町工場特集

東京にある町工場。業績不振で苦境に立たされるなか、画期的なアイデアで会社を立て直した町工場がある。 限界を突破したそのアイデアは、一体どのようにして生まれたのだろうか。日本の中小企業が苦境を乗り越え、生き残るヒントがここにある。本特集では東京下町にある町工場が、いかにして苦境を乗り越え「小さな大企業」を作り上げることができたのか、“限界突破法”を取材する。

新着記事

あることをきっかけに、たった数カ月で創業以来最高の売り上げを出した中村印刷所。一体何があったのか。当時のことや、これからのことを社長の中村さんから詳しく聞いた。

(2016年4月19日)

ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、人気企業・人気商品の裏側を解説する連載。今回は、職人が手作りで年間180万本を生産する「吉田カバン」について読み解く。

(2016年4月1日)

大人向けのランドセルに関するニュースをここ最近よく耳にするようになった。その中でも、土屋鞄製造所の「OTONA RANDSEL」がいまスゴいことになっているという……。

(2016年3月25日)
水曜インタビュー劇場(はずす公演):

これまで“絶対にはずせない”と思われてきたネジを、“絶対にはずす”工具「ネジザウルス」(運営:エンジニア)をご存じだろうか。工具は年間1万丁売れれば大ヒットと言われている中、ネジザウルスは累計260万丁も販売。消費者の心を“つかんだ”理由について、同社の高崎社長に聞いた。

(2016年3月16日)

減少し続けている東京下町の町工場。そうした苦しい時代の中でも取引先を15年で120倍に、売上を20倍に増やし、成長し続けている町工場ある。

(2016年3月8日)
スピン経済の歩き方:

海外で「大人用のランドセル」が注目されていることをご存じだろうか。ハリウッド女優が肩にかけて歩く姿が話題になり、人気に火がついた……という報道もあるが、本当にそうなのか。調べていくと、ある日本メーカーの存在が大きいことが分かった。

(2016年3月8日)
Loading

注目のテーマ