ニュース
» 2014年06月10日 10時01分 UPDATE

仕事耕具:動画で見るScanSnap iX100――モバイルスキャナ「世界最速」は本当か?

6月20日発売のドキュメントスキャナ「ScanSnap iX100」は折り畳み傘ほどのサイズにバッテリー・Wi-Fiを内蔵している。小さいだけではないiX100の実力を確かめてほしい。

[渡辺まりか,Business Media 誠]
iX100 iX100

 PFUが6月20日に発売するモバイルスキャナのScanSnap「iX100」。同社としては初めてバッテリーとWi-Fi機能を搭載したモバイルスキャナだ。重量は400グラムで500ミリリットル飲料入りペットボトルより軽く、サイズも幅273ミリ×奥行47.5ミリ×高さ36ミリと小さいため、持ち運びやすい。そのため気軽に外出先で紙資料をスキャンし、データ化できる。

 しかし、いくら携帯性に優れていても、スキャン速度が遅ければストレスが溜まり、使う気にはならないだろう。PFUでは、バッテリー・Wi-Fi搭載のシートフィードスキャナ(1枚ずつ紙を挿入してスキャンするタイプのスキャナ)として「世界最速」をうたっている。

 次の4つの場面を想定して動画を撮影した。

  • オフィスのデスクでスキャンすることを想定し、紙を背面にまっすぐ送るストレートパス機構でのA4サイズ書類のスキャン
  • カフェなどの狭いスペースでスキャンすることを想定し、排出ガイドを開けて手前に紙送りされるようにしたUターンパス機構でのA4書類のスキャン
  • 一気にデータ化したい名刺のスキャン
  • 長くなりがちなレシートの連続スキャン

 実際にどれほどの速度で読み取り端末に転送されるのか、サンプル機を借りたので参考にしてほしい。なお、サンプル機のため、実際に販売されているものと違う場合があることを了承願いたい。

A4サイズ書類は1枚5.2秒でスキャン

次々挿入・スキャンできる名刺

86センチまでの長尺物にも対応

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ