ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「料金プラン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

石川温のスマホ業界新聞:
2020年、最大の注目ポイントは「3月の5G料金プラン発表」――楽天モバイルはいつ本格的に動き出すのか
2020年、ついに日本でも5Gの商用サービスが始まる。NTTドコモ、au、ソフトバンクの3社は春のサービス開始を予定しており、料金プランがどうなるかに注目が集まる。一方、楽天モバイルは夏に5Gサービスを開始すると表明しているが、LTE(4G)サービスを本格的に立ち上げていない中、本当に5Gに参入できるのだろうか。(2020/1/10)

ドコモの「キッズケータイ SH-03M」1月17日発売、月額500円の専用プランも提供
NTTドコモは、1月17日に「キッズケータイ SH-03M」を発売。併せて、12歳以下のユーザーがVoLTE対応のキッズケータイを月額500円(税別)で利用できる料金プランも提供する。(2020/1/8)

ドコモの「ギガホ」、キャンペーンでデータ容量が60GBに 終了時期未定
ドコモが、スマートフォン向け料金プラン「ギガホ」のデータ容量を1月から60GBに倍増させる。キャンペーン扱いだが終了時期は未定。申し込みは不要で、自動で適用される。(2019/12/27)

auが「ケータイ」「ルーター」向けの新料金プラン 12月26日から提供
2020年1月から改正電気通信事業法と関連する総務省令・ガイドライン類がスマートフォン以外の端末にも本格適用される。それに伴い、auがケータイとWi-Fiルーター向けの新たなプランを発表した。(2019/12/23)

Mobile Monthly Top10:
2019年を振り返る(5月編):やはり気になるドコモの新料金/auも新料金を発表
4月に発表された、NTTドコモの新料金プラン「ギガホ」と「ギガライト」。5月も引き続き注目を集めました。(2019/12/22)

携帯料金 A to Z:
料金プラン選びの参考に、3キャリアのシミュレーターを活用しよう
2019年は「分離プラン」として、3キャリアが新たな料金プランを提供した。自身がどのプランに適しているのかを検討するのは重要だ。大手キャリアが用意した料金シミュレーターを活用したい。(2019/12/22)

Mobile Monthly Top10:
2019年を振り返る(4月編):ドコモの「ギガホ」「ギガライト」が与えたインパクト/5G免許が割り当てられる
NTTドコモが「完全分離」に対応した新しい料金プランを発表した4月。ITmedia Mobileのアクセス数トップ10のうち、7記事がそれに関連する記事となりました。(2019/12/21)

「auの学割」、15歳以下の「新auピタットプランN」ユーザーも対象に
KDDIは、2020年1月10日から15歳以下のユーザー向けにを「auの学割」の割引対象料金プランに追加。利用料金を最大12カ月間1000円割引し、データ容量を1GB増量する。(2019/12/18)

ソフトバンクのウルトラギガモンスター+、「Amazon Prime Video」も使い放題に
ソフトバンクは、2020年1月31日から料金プラン「ウルトラギガモンスター+」のデータ容量を消費せず動画・SNSを楽しめる「動画SNS放題」の対象サービスへ「Amazon Prime Video」を追加する。(2019/12/18)

HISモバイル、月額180円からの段階制プランを提供開始
MVNOサービス「HISモバイル」は12月11日、新料金「ビタッ!プラン」の提供を開始。100MB(月額180円)から30GBまでの6段階を用意する。使用した容量に応じて料金プランが毎月自動で選択される。(2019/12/11)

MVNOに聞く:
「OCN モバイル ONE」新料金プランの狙いを聞く C向けeSIMサービスも検討中
NTTコミュニケーションズが、「OCN モバイル ONE」の料金プランを一新した。かつてはMVNOでシェアトップを誇っていたOCN モバイル ONEだが、ここ数年は「4位」が定位置になりつつあった。「シェア1位の奪還」を目指す同社に、新プランの狙いを聞いた。(2019/12/6)

楽天モバイル「内容は仮のもの」 MNO料金プラン流出疑惑に回答
楽天モバイルが手掛けるMNO事業の料金プランとみられるWebページが、Googleのキャッシュから誰でも見られる状態になっていたことについて、楽天モバイルは「テストページが何らかの原因で流出したもの。内容は仮で、事実とは異なる」と回答した。(2019/12/4)

「50GB 900円」──楽天モバイル、MNOプランの価格が流出? Googleキャッシュ上に残された謎のページ
楽天モバイルのMNO料金プランが流出しているのではないかと、Twitterユーザーから指摘の声が上がっている。表示されている価格が本当であれば、「50GB 900円」など他キャリアより相当安いプランになっている。(2019/12/3)

「端末値引き」から「プラン磨き」へ――ドコモが「Amazonプライム1年無料」を提供する理由
NTTドコモが、スマホ向け新料金プラン向けに「Amazonプライム」の年会費を1年間無料とする特典の提供を開始する。その狙いはどこにあるのだろうか。(2019/11/26)

「ギガライト」もキャンペーンで対象に:
ドコモの「ギガホ」を契約すると「Amazonプライム」が1年間無料 12月から
NTTドコモが、Amazonと連携してAmazonプライムを1年間無料提供する取り組みを始める。新料金プラン「ギガホ」ユーザーが対象だが、当面の間は「ギガライト」契約者もキャンペーンで対象となる。【更新】(2019/11/26)

石野純也のMobile Eye:
新生「OCN モバイル ONE」は格安SIMのシェア1位を奪還できるのか?
「OCN モバイル ONE」が11月20日に料金プランを刷新。通信品質の改善も図る。一時はMVNOのトップシェアを誇っていたOCN モバイル ONEだが、競争の激化に伴い、シェアを徐々に失っていた。ライバルのUQ mobileやIIJmioに勝てる見込みは?(2019/11/23)

「OCN モバイル ONE」が月額980円〜の新料金プラン発表 “業界トップ返り咲き”を狙う
NTTコミュニケーションズが、「OCN モバイル ONE」向けの新料金プランを発表。光回線とのセットによる割引きにより、音声対応SIMで月額980円から利用できる。200kbpsの低速でも快適に利用できるよう、ネットワークの品質改善も行う。(2019/11/20)

KDDI、月額1000円からのタブレット向け新プラン 「2年契約N」対象、違約金は1000円に
KDDIが4G LTEタブレット向けの新料金プランを11月1日から提供すると発表。「タブレットデータシェアプラン」「タブレットプラン20」の2種類。2年定期契約を途中解約した場合の契約解除料を1000円に抑えた「2年契約N」を適用できる。(2019/10/28)

スマホと容量シェアなら月額1000円 auがタブレット向け新料金プランを11月から提供
auが、11月からタブレット端末向けの新料金プランを提供する。2年契約時は、スマホとのシェアプランは月額1000円から、単体利用プランは月額4500円からとなる。(2019/10/28)

OneDriveの2FA保護「個人用Vault」と新容量プラン、日本でも提供開始
Microsoftのクラウドストレージサービス「OneDrive」で、2段階認証でファイルを保護するフォルダ「個人用Vault」が使えるようになった。6月発表の新料金プランもスタートした。(2019/10/1)

UQがWiMAX 2+の新プラン「ギガ放題」を10月1日から提供 月額3880円、解約金は1000円に
UQコミュニケーションズが、「WiMAX 2+」向けの新料金プランとして、新「ギガ放題」を10月1日から提供する。月額3880円(税別)で、WiMAX 2+のデータ通信を、原則として上限なしで利用できる。契約年数は2年で、2年以内に解約すると、1000円の契約解除料が発生する。(2019/9/25)

端末半額サービスも継続:
KDDI、新料金プラン発表 楽天参入は「意識せず」 今度はポイントプログラムで“囲い込み”
KDDIが9月12日、10月からの新料金プランを発表。SNSのデータ消費がなくなるプランなどが登場。端末の半額サポートも維持する。ポイントプログラムへ新たにステージ制を導入。「通信と端末の分離」で進みそうなユーザー離れに歯止めを掛ける狙い。楽天の参入が遅れている件については「そこまで意識していない」としている。(2019/9/13)

auは“2年縛り撤廃”には至らず 新料金プランは全12パターンに
auの新料金プランは、現行プランの料金は据え置きで、解約金を1000円に値下げした。改正電気通信事業法のルールにピッタリ合わせてきたが、解約金の撤廃には至らなかった。新料金プランは6種類あり、2年契約あり/なしを含めると、全部で12パターンが存在する。(2019/9/12)

通信と端末の分離:
「法令に従ってやっている」 結局変わらぬ値引き合戦 KDDIはソフトバンク追従 総務省は静観?
KDDIが9月12日、新料金プランなどを発表。従来の「アップグレードプログラムEX」を他キャリアのユーザーも利用できるように変更。ソフトバンクのサービスを追従する形となった。NTTドコモも同様のサービスを展開しているが、各社ともSIMロックに制約がある。政府は「通信と端末の分離」を進めるが……(2019/9/12)

KDDIが新料金プランを発表 料金据え置きで解約金が1000円に
KDDIが、2019年10月1日から新料金プランを提供する。月額料金は据え置きだが、新たに「2年契約N」を適用できる。解約金が1000円となり、2年契約Nの割引額は月額170円になる。(2019/9/12)

UQ mobile、縛り・違約金なしの「スマホプラン」10月から提供
「UQ mobile」運営元が、契約期間と契約解除料を廃止した新料金プラン「スマホプラン」を発表。9月24日に予約受付を開始し、10月1日から提供を始める予定。契約解除料の値下げを求める総務省の要請に応じた形。(2019/9/12)

料金はずっと同じ:
UQ mobileが縛りなしの「スマホプラン」を10月スタート 月額1980円から
UQ mobileが10月1日からスマートフォン向けの新料金プランを開始する。最低利用期間や解約金といった「縛り」のないことと、2年目、3年目以降も料金が変わらないことが大きな特徴だ。(2019/9/12)

楽天モバイル、MVNOサービスの最低利用期間と解約金を撤廃 MNOへの移行時期は未定
楽天モバイルが、MVNOサービスの料金プラン「スーパーホーダイ」を2019年10月1日に改定。これまで設けていた「最低利用期間」と「契約解除料」を撤廃する。MNOサービスを始める10月1日以降も新規契約は継続して受け付ける。(2019/9/6)

2年縛りと違約金が「なし」になる ソフトバンクが新料金プランを発表
「解約月だったのに忘れてたー!」といった時代が過去に。(2019/9/6)

ソフトバンク、“2年縛り”廃止 新料金プランを発表
ソフトバンクが、契約期間と契約解除料を廃止した新料金プランを発表した。解約金の値下げを求める総務省の要請に応じた形。(2019/9/6)

ソフトバンクが新料金プランを発表 期間拘束と解約金なし
ソフトバンクが9月6日、契約期間と解約金のない新料金プランを発表。9月13日に申し込み受け付けを開始する。端末によって異なっていた基本料金を統一する。(2019/9/6)

携帯料金 A to Z:
ドコモ新プランが魅力的でも、「端末購入サポート」でスマホを買った人は要注意
ドコモの新料金プラン「ギガホ/ギガライト」に乗り換えると、逆に損をする場合がある。「docomo with」を契約していた場合や、「月々サポート」の割引がまだ残っていることが、こうしたケースに該当する。加えて、「端末購入サポート」の規約にも注意しなくてはならない。(2019/9/5)

Mobile Weekly Top10:
3キャリアが“新料金プラン”発表へ “端末価格”にも注目
今回のITmedia Mobile Weekly Top10では、2019年8月26日から2019年9月1日までのアクセスを集計。今回は、最新夏モデルの端末価格をまとめた記事がアクセス1位でした。電気通信事業法の改正に伴う料金プランの改定にも注目です。(2019/9/2)

石野純也のMobile Eye:
新バンドルプランで5G時代の差別化を狙うau 改正法への対応にも注目
10月1日の施行が決まった改正・電気通信事業法に、一番乗りで対応したのはauだった。KDDIは、8月28日に新料金プランの「auデータMAXプラン Netflixパック」を9月13日から提供する。同プランは、5G時代を意識した内容になっている。その狙いを読み解く。(2019/8/31)

ドコモとソフトバンクが新料金プランを検討中 「解約金上限1000円」「定期契約の月額割引上限170円」に対応
8月29日に総務省が主催した会議において、NTTドコモとソフトバンクが新しい料金プランを準備していることが判明した。もちろん改正電気通信事業法に対応するものだ。(2019/8/29)

au UNLIMITED WORLD:
KDDI高橋社長「5Gを主語で話す人を信じてはダメ」 auは“体験の創造”を重視
KDDIが8月28日、5G時代を見据えた戦略「au UNLIMITED WORLD」を発表。5G時代を見据えた料金プランやサービスを提供していく。同社は5Gの特徴というよりも5Gならではの体験の創造に重きを置く。(2019/8/29)

KDDI、9月に料金プラン改定へ 「多くのお客さまにご納得いただけるものを出す」
KDDIが、改正事業法に合わせ、9月に料金プランを改定する。2年契約プランの割引額が170円までに抑えられるが、大幅な値下げはなさそう。「auデータMAXプラン Netflixパック」と同様、解約金は1000円で統一される見通し。(2019/8/28)

「5G時代を先取り」:
データ上限なし+Netflixが使い放題 KDDIが新料金プランを提供 月額4880円から
KDDIと沖縄セルラーが、2019年9月13日から、新料金プラン「auデータMAXプラン Netflixパック」の提供を開始する。月間データ容量に上限がなく、Netflixの「ベーシックプラン」とセットで利用できる。2年契約時の月額料金は7880円で、各種割引をフルに適用すると月額4880円となる。(2019/8/28)

ホームIoT「au HOME」に便利な新デバイスと料金プランが追加 9月5日から
auのホームIoTサービス「au HOME」の対応デバイスのラインアップに、「ネットワークカメラ 03」「赤外線リモコン 02」「開閉センサー 03」が加わる。新料金プラン「声で家電コントロール&みまもりセット」も追加される。(2019/8/27)

MVNOに聞く:
なぜβ版でスタート? 独自プランは? IIJに聞く「eSIM」戦略
国内のネットワークを使った初のeSIMサービスが、IIJから登場した。当初はβ版という位置付けで、料金プランは月額契約が必要な「ライトスタートプラン(eSIMベータ版)」のみ。なぜ、このタイミングでコンシューマー向けサービスの提供にかじを切ったのか?(2019/8/22)

携帯料金 A to Z:
3キャリアの分離プラン向け「家族割引」を比較 “家族の定義”にも違いあり
家族や同居している人同士で同じキャリアの新料金プランを契約すると、月額料金の割引を受けられる。「家族」に該当するグループの中で、対象プランの回線数に応じて割引額が決まる。一方、割引対象となる「家族」の定義はキャリアによって異なる。(2019/8/21)

携帯料金 A to Z:
3キャリアの大容量プランは何が違う? 容量と料金をチェック
3キャリアは、スマートフォンのヘビーユーザーを対象に、1カ月に一定のデータ容量を利用できる料金プランを提供している。数十GBが使えるプランや、特定の通信をカウントしないプランもある。本記事では、各社の大容量プランについてまとめた。(2019/8/19)

携帯料金 A to Z:
3キャリアの「段階制」料金プランは何が違う? 基本を再確認
大手3キャリアともにいわゆる「分離プラン」の提供が標準となった。3キャリアが提供する料金プランは大きく「大容量」と「段階制」のタイプに分けられる。ここでは、データ利用量が比較的少ない人に適している段階制プランについて、おさらいする。(2019/8/16)

石川温のスマホ業界新聞:
楽天MNOは9月上旬に料金プラン発表。10月1日にスタート――iPhoneの取り扱いは「ノーコメント」
10月にMNOとして新たなスタートを切る予定の楽天モバイル。しかし、スタート段階では「ユーザーを限定したサービス」になるという。注目は、9月に発表されるであろう新型のiPhoneをau使うかどうかだ。(2019/8/16)

クラウドコストの賢い削減術【後編】
クラウドサービスの料金を1円でも節約するための具体的な方法
クラウドサービスの料金を節約するための万能の方法はない。自社の状況に応じてクラウドサービスの機能や料金プランを組み合わせることが大切だ。クラウドコスト管理の勘所を紹介する。(2019/8/13)

ソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」、使い放題に「クラシル」「スタディサプリ」を追加
ソフトバンクは、料金プラン「ウルトラギガモンスター+」のデータ容量を消費せず動画・SNSを楽しめる「動画SNS放題」へレシピ動画サービス「クラシル」とオンライン学習サービス「スタディサプリ」を追加。(2019/8/9)

石野純也のMobile Eye:
2019年度は減収減益スタートのドコモ 新料金プランは順調? 解約金1000円の影響は?
ドコモは料金を最大で4割値下げした「ギガホ」「ギガライト」の影響を受け、2019年度は減収減益スタートとなった。新料金プランの7月23日時点での申し込み件数は375万にのぼる。「違約金1000円」や「割引上限2万円」の影響は、見極められない部分もあるという。(2019/7/27)

無制限プラン「auデータMAXプラン」が7月26日に開始 月額6980〜8980円
KDDIと沖縄セルラーは、スマートフォンの新たな料金プラン「auデータMAXプラン」を7月26日に提供する。月額8980円で国内のデータ通信が無制限で利用できる。ただしテザリングや海外ローミングは20GBまでの制限がかかる。(2019/7/23)

ドコモは分離プラン/5G時代をどう戦い抜くのか? 吉澤和弘社長インタビュー
2019年は、モバイル業界が大きく変わる年になる。改正された電気通信事業法が2019年秋に施行され、分離プランが義務化される。これを見据えて、NTTドコモは6月から新料金プランを提供している。同社の吉澤社長に、分離プラン時代の戦略を聞いた。(2019/7/11)

au、iPhone XRへの機種変更&iPhone 8/8 PlusへのMNPで最大1万800円(税込)割引
KDDIは、iPhone XRへの機種変更と対象の料金プランに加入で機種代金を最大1万800円(税込)割引するキャンペーンを実施。また、他社からのMNPで対象のiPhoneを購入した場合に機種代金を割引する「iPhone MNP au購入サポート」にiPhone 8/8 Plusを追加した。(2019/6/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。