ニュース
» 2009年03月30日 16時50分 UPDATE

Javaサポートも追加:Google、App EngineでのPythonのパフォーマンスを改善へ

GoogleはPythonのパフォーマンスを改善するプロジェクトを発表した。Pythonは、クラウドプラットフォームのGoogle App Engineで採用されているプログラミング言語。Googleでは、Google App EngineでJavaもサポートする計画だ。

[Darryl K. Taft,eWEEK]
eWEEK

 GoogleはPythonのパフォーマンスを改善するプロジェクトを発表した。Pythonは、クラウドプラットフォームのGoogle App Engineで採用されているプログラミング言語である。伝えられるところによると、Googleでは、Google App Engineがサポートする第2の言語としてJavaを追加する準備も進めているようだ。

 「Google Code」サイトに投稿されたブログ記事の中で、Googleの技術者たちは「Unladen Swallow」と呼ばれる新プロジェクトがPythonを高速化するための取り組みになると述べている。Pythonなどの動的プログラミング言語は、C++やJavaなどの静的言語と比べるとパフォーマンスに劣るという弱点を抱えている。

 「Pythonを高速化するとともに、定評のある大規模アプリケーションをUnladen Swallowに容易に移行できるようにもしたい」とGoogle Codeブログに記されている。

 Googleの技術者らは同プロジェクトで5つの主要な目標を掲げている。

  1. CPythonよりも少なくとも5倍高速なPythonバージョンを作成する
  2. Pythonアプリケーションが安定したパフォーマンスを提供できるようにする
  3. CPythonアプリケーションとソースレベルの互換性を維持する
  4. CPython拡張モジュールとソースレベルの互換性を維持する
  5. Pythonインプリメンテーションのメンテナンスを不要にする――われわれは、このプロジェクトはフォークではなくブランチだと考えている

 また、パフォーマンスと互換性の目標を達成するために、「独自のインプリメンテーションをスクラッチから作成するのではなく、CPythonを修正することにした」と同社は説明する。

 このプロジェクトの名前「Unladen Sparrow」は、映画「Monty Python and the Holy Grail」の中で登場人物が「荷物を持たないツバメの飛行速度は?」と質問する場面から取ったもの。Pythonという言語自身も、英国のコメディ集団「モンティ・パイソン」に敬意を表して付けられた名前であり、英語でニシキヘビを意味する「python」に由来するのではない。

 Webサイト「GigaOM」を運営するオーム・マリク氏によると、GoogleはGoogle App Engine(GAE)でJavaをサポートする作業に取り組んでおり、5月下旬にサンフランシスコ開催される同社の「Google I/O」開発者カンファレンスでその発表が行われる見込みだという。Googleでは、Javaサポートの件に関するコメントを避けている。

 マリク氏は次のように述べている。

 「Javaがサポートされることにより、GoogleはGAEをすべてのAndroid関連アプリケーションの要にするとともに、Javaで書かれた多数の企業向けカスタムアプリケーションのプラットフォームとしての訴求力を獲得できる。しかしそのためには、Googleはもっと充実した環境を提供することから始めなければならない」

原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -