連載
» 2018年07月27日 07時00分 公開

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:中京テレビの「2次会強要禁止」、“飲み会も仕事のうち”は変わるのか (1/5)

上司による2次会参加の強要禁止、社長の一言を廃止――。中京テレビが発表した働き方改革が話題になっている。一見、生産性とは関係なさそうだが、これまでの「当たり前」を問い直すという、本当の働き方改革につながる。なぜなら……。

[河合薫,ITmedia]

 「飲み会は原則1次会で終了」「会議での社長の一言を廃止」――。これは中京テレビの小松伸生社長が定例の記者会見で明かした「働き方改革」です。

 目的は「業務の効率化」。具体的には……

  • 打ち上げや歓送迎会など職場の飲み会は原則1次会だけ
  • 社員同士の2次会は妨げないが、上司による強要はだめ
  • 会議では「社長の一言」を廃止して時間の短縮を図る
  • 勤務日を5日連続の休暇にする「リフレッシュ休暇」を取った社員に奨励金を出す

 といったもので、小松社長いわく「私の一言はそんなに短い方じゃないので」とのこと。(参照記事

 なるほど。こうやって公言しないと「少々長めの社長の一言も、なかなかやめられなかった」ってことなのでしょうか。……うん。でも「なんかいいじゃん、これ」。率直に私はこう思いました。

 ところが世間の意見は「否定的」。

「これが働き方改革なのか?」

「禁止しなきゃならないほど強要されてたのか?」

「飲み会は働き方改革と関係ないだろう」

「どこが業務の効率化なんだ?」

「日本の企業はこんなレベルなのか?」

 ……etc.

photo 職場の飲み会で、上司による2次会の強要を禁止する施策を中京テレビが打ち出した(写真提供:ゲッティイメージズ)

 いつも通りと言えばいつも通りですが、「あれやこれや」と重箱の隅をつつくがごとく大騒ぎ。中には「えらい!」「いいぞ!」という応援コメントもありましたが、大多数は「だからダメなんだよ〜」とため息交じりのものでした。

 確かに、国会で議論されてきた働き方改革とは、ちょっとばかり“質”が違うので、違和感を覚えた方もいるかもしれません。

 でも、こういった取り組みこそが「働き方改革」とか、「輝ける社会」っていうことだと思うのです。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -