ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ビジネスパーソン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!ビジネス&キャリア→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でビジネス&キャリア関連の質問をチェック
「ビジネスパーソン」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

全国の住みよい街ランキング、5位までを都内自治体が独占 1位は?
20代以上のビジネスパーソン2万人が選ぶ住みよい街ランキングの結果は?(2020/10/22)

“いま”が分かるビジネス塾:
みずほFG「週休4日制」でサラリーマンに強いられる真の変化とは
みずほFGが週休3・4日制導入を決定。多様な働き方ができる反面、基本給低下も。ビジネスパーソンはどんな変化を強いられるのか。(2020/10/14)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
全てのビジネスパーソンが、東証の“完璧すぎる記者会見”を見るべき理由
10月1日に、東京証券取引所でシステム障害が発生した。しかし、システム障害当日の夜に実施された記者会見は、「完璧」といっても過言ではない内容であり、ビジネスパーソンにとって見習いたい点が数多くみられた。あの会見には、東証のどんな優れたポイントが隠れていたのだろうか。(2020/10/9)

上司と部下でギャップも:
リモートワークで不安を感じる人は77.3% その理由は?
リモートワークをしているビジネスマンの77.3%が不安を感じている――人材管理システムを提供するカオナビが実施した調査でそんな結果が判明した。(2020/10/6)

3密が嫌:
新型コロナで移動に変化? 電車よりもクルマの声
新型コロナの感染拡大を受けて、電車を利用する人にどのような変化が出ているのだろうか。20〜60代のビジネスパーソンに聞いたところ……。(2020/10/6)

オンライン会議疲れ:
「在宅勤務は生産性が下がる」43%、その理由は?
テレワークを導入している企業が増えているが、現場で働く人たちはどのように感じているのだろうか。米国と日本のビジネスパーソンに聞いたところ、違いがあって……。(2020/9/30)

使い分けたい:
同僚とは「対面」、上司とは? 20代に聞く、コミュニケーションの方法
上司または同僚とのコミュニケーションは「対面」または「オンライン」、どちらを望む人が多いのだろうか。20代のビジネスパーソンに聞いたところ……。(2020/9/29)

対策に不満:
「転職決意にコロナが影響」 転職希望者の58%
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、転職を決意した人はどのくらいいるのだろうか。20〜30代のビジネスパーソンに聞いたところ……。(2020/9/25)

低下するリモートワーク率:
「毎日出社」が73.6% 8月の出社状況、最も「リモートワークをしていない」業種は?
カオナビの調査によると、8月、毎日出社していたビジネスマンは73.6%。緊急事態宣言下の5月の調査結果(58.5%)と比べて、15.1ポイント増加した。(2020/9/23)

前年比2.04%減:
夏のボーナスは平均82万円、民間の主要企業
夏のボーナスを手にして一喜一憂したビジネスパーソンも多いだろうが、民間の主要企業はどのくらい支給したのか。資本金10億円以上かつ従業員1000人以上の390社に聞いた。厚労省調べ。(2020/9/16)

9年連続で上昇:
上場企業の平均年間給与は630万円、トップは?
東京商工リサーチは「上場企業の平均年間給与」調査を実施し、その結果を発表した。1803社で働くビジネスパーソンの平均給与は……。(2020/9/15)

2060人に尋ねました:
「普段使っているマスクは?」「家にマスクは何枚ある?」 ロッテが調査
ロッテが全国のビジネスパーソン2060人を対象に調査を実施した。普段使っているマスクの種類や家にある在庫の数を尋ねた。マスクの中のにおいを気にしている人の割合も明らかになった。(2020/9/9)

クラウドファンディングで受注開始:
集中時間が193.4%に増加? 「在宅だと集中できない」を解決する小型書斎、ジンズ子会社が発売
Think Labは、自宅用のブース型書斎「Think Lab HOME」を発売する。「家では集中できない」と悩むビジネスマンに向け、2種類を用意。クラウドファンディングサイト「Makuake」で受注を始める。(2020/9/8)

駅の使い方:
車内やベンチでまだ仕事? 首都圏の駅にシェアオフィスが続々
カバンの中にはPCを入れていて、いつでも仕事ができるようにしている――。このようなビジネスパーソンも多いかと思うが、鉄道会社もそんな人たちに向けてサービスを整備している。例えば、首都圏の主要駅にシェアオフィスが増えていて……。(2020/8/27)

”幼稚性”から紐解く「日本的マネジメント」の問題点【後編】:
「いつまでも学生気分でいるな!」と叫ぶ上司こそ、学生時代の価値観を捨て切れていない
「上司を飛ばして話を進めるな」「会社の休憩時間にモノを食べるな」「上司の決裁を受けるときは、ハンコを傾けて押せ」――。こうした非合理なルールが、いまだ日本企業では常識のようにはびこっている。働き方改革の支援を手掛けてきた沢渡あまね氏に今後のビジネスパーソンに求められる考え方を聞いた。(2020/8/21)

逆にメリットも:
「オフィスワークでムダだと思うこと」ランキング
オフィスワークでムダだなあと思うことは? リモートワークとオフィスワークの両方を経験したビジネスパーソンに聞いたところ、1位は?(2020/8/14)

コロナで変化:
「会議は対面でなければいけない」44%
新型コロナの感染拡大を受けて、オンラインを使った飲み会などが増えているが、職場で対面でなければいけないと感じているものは何だろうか。ビジネスパーソンに聞いたところ……。(2020/7/25)

コロナ禍で上司に不満は? 44.5%が「ある」
新型コロナの感染拡大を受けて、働き方に変化が起きた企業も多い。そうした中で、上司に不満を感じている人はどのくらいいるのだろうか。20〜30代のビジネスパーソンに聞いたところ……。(2020/7/14)

社会人にとって「学びの重要性」が高まっている理由
「何を学べばよいのか」といった内容の本はたくさんあるが、「なぜ学ぶ必要があるのか」「どうやって学べばいいのか」など実践的に教えてくれる本は多くない。ビジネスパーソンにとって学びの重要性は高まっているのかというと……。(2020/7/11)

ストレスが多い:
会社員の45%が「自分自身に満足していない」
いまの自分に満足している人はどのくらいいるのだろうか。東京在住のビジネスパーソンに聞いたところ……。日本セルフエスティーム実践協会調べ。(2020/6/28)

時間に追われている:
テレワークしている人、していない人 時間の価値にどのような違い?
新型コロナの影響を受けて、テレワークを始めたビジネスパーソンも多い。テレワークをしている人、していない人によって、時間の価値にどのような違いがあるのだろうか。セイコー調べ。(2020/6/16)

エン・ジャパン調査:
35歳以上ビジネスパーソンの34%「自分の行動、パワハラかも」自覚
パワハラ防止法が6月施行。そこで35歳以上ビジネスパーソンにパワハラの意識調査。34%が「自分の行動、パワハラかも」と自覚。(2020/6/16)

新型コロナ禍、7割が「キャリアや転職に対する意識」に変化
新型コロナの感染拡大を受けて、今後のキャリア・転職についてどのように考えている人が多いのだろうか。全国のビジネスパーソンに聞いたところ……。(2020/6/3)

野村克也と江本孟紀『超一流』の仕事術:
江本孟紀が語る「野村克也の組織マネジメント」
野村克也の卓越した理論と、人間の本質を見抜いた指導法は、野球というスポーツにとどまらず、ビジネスパーソンにとってもリーダーシップや部下育成の方法などの分野で応用可能なものだ。江本孟紀はかつて野村とバッテリーを組み、50年間以上にわたって親交を深めてきた。生前の野村を誰よりも良く知る江本孟紀に、「上司」としての野村がいかなる存在だったかを聞いた。(2020/5/31)

野村克也と江本孟紀『超一流』の仕事術:
江本孟紀が語る「指導者・野村克也」の人材育成法
野村克也の卓越した理論と、人間の本質を見抜いた指導法は、野球というスポーツにとどまらず、ビジネスパーソンにとってもリーダーシップや部下育成の方法などの分野で応用可能なものだ。江本孟紀はかつて野村とバッテリーを組み、50年間以上にわたって親交を深めてきた。生前の野村を誰よりも良く知る江本孟紀に、「上司」としての野村がいかなる存在だったかを聞いた。(2020/5/30)

「テレワークを実施」17%、始める前の不安は?
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、自宅などで働く人が増えたように感じるが、実際どのくらいいるのか。ビジネスパーソンに聞いたところ、「テレワークの制度を使ったことがある」と答えたのは17%。(2020/5/20)

製造マネジメントニュース:
在宅勤務者の8割が収束後も「制度継続希望」、働き方の意識調査報告書を発表
日本能率協会は新型コロナウイルス感染症の感染拡大によるビジネスパーソンの仕事に対する意識変化の調査報告書を公開した。今回初めて在宅勤務制度を経験した人の8割がコロナ後も制度継続を望む。(2020/5/19)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
鉄道業界に「バーチャル背景」ブーム 外出自粛で薄れる存在感、“つながる”一手に
テレワークの普及で広まったオンライン会議ツール。鉄道各社が相次いで「バーチャル背景」を配布している。外出自粛によって鉄道の存在感が薄れる中、ビジネスパーソン向けコンテンツを発信することで、親しみを持ってもらう狙いがあるようだ。(2020/5/15)

目立つ節約志向:
年収700万円でもランチは節約…… 新型コロナで変化? ビジネスパーソンの懐事情
ビジネスパーソンの楽しみである「ランチ」、1食の平均金額は? エデンレッドジャパンが「家計と昼食」に関する調査結果を発表した。新型コロナだけでなく、消費増税の影響もあってか節約志向が目立った。(2020/5/14)

テレワークをしてみて、管理職の3割は「さみしい」
新型コロナの感染拡大を受けて、テレワークを導入している企業が増えてきた。自宅などで働くビジネスパーソンは、どのように感じているのだろうか。あしたのチーム調べ。(2020/4/26)

こんな同僚がいたら、こんなこと言われたら、職場でストレス
大和ネクスト銀行は「ビジネスパーソンの健康づくりに関する調査」を実施し、その結果を発表した。ビジネスパーソンは、職場にどんな人がいたらストレスに感じているのだろうか。20〜40代の男女に聞いたところ……。(2020/3/28)

スピン経済の歩き方:
なぜ「日本の上司」は、“下に理不尽な要求をするおじさん”が多くなってしまうのか
「上司が理不尽な要求ばかりしてきて、悩んでいる」といったビジネスパーソンも多いのでは。それにしても、なぜ日本の上司は“信じられない要求”をしてくるのか。筆者の窪田氏はこのように分析していて……。(2020/3/24)

新型コロナ感染拡大も、正社員のテレワーク実施率は13.2% 「制度が未整備」「集中できない」と懸念の声
新型コロナウイルスの予防策として、テレワークを実施しているビジネスパーソンはどの程度いるのか。パーソル総合研究所が調査結果を発表した。テレワークを実施している人は全体の13.2%で、「集中できない」などと懸念する声が上がった。(2020/3/23)

データを準備すればOK:
PR:「データ分析」のハードルを劇的に下げるツールが登場! 幅広い業務に役立つ「Prediction One」とは
手元に膨大な顧客情報や販売データがあっても、思うように分析できていないビジネスパーソンは多いのでは。ソニーネットワークコミュニケーションズ(東京都品川区)は、データさえ準備すれば数クリックで高度な予測分析を自動で実行してくれる「Prediction One」を提供している。どのような仕組みになっているのか、担当者に話を聞いた。(2020/3/18)

「管理職になりたくない」83%、理由は?
「将来、管理職になりたい」と考えているビジネスパーソンはどのくらいいるのだろうか。20〜50代の男女に聞いたところ、全体の8割が「なりたくない」と回答した。マンパワーグループ調べ。(2020/3/17)

AIが“RPAに適した業務”を自動検知し、botも生成 オートメーション・エニウェアが新サービス
オートメーション・エニウェア・ジャパンが、ビジネスパーソンがPCで行う単純作業をAIで検知し、自動化するbotを生成する新サービスを発表。単純作業を自動化するプロセスを短縮し、業務効率化と生産性向上を後押しする。(2020/3/10)

“いま”が分かるビジネス塾:
新型コロナ防止のため「働き方改革」できない企業に明日が無い、真の理由
新型コロナの影響が深刻化。企業やビジネスパーソンはどう立ち向かうべきか? 筆者は「働き方改革・IT化」が結局のカギになると分析。(2020/3/3)

「これから人気が出そうな街」も調査:
ビジネスパーソンに聞く「関東の住みたい街」 年収1000万円プレーヤーに圧倒的人気だった街とは?
パーソルキャリアがビジネスパーソンを対象に行った「関東で住みたい街・人気の出そうな街」の調査結果を発表した。年収1000万プレーヤーと平均年収層にそれぞれ調査を行ったもの。どんな街が人気だったのか?(2020/2/27)

単身赴任は6割:
転勤先として「住みやすい」都道府県は? 転勤費用は3割が「手当なし」
東急住宅リースと東急社宅マネジメントが「ビジネスパーソンの転勤事情に関する調査」を実施。家族と一緒に引っ越すことが望ましいとしながらも実際は単身赴任をした人が多かった。また、「住みやすい」「食べ物がおいしい」と感じた転勤先は北海道が最多だった。(2020/2/26)

ビジネスパーソンに「第3の場」は必要なのか
昔は先輩たちが、仕事が終わるといろいろな店に連れていってくれ、社内外の人を紹介してくれ、若手ビジネスマンの人脈が広がっていった。いまのビジネスパーソンにはそうした場はあるのだろうか。家でも職場でもない、ビジネスパーソンの第3の場とは。(2020/2/23)

愛情を感じないと思う上司・部下からの一言、1位は?
愛情をもって怒る上司、決して怒らないドライな上司――。どちらのタイプが自分に合っているのか、ビジネスパーソンに聞いたところ「愛情をもって怒る上司」と答えたのは62.8%だった。ALL CONNECT調べ。(2020/2/18)

2020年の賃上げはどうなる? 上場クラスの平均は
4月が近づいてくると、「賃上げが気になるなあ」といったビジネスパーソンも多いのでは。実際、賃上げ率はどのようなペースで推移しているのだろうか。労務行政研究所が調べたところ……。(2020/2/12)

スピン経済の歩き方:
日本社会から「単身赴任」がなくならない、根本的な理由
「4月から転勤することになったよ」と嘆いているビジネスパーソンもいるのでは。家族を残して「単身赴任」する人もいるだろうが、そもそもなぜこのような制度が存在しているのだろうか。歴史をさかのぼると、根深い理由が存在していて……。(2020/2/11)

里崎智也インタビュー【後編】:
優勝請負人・里崎智也が実践してきた「チャンスをモノにする思考法」
第1回のWBCで侍ジャパンを世界一に導いた里崎智也。現役時代から頭脳派捕手として知られ、組織論のスペシャリストでもある里崎は、将来、「千葉ロッテマリーンズの社長になりたい」と公言するほど、ビジネスへの感度が高い。後編では、これまで里崎が実践してきた「チャンスをモノにする思考法」をお伝えする。これを読めば、なぜ里崎が勝負強いといわれてきたかが分かるはずだ。ビジネスパーソンとしての「勝負強さ」の参考としてもらいたい。(2020/2/11)

中間管理職の6割は「働き方改革によって負担が増えた」、具体的に?
働き方改革によって中間管理職の負担が増えているといった声があるが、現場で働く人たちはどのように感じているのだろうか。部長、課長、次長といった中間管理職の肩書を持つビジネスパーソンに聞いたところ……。(2020/2/4)

ビジネスパーソンを救う「せめてこれだけ」食事術【後編】:
新年会でもご用心 なぜビジネスパーソンは「シメのラーメン」を我慢できないのか?
毎日忙しく過ごすビジネスパーソンが「規則正しい、理想に近い食生活」を実行するのは不可能に近い。それでも、できるだけ健康でいるためにはどうしたらよいか、気にならない人はいない。連載3回目は、飲んだあとになぜつい「シメのラーメン」を食べてしまうのか、そして「から酒」がいかに胃や肝臓に負担をかけるのか、解説する。(2020/1/22)

ビジネスパーソンを救う「せめてこれだけ」食事術【中編】:
「会社で夕食」も「帰るまで我慢」も不健康のもと 残業中の小腹を満たす「最強食材」とは?
昼は毎日外食、夜は接待に飲み会、朝は時間がなく何も食べない――。健康は気になるけど、毎日忙しく過ごすビジネスパーソンが「規則正しい、理想に近い食生活」を実行するのは不可能に近い。それでも、できるだけ健康でいるためにはどうしたらよいのか。20年以上活躍する食生活ジャーナリストが「せめてこれだけは実践しよう」という健康情報をお届けする。(2020/1/21)

ビジネスパーソンの平均年収は408万円、都道府県別にみると?
他人の年収は気になるところだが、ビジネスパーソンはどのくらいの給与を手にしているのだろうか。パーソルキャリアが調べたところ……。(2020/1/20)

ビジネスパーソンの貯蓄額、最も多かったのは?
じぶん銀行は全国のビジネスパーソンを対象に、「資産運用」に関する調査を実施し、その結果を発表した。ビジネスパーソンの貯蓄額を聞いたところ……。(2020/1/19)

ビジネスパーソンを救う「せめてこれだけ」食事術【前編】:
朝食を抜きがちなビジネスパーソンに残された最終手段「だけ朝食」とは?
昼は毎日外食、夜は接待に飲み会、朝は時間がなく何も食べない――。健康は気になるけど、毎日忙しく過ごすビジネスパーソンが「規則正しい、理想に近い食生活」を実行するのは不可能に近い。それでも、できるだけ健康でいるためにはどうしたらよいのか。20年以上活躍する食生活ジャーナリストが「せめてこれだけは実践しよう」という健康情報をお届けする。(2020/1/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。