速報
» 2004年09月09日 07時30分 UPDATE

Sybase、Linux版データベースを無償提供

データベースソフトではこれまでに、IBMの「Cloudscape」やCAの「Ingres」がオープンソース化されているが、SybaseのASE Express Edition for Linuxは顧客による利用のみを目的とした提供となる。

[ITmedia]

 米Sybaseは9月8日、エンタープライズ向けデータベース「Adaptive Server Enterprise (ASE) Express Edition」のLinux版を無償提供すると発表した。

 企業や開発者はライセンス料無料で各種新アプリケーションの構築・テスト・導入が可能になり、Linux上でSybase ASEの利点を体験してもらえると同社は説明している。

 データベースソフトではこれまでに、IBMの「Cloudscape」やCAの「Ingres」がオープンソース化されているが、SybaseのASE Express Edition for Linuxは顧客による利用のみを目的とした提供となる。同社サイトから無料でダウンロードでき、ほかの製品などを購入する必要はないが、サポートサービスを受ける場合は別途年間2200ドルの料金がかかる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -