連載
» 2010年07月20日 17時40分 UPDATE

マグロ船会議術:なるほど――意見が活発に出る会議の作り方 (1/2)

批評家の部長のせいですっかり意気消沈してしまった部下たち。「これではまったく会議にならない。どうしたら意見が出ると思うかね?」とアドバイスを求められたあなたはどう回答する?

[鷹木創,Business Media 誠]

 あなたは創業20年のデコボコ水産に勤める若手社員。今日は社内の課題や問題点について話し合う会議に出席をしています。

部長 我が社の社員は「報告・連絡・相談」という基本的なことができておらん。どうしたら、この基本的なことがもっとできるようになるのかを話し合いたい!

 部長の気合いの入り方とは対照的に、出席した社員たちはみな、ほとんどやる気がありません。

 前回の会議で、部長はみんなの発言をことごとく批判してしまったので「もうアンタの勝手にやっとくれ」という雰囲気ができてしまったのです。

部長 どうしたみんな、今日は元気がないじゃないか! 分かった、まだ正月ボケが治ってないんだな。

 「なに言ってるんですかぁ、もう梅雨も明けましたよ!」と、明るくツッコミを入れるどころか、誰1人クスリともしません。こうして部長の精一杯のギャグは、気まずさをより増してしまいました。

部長 むむむ、ひとまず休憩を取ろう。その間1人1個以上、案を考えるように。

 会議開始からわずか5分で休憩という、「休むために会議をしているのか?」と思えるほど、わけの分からない状態になってしまいました。

 さて、部長は会議室を出るとき、あなたを手招きします。部長のもとに行ってみると、「これではまったく会議にならない。どうしたら意見が出ると思うかね?」と訊ねられました。

 さあ、あなたなら、部長にどうアドバイスをしますか?

  1. クイズ番組のように、1人1個、意見をボードに書かせましょう!
  2. 参加者の発言は、真剣によく聞いてあげて下さい
  3. 参加者の発言は、半分聞き流して下さい
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ