ニュース
» 2008年03月28日 16時06分 UPDATE

KDDIがSaaSサービス、月額980円でOutlookが利用可能に

KDDIは、企業向けのSaaS型サービス「KDDI Business Outlook」の提供を4月25日に開始する。

[ITmedia]

 KDDIは3月28日、企業向けのSaaS(サービスとしてのソフトウェア)型サービス「KDDI Business Outlook」の提供を4月25日に始めると発表した。

 同サービスは「Microsoft Office Outlook 2007」が持つ電子メール、スケジューラー、アドレス帳、文書共有、ポータルなどのサービスをPCおよびau携帯電話から利用できるもの。auの携帯電話からは、会社のメールアドレスを携帯電話で利用したり、スケジューラーやアドレス帳を閲覧したりできる。

image サービスのイメージ図(同社Webページより)

 容量は1.4Gバイト。内訳はメールが1Gバイト、共有フォルダが100Mバイト、Windows SharePoint Servicesが300Mバイトとなる。

 価格は1ユーザー当たり月額980円、容量の追加は100Mバイト当たり500円となる。

 同社は、ビジネスアプリケーションを携帯電話やPCで利用するためのSaaSソリューション「Business Port」を展開している。今後は、パートナー企業向けプログラム「Business Port Support Program」に参加している企業の業務アプリケーションとの連携を進める。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -