連載
» 2008年09月27日 08時27分 UPDATE

今日から使えるITトリビア:Office 2007をコマンドラインスイッチで起動してみる

各アプリケーションで統一されたUIを備えるOffice 2007。でもその実態は、やっぱり別モノのアプリケーションの集合体に見えてしまう。例えば起動時のコマンドラインスイッチの統一性はどうだろうか?

[吉森ゆき,ITmedia]

操作性が大きく変わったのに

 Windows Vistaとともに颯爽と登場した2007 Microsoft Office system(以下、Office 2007)。“リボン”という新しいユーザーインタフェースを備え、旧来のOfficeとは異なる「直感的で使いやすい」操作性になった、というのが、ウリだ。特に、Office 2007で初めてOfficeに触れるユーザーにとっては、親しみやすいUIだといえるのではないか。

 だが必ずしも良い評判ばかりではない。旧来の操作性に馴れ親しんだユーザーにとっては、「あの機能、どこに行った?」という向きもある。製品が登場してから、間もなく2年になるが、いまだに使い勝手の不満が聞こえるところを見ると、「使い慣れていないから」の一言では済まされないとも思える。とはいえ、じたばたしても仕方がない。古いOfficeは、もう売っていないのだから!

 さて、新しいユーザーインタフェースを採用して、より統一性を求めたOffice 2007だが、実は旧来の機能・操作性をそのまま引きずっている部分もいたるところにある。その最たるものが、起動時のコマンドラインオプションだ。

 ごく普通の感覚では、スイート製品の各アプリケーションには、共通のコマンドラインスイッチが用意されていると思うだろう。しかし、Officeアプリケーションのコマンドラインスイッチは、てんでバラバラ。共通性が無いのだ……。

スプラッシュ画面を表示させずに起動する方法?

 例えば、Excel 2007で起動時のスプラッシュ画面を表示させず、新しいブックも開かずに、Excel単体を起動するには、「EXCEL.EXE /e」というコマンドラインスイッチを使う。同じことをWord 2007でもやろうと「WINWORD.EXE /e」としても、何の反応もない。それもそのはず、Wordには「/e」というコマンドラインスイッチは存在しないからだ。

 WordでExcelの「/e」と同じ動作をさせるには、「WINWORD.EXE /q /n」というコマンドラインスイッチを用いる。「/q」はスプラッシュ画面を表示しないという意味、「/n」は文書を開かずにWordを起動するという意味になる。

 PowerPoint 2007ではどうだろう? 実は、スプラッシュ画面を表示させずに単体で起動するコマンドラインスイッチが用意されていない。「POWERPNT.EXE」の後ろに「/e」を付けようが、「/q」を付けようが、いつもと変わらずスプラッシュ画面が表示され、新しいプレゼンテーションを開いた状態で起動する。

 Outlook 2007は、もっとスゴい。決められたコマンドラインスイッチ以外を指定すると、「コマンドラインの引数が正しくありません。使用しているスイッチを確認してください」と怒られてしまうのだ……。


 Officeアプリケーションのコマンドラインスイッチは、そのほとんどが旧来のバージョンを引き継いでいる。そもそも、筆者のようにコマンドラインスイッチを用いて起動するというユーザーはそれほど多くないかもしれないし、Officeアプリケーションにコマンドラインスイッチを渡して起動する外部プログラムも、そうたくさんあるとは思えない。もちろん、各アプリケーションはそれぞれ異なる機能を提供しているので、コマンドラインスイッチに違う部分があっても然り。とはいえ、共通化できる(と思われる)コマンドラインスイッチで、共通化が図られないのは、ちょっと不便だ。

ショートカットアイコンも特殊仕様

 コマンドラインスイッチといえば、いつも「ファイル名を指定して実行」を開いて手で入力しているわけにはいかない。よく使うコマンドラインスイッチがあるのなら、ショートカットアイコンを作成するのが一般的だ。

 ところが、スタートメニューにあるOffice 2007のショートカットアイコンも、これまた曲者である。一般的なショートカットアイコンであれば、「リンク先」にプログラム名があり、その後ろにスイッチを指定できる。それが、Office 2007のショートカットアイコンは、リンク先に「Microsoft Office Standard 2007」(エディションによって異なる)などと書かれており、しかも変更できない仕様になっている。これは、「アドバタイズショートカット」と呼ばれる特殊なショートカットなのだ。

 だから、コマンドラインスイッチを指定したい場合、Officeアプリケーションが格納されているフォルダ(通常は、C:\Program Files\Microsoft Office\Office12\)に移動して、そこでEXCEL.EXEやWINWORD.EXEなどのプログラムファイルから直接ショートカットアイコンを作る必要がある。

Microsoft IMEの後日談

Office 2007のIMEを削除 Office 2007のIMEを削除してみた。これで誤変換も減る?

 前回、Microsoft IMEの誤変換を話題にしたが、読者からこういう質問をいただいた。

「デキが悪いのは、VistaのIMEではなく、Office 2007のIMEではありませんか?」

 ということで、コントロールパネルの「プログラム」からOfficeセットアップを起動して、Microsoft IMEを削除してみた。すると、筆者の主観ではあるが、確かに少し誤変換が減ったような気がする……! 読者のご意見は、正しいのかもしれない。誤変換に悩んでいる方は、試してみてほしい。これもトリビアの1つとして。

 とはいえ、「VistaとOffice 2007のMicrosoft IMEは、違うものなんだよ」と理解している人は、どれだけいるだろうか。マイクロソフトも、両者を別物として扱っているわけではない。強い責任感のもとで、継続とカイゼンの努力を続けて欲しいと願う。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -