによる自動フィルタなど、これまでPixelシリーズでのみ利用できた機能が他のAndroid端末でも利用可能になる。ただし、月額250円からのクラウドストレージ「Google One」に加入する必要がある。(2021/2/12)

働き方改革時代の「ゼロトラスト」セキュリティ(10):
Googleが独自ゼロトラストパッケージ「BeyondCorp Enterprise」の開発に至るまで10年かかった理由
デジタルトラストを実現するための新たな情報セキュリティの在り方についてお届けする連載。今回は、Googleが2021年1月27日に発表した、独自ゼロトラストパッケージ「BeyondCorp Enterprise」を紹介します。(2021/2/15)

300万以上の端末に感染か
SNSユーザーにはびこる悪意ある「ブラウザ拡張機能」に注意
「Google Chrome」と「Microsoft Edge」のブラウザ拡張機能がマルウェア感染の温床になっているという。そうしたブラウザ拡張機能の手口とは。(2021/2/12)

プレミアムコンテンツ:
Computer Weekly日本語版:AWS、MS、Googleどれにする?
特集は3大クラウドベンダーのオンプレミスハードウェアおよびストレージオプション、Surface Go 2レビュー、APIスキーマの解説。他にPythonコードの脆弱性チェックツール、行動的生体認証技術などの記事をお届けする。(2021/2/11)

平井大臣、COCOAに苦言 「出来のいいアプリではなかった」「発注にも問題あった」
平井卓也デジタル改革担当相が政府の接触確認アプリ「COCOA」の障害に言及し、「あまり出来の良いアプリではなかった」と苦言を呈した。9月のデジタル庁創設後はアプリ開発時にGoogleやAppleなどともダイレクトに協議する考えも示した。(2021/2/10)

GoogleがOSSの脆弱性DB「OSV」を開始、セキュリティリスク取りこぼしは減るか
オープンソースソフトウェアのセキュリティ脆弱性対策は手間がかかる上に対処に慎重さと迅速さが求められ、開発者の重荷となっている。こうした状況に対してGoogleが新しい取り組み「OSV」を開始した。(2021/2/9)

「Apigee X」とは? Googleの新しいAPI管理プラットフォームでできること
Googleがシステム連携のカギを握るAPIマネジメント基盤を刷新した。デジタルトランスフォーメーションを支援する新しいサービス「Apigee X」と位置付ける。拡張性が向上した他、セキュリティ強化やAI技術を活用した機能が盛り込まれた。(2021/2/8)

クラウド市場でAlibabaがIBMを抜き去り、AWS、Azure、Googleに次いで4位に
米Synergy Research Groupのクラウドインフラ調査によると、クラウドベンダーの2020年第4四半期のシェアは、AWSが首位、Microsoftが2位、Googleが3位となった。Alibabaは徐々にシェアを下げるIBMを抜き、4位の座についた。(2021/2/8)

AI・機械学習のデータセット辞典:
クラウド(AWS/Azure/GCP/IBM)で手軽に使えるオープンデータセット
4つの人気クラウドプラットフォームで手軽に利用できるオープンなデータセットの一覧ページである「Registry of Open Data on AWS」「Azure Open Datasets」「Google Cloud 一般公開データセット」「IBM Developerの『データセット』カテゴリー」を紹介する。(2021/2/8)

Google Cloud、24時間365日のサポートを米国内から米国民が行うサービスを開始 政府・規制産業向け
Google Cloudは、24時間365日提供される顧客向けのサポートを、必ず米国内から米国民によって提供するサービス「Assured Workloads Support」の開始を発表した。(2021/2/5)

Google、オーストラリアでも「News Showcase」を開始 首相は「建設的に話し合った」
オーストラリアから「サービスを引き上げざるを得なくなる」としていたGoogleが一転、同国でメディア支援プログラム「News Showcase」を開始すると発表した。モリソン首相とピチャイCEOが「建設的な」話し合いを行った成果とみられる。(2021/2/5)

Veeam、GCP向けクラウドネイティブなバックアップ/リカバリーを提供開始
Veeam Softwareは、Google Cloud Platform(GCP)向けのクラウドネイティブなバックアップ/リカバリーソリューション「Veeam Backup for Google Cloud Platform」を提供開始した。ハイブリッド/マルチクラウド環境にも対応し、企業のクラウド活用を支援する。(2021/2/5)

Google、スマホのカメラで心拍数と呼吸数計測 まずは来月からPixelシリーズで
Googleが、「Google Health」の取り組みの一環として、スマートフォンのカメラと「Google Fit」アプリで心拍数と呼吸数を計測・保存できるようにしたと発表。まずはPixelシリーズで3月に開始し、他のAndroid端末でも利用できるようにしていく。(2021/2/5)

作って試そう! ディープラーニング工作室:
[文章生成]MeCabをインストールして分かち書きを試してみよう
形態素解析エンジン「MeCab」をGoogle Colab上にインストールして、簡単なテキストを解析したり、分かち書きをしたりできるようにしてみる。(2021/2/5)

LINE Payが「Google Pay」の非接触決済に対応 「iD」「Visa」両対応
LINE PayがGoogle Payの非接触決済に対応した。Apple Pay(iPhone/Apple Watch)とは異なり、iDとVisaのタッチ決済の両方に対応していることが特徴だ。(2021/2/4)

60以上のGoogle Cloudソースからイベントを送信可能:
Google、コンテナにイベントを送信する機能「Eventarc」を一般公開
Googleは、フルマネージドのコンテナ化アプリケーション実行環境「Cloud Run」にイベントを送信できる新機能「Eventarc」の一般提供を開始した。分散されたマイクロサービス間でのイベントベースの通信に役立つ。(2021/2/4)

極右に人気でAWSに締め出された「Parler」の創業者CEO、取締役会が解雇
米連邦議会議事堂襲撃者の多くが利用し、Apple、Google、AWSから締め出されたSNS「Parler」の創業者CEO、ジョン・マッツェ氏が1月末に取締役会により解雇されていたことが明らかになった。(2021/2/4)

LINEプリペ、Google Payに対応 iDとVisaのタッチ決済が可能に
LINE Payは2月4日、LINE Pay内に発行するバーチャルプリペイドカード「Visa LINE Payプリペイドカード」(LINEプリペ)が、Google Payに対応したと発表した。iD加盟店に加え、Visaのタッチ決済加盟店でも利用できる。(2021/2/4)

Googleがサービス撤退をほのめかすオーストラリア政府にMicrosoftが「Bingを」とアピール
検索結果に記事のリンクやスニペットを表示するならメディアに対価を支払うよう求める法案でオーストラリア政府とGoogleが対立し、Googleがサービスの撤退をほのめかす中、Microsoftが自社の検索サービス「Bing」を政府にアピールした。(2021/2/4)

世界を読み解くニュース・サロン:
「就職希望です!」「研究成果を見て!」――巨大IT企業も狙われる、北朝鮮の巧妙な“攻撃”手口
北朝鮮のサイバー攻撃がまたニュースになっている。米国ではグーグルに対して、コンピュータ研究者を装って接触する攻撃を仕掛けた。過去には就職希望を装ってメールし、リンクをクリックさせる手口も。コロナ禍の混乱の中、日本も油断は禁物だ。(2021/2/4)

Alphabet決算、巣ごもり需要で売上高・純利益ともに過去最高
Googleを傘下に持つAlhpabetの2020年10〜12月期決算は、コロナ禍の巣ごもり需要で検索やYouTubeの広告が好調で、売上高、純利益ともに過去最高を更新した。クラウド事業「Google Cloud」を初めて独立セグメントとして扱い、営業損失が12億ドル以上であることを明らかにした。(2021/2/3)

Google、賃金格差のあった女性やアジア系エンジニアに総計約260万ドル支払い
Googleは、女性や非白人従業員の賃金差別に関する申し立てで米労働省と和解する条件として、5500人以上の従業員と求職者に総計約4億円を支払う。(2021/2/2)

Ford、車載OSにAndroid採用 「Google Cloud」を優先クラウドプロバイダーに
Ford MotorはGoogleのAndroid OSベースの車載OSと「Google Cloud」の採用を発表した。2023年以降に数百万台のFordとLincolnに新OSが搭載される。(2021/2/2)

Google、ゲームストリーミング「Stadia」の2つの自社スタジオを閉鎖
Googleがゲームストリーミングサービス「Stadia」のために設立した2つの自社スタジオを閉鎖する。モントリオールのスタジオを率いてきたジェイド・レイモンド氏は退社する。(2021/2/2)

モバイル版「Googleマップ」、リアルタイムの電車位置表示(首都圏のみ)
AndroidおよびiOS版「Googleマップ」で、首都圏の鉄道と地下鉄のリアルタイムの遅延情報と位置情報が表示できるようになった。駅名横の電車・地下鉄アイコンをタップすると、各路線で走っている電車の位置も表示される。データは「公共交通オープンデータ協議会」のもので、2022年1月31日までの限定サービスだ。(2021/2/2)

Google Project ZeroがAppleのiMessageのリファクタリング成果を認める
AppleはiOS 14で同社のメッセージングアプリであるiMessageのリファクタリングを実施し「高いセキュリティを実現した」という評価を得た。Google Project Zeroの研究者が、新しく導入されたセキュリティ機能を分析し、「下位互換性の必要性を考えると、おそらく可能な限り最高なものに極めて近い」という称賛に近い評価を与えている。(2021/2/1)

三井住友が「ナンバーレスカード」を発行 タッチ決済で最大5%を還元、20%還元キャンペーンも
三井住友カードは2月1日、新しいクレジットカードとして券面にカード番号が一切ない「ナンバーレスカード」を発行する。タッチ決済の利用をさらに促進するために、主要コンビニエンスストア、マクドナルドでの利用でのポイント還元を増量する。バーチャルカードが発行できるので、Apple PayやGoogle Payに登録すれば即時利用できる。(2021/2/1)

開発者は修正済みライブラリの適用を
Androidのライブラリに致命的なバグ――多数のアプリが未対応
Google Play Coreライブラリには致命的なバグがあった。Googleは2020年4月に同ライブラリを修正したが、このライブラリを使用している多くのアプリが未対応のまま放置されている。(2021/2/1)

「Pixel 4a(5G)」の新色「Clearly White」、Googleストアにも登場
Googleが昨年10月に「Just Black」のみで発売した「Clearly White」の「Clearly White」モデルがGoogleストアでも購入できるようになった。日本を含む4カ国のストアのみ。(2021/1/29)

Innovative Tech:
Googleストリートビューのハイパーラプス、天気や時間など統一して作成する技術
ストビューを使ってスムーズな擬似ハイパーラプスを可能にする技術。(2021/1/29)

Google、一部の自社アプリでは「iOS版アプリでのトラッキング許可画面は表示しない」
Appleが間もなく開始するiOSアプリでのトラッキング許可申請画面表示の義務付けに先立ち、Googleが自社アプリでは「ATTに該当する情報(IDFAなど)を使わないので、トラッキング許可画面は表示しない」と説明した。(2021/1/28)

Innovative Tech:
一般人が撮影したネット上の写真から建物を高品質に3D化するGoogleの機械学習技術
観光客が撮影してネットで公開している写真を利用できる。(2021/1/28)

Google、VRペイントアプリ「Tilt Brush」の開発を中止しオープンソースに
Tilt Brushの開発はGoogleではもう行われない。(2021/1/27)

プライバシーとオンライン広告の行方は:
サードパーティーCookie廃止の代替案「SandBox」と新アルゴリズム「FloC」とは何か
GoogleはChromeのサードパーティーCookieのサポートを廃止する方向で取り組みを進めている。代替技術「Privacy Sandbox」は、2021年4月公開予定の「Chrome 90」からこの機能を試せるようになりそうだ。(2021/1/26)

セキュリティ研究者狙い撃ちの攻撃キャンペーンをGoogleが警告 背後に北朝鮮か
Googleが、セキュリティ研究者を標的とした攻撃キャンペーンが数カ月前から進行中だと警告した。最新版のWindows 10とChromeブラウザを使っていても被害に遭ったケースもある。(2021/1/26)

Googleの10カ国の従業員、世界規模の労組「Alpha Global」結成
Googleの10カ国の従業員が世界規模の労働組合「Alpha Global」を結成したと発表した。北米のGoogle従業員による「Alphabet Workers Union」に続くものだ。「AlphabetがDon’t be evilを忘れても、われわれは忘れない」。(2021/1/26)

Google、新型コロナワクチンの公平で迅速な接種を目指し1億5000万ドル提供他、多角的取り組みを発表
Googleは、新型コロナワクチンの公平で迅速な提供を実現するための多角的な取り組みを発表した。WHOなどへの1億5000万ドルの助成金提供の他、自社スペースの接種場所としての提供、検索やGoogleマップでの正確な接種場所情報の提供、ワクチン輸送効率化のためのAI技術提供などだ。(2021/1/26)

AWS、Azure、GCPのDRaaS【後編】
「GCP」「IBM Cloud」「Oracle Cloud Infrastructure」で使えるDRの手段とは?
主要クラウドベンダーはシステムの災害対策(DR)を可能にするために、DRaaSをはじめとするDR関連サービスやDRに関するドキュメントを提供している。GoogleとIBM、Oracleが用意するDR支援策を説明する。(2021/1/27)

「Google」アプリ、タブやカードまわりのデザイン改善で見やすく
Googleがモバイル版Googleアプリのデザイン変更をロールアウトすると発表した。より見やすくするために細かな修正を加えた。「Googleロゴのように丸みを帯びさせた」ともしている。(2021/1/25)

企業のChromebook導入が進む?
「ChromebookでWindowsアプリを使う」がソフトで実現 もうChromebookで十分?
GoogleとParallelsは、Chromebookの法人向けモデルでWindowsアプリケーションの利用を可能にする「Parallels Desktop for Chromebook Enterprise」を発表した。Chromebookの企業利用が広がるきっかけとなるのか。(2021/1/23)

攻撃者も人間だもの:
サイバー攻撃者、誤って盗んだ資格情報をGoogle検索可能にして手の内を暴かれる
サイバー攻撃者がせっかく盗んだ情報をググれる場所に放置した。結果として手法や利用したツールがセキュリティベンダーに筒抜けになってしまった。(2021/1/22)

トランプ政権、Googleから企業秘密を窃盗した元Uber幹部やCAスキャンダルのバノン氏らに恩赦
トランプ前米大統領政権は、トランプ氏退任直前、73人に恩赦を与えた。その中には、Googleから自動運転関連の企業秘密を盗みUberに渡したとして実刑判決を受けたアンソニー・レヴァンドフスキー氏や、トランプ氏の大統領選チームのCEOを務め、CAの選挙操作ツールを採用したと報じられるスティーブ・バノン氏が含まれる。(2021/1/21)

「Chrome 88」公開 拡張機能の仕様変更でセキュリティやパフォーマンスを向上
米Googleが「Chrome 88」(バージョン88.0.4324.96)を公開。拡張機能のソースコードについて遠隔提供(リモートホスト)を禁じる他、バックグラウンド動作の仕様変更によるパフォーマンスの改善などを盛り込んだ。(2021/1/20)

Google Cloud FunctionsがRubyのサポートを発表 ローカル環境での開発やテストを可能にするフレームワークも
米Googleが「Google Cloud Functions」でRubyをサポート。対応するバージョンはRuby 2.6と2.7。Rubyでサーバレス環境の関数を開発支援するフレームワーク「Functions Framework for Ruby」もオープンソースで公開した。(2021/1/20)

TechTarget発 世界のITニュース
クラウドDWHのFireboltが約3700万ドル調達 売りの「高速処理」の中身とは?
MicrosoftやGoogleなど既存のクラウドDWHベンダーの競合となるFireboltが、約3700万ドルの資金を調達した。同社が競合との差異化ポイントとしてアピールする「高速処理」の中身とは。(2021/1/20)

Amazonプライム・ビデオを見ながら語学学習ができるChrome拡張がめっちゃ便利 好きな動画を見ながら語学をマスター
ワンクリックで字幕をGoogle翻訳にかけられます。(2021/1/19)

オープンインフラが主流に:
Googleが予測する2021年のデータとクラウドの動向とは
Googleは2021年に留意すべきデータ分野とクラウド分野の6つの動向について公式ブログで解説した。クラウドのメリットがコストだけではないことや、セキュリティ基盤としても重要であることが分かる。(2021/1/19)

AWS、Azure、GCPの「SaaS連携ツール」の違い【中編】
「Logic Apps」「Pub/Sub」――SaaS連携に使えるMicrosoftとGCPの主要ツール
MicrosoftやGoogleは、SaaS連携のためにどのようなツールを提供しているのか。両社の主要ツールとそれらの特徴を説明する。(2021/1/19)

モバイル版Googleマップ、東京都心などで詳細情報表示 横断歩道や歩道橋も
Googleが昨年8月に予告していたGoogleマップの一部都市での詳細情報表示がロールアウトしている。東京都心やニューヨークなどで、横断歩道や歩道橋などが表示される。道幅の縮尺も正確になった。(2021/1/18)

ソフトバンク、1月22日に「Pixel 4a(5G)」新色のClearly Whiteを発売
ソフトバンクは、1月22日からGoogleの5Gスマートフォン「Pixel 4a(5G)」の新色として「Clearly White」を発売する。(2021/1/15)

GoogleのFitbit買収が完了 日本の公取委も承認
Googleは、2019年11月に発表したFitbitの買収を完了したと発表した。昨年12月のEUに続き、日本の公正取引委員会などもこの取引を条件付きで承認したため。Fitbitは独立子会社として存続し、ブランドも残る見込み。(2021/1/15)

3つのセキュリティアプローチを比較:
Googleが勧める対策、クラウドにおける暗号鍵の保存方法とは
Googleはクラウドにおける暗号鍵の保存について、同社の関連サービスを引き合いに出して解説した。暗号鍵に対する5つの主要なリスクに続いて、リスクに対応する3つの手法を利点と欠点を示しながら紹介した。(2021/1/14)

マップサービス最新動向:
王者Googleマップにライバル登場!「Mapbox」はどこまで使えるか?
これまでWebサイトにマップ(地図)を載せるなら、「Googleマップ」(Google Maps JavaScript API)を使うのが「普通」だった。だが最近、「Mapbox(マップボックス)」が徐々に存在感を示し始めている。どれくらい「使える」のか、簡単な比較をしてみた。(2021/1/13)

新型コロナの新規陽性者数、2月6日に1万人超えか Googleが予測データを更新
日本国内における新型コロナウイルスの新規陽性者数が、今後1カ月間で計23万4000人という予測を米Googleが公開。日別では2月6日に新規陽性者数が1万人を超えるという。(2021/1/12)

AppleとGoogle、モデレーションフリーなSNSサービス「Parler」をアプリストアから削除
Twitterなどでアカウントを停止されたユーザーの流入で急拡大していたSNS「Parler」のモバイルアプリが、AppleとGoogleのアプリストアから削除された。Twitter上には同プラットフォームの暴力的な投稿のスクリーンショットが紹介されている。(2021/1/9)

「G Suite」からのユーザーは要確認
Google Workspaceは「ストレージ容量無制限」を廃止 既存ユーザーへの影響は
「G Suite」は「Google Workspace」への改称に伴い、無制限のストレージ容量が利用できるプランを廃止した。G Suiteのユーザー企業はどのような影響を受けるのか。(2021/1/9)

新型コロナの新規感染者、今後1カ月で計14.6万人に 14日がピーク Googleが予測
米Googleが今後1カ月間で新型コロナウイルスの新規陽性者数が計14.6万人に達するという予測を出した。1日の新規陽性者数は1月14日に8984人を記録し、ピークを迎えるとしている。(2021/1/8)

YouTubeとTwitchもトランプ大統領の公式チャンネルを停止
Twitter、Facebook、Instagramに続き、Google傘下のYouTubeとAmazon.com傘下のTwitchもトランプ大統領の公式チャンネルを停止した。6日の議事堂への支持者乱入を容認する動画投稿を受け、Twitchは「さらなる暴力を扇動するために使用されるのを防ぐため」としている。(2021/1/8)

中古PC活用:
【超番外編】ラズパイ+Chromium OSでリモデス&Google Meet端末をこしらえてみる
教育目的として開発された比較的安価なワンボードコンピュータ「Raspberry Pi」は性能が着々と向上し、用途によってはPCの代わりとしても利用可能なほどになっている。そこで、Raspberry Piに、Chromium OSをインストールして、Chromeリモートデスクトップクライアントにする方法を紹介しよう。(2021/1/8)

プレミアムコンテンツ:
Computer Weekly日本語版:なぜかハマる災害復旧の落とし穴
特集は、分かっていても失敗してしまう災害復旧の原因解説、CPU市場動向、GoogleやFacebookの規制に対する疑問の3本。他にWAVファイルに隠されたマルウェア問題、Androidアプリをクラウド化する「Anbox Cloud」、AI事例などの記事をお届けする。(2021/1/7)

TechTarget発 世界のITニュース
Googleが「データ仮想化」のActifioを買収 GCPのバックアップとDRを強化
Googleは「データ仮想化」を使ったコピーデータ管理製品を提供するActifioを買収した。「Google Cloud Platform」のディザスタリカバリーとバックアップを強化する狙いだ。(2021/1/6)

Googleの最新「reCAPTCHA v3」も突破する方法が発見される
「私はロボットではありません」でおなじみのCAPTCHAサービス最新版「reCAPTCHA v3」を高い精度で回避する方法が発見された。この問題を発見した研究者は将来的な代替技術の可能性を示している。(2021/1/5)

GoogleとAlphabetの従業員、労働組合結成を発表
Alphabetとその傘下のGoogleの従業員有志が、労働組合「Alphabet Workers Union」を結成した。いわゆるminority unionで、非正規雇用者も会費を払って参加できる。(2021/1/5)

2020年最後のGoogle Doodleはハト時計でカウントダウン
Googleの検索ページのロゴが12月31日にハト時計(カッコー時計)になった。午前0時にカッコーが飛び出す予定。(2020/12/31)

プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2020年)
プログラミング学習はなぜつらい? Google「乳がんAI検診」が賛否両論の訳は?
「経営とIT」「中堅・中小企業とIT」「医療IT」「教育IT」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2020年に新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。(2020/12/31)

中村研太のSEOウォッチ(2020年総まとめ):
GoogleにおけるSEO 2020年の5つのトピックスと2021年の展望
Google検索の2020年の動向を振り返ります。(2020/12/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。