ニュース
» 2008年11月17日 18時35分 UPDATE

日本SGI、ハイエンドのディスクアレイ製品を発表

日本SGIは、高密度低消費電力を実現したハイエンドディスクアレイ製品「SGI InfiniteStorage 15000」を発売した。

[ITmedia]
SGI InfiniteStorage 15000 SGI InfiniteStorage 15000

 日本SGIは11月17日、ハイエンドのディスクアレイ製品「SGI InfiniteStorage 15000」を発売した。

 同製品は、1システムで最大1.2ペタバイトのディスクを搭載可能なディスクアレイで、1.2ペタバイトクラスのシステムをラック2台で運用可能にした高密度性と、1秒当たり6Gバイトの高速I/Oが特長。

 高速なSASドライブと大容量で安価なSATAドライブの両方をサポートし、SATAドライブ使用時でもSATAssure機能を用いることで高信頼性を確保できる。また、アイドル状態のドライブをスピンダウンし、消費電力の削減に寄与する省電力技術「D-MAID」も搭載している。

 価格は最小構成で5400万円から。年間10セットの販売を狙う。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ