ニュース
» 2008年10月23日 08時30分 公開

NEC、通期の連結売上高を2000億円下方修正

移動通信業者の設備投資の不振や携帯電話販売の落ち込みにより、通期の連結売上高を下方修正する。

[ITmedia]

 NECは10月22日、2009年3月期の中間期と通期の業績予想を修正すると発表した。移動通信業者の設備投資の抑制や携帯電話販売の落ち込みにより、連結売上高および営業利益を下方修正する。

 中間期では、連結の売上高を220億円、営業利益を165億円下方修正した。修正後の連結売上高は2兆1280億円、営業利益は135億円になるもよう。純利益は「株式の売却利益」(NEC)により上方修正し、60億円増の20億円となりそうだ。

 通期は連結売上高を2000億円、営業利益を50億円下方修正。修正後の売上高は4兆6000億円、営業利益は1200億円になる見通しだ。純利益は200億円減の150億円と予想する。

 下方修正の主な要因は、国内の移動通信事業者による設備投資の抑制や、事業性の厳しいプロジェクトの選別受注など。割賦制度に端を発した携帯電話の買い控えで、端末販売市場が縮小したことも響いた。NGN(次世代ネットワーク)関連の事業はサービスエリアを拡大するなど、売り上げを拡大しているという。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -