ニュース
» 2014年03月19日 15時00分 UPDATE

クラウド会計「freee」、無料POSレジアプリ「Airレジ」との連携を発表

小売業や飲食業などの経営者にとって本業とは別の会計・経理業務。無料POSレジアプリ「Airレジ」とクラウド会計ソフト「freee」を使えば、もっと簡単にストレスなく処理できるようになる。

[上口翔子,Business Media 誠]

 iPadレジの売上情報が、ボタン1つで会計ソフトに――。3月19日、Airレジとfreeeが連携を開始し、Airレジで集計したデータが1日1回freeeに自動で取り込まれるようになった。

 「今まで1つ1つ手入力していた売上管理が、ボタン1つで自動反映されて、苦痛だった経理業務が楽になりました」。先行してデータ連携を試したアロマスクール「鎌倉アロマ」の深野竜矢氏がこう話すなど、新機能は現場の効率化につながっているようだ。

shk_freee01.jpg

 Airレジは2013年11月に提供を開始したスマートフォン、タブレット端末向けレジアプリで、アプリ本体の価格が無料、グルメ情報サイト「ホットペッパーグルメ」などのサービスと連携するのが特徴だ。従来のレジシステムに比べて安価で、解説書を読み込まなくても簡単に利用できるよう設計されている。


shk_freee03a.jpgshk_freee03b.jpg Airレジの特徴。関連アプリ「Airウォレット」と連携すれば、お店の空席情報を配信できるようになるなど、リクルートの各種サービスと合わせて使える

 freeeは、一度登録をしておけば、銀行やクレジットカードの入出金明細を取り込み、記帳を自動化する会計ソフト。パッケージ型の会計ソフトが主流だった中、全自動のクラウド型会計ソフトとしてリリースし、サービス開始から1年たった現在、6万を超える事業所が利用、3月末には7万事業所の登録を見込んでる。利用料金は、個人事業主向けが月額980円、法人向けが月額1980円。また、すべての基本機能を利用でき、3カ月間データを保持する無料プランも用意している。


shk_freee00a.jpgshk_freee00b.jpg freeeユーザーによる評価ポイント。確定申告処理が例年に比べ数倍楽になったとの声も

 両製品に共通しているのが、「経営者が本業以外の雑務から解放され、より創造的な活動にフォーカスできるようにすること」。昨今AirレジのようなiPadアプリをレジとして使う小売業、飲食業などが増えているが、加えてfreeeのようなクラウド会計ソフトを使うことで、よりストレスなく経理作業を進められるようになる。

 Airレジとfreeeを連携すれば、Airレジで集計した現金売上データがfreeeに自動で取り込まれ、freee上で仕分けが行われる。また現金に加えて、クレジットカードやリクルートポイントで支払ったものも区別して取り込みが可能だ。

shk_freee02.jpg リクルートライフスタイルの北村吉弘社長とfreeeの佐々木大輔CEO。ベンチャーも大企業も関係なく、簡単に使えて経理業務の助けになれば、という意味を込めて、freeeのオフィスで記者発表を行った

関連キーワード

freee | 会計ソフト | クラウド


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ