ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ビジネスパーソン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!ビジネス&キャリア→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でビジネス&キャリア関連の質問をチェック
「ビジネスパーソン」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

オンライン診療の利用率、わずか11.2% 42.7%が仕事の合間に利用
ビジネスパーソンを対象に実施した「オンライン診療に関する調査」。その結果、オンライン診療を利用したことがある人は11.2%であり、そのうち42.7%が仕事の合間に利用していることが分かった。(2021/12/2)

憧れは:
生まれ変わったらやってみたい職業 Z世代は「YouTuber」、バブル世代は?
スタッフサービス・ホールディングスは、10〜60代のビジネスパーソン4000人を対象に「仕事観」に関する調査を実施した。各世代が「生まれ変わったらやってみたい憧れの職業」1位は?(2021/11/29)

グリーン車に拡大する可能性も:
JR東海がビジネスパーソン向け「S Work車両」を導入 担当者が明かす狙いとは?
JR東海は、駅構内や新幹線車内でもビジネスパーソンにとって働きやすい環境作りを進めている。ビジネスパーソン向け「S Work車両」を導入するなど積極的に取り組む狙いを、担当者に直撃した。(2021/11/29)

週末に「へえ」な話:
マンションに自転車店が駆けつけて、1日26万円も売れている理由
都市部のオフィスにキッチンカーが戻ってきた。カレーやハンバーなどを購入するためにビジネスパーソンが並んでいるわけだが、気になる店を見つけた。自転車の修理・点検である。移動営業をしてもうかっているのかどうか、気になったので担当者に話を聞いたところ……。(2021/11/27)

初対面の人と会う機会が大きく減少、つながり構築に不安 Sansan調査
Sansanは20〜50代のビジネスパーソンを対象に、「今年の出会いとビジネスに関する調査」に関する調査を実施した。その結果、今年、初対面の社外の人と出会う機会が減ったと67.4%が回答した。社外の人と新たに出会うことが難しくなったことだけでなく、出会ったあとのつながりについても不安を抱いている。(2021/11/25)

ひろゆき流・なまけもの経営術:
ひろゆきが「権限は分配するほどコスパがいい」と考える真意――全ての人間は「パーツ」である
なまけるのが苦手で、頑張りすぎてしまうビジネスパーソンは、いったい何を意識して働けばいいのか。ひろゆき流の「なまけもの経営術」をお届けする。(2021/11/20)

今日のリサーチ:
「今後も名刺文化は継続する」と6割のビジネスパーソンが回答――Sansan調査
これからの時代、どんな名刺が有効なビジネスツールとなるのでしょうか。(2021/11/19)

この一杯が明日の作業効率を変える!?:
PR:全てのコーヒー党に送る! タリーズのブラックコーヒー、新作は何が“一味”違うのか?
「ブラックコーヒー」と聞くと、朝や残業時の「眠気覚まし」「気付け」としてビジネスパーソンが手にする機会も多いが、「ただカフェインが摂れて苦ければよい」という時代は既に過去。コロナ禍の影響で巣ごもり時間が増え、「リラックス時間のお供」としてカフェ顔負けの質が高いRTDコーヒーを選ぶ人が増加している。その影響で、嗜好性にも変化が出ているというが、その内容とは?(2021/11/18)

ビズヒッツ調べ:
仕事でやりがちなミス 「思い込みで作業」「見落とし」を抑え1位となったのは?
ビジネスパーソンはどのようなミスが多いのだろうか。ビズヒッツが全国の働く男女500人を対象に調査を実施した。(2021/11/16)

コロナ禍でも「名刺が必要」過半数 理由は「正確な情報の入手や提供」
 法人向けクラウド名刺管理サービスを提供するSansanは、ビジネスパーソン1050人を対象に「コロナ禍における名刺文化に関する意識調査」を実施した。その結果、名刺を必要とするビジネスパーソンは過半数おり、対面での名刺交換が激減しても名刺の必要性についての意識は若干の減少にとどまっていることが分かった。(2021/11/11)

キャリアニュース:
「学び直し」をした人の約9割が、仕事に良い影響が「あった」と回答
アデコは、ビジネスパーソンとフリーランサーを対象にした「学び直し」に関する調査結果を発表した。いずれも約4割が「学び直し」をしており、「学び直し」をした人の約9割が仕事に良い影響が「あった」と回答した。(2021/11/11)

購買、情報収集の意思決定 決裁者の4人に1人が「信頼できるビジネスパーソン」から物を買いたいと回答
 決裁者マッチング支援SaaS「ONLY STORY」を運営するオンリーストーリー(東京都渋谷区)は、ビジネスパーソンを対象に「ビジネスマンの購買や情報収集の意思決定」に関するアンケートを実施した。(2021/10/27)

スピン経済の歩き方:
賃金は本当に上がるのか? 安いニッポンから抜け出せない、これだけの理由
選挙戦が盛り上がってきたが、ビジネスパーソンが気になるのは、やはり「賃上げ」だ。賃上げを達成するために、各政党は目玉政策を打ち出しているが、その中でひときわ目を引く「謎の政策」がある。それは……。(2021/10/26)

副業の容認は朗報か:
ビジネスマンの給料の減少が止まらない。副業に走るしかないのか?
先日、国税庁から2020年の給与所得の統計が公表されたが、2年連続のマイナスだという。ビジネスマンの給料の減少が止まらない。(2021/10/25)

PR:竪穴式住居から取引先へ、そしてデートへ! 洗濯機で洗える「らくティブスーツ」をワイルドにもフォーマルにも着こなす
野山でもオフィス街でも、全力で動き回れる。それが「ワイルドビジネスマン」。(2021/10/20)

副業の月収も調査:
「副業を認めている企業」の割合が多い地域1位は関東 最下位は?
パーソルキャリアは、ビジネスパーソンを対象に、最新の副業実態について調査を行った。地域別で副業が認められているか聞いたところ、認められている割合が最も多いのは関東だった。最下位の地域は?(2021/10/19)

月刊乗り鉄話題(2021年10月版):
開業57年の大変化(?) 東海道新幹線の“働く人”向け新車両「S Work車両」、早速乗って分かったこと
東海道新幹線にビジネスパーソン向けの新車両「S Work車両」ができました。ビジネス向け? 私には関係ないや、と思った方ちょっとお待ちを。いろいろいいこともありそうですよ。(2021/10/14)

2年連続で減少:
民間の平均給与は433万円、コロナ禍で給料が上がった業種は?
国税庁が発表した「2020年分 民間給与実態統計調査結果」によると、ビジネスパーソンの平均給与額は433万円。業種別で見ると……。(2021/10/14)

スピン経済の歩き方:
「今日の仕事は、楽しみですか」に、なぜイラっとしたのか 「仕事が苦痛」な日本人の病
「今日の仕事は、楽しみですか」――。JR品川駅内のコンコースに表示された広告が、批判を受けて1日で終了した。なぜ多くのビジネスパーソンはこの文言にイラっとしたのか。筆者の窪田氏がその背景を分析したところ……。(2021/10/13)

日本能率協会調べ:
「雑談はプラスになる」と8割が回答 2021年「ビジネスパーソン1000人調査」で見えた雑談の効果
  一般社団法人日本能率協会(東京都港区)は、ビジネスパーソン1000人を対象とした「テレワークの実施状況」と「職場メンバーとの雑談機会と効果」に関する意識調査の結果を発表した。「週3日以上テレワークを行っている」と回答した人が15.7%、「雑談があることは、自身にとってプラスだと感じる」と回答した人が8割となった。(2021/10/7)

スピン経済の歩き方:
経済事件を予言? ビジネスパーソンこそ『ゴルゴ13』を読むべき理由
すご腕スナイバー、ゴルゴ13ことデューク東郷の活躍を描く漫画『ゴルゴ13』の作者、さいとう・たかを氏がお亡くなりになった。政治家や官僚など幅広い層に支持されているわけだが、筆者の窪田氏は「ビジネスパーソンこそ読むべき」だという。どういう意味かというと……。(2021/10/5)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
立民「年収1000万円以下所得税ゼロ」 1番トクするのは高収入の独身ビジネスマン?
衆院選マニフェストの中でも目を引くのが、立憲民主党の掲げる「年収1000万円未満世帯の所得税免除措置」だ。立憲民主党の枝野代表は「経済を良くするには、分厚い中間層を取り戻し、あすの不安を小さくすることが大事」と発言しており、実現すれば家計の負担が減少すると巷でも歓迎する意見も散見される。(2021/10/1)

識学調べ:
人事評価のモヤモヤに関する調査 不満の1位は?
識学は、全国のビジネスパーソンを対象に「人事評価のモヤモヤに関する調査」を行った。自社の人事評価のどこに不満を感じるか聞いたところ、1位は「評価の基準が不明確」で48.3%だった。理由を聞いた。(2021/9/22)

「自尊感情」に関する調査:
40〜50代ビジネスパーソンの約6割が「自分に自信がない」 理由は?
エッセンシャルエデュケーションセンターが行った調査によると、40〜50代のビジネスパーソンの約6割が「自分に自信がない」と回答した。理由は――。(2021/9/22)

“いま”が分かるビジネス塾:
サントリー社長の「45歳定年発言」が炎上 会社員が“準備”しなければいけないこと
サントリーホールディングスの新浪剛史社長による、45歳定年制が必要という趣旨の発言が波紋を呼んでいる。経営者としての本音がポロっと出たわけだが、彼の発言からビジネスパーソンは何を学ぶべきなのだろうか。筆者の加谷氏は……。(2021/9/14)

仕事で「評価されていない」と感じる20代は約半数 「評価されている」と感じるときベスト3は?
20代のビジネスパーソンに仕事で評価されていると実感できているか聞いたところ、「実感していない」と回答した20代が約半数に上ることがわかった。他にもテレワークで感じる評価への不安などを聞いた。(2021/9/10)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東海道新幹線「のぞみ」のビジネスパーソン向け「S Work車両」とは何か
JR東海は10月1日より東海道・山陽新幹線「のぞみ」号の7号車を「S Work車両」とし、9月1日より販売を開始した。期間は2022年3月31日まで。ビジネスパーソン向けの指定席として、座席通話、PCの打鍵音などを相互に許容し合う車両となる。ビジネスパーソンへの販促策だが、背景には乗客の多様化がある。(2021/9/3)

就業年齢の上昇は7割が「歓迎」:
シニア世代が「早期退職してもよい」と思える割増金額は?
サイボウズチームワーク総研は、55歳以上のビジネスパーソン約3000人を対象に「職場との関わり」についての意識調査を実施。シニア世代が「辞めてもよい」と思える早期退職割増金額や職場でのコミュニケーション状況などが明らかになった。(2021/9/2)

車内で仕事:
新幹線が「オフィス」に 10月からビジネス車両導入
新幹線が「オフィス」になる――。JR東海は26日、東海道新幹線の全ての「のぞみ」号の7号車について、10月1日から、車内でモバイル端末などを使って仕事をしたいビジネスマン向けの車両として座席を販売すると発表した。(2021/8/26)

責任者ほど意向が高い傾向:
ビジネスパーソンの75.3%が「自宅や職場以外の働く場所が欲しい」 求める条件は?
マイナビが運営する法人向け中長期滞在先サービス「マイナビBiz」が、21〜59歳のビジネスパーソン700人を対象に、職場や自宅以外での働く場所「サードプレイス」に関する調査を実施した。(2021/8/19)

現場で使える行動経済学【前編】:
知らないと損? 続々とビジネス活用が進む「行動経済学」の光と闇
この数年で注目されることが増えた「行動経済学」。ビジネス活用も進んでいるが、結局どのように仕事や生活とかかわるものなのか把握しきれていないビジネスマンが多いのではないだろうか。本記事では、実務に使える行動経済学の基礎について解説する。(2021/8/19)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
「本がぁ! 本がぁ!」ムスカ大佐に学ぶビジネスパーソンが本を読む意義――俳優 寺田農氏
本を読めとよく耳にするが、どんな本を読めばいいのだろうか。本を読むことのメリットは、登場人物の多くの人の思いや考えを想像し感じること、知らなかったことを知るきっかけになること。(2021/8/18)

方針を示していない企業が58%:
オリンピック期間中、テレワーク実施率に変化は? 1回目の宣言時より減少
パーソル総合研究所は、全国のビジネスパーソン2万人以上を対象としたテレワークの実態調査を実施した。(2021/8/17)

シニア社員が抱える悩みは?:
シニア社員が、職場で嫌だと思うシチュエーション 2位「敬語を使われない」、1位は?
サイボウズは、55〜64歳のビジネスパーソンを対象に、「シニア社員の職場との関わり」の意識調査を実施した。職場で正直嫌だと思うシチュエーション、働く上で周囲から求められることと備わっていることを聞いた。(2021/8/17)

20〜35歳のビジネスパーソンに聞く:
休暇明けの仕事「集中力がない」が56.9% 気分転換の方法は?
モンデリーズ・ジャパンは、全国20〜35歳のビジネスパーソン1000人を対象に「ニューノーマルな環境における連休・休暇の過ごし方と仕事復帰に対する意識」調査を実施した。(2021/8/12)

こうしてくれたらいいのに:
「なぜこうしてくれないのか」 上司や部下に“モヤモヤ”している人は75.6%
上司または部下に対して、「こうしてくれたらいいのに」「なぜこうしてくれないのか」といった“モヤモヤ”を感じている人は、どのくらいいるのだろうか。20〜40代のビジネスパーソンに聞いた。(2021/8/8)

ビジネスパーソンのストレス調査 最大の要因は「給与・賞与」、2年連続1位に
 チューリッヒ生命は全国1000人のビジネスパーソンを対象に、5回目となる「ストレスに関する調査」を実施した。(2021/8/5)

強制的にタイムカード:
「勤務先はブラック企業」3人に1人 ブラック企業の定義は?
自身の勤務先がブラック企業だと思っている人は、どのくらいいるのだろうか。20〜40代のビジネスパーソンに聞いた。(2021/7/21)

ビジネスパーソン500人に調査:
20〜40代が使用するビジネスバッグ1位は「トートバッグ」、平均金額は?
ビジネスパーソンを対象に行った「バッグに関する調査」の結果によると、ビジネスで主に使用するバッグ1位は「トートバッグ」だった。ビジネスバッグにかける平均金額は……?(2021/7/16)

「減りそう」という割合は?:
20代会社員、賞与は「昨年と同水準になりそう」が約3割 主な使い道は?
20代のビジネスパーソンを対象に賞与の見通しを聞いた。「昨年と同水準になりそう」が約3割という結果に。どんな使い道を想定しているのか。(2021/7/15)

ビジネスパーソンの4人に1人が「経費精算のために出社が必要」と回答
「コロナ禍における経費の立て替えと支払いに関する調査」を実施。その結果、ビジネスパーソンの約4人に1人が「コロナ禍でも経費精算のために出社が必要」と回答した。(2021/6/25)

準備時間は10分未満:
在宅ワーク時の昼食、9割近くが「自炊」 理由は?
アクアクララが在宅ワークを行うビジネスパーソンを対象に「在宅ワーク時の昼食に関する実態調査」を行った。(2021/6/24)

評価制度の明確化を求める声も:
3割超が「テレワークでウソの報告経験あり」 ウソの内容は?
「始業します」とだけ報告して二度寝した経験があるビジネスパーソンもいるかもしれない。アジャイルウェアの調査によると「テレワークでウソの報告経験がある」と回答した人が3割を超えた。ウソの内容は? ウソをつく理由とは? また、テレワークと評価制度の関連性についても見ていこう。(2021/6/23)

テレワークと生産性に関する調査:
テレワークで生産性はどう変わったのか? 頻度との関係
「テレワーク」という言葉が日本にも少しずつ定着してきた。一方、実際にテレワークで働く人の生産性は出社時よりも全体平均で低下していることが分かった。テレワークの生産性向上は実施頻度と職種別にも左右されるようだ。テレワークの生産性に影響を与えるとビジネスパーソンが感じる要素とは?調査の結果を見ていきたい。(2021/6/17)

黒川紀章の代表作:
“ビジネスマンの隠れ家”はやはり 「中銀カプセルタワー」解体へ 
建築家の故・黒川紀章氏の代表作として世界的に知られる、東京・銀座の「中銀(なかぎん)カプセルタワービル」。この春、解体・建て替えを計画する不動産業者に売却が決まり、2022年3月以降に解体される予定だ。(2021/6/15)

コミュニケーションは重要:
「仕事内容や不満を相談できる相手はいない」が27.8% 人間関係と職場の満足度の関係は?
「職場に信頼関係を築けている人はいるか」や「不満を相談できる人はいるか」についてビジネスパーソンに聞いた。その結果は?(2021/6/11)

上司に直してほしい点:
改善されない“リモハラ” 在宅勤務で上司との「ストレス」は?
リモートワークを始めて、1年が経った人も多いのでは。上司とのコミュニケーションをどのように感じているのだろうか。リモートワークをしているビジネスパーソンに聞いたところ……。(2021/6/10)

スピン経済の歩き方:
2人に1人は不眠症? 「世界一眠れない日本のビジネスパーソン」がつくられていく構造的な理由
「眠れない」――。ベッドで横になるものの、なかなか寝ることができないというビジネスパーソンも多いのでは。とある調査によると、日本人の2人に1人は不眠に悩まされているようだが、そもそもなぜ寝ることができないのか。仕事のストレスを抱えていて……。(2021/6/1)

20〜30代の会社員に聞く:
「副業をしている」人は24.2%、理由は?
副業をしている人はどのくらいいるのだろうか。20〜30代のビジネスパーソンに聞いたところ……。(2021/5/31)

年代によって違い:
やはり「給与アップ」か? 35歳以上の転職軸
転職を考えている人は、軸をどこに置いているのだろうか。35歳以上のビジネスパーソンに聞いたところ……。(2021/5/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。