ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「社長」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「社長」に関する情報が集まったページです。

製造マネジメントニュース:
日立の事業再編は日立金属売却でほぼ完了、2021年度はコロナ禍からV字回復へ
日立製作所が2020年度(2021年3月期)連結決算と2021年度の業績予想、2021年度までの中期経営計画の進捗状況について発表。日立金属の売却を決めたことで「事業ポートフォリオの変革は9割5分終わった」(日立 執行役社長 兼 CEOの東原敏昭氏)という。(2021/4/30)

ZHDの川邊社長、Clubhouseに「学ぶべきところは多い」 サービス垂直立ち上げの参考に
Zホールディングスの川邊健太郎社長は4月28日の決算説明会で、音声SNS「Clubhouse」について「世界中でコロナの巣ごもりがある中で、その機を非常によく捉えたサービス」と評価した上で、世界的に流行るサービスを作る上での参考にしていると明かした。(2021/4/28)

「ウマ娘は初速好調」サイバーエージェント藤田社長が手応え 今後は“ロングラン”目指す
サイバーエージェントの藤田晋社長が「ウマ娘」に言及。「初速は好調。自社IPであるこの作品のヒットは当社にとって大きな出来事」とコメントした。今後は“ロングランヒット”を目指し、機能開発や海外展開を進める。(2021/4/28)

ディライトワークス新社長に元カプコン小野義徳さん SNSでは格ゲー版「FGO」を期待する声も
まさかの社長就任!(2021/4/27)

NTTと富士通、次世代通信で業務提携 主導権争いで「仲間づくり」
 NTTと富士通は26日、次世代の通信技術を共同開発するため、戦略的業務提携に合意したと発表した。実用段階に入った第5世代(5G)移動通信システムの次世代規格「6G」に使われる技術の研究などで連携する。NTTの澤田純社長は同日の会見で「ビジネスの基本構造を変えなければならない」と強調。日本企業が持つ技術力を結集し、国際的な競争力を高めていく姿勢を明確にした。(2021/4/26)

電気自動車:
「ホンダはチャレンジングな目標にこそ奮い立つ」、2040年に四輪はEVとFCVのみに
ホンダは2021年4月23日、新社長の三部敏宏氏の就任会見を開き、2040年に四輪車に占める電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)の販売比率をグローバルで100%とする目標を発表した。日系自動車メーカーとしては初めて“脱エンジン”を表明した。2035年までに日米中の3市場でEVとFCVの比率を80%に引き上げる。これまでの目標よりもゼロエミッション車の販売拡大を前倒しする。(2021/4/26)

日本電産・永守会長がCEO退く 日産出身・関社長に権限委譲
 日本電産は22日、関潤社長が最高経営責任者(CEO)を兼務する人事を発表した。これまで創業者の永守重信会長がCEOを兼務してきた。関氏が経営責任を持って意思決定を速め、永守氏は代表権を持つ会長として中長期的な経営に専念する。6月の株主総会と取締役会で正式決定する。(2021/4/23)

メカ設計ニュース:
コロナ禍でクラウド版の使用率が80%増、2021年ダッソーのプラットフォーム戦略
ダッソー・システムズはオンラインで「2021年事業戦略説明会」を開催。同社ビジネスの概況と2021年の日本市場での注力領域、最新の取り組みなどについて、同社 代表取締役社長のフィリップ・ゴドブ氏が説明した。(2021/4/22)

家電メーカー進化論:
スピード経営で知られるアイリスオーヤマ、問題発生のたびに躍進できたワケ
アイリスオーヤマは、コロナ禍でもマスク生産拠点をいち早く国内に構えるなど、スピード経営を実践し続ける企業の1つ。アイリスオーヤマ 代表取締役社長 大山晃弘氏に、時代の流れに素早く対応するスピード経営の秘訣と、時勢を見極める製品展開、今後の事業構想について話を聞いた。(2021/4/22)

クイズDEドラマ:
「着飾る恋には理由があって」向井理演じる葉山社長に心奪われるファン続出 「かっこよすぎないか?」「スーツ姿もっと見せて」
恋に落ちたファン多数。(2021/4/21)

友達少ない社長が作った「人間関係をよくするアプリ」って?
友人が少ないベンチャー社長が作ったという「人間関係をよくする」アプリが登場。その仕組みは?(2021/4/20)

PS3とVita向けのPS Storeは「継続」 ジム・ライアン社長が発表
ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、夏に終了する予定だった「PlayStation Store」での「プレイステーション 3」「PlayStation Vita」向けコンテンツ販売を継続すると発表した。(2021/4/20)

地方局のオフィス改革【後編】:
TBS佐々木卓社長に聞く、地方局の東京支社をシェアオフィスに移転する狙い 「JNN系列をさらに強い集団に」
港区赤坂に完成したシェアオフィスに、地方の放送局の東京支社が相次いで移転した。移転しているのはTBSをキー局とするニュースネットワークであるジャパン・ニュース・ネットワーク(JNN)系列の地方局。TBSのトップである佐々木卓社長を直撃した。(2021/4/20)

電気自動車:
宅配物流に「使えるEV」、日野が2022年初夏に超低床FF小型電動トラックを発売
日野自動車は2021年4月15日、超低床で前輪駆動(FF)の小型EVトラック「デュトロZ EV」を2022年初夏に発売すると発表した。荷物を家庭など受取先に届ける「物流のラストワンマイル」に向けた車両だ。物流現場における使い勝手とカーボンフリーを高次元で両立する。日野自動車 社長の下義生氏は「宅配物流に焦点を当て、ユーザーの意見を聞きながら完成させた。自信を持って提案できる“使えるEVトラック”だ」とコメントしている。(2021/4/16)

治験の大量文書をクラウド管理 医療業務を健やかに速やかに
新型コロナウイルスのワクチン開発でおなじみになった「治験」。大量の書類が発生し、コストや時間がかかる要因の一つになっている。この問題をクラウドを活用して取り組む企業がある。現在の状況や今後の展望を社長が明かす。(2021/4/16)

架空の利用料請求で5億円超詐取か 通信事業会社元社長ら逮捕
通信事業会社「あくびコミュニケーションズ」の顧客から架空の通信利用料計約2億8500万円をだまし取ったとして、元社長と元事業部長が逮捕。延べ約1万2000人の口座から計5億円超を詐取し、会社の運転資金などに充てていたとみられる。(2021/4/16)

安すぎる:
東芝の争奪戦、さらに混迷へ 解任目前で車谷社長の辞任劇
英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズから買収の提案を受けている東芝でお家騒動だ。14日の臨時取締役会で車谷暢昭社長が辞任を表明、後任に前社長の綱川智会長が復帰する。(2021/4/15)

製造マネジメントニュース:
東芝の社長に綱川氏が再登板、電撃辞任の車谷氏は「再生ミッションやり切った」
東芝は2021年4月14日、同社 代表執行役社長 CEOの車谷暢昭氏が辞任し、代わって取締役 会長を務める綱川智氏が新たな代表執行役社長 CEOに就任すると発表。同日オンライン会見を行い、辞任の経緯や今後の経営の方向性などについて説明した。(2021/4/15)

東芝、買収提案めぐり経営陣対立 車谷社長が辞任へ
 東芝の車谷暢昭社長兼最高経営責任者(CEO)が辞任する意向を固めたことが明らかになった。14日午前の臨時取締役会で表明する見通し。同社は英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズから買収提案を受けているが、提案をめぐり経営陣内部の対立が深まっていた。(2021/4/14)

みずほ障害、金融庁厳しく対処へ 全銀協会長辞退で他行も困惑
金融庁は、みずほ銀行の相次ぐトラブルを巡り、行政処分を含め厳しい姿勢でのぞむ構えだ。また、みずほフィナンシャルグループの坂井辰史社長が、内定していた全国銀行協会会長への就任を辞退し、業界内にも波紋が広がっている。(2021/4/12)

レゴがコロナ禍で2桁成長できたワケ キーワードは「マリオ」と「大人レゴ」
2020年、レゴは世界全体の売上が7600億円となり、対前年比で13%増加した。好調な業績をけん引したのが「マリオ」とのコラボ商品だったという。コロナ禍の2020年をレゴジャパン社長が振り返る。(2021/4/19)

ATMシステム障害でみずほFGが中間報告 再発防止へ開発体制や情報共有を強化
みずほ銀行のATMでシステム障害が多発していた問題で、みずほフィナンシャルグループ(FG)の坂井辰史社長が記者会見を行い、検証の中間報告と再発防止策を公表した。システムの開発人員の増員や、危機管理上の情報共有の体制強化などを再発防止策に盛り込んだ。(2021/4/6)

組み込み開発 インタビュー:
エッジAIの可能性を広げる「MST」、なぜCortex-M0+マイコンでも動くのか
エッジAIスタートアップのエイシングは、マイコンを使って、AIによる推論実行だけでなく学習も行えるアルゴリズム「MST」を開発した。ローエンドの「Cortex-M0+」を搭載するマイコンでも動作するMSTだが、より多くのメモリ容量が求められるランダムフォレストと同等の精度が得られるという。開発の背景を同社 社長の出澤純一氏に聞いた。(2021/4/6)

マスクド・アナライズの新弟子入門!:
創業2年半でユーザー数3000人超 ノーコード×AI開発の「MatrixFlow」が考える“真のAI民主化”とは
2018年の設立から現在までで3000人超のユーザー数を抱える他、インテリアのEC事業「LOWYA」などを手掛けるベガコーポレーションから1億円の資金調達を受けるなどの成長を見せているMatrixFlow社の田本社長に、ノーコード×AIの未来を聞きました。(2021/4/5)

遊園地の盛衰:
「2強」の影消える遊園地 ひらパー、生き残りへ挑戦  
子供たちの歓声が今となっては幻のようだ。昨年8月末に閉園した「としまえん」の敷地は、すでにアトラクションが撤去されて更地となっていた。閉園を惜しむ大勢の来園者に囲まれ、運営会社の社長が感謝と別れを告げた日から7カ月、家族連れらでにぎわった往時の様子はうかがいしれない。(2021/4/2)

石川温のスマホ業界新聞:
LINEが個人情報データの国内化を発表――出沢社長「おかしい、気持ち悪いへの配慮に欠けてきた」
LINEアプリに関するサーバに保存された情報が中国から確認できるようになっていたり、情報の一部が韓国のデータセンターに保存されていたりした問題に関して、LINEが日本のユーザーのデータを順次国内に移管する意向を表明した。「データが国内にあること」は、ユーザー目線では重要なのだろうか。(2021/4/2)

自信満々のバトンタッチ――富士通クライアントコンピューティングが社長を交代 Lenovo出身の大隈氏が就任
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)が、創立以来初めて社長を交代した。新社長は、Lenovoでアジア太平洋地域におけるSMB事業を担当していた大隈健史氏で、前社長のの齋藤邦彰氏は代表権のない取締役会長となる。(2021/4/1)

ソフトバンク新社長、200億円規模で自社株を購入 「何があっても乗り越えていくという決意」
ソフトバンクは4月1日付で新社長に就任した宮川潤一氏が200億円規模の自社株を取得すると発表した。個人での取引となり、同月2日から取引を開始し、一定期間継続する予定。株式保有割合は0.01%から0.3%に増加する。(2021/4/1)

「LINEの通信を韓国が傍受」への反論記事、一転して公開に 森川氏「逆にLINEに迷惑になる可能性ある」
「韓国の情報機関がLINEの通信を傍受している」とした2014年の報道に対する、当時LINEの社長だった森川亮氏の反論記事が一時閲覧できなくなっていたことを巡り、森川氏が記事を再度公開した。(2021/3/31)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
DXを支えるサイバーセキュリティ新常態を新型コロナウイルス対策から学ぶ――ラック西本逸郎社長
コロナ禍による新常態(ニューノーマル)を支えるデジタルフル活用(DX)に欠かせないのがサイバーセキュリティ対策である。昨今の脅威の実態と求められるセキュリティ新常態をコロナ対策から学ぶ。(2021/3/31)

「LINEの通信を韓国が傍受」への反論記事をLINE前社長が削除 理由は「差し控える」
韓国の情報機関がメッセージアプリ「LINE」の通信を傍受しているとした報道への反論記事を、LINE社の前社長である森川亮氏が削除していたことが分かった。森川氏は削除した理由などについて「回答を控える」としている。(2021/3/30)

「DXで事業変革、他社連携も」と西鉄次期社長の林田氏
新型コロナウイルスの感染拡大を受けた事業変革についてデジタル技術を活用する重要性を強調した。その上で、他社との連携を積極的に進める姿勢を示した。(2021/3/30)

「普通」の受け皿をなくさないために:
企業も社長も「長寿」な日本 見て見ぬフリでは済まない「事業承継」のポイントとは?
中小企業が多いことで知られる日本だが、実は「長寿」企業も多い。社長の高齢化も進む中、事業承継が大きな課題となりつつあるが、ポイントはどこにあるのか。(2021/3/29)

KADOKAWA、夏野剛氏が新社長に就任へ
KADOKAWAは同社の夏野剛取締役が6月22日付で代表取締役社長に就任すると発表した。同日に開催する株主総会や取締役会の承認を経て正式に決定する。(2021/3/25)

LINE、自治体に当初「個人情報は日本で管理」と説明 出澤社長が謝罪「説明が不十分だった」
メッセージアプリ「LINE」のユーザー情報のデータ管理を巡る問題で、LINE社が自治体向けに当初、「個人情報は日本で管理している」などと説明し、出澤剛社長が「説明が不十分だった」と謝罪していたことが分かった。(2021/3/25)

火消しとなるか:
LINE、くすぶる不安 画像やクレジットカード番号はどうなる?
LINE利用者の個人情報が中国の関連会社から閲覧可能だったほか、画像や健康保険証、「LINEペイ」の利用者情報の一部が韓国で保管されていた問題で、出沢剛社長が23日、記者会見を開いた。(2021/3/24)

LINEの個人情報問題、グローバル開発体制で起きた“見落とし”とは?
LINE利用者の個人情報が一部中国から閲覧できる状態にあるなど、個人情報管理に関する問題を指摘されたことを受けて、LINEが詳細を説明。「LINEの個人情報にアクセスする業務を中国で実施していたこと」「トーク上の画像や動画を国外で保存していたこと」「プライバシーポリシーでその国名を明記していなかったこと」の3点を問題視。LINEの出澤剛社長は「ユーザーの分かりやすさに対する配慮が欠けていた」と謝罪した。(2021/3/24)

「モンハンライズ発売日は休みにします」 超ホワイトIT企業に「こんな会社で働きたい」、ガチハンターな社長に話を聞いた
シリーズ最新作が3月26日に発売予定です。(2021/3/24)

遠い存在:
社長との心理的距離は「1万キロ以上」25.2%、上司は?
社長、上司、同僚との間に感じる心理的距離はどのくらいですか? リモートワークを行っている人に聞いたところ……。JTBコミュニケーションデザイン調べ。(2021/3/24)

LINE、中国からのアクセスを遮断 「信頼回復への第一歩」と出澤社長
LINEの出澤剛社長が、LINEのアクセス権限問題についての記者会見で「事業のグローバル化に伴い、ユーザーとのコミュニケーションが不足してしまった」として謝罪。「信頼回復への第一歩」として、日本ユーザーの個人情報に対する中国のLINE子会社からのアクセスを遮断したと発表した。(2021/3/23)

DJ社長、世界を獲るための整形に約238万円 “鼻にんにく”消失に「前の方が親しみ感があった」と懐かしむ声も
目、鼻、ほおに大きく施術を行ったもようです。(2021/3/23)

LINEがきょう社長会見 データ管理問題を説明
メッセージアプリ「LINE」のユーザー情報などが、アプリのシステム開発などを請け負う中国のLINE子会社からアクセスできる状態になっていた問題を巡り、運営会社のLINEは出沢剛社長が3月23日午後7時半から都内のホテルで記者会見すると発表した。(2021/3/23)

「父さんは社長なんだ」 転校生の見え見えのウソ、スルーできなくて…… ケンカして友情が生まれる漫画に胸がぎゅっとなる
見栄を張りたくなるんだよ。(2021/3/20)

Wホテル大阪開業 積水ハウス仲井嘉浩社長「予約は想定より高い。十分勝算ある」
米ホテル大手マリオット・インターナショナルの高級ホテル「W Osaka(ダブリューオオサカ)」が16日、大阪市中央区に開業した。(2021/3/17)

水曜インタビュー劇場(メロディ公演):
毎月30%増! オンライン版の音楽教室が、まだまだ伸びそうな理由
オンラインの音楽教室に、生徒がじわじわ集まっていることをご存じだろうか。サービス名は「フォニム」。既存のリアル店舗ではなく、なぜネット上で演奏する人が増えているのだろうか。運営元の社長に話を聞いたところ……。(2021/3/17)

モノづくり最前線レポート:
PDCAはマスカスタマイゼーションでは“限界”、必要な新しいサイクルとは
A1Aは2021年3月4日、マスカスタマイゼーションにおける製造業の在り方をテーマとしたセミナーを開催した。当日はクラウド型見積もり管理システムを展開するA1Aの代表取締役と、生産管理システムの開発メーカーであるエクスの代表取締役社長が登壇した。(2021/3/16)

新卒1万7000人が殺到する会社の心得:
オンライン下で新卒を即戦力化するには? 社員40人の会社に28人の新入社員を迎え入れる社長の考え
リモートワーク下で新卒社員を即戦力化することはできるのか。新卒1万7000人が殺到するLegaseedの近藤代表が、自らの考えを伝えます。(2021/3/18)

事実関係を解明:
総務省幹部への「高額接待」はあったのか? NTTデータが特別調査委員会を設置
週刊文春がNTTデータの前社長が総務省幹部を接待したと報道。国家公務員倫理法に抵触する疑いがあるという。NTTデータは事実関係を解明するため、特別調査委員会を設置した。(2021/3/10)

コンプラ上の問題:
社長職は辞任するが「代表取締役顧問」に 不倫報道を受け、静岡新聞社と静岡放送が新人事を発表
静岡新聞社と静岡放送は3月9日、不倫疑惑を報じられた大石剛氏が両社の社長職を辞任すると発表した。新しい人事は……。(2021/3/10)

加賀温泉駅「幕の内弁当」(700円)〜駅弁屋さんの厨房ですよ!vol.24「高野商店」編2 高野社長に聞く
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは加賀温泉駅「幕の内弁当」(700円)です。(2021/3/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。