ニュース
» 2008年03月31日 18時19分 UPDATE

富士通、タイでデータセンターサービスを開始

富士通システムズビジネスは、バンコクの東部に位置するバンナーにデータセンターを新設し、日系企業向けにサービスの提供を開始した。

[ITmedia]

 富士通は3月31日、タイのバンコクに本社を持つ富士通システムズビジネスが、バンコク東部に位置するバンナーにデータセンターを新設し、タイの日系企業向けにサービスの提供を開始したと発表した。

image タイのデータセンター内のマシンルーム

 データセンターには、火災予兆検知機や漏水検知システムなどのほか、本線予備線2回線による電力供給や無停電電源装置(UPS)・自家発電を完備する。入退室は手のひら静脈認証装置「PalmSecure」で管理する

 24時間常駐してシステムを監視する体制を取り、インシデント情報や運用状況の定期リポーティングなどを実施する。サービスは日本語、英語・タイ語で提供する。

 東南アジア地区で、シンガポール、マレーシアに続き3拠点目のデータセンターとなる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -