ニュース
» 2008年08月27日 16時13分 UPDATE

オゾン層や気候変動の研究を支援:NASA、気象データシステムに日立製のストレージを採用

NASAは、地球大気の構成成分のデータを管理するシステムに、日立製のコンテンツアーカイブ向けストレージを採用。70Tバイトものデータを統合管理できるようになったとしている。

[ITmedia]

 海外でストレージ事業を展開する日立データシステムズ(HDS)は8月27日、アメリカ航空宇宙局(NASA)の気象データシステムに、コンテンツアーカイブ向けストレージを提供したと発表した。

 NASAは、地球大気の構成成分の科学データを管理するシステム「OMIDAPS」のデータ管理の効率を上げるために、HDSのコンテンツアーカイブ向けストレージ「Hitachi Content Archive Platform」を採用した。

 OMIDAPSの運用にあたり、研究者が地球環境関連のデータを確実かつ高速に取り出し、システム障害やオペレーターの不注意によるデータの損失を防げるシステムを求めていた。オゾン層や地球の気候変動の研究に活用する70Tバイトのデータを統合管理できるとして、同ストレージを選んだ。

 NASAによると、Hitachi Content Archive Platformについて、テープベースのシステムにもかかわらず、高速でデータの入出力ができ、データの操作が簡単である点が優れていると評価。取り扱う地球大気の科学データが、従来より高速に取り出せるようになったとしている。

 今後は、地球環境関連のデータを扱う別のNASA関連のプロジェクトにも、同ストレージを活用していくという。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

NASA | ストレージ | 宇宙 | 航空機


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -