ニュース
» 2008年10月24日 08時34分 UPDATE

Amazonのクラウドサービス「EC2」がWindows対応に

「Amazon EC2 for Windows」のβ版でWindows ServerとSQL Serverが利用可能になった。また、「Amazon EC2」が正式版になり、99.95%の稼働率を保証する。

[ITmedia]

 米Amazon.com傘下のAmazon Web Servicesは10月23日、「Amazon EC2 for Windows」のパブリックβ版を提供開始したと発表した。同社のクラウドサービス上で、MicrosoftのWindows ServerとSQL Serverを利用できるようになった。

 また同社は、Amazon EC2がβ版から正式版となり、99.95%の稼働率を保証するSLA(サービスレベル契約)を提供開始したことも明らかにした。同社はAmazon EC2のβ版を2006年8月から提供している。

 Amazon EC2 for Windowsでは、ASP.NET、ASP.NET AJAX、Silverlight、Internet Information Server(IIS)を含むMicrosoft Web Platformを使ったアプリケーションを、Amazonのインフラを用いてWebサービスとして利用できることになる。またSQL Server ExpressとSQL Server Standardデータベースも利用可能だ。

 Amazon EC2 for Windowsの使用料金は、1時間当たり0.125ドルからと、Linux版(1時間当たり0.10ドルから)よりやや高い設定になっている。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -