ニュース
» 2009年05月06日 06時54分 UPDATE

日本語版もダウンロード可能に:Microsoft、Windows 7 RCを一般公開

Microsoftが、予定より1日早く一般公開していたWindows 7について、改めて公式ブログで発表した。

[ITmedia]

 米Microsoftは5月5日、Windows 7のリリース候補版(RC)を一般向けに公開したことを公式ブログで発表した。7日に予定されていた日本語版も、既にダウンロードできるようになっている。Windows 7のダウンロードページで、32bit版か64bit版の日本語版を選択できる。エディションはUltimateのみ。

Windows 7

 Windows 7をダウンロードするにはWindows Live IDで登録する必要がある。登録の際にプロダクトキーを取得できるので、ダウンロードしたディスクイメージファイルをDVDに焼き、このプロダクトキーでアクティベートする。

 現在Windows Vistaが稼働しているPCではアップデートによるインストールが可能だが、Microsoftはデータのバックアップを奨励している。Windows XP、Windows 7 β搭載PCではクリーンインストールが必要だ。

 Microsoftは、RC版のプロダクトキーの数は限定されておらず、少なくとも2009年7月まではダウンロードできるので、急いでインストールする必要はないとしている。

 RC版の有効期限は2010年7月まで。3月からPCが2時間おきにシャットダウンするようになるので、3月1日以前にその時点での有効なWindowsのインストールを奨励している。Windows 7正式版のリリース予定は、現在のところ2010年初頭となっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ