コラム
» 2013年10月15日 14時50分 UPDATE

そろそろ脳内ビジネスの話をしようか:社長に向いているのは、落ち着きがなく、こらえ性もなく、人一倍感謝されたい人

世の中には「落ち着きがない」「こらえ性がない」「人から感謝されたい」という人がいます。こんな難しい性格を3つもあわせ持っていると、やる気は常に空回りでサラリーマンとしてはなかなかうまくいきません。ただ、ビジネスマンとして完全に“ダメ人間”なのかというと、そんなことはないのです。

[島田徹,Business Media 誠]
誠ブログ

 世の中にこういう性格の人がいます。

  • 落ち着きがない
  • こらえ性がない
  • 人から感謝されたい

 まず「落ち着きがない人」というのは、組織に入るとまず「落ち着け!」と矯正されますね。

 「おい! まだ発注決まった訳じゃないんだ。勝手に着手するな」
 「ちゃんと動き出す前に計画しろ。それじゃ効果測定も何もないだろう」
 「8時から花見って言ったけど、それは夜の話だ! さっさと会社に来い」

 という感じです。

ks_image02.jpg

 「こらえ性のない人」もいます。まず実戦に出る前に座学で基本的な知識を……ということで、半年間みっちり研修をしようとしてもまるで身が入らない。

 「すみません、これってどんな意味があるんですか? 早く戦場に出て敵をバッタバッタと切り倒したいんですが――」
 「今度のお客さんとの打ち合わせ、自分も連れて行って下さいよ! まだ入社3日目ですけど。。。」

 そして「人から感謝されたい」という人。いや、人間誰でも多かれ少なかれ、人から感謝されたいと思ってはいますが、その欲求レベルが人一倍強い人がいます。

 そういう人は日々の業務の中でチームメンバーから言われる「ありがとう」レベルでは満足できません。利害の対立する厳しいお客さんから「ありがとう」と言われることによって、初めて満たされるのです。そういう人がいます。

こういう人は社長向き

 と、こんな3つの難しい性格をあわせ持ってしまっていると、サラリーマンとしてはなかなかうまく回らないと思います。やる気は常に空回りしてしまうような。ただ、ビジネスマンとして完全にダメ人間なのかというとそんなことはないです。

 実際20代の私がかなりこのタイプでした。そうです。こういう人は社長向きなのです。向きというか社長でしか生きていけない、と言うべきでしょうか。

 先日、そんな落ち着きのない社長にインタビューしてきました。こういう人は自分で自分の舟をこいで、直接お客さんの役に立つようにがむしゃらに走り回ったらいいのです。頑張りすぎてアカが出たり、空回りして怒られて落ち込んでも、迷惑を受けるのは自分だけ。

 そして人に感謝されたくてお客さんのために心骨を注ぐことができるなら、どんなに大変でも辛くはないでしょう。

 逆に、この3つのどれかが欠けている人は、起業しはじめのころに大変苦労します。お客さんからの「ありがとう」を目標にして、自分の足でめまぐるしく動いて日銭を稼ぐ――と、いうことができないと、資金繰りですぐに行き詰まってしまうからです。(島田徹)

makotoblog_logo.gif

※この記事は、誠ブログ落ち着きが無く、こらえ性がなく、人一倍人から感謝されたい人より転載、編集しています。

 誠ブログでは、ブログを執筆してくださるブロガーを募集中です。詳細については、「誠ブログとは?」「FAQ」をご覧下さい。


Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -