ニュース
» 2009年05月21日 16時51分 UPDATE

GoogleのDIコンテナ「Guice 2.0」リリース

Googleのエンジニアが中心となって開発が進められているJava用DIフレームワーク「Guice」の最新版となるバージョン2.0がリリースされた。

[ITmedia]

 Googleがかつて社内で利用し、現在はApache License 2.0の下で開発が続けられているJava用DIフレームワーク「Guice」のバージョン2.0がリリースされた。Google Codeからダウンロード可能。

 Guiceはアノテーションやジェネリックを活用したDI(Dependency Injection:依存性注入)のためのフレームワーク。最新バージョンではAndroidのようなバイトコードの操作が存在するプラットフォームで矛盾が生じないよう、AOP(アスペクト指向プログラミング)がオプション扱いとなっている。

Tech Forecast

tn_photo.jpg 西尾泰三

国内ではあまり話題になっていませんが、GuideはAdWordsやGoogle Docsなど、Googleで使われているJavaベースのアプリケーションでは標準的に使われている実績豊かなDIフレームワークということもあり、今後国内でも注目度を増しそうです。

関連キーワード

Google | フレームワーク | Java | Google Code


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -