連載
» 2012年11月30日 11時00分 UPDATE

20代にしておきたい17のこと:死ぬほどの恋ができない、2つの理由 (1/6)

いま、あなたには大好きな人がいますか? その人と一緒にいられたら死んでもいいというぐらい、1人の人を好きになれるかどうか。心をオープンにして情熱的に生きられるかどうか。これこそ、20代にしかできないことだといってもいいかもしれません。

[本田健,Business Media 誠]

20代にしておきたい17のこと:

ks_honda20_190.png

 この連載は書籍『20代にしておきたい17のこと』(だいわ文庫)から抜粋、再編集したものです。

 20代はいろいろと迷い、悩んでいるうちに、一瞬にして過ぎていきます。若さからくる希望にあふれ、ワクワクしながら自分の夢に向かうことができます。その一方で、感情という波に振り回されて落ち込んだり、自分を嫌いになったりして、時には絶望を感じることもあることでしょう。たとえどんな状態でも、それらはすべて人生の栄養になっていきます。20代という瞬間を、精いっぱい楽しんで過ごしてください。

ベストセラー作家の本田健が「20代にやっておけばよかった」と思うことを、30代より上のあらゆる世代の人にインタビュー。この10年でしておくべき17のことを、自身の体験も交えながら紹介します。


著者プロフィール:

本田健(ほんだ・けん)

 神戸生まれ。経営コンサルティング会社、ベンチャーキャピタル会社など、複数の会社を経営する「お金の専門家」。独自の経営アドバイスで、今までに多くのベンチャービジネスの成功者を育ててきた。

 『ユダヤ人大富豪の教え』(大和書房)をはじめとする著書はすべてベストセラーで、これまでに70作品以上を出版し、累計部数は500万部を突破。現在は、執筆活動、講演会やセミナー、ポッドキャスト、各業界のトップランナーとの対談した内容をまとめたオーディオ教材など、さまざまなメディアから、「人生を幸せに豊かに生きる知恵」を伝えている。

 本田健の公式Webサイト「幸せな小金持ちになるホームページ」、各業界のトップランナーと対談「アイウエオーディオ倶楽部


どんな恋をしてきたか

 いま、あなたには、大好きな人がいますか?

 人間が一生懸命になるのは、誰かのことを本当に愛しているときです。

 例えばそれは好きな人のためにチョコレートを作ってあげるとか、料理を作ってあげるとかということから始まって、子どものために何かしてあげようとか、親孝行してあげようというときに、人は自然に動けるのです。

 誰かのことを愛する、恋するというのは、人間のモチベーションの中でもっとも高いものの1つではないでしょうか。誰かのことを好きになって夢中になっている人と、誰のことも好きにならず、好かれてもいない人とを比べると、楽しさとか躍動感が全然違うでしょう。

 恋愛は自分1人ではできない。相手がいてこそ成り立つものです。だから、相手に受け入れられるかどうか確証がないときに、その人のことを好きになるというのはリスクでもあります。同じように好きになってもらえるか分からないからです。

 でも、そのリスクが気にならないぐらい相手のことが好きになれるかどうか。その人と一緒にいられたら死んでもいいというぐらい、1人の人を好きになれるかどうか。これこそ、20代にしかできないことだと言ってもいいかもしれません。まだ結婚まで考えなくてもいい……相手のことが好きだということだけでいける年代が20代なのです。

 だからそのときに、将来どうなるかは関係ない、ただ相手に向かって突っ走るという体験を持つこと。それはあとになって、とても幸せなことだったと気づくでしょう。

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -