ニュース
» 2018年05月24日 18時04分 公開

三木谷社長「アジアNo.1目指す」:「日本サッカーの発展に力を貸したい」――イニエスタがJ1神戸入団会見

サッカー・J1リーグのヴィッセル神戸が、スペイン代表MFイニエスタを完全移籍で獲得。イニエスタは入団会見で「日本サッカーの発展に力を貸す」と決意を表明した。三木谷浩史オーナーも「アジアナンバーワンを目指す」と語った。

[濱口翔太郎,ITmedia]

 イニエスタが日本にやって来る――。サッカー・J1リーグのヴィッセル神戸は5月24日、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ選手(34)を完全移籍で獲得したと正式発表した。同日開かれた入団会見には約350人の報道関係者が集まり、注目度の高さをうかがわせた。

photo J1神戸入団会見に登場したイニエスタ選手

 イニエスタ選手は会見に登場後、契約書へのサインを済ませると、ヴィッセル神戸のオーナーを務める楽天の三木谷浩史社長とがっちり握手。「コンニチハ。私にとって今日は本当に特別な日で、私のキャリアにとって特別なチャレンジだ。日本は私の大好きな国で、家族も来日を喜んでいる」とあいさつした。

photo 契約書にサインするイニエスタ選手

移籍を決めた理由とは

 移籍先にヴィッセル神戸を選んだ理由については「さまざまなオファーがあったが、提示されたプロジェクトが非常に興味深かったため移籍を決めた。人として、プレイヤーとして信頼してくれたことが大きかった」とした。

 報道陣から日本サッカーの印象について問われると「よく頭を使い、よいコンビネーションを駆使する。私のプレーでよい影響を与えたい」と回答。「ヴィッセル神戸とJリーグがアジア全体に広まるよう、私の力を貸したい。早く日本の文化に慣れ、チームメイトと一緒にプレーするのを心から楽しみにしている」と話した。

photo 報道陣の質問に答えるイニエスタ選手

三木谷社長「アジアナンバーワンを目指す」

 楽天の三木谷浩史社長は「スポーツには社会や国を元気にする力がある。今回はイニエスタが日本の人々や社会に力を与えると信じ、交渉してきた。世界最高峰のプレーを目の前で見られることは日本のサッカー界にとってプラスになる」と経緯を説明。

 「実力があるだけでなく、尊敬されている選手が加わることでJリーグは注目が高まり、世界のサッカーファンから『見たい』と思われるリーグになるだろう。若手や子どもたちに夢や希望を与えたい」(三木谷社長)

 三木谷社長は同日、TwitterやInstagramにイニエスタともに飛行機の前に立っている画像とともに、「これから新しい友達を連れて東京に帰ります!」などと投稿。大きな反響を呼んでいた。

 機内で同選手と交わした会話については「育成について話していた。イニエスタはバルセロナのカンテラ(下部組織)の中でも、育成用の選手寮『ラ・マシア』で育った特別な選手だ」とした。

 チーム加入後のプランについては「イニエスタのDNAと哲学のほか、ユースの育成に関するメソッドを取り入れてチームと若手の強化を図りたい。イニエスタがサッカーを楽しみ、美しいプレーを披露できるようサポートし、ヴィッセル神戸はアジアナンバーワンを目指したい」と力を込めた。

photo イニエスタ加入後の展望(=三木谷社長のプレゼン資料より)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -