ニュース
» 2008年04月17日 15時40分 UPDATE

NECがデータセンター省電力化サービス 省電力製品も組み込み

ITインフラを整備して省電力化とTCOを削減するサービスをNECが提供。同社の省電力サーバやマルチレイヤスイッチも組み込む。

[ITmedia]

 NECは4月17日、データセンター向けに、施設の設計やITインフラおよびネットワーク構築などを含んた総合サービスの提供を開始すると発表した。

 サービスの名称は「次世代データセンター構築ソリューション」。データセンターインフラのリソースを最適化して省電力化やTCO(総所有コスト)の削減を支援する。省電力性に優れたサーバ製品「Express5800/iモデル」「SIGMABLADE」やマルチレイヤスイッチ「UNIVERGEIP8800シリーズ」を組み込んで提供する。

 サービスに含まれるソリューションは4つ。データセンターの施設、電源設備、空調などを整備する「ファシリティ最適化ソリューション」、ITインフラを調査し、最適な構成や運用を提案する「プラットフォーム最適化ソリューション」、ネットワーク製品を提供し構築を支援する「ネットワーク最適化ソリューション」、ホスティングやシンクライアントなどのサービスをデータセンターからオンデマンド型で提供できるプラットフォームを構築する「サービスデリバリソリューション」となる。

 NECは、今後3年間で約100システムの販売を見込んでいる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -