連載
» 2008年10月03日 01時00分 公開

スーパーユーザーのためのWindowsコマンド再入門:ntbackup――バックアップ/リストア

GUI全盛の時代にあっても、コマンドラインが利用できれば便利な場面が多いのも事実だ。本連載では、スーパーユーザーを目指すあなたのためにWindowsのコマンドラインを1つずつ解説していく。今回はntbackupだ。

[嶋川裕馬,ITmedia]

ntbackup――バックアップ/リストア

UNIX/Linuxでは「dump、restore、tar」

 Windowsには、標準でntbackupというバックアップツールが付属している。ntbackupのバックアップ先は、テープデバイスなどいわゆるバックアップ専用メディアのほか、ファイル(つまりHDD)へのバックアップも可能となっている。通常のバックアップだけではなく差分バックアップも可能で、スケジューリングも行える本格的なツールである。

 このツールは、スタートメニューから、「すべてのプログラム(P)]-[アクセサリ]-[システムツール]-[バックアップ]で起動できるGUIを持ったアプリケーションだが、コマンドラインによる起動も可能で、バッチファイル処理も可能だ。

 ntbackupは高機能なため、オプションも多数あるが、ここでは、最も基本的な利用法を紹介する。詳細は、ntbackupのヘルプを参照していただきたい。なお、復元には、GUIベースのntbackupを用いる。

オプション 使用例 詳細
<バックアップするフォルダ> /j <ジョブ名> /f <ファイル名> ntbackup “c:\documents and settings\administrator\my documents” /j “My documents backup 1” /f d:\AdministratorMyDocuments.bkf 使用例ではadministratorアカウントのマイドキュメントフォルダをDドライブのルートにAdministratorMy Documents.bkfというファイル名でバックアップを行う

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -