ニュース
» 2018年11月28日 16時29分 公開

ウイスキー人気の反動:キリン、国産ウイスキー「富士山麓 樽熟原酒50度」終売へ 需要拡大で原酒不足に

キリンが国産ウイスキー「富士山麓 樽熟原酒50度」の販売を終了する。2019年3月下旬のが最後の出荷となる。想定を超える需要があり、安定供給が難しくなったため。

[ITmedia]

 キリンは11月28日、2019年3月下旬の出荷分をもって、国産ウイスキー「富士山麓 樽熟原酒50度」の販売を終了することを明らかにした。想定を超える需要があり、安定供給が難しくなったためという。

photo 富士山麓 樽熟原酒50度(=公式Webサイトより)

 同商品は16年3月発売。キリンの国産ウイスキー事業で売り上げの3割強を占めるなど主力商品となったが、人気が高まったことで「このままでは原酒不足になり、供給できなくなる恐れがある」(広報担当者)ことから終売を決めた。

 同商品以外のウイスキーは「今のところ終売の予定はない」(同)という。

photo 富士山麓 樽熟原酒50度の製法(=公式Webサイトより)

 ハイボールブームなどによって国内のウイスキー需要は急拡大しているが、その影響でメーカーが原酒不足となるケースが増えており、今年5月にはサントリースピリッツが「白州12年」「響17年」の販売休止を発表していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -