連載
» 2012年11月27日 11時00分 UPDATE

20代にしておきたい17のこと:人生最大の失敗をするなら20代 (1/4)

失敗するならいくらでも挽回できる20代のほうがいい。なぜなら人生の後半に失敗すると、経済的にも社会的にも立ち直るのに時間がかかるからだ。だからリスクを取ることを恐れないで、何でも挑戦してみよう。

[本田健,Business Media 誠]

20代にしておきたい17のこと:

ks_honda20_190.png

 この連載は書籍『20代にしておきたい17のこと』(だいわ文庫)から抜粋、再編集したものです。

 20代はいろいろと迷い、悩んでいるうちに、一瞬にして過ぎていきます。若さからくる希望にあふれ、ワクワクしながら自分の夢に向かうことができます。その一方で、感情という波に振り回されて落ち込んだり、自分を嫌いになったりして、時には絶望を感じることもあることでしょう。たとえどんな状態でも、それらはすべて人生の栄養になっていきます。20代という瞬間を、精いっぱい楽しんで過ごしてください。

ベストセラー作家の本田健が「20代にやっておけばよかった」と思うことを、30代より上のあらゆる世代の人にインタビュー。この10年でしておくべき17のことを、自身の体験も交えながら紹介します。


著者プロフィール:

本田健(ほんだ・けん)

 神戸生まれ。経営コンサルティング会社、ベンチャーキャピタル会社など、複数の会社を経営する「お金の専門家」。独自の経営アドバイスで、今までに多くのベンチャービジネスの成功者を育ててきた。

 『ユダヤ人大富豪の教え』(大和書房)をはじめとする著書はすべてベストセラーで、これまでに70作品以上を出版し、累計部数は500万部を突破。現在は、執筆活動、講演会やセミナー、ポッドキャスト、各業界のトップランナーとの対談した内容をまとめたオーディオ教材など、さまざまなメディアから、「人生を幸せに豊かに生きる知恵」を伝えている。

 本田健の公式Webサイト「幸せな小金持ちになるホームページ」、各業界のトップランナーと対談「アイウエオーディオ倶楽部


失敗したことのない成功者はいない

 最初の項目が「失敗すること」なのを見て、びっくりした人もいるでしょう。私は、20代のうちに絶対にやっておいたらいいのが「人生最大の失敗をする」ことだと考えています。

 人生後半の失敗は、経済的にも社会的にも、精神的にも立ち直るのに時間がかかります。しかし、20代ならばいくらでも挽回できます。だから、リスクを取ることを恐れないで、何でも挑戦してみましょう。

 成功した人に話を聞いてみると、彼らのほとんどが10代、20代で大失敗をしています。絶対にその立場にはなりたくないというような、聞いているだけで卒倒しそうな失敗話をよく聞きました。

 でも、不思議なことに、本人はそれをいたって楽しそうに語るのです。失敗を後悔するというより「よくもあんな大胆なことをしたよな、でも俺もたいしたもんだ」という、どこか誇らしいとさえ思っているふうです。

 例えば、1億円を借りていきなりビジネスをやり出したとか……。普通に考えたら無謀以外の何ものでもないと思いますが、私はそれを聞いて、その無謀さのスケールの大きさに打ちのめされる思いがしました。

 人生で早いうちに大きな失敗をすると、あとはプラス勘定になります。

 逆に、最初から失敗しないように安全な道ばかり選んでいると、失敗もない代わりに、何のドラマもない人生になってしまいます。

 リスクを冒して失敗することは20代でできる、いちばんの財産です。将来「目を見張るような活躍」をするためには、「目を覆うような失敗」を恐れないことです。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ