ニュース
» 2009年02月25日 10時23分 UPDATE

Google、クラウドサービス「Google App Engine」の有料オプションを発表

Googleが無料のプレビュー版を提供してきたApp Engineに、有料でリソースを追加できるサービスをスタートした。

[ITmedia]

 米Googleは2月24日、無料で一般公開してきた同社のクラウドコンピューティングサービス「Google App Engine」を拡大し、有料サービスを追加した。

 Google App Engineは自作のWebアプリケーションをGoogleのインフラで稼働させることができるサービス。昨年4月にスタートしたプレビュー版のユーザーは、ストレージ容量500Mバイト、500万ページビュー/月といった制限付きで無料で利用している。

 同日から、無料の割り当てに有料でリソースを追加できるようになった。料金体系は以下の通り。

  • CPUコア:1時間当たり10セント
  • バンド幅(下り):1Gバイト当たり10セント
  • バンド幅(上り):1Gバイト当たり12セント
  • ストレージ:1Gバイト当たり15セント/月
  • メール送受信:アプリケーションによるメール送受信1通当たり0.01セント

 また無料の割り当てを90日後の5月25日から以下のように変更する。

  • CPUコア:1日6.5時間まで
  • バンド幅(上下):1日当たり1Gバイトまで
  • ストレージとメール送受信は従来通り

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ