ニュース
» 2008年04月01日 18時50分 UPDATE

Eclipse 3.4M6リリース、Equinoxを機能強化

Eclipse Foundationは、統合開発環境「Eclipse 3.4M6」をリリースしたと発表した。

[ITmedia]

 Eclipse Foundationは、カナダ時間3月30日統合開発環境(IDE)の「Eclipse 3.4M6」をリリースしたと発表した。ライセンスは、「Eclipse Public License - v 1.0」。

 Eclipse 3.4M6には、インストールおよびアップデートの機能を提供する「Equinox プロビジョニング プラットホーム(p2)」が含まれている。

 Equinoxは、標準化団体OSGi Allianceで策定した仕様を、Java SEの環境で利用できるようにする試みのこと。

 IBMのトーマス・ワトソン氏がスペックリードを務める「JSR 291: Dynamic Component Support for Java SE」の目的は、コンポーネントライフサイクルを含むダイナミックコンポーネントフレームワークを既存のJava SEプラットホーム上で利用できるようにすることにある。さらにこの仕様は、OSGi Service Platform Release 4 Core Specificationを参照しており、Equinoxはその実装となる。

関連キーワード

Eclipse | Java | Adobe Flex | 統合開発ツール


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -