ニュース
» 2009年05月28日 16時59分 UPDATE

iPhoneのトラフィックにも耐えられる?:AT&T、2010年までにブロードバンド回線速度を2倍に

現在のUMTSを2010年までにHSDPA 7.2Mbpsに切り替え、2011年にはLTEの導入を開始する。

[ITmedia]

 米AT&Tは5月27日、携帯向け3Gネットワークをアップグレードする計画を発表した。2010年までに、現在使用しているUMTS回線を、下り通信速度がUMTSの2倍である「HSDPA 7.2Mbps」に切り替える。さらに2010年にLTEのトライアルを開始し、2011年には導入を始めるという。

 AT&Tは現在米国の約350の都市で3Gネットワークを提供しており、年内にさらに20の都市を追加する見込み。回線のアップグレードに合わせ、同社は年内にHSPA 7.2対応のノートPC向け通信カードやスマートフォンを発売する予定。

 AT&Tは2009年のプロジェクトとして、数千の基地局に光ファイバー接続と容量を追加してHSPA 7.2およびLTEへの対応に備えているほか、米国内に約2100の基地局を新たに設置するという。AT&Tはこうしたプロジェクトに170億〜180億ドルを投資する計画だ。

関連ホワイトペーパー

ブロードバンド | iPhone | スマートフォン


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -