連載
» 2015年03月16日 05時00分 UPDATE

仕事効率アップのカギはかたづけにあり:「タイミング」と「完了の状態」を意識しよう

片付けを継続するには2つのコツがあります。片付けを行う時刻を決めてリズムをつくり、完了の状態を明確にして達成感を得られれば、それが習慣化していきます。

[企業実務]

月刊誌「企業実務」とは

Photo

企業実務」は、経理・総務・人事部門の抱える課題を解決する月刊誌。仕事を進める上で必要な実務情報や具体的な処理の仕方を正確に、分かりやすく、タイムリーにお届けします。1962年の創刊以来、理論より実践を重んじ、“すぐに役立つ専門誌”として事務部門の業務を全面的にバックアップ。定期購読はこちら

 本記事は、企業実務のコンテンツ「仕事効率アップのカギは片付けにあり」から一部抜粋・編集して掲載しています。


Photo マンガ:青木秀一

 片付けが苦手な人の口ぐせに「後でやる」があります。ところが、それを忘れてしまい、気付けばモノがいっぱいに……。後回しにすれば片付ける量は増えていきますから、いつしか“戦意喪失”の状態にもなりやすいといえます。

 こうした状態を改善するには、単に「毎日デスクを片付ける」という行動を意識するのではなく、「出社後、椅子に座る前に片付ける」など、タイミングを明確にします。「朝8時半」など時刻を決めることも行動に一定のリズムができて効果的です。

 もう1つのポイントは、完了の状態を明確にすることです。

 Y社はトイレ掃除を当番制で始めましたが、そのうち適当に掃除をする者も現われて仕上がりに差が出るようになりました。この原因は、「何をどこまでやればよいか」があいまいだったからです。

 こうした事態に陥るのは当番制の掃除に限りません。「どうなったら終わりなのか」が明らかでなければ、1人で行う片付けでも日によって差が生じます。

 また、完了の状態を明確にすると、そうなるように片付けを行った後に達成感を得ることができます。「この状態をこれからも維持したい」と感じるため継続性も促され、習慣化にもつながりやすいのです。

 前回、「真逆の行動」を3週間繰り返す大切さを取り上げましたが、今回の内容も加えてまとめるとこうなります。

  1. 1つの行動に絞る
  2. カンタンな行動にする
  3. 毎日できる行動にする
  4. タイミングを決める
  5. 完了の状態を明確にする

 この5つにしたがって真逆の行動を1つつくり、3週間実践してみましょう。

著者プロフィール:小松 易(こまつやすし)

Photo

日本初の片付け士。「“片付け”を通じて人生を変える」をコンセプトに、経営者や企業向けのコンサルティングや研修を行っている。著書にベストセラー『たった1分で人生が変わる片付けの習慣』(中経出版)ほか。スッキリ・ラボ


マンガ著者プロフィール:青木秀一(あおきしゅういち)

マンガ・プロダクション アウチ!代表。マンガ冊子、マンガパンフレット、マンガチラシなど紙・Web問わず広告・宣伝のためのマンガ企画・制作を行なっている。マンガプロダクション アウチ!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -