ニュース
» 2008年07月17日 19時06分 UPDATE

どの工場でつくるべきか:エコなロジを実現するアプリケーションを提供――アイログ

アイログは二酸化炭素の排出量を管理したロジスティクス体制を構築できるソフトウェアを同日から発売すると発表した。

[ITmedia]

 サプライチェーンアプリケーションなどを提供するフランスのIlogの日本法人、アイログは7月17日、都内で記者発表会を開催し、二酸化炭素(CO2)の排出量を管理したロジスティクス体制を構築できるソフトウェアを同日から発売すると発表した。

ilog.jpg アイログのチーフサイエンスオフィサーで米マサチューセッツ工科大学教授のデイビッド・スミチレビ氏。「CO2の排出量が多い企業はサプライチェーンの効率が悪い企業とみなされる」と話した

 製品名は「ILOG LogicNet Plus 6.0 XE」。工場、倉庫、配送ラインなどの数や場所、規模、管轄地域などを判断し、どの製品をどの工場でするべきかなどを指定する。導入企業は生産ラインのネットワークを効率化できる。

 特徴はサプライチェーン全体で排出するCO2を算出する機能。算出したCO2量を基に、コストやサービスレベルなどをシミュレーションできる。二酸化炭素の削減を迫られたり、原油高騰で輸送コストを削減したりする必要のある製造、物流、小売業者などの利用を想定している。

 利用する際は、ERPなどのアプリケーションから同ソフトがデータを受け取り、最適な輸送ルートの算出などを実施する。「頻繁に実行するものではないのでERPなどと密に連携しておく必要はない」という。

 LogicNet Plus 6.0 XEは、Ilogが2007年に買収した米LogicToolsの製品をベースにしている。価格は1800万円から。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

二酸化炭素 | 物流 | ERP | ロジスティクス | 買収


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -