ニュース
» 2008年03月07日 19時46分 UPDATE

HDEがサーバ集中管理ソフトの新版 44種のOSなどに対応

HDEは、Webブラウザから複数台サーバを管理できるソフトウェアの最新版を3月26日から発売する。

[ITmedia]

 HDEは3月7日、Webブラウザから複数台サーバを管理できるソフトウェアの最新版を3月26日から発売すると発表した。

 発表したのは「HDE Center 4.5」。 従来製品では年間と月間のサーバステータスのリポートしか生成できなかったが、今回から週間リポートを生成できるようになった。LinuxOSの「Red Hat Enterprise Linux 5」および「CentOS 5.x」に対応したことで、管理できるOSやディストリビューションは44種類となった。

 「HDE Center」は、監視対象にエージェントをインストールすることで、障害が発生した場合、障害検知だけでなく、事前に指定した任意のスクリプトをエージェントで自動実行できる。障害発生時にサービスを再起動することで、障害の自動復旧も可能。複数台で構成するシステムや複数拠点のサーバを監視に適している。

 価格は基本パックが3ノード当たり40万3200円、追加は1ノードライセンス当たり12万7680円。

image 操作画面

関連キーワード

サーバ | Linux | Red Hat


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -