連載
» 2012年02月03日 11時00分 UPDATE

冬の節電DIY:「暖房はエアコンが圧倒的に省エネ」を自宅実験で実証 (1/3)

電気ストーブとエアコンはどちらが省エネなのか? 今回は消費電力に焦点を当てて検証してみた。

[奥川浩彦,Business Media 誠]

 前回「自宅のエアコンとストーブで暖房器具の消費電力を調べてみた」の実験のデータを見ると、エアコンの消費電力は0.22〜0.23キロワットアワーとほぼ同じだったが、セラミックファンヒーターは0.48キロワットアワーとかなり消費電力が多かった。今回は消費電力に焦点を当てて実験を行ってみた。果たして同じ条件下で最も消費電力が少ない暖房器具は……?

 夏はエアコンと扇風機が主製品で選択肢は少ないが(冷風扇もあるけど)、冬はエアコン、電気ストーブ(ハロゲン、セラミック、カーボンなどの各種ヒーターを含む)、ホットカーペット、コタツと電気による暖房器具だけでも多数存在している。加えて石油ストーブ(ファンヒーター含む)、ガスストーブと電気以外のエネルギーによる暖房器具もある。全ての検証はできないが、どれが省エネなのかを考えてみたい。

 筆者宅にはホットカーペット、コタツもあるが、もう何年も押し入れから取り出したことはない。稼働しているのはエアコン、セラミックファンヒーター、石油ファンヒーターとなっている。

 コタツは嫌いじゃない。むしろ学生時代はコタツを常用していて、コタツの脚の下に電話帳を入れてかさ上げし、寝返りが打てるようにして朝まで寝ていたほどだ。だが、コタツに入るとそこから動けなくなるのが嫌いという理由で使わなくなった。加えて睡魔に襲われる率も高く、こうして原稿を執筆する際の敵だと思っている。ホットカーペットも部屋全体を暖めるには不向きで、ついつい寝転がって貼り付き、そこから動けなくなるので使用していない。

 というわけで、コタツとホットカーペット以外を検証する。まずは電気を使用するエアコンとセラミックファンヒーターで消費電力を比較してみよう。エアコンに関しては設定温度を上げたときにどれくらい消費電力が増えるかも実験してみた。

 前回の実験から暖房方法によって測定場所の温度差があることが分かったので、今回はサーキュレーターに加え扇風機も用意した。サーキュレーターは前回と同じ位置で上方向に風を送り、扇風機は窓際から横方向に風を送り上下左右に空気をかき混ぜて温度差が少なくなるようにして測定を行った。エアコンの設定は風は下向き、風力は自動で統一した。

セラミックファンヒーターは30分で0.49キロワットアワー

 最初はセラミックファンヒーター(電気ストーブ)。サーキュレーター+扇風機の効果は高く上下4カ所の温度は1度以内に収まった。電源オンの時に消費電力が跳ね上がるが、その後は1000ワット弱で推移、30分ほどで温度は19〜20度まで上昇し、30分間の消費電力は0.49キロワットアワーとなった。

shk_ji01.jpg セラミックファンヒーター

設定温度19度のエアコンは30分で0.17キロワットアワー

 過去の実験でエアコンは設定温度より実測値がやや高い温度になる傾向があったので、セラミックファンヒーターとほぼ同じ温度になるようにエアコンの温度設定は19度とした。19度にしても実測値はスタート10分くらいから20〜21度で推移し、消費電力は最初は500ワットを越えたが温度上昇とともに安定し300ワット強で推移。27分過ぎには温風を停止しアイドリング状態(23ワット)となった。測定は30分で区切っているが、30分を過ぎたところから温度低下を感知し再び稼働し300ワット台を表示した。30分間の消費電力は0.17キロワットアワー、セラミックファンヒーターの3分の1程度となった。

shk_ji02.jpg エアコン:設定温度19度

設定温度21度のエアコンは30分で0.24キロワットアワー

 設定温度を21度に上げ、その他は同じ条件で実験を行った。室温は10分ほどで21〜22度に上昇し安定状態へ。消費電力は温度上昇する間は600ワットに達したが、その後は徐々に下がり最後は300ワット強まで下がった。30分間の消費電力は0.24キロワットアワーとなった。30分の比較では設定温度を2度上げたことで40%ほど消費電力が増えたことになる。最上段から下段までの3カ所はほとんど温度差がなかったが、最下段は19度設定のときは約1度、21度設定にすると2度弱に温度差が広がっている。

shk_ji03.jpg エアコン:設定温度21度

設定温度28度のエアコンは30分で0.56キロワットアワー

 最後はグッと設定温度を上げて、28度で実験を行った。寒い部屋に帰宅すると、設定温度を上げて早く暖めたい、といったシチュエーションを想定してみた。後から気付いたのだが、この実験はスタート時点の温度が他の実験よりコンマ何度か低い。加えてスタート2分間はほとんど温度上昇がなかった。換気の際に部屋全体(壁、床、天井、家具、エアコン本体)を冷やしすぎたせいなのか理由は不明だ。結果として20度に達する時間は最も遅かった。最初の2分のデータを削除して意図的に他のデーターと曲線を重ねてみると、ほんのわずかしか上昇カーブに差は見られなかった。印象としては温度設定を変えても室温が上昇する時間は大差がなく、それぞれの設定温度に達すると安定状態に移行するといった感じだ。

 これまでの実験と異なり、上下の温度差が広がっている。19度設定、21度設定のグラフも考慮すると室温が上がるにつれ上下の温度差が拡大しているように思える。最上段の温度をみても30分では設定した28度には達しなかった。この実験は最後だったので、30分の時点で消費電力量を確認後45分まで継続測定を行ったところ、30分を過ぎてから安定状態となった。温度は最上段が27.3度くらい、上段が25.8度、下段が24.8度、最下段が21.5度くらいで推移した。消費電力は開始直後からグングン上昇し、数分で全開の1200ワット弱に到達。一瞬だけ様子見をするが、その後もフルパワーに近い状態で推移し30分を過ぎてからは1100ワット前後となった。30分時点の消費電力は0.56キロワットアワー、セラミックファンヒーターの値を少し上回った。設定温度19度に対し3.3倍、21度に対し2.3倍と大幅に消費電力は増えた。

shk_ji04.jpg エアコン:設定温度28度
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -