ニュース
» 2009年06月05日 17時44分 UPDATE

三三が名刺情報とメール配信管理を連係する新機能、HDEが基盤を供給

HDEが提供するメール配信基盤を利用し、三三が名刺情報とメール配信管理を連係させるサービスを開発した。

[ITmedia]

 HDEは、企業向けメール配信基盤「HDE Mail Application Server #Delivery」を、SaaS(サービスとしてのソフトウェア)ベンターやASP業者を対象にOEM供給すると発表した。名刺情報管理サービスなどをSaaSで提供する三三が、同基盤で新機能を提供した。

 HDE Mail Application Server #Deliveryは、メール配信における安定性と高速化を重視したソフトウェア基盤製品。冗長化構成への対応やAPIを利用した機能開発ができるのが特徴で、行政や金融機関、大規模オンラインショッピングなどでの運用に適しているという。

 三三は、名刺情報を基にしたSFA(営業支援)やCRM(顧客関係管理)の「Link Knowledge」サービスをSaaSで提供。HDE Mail Application Server #Deliveryを利用して、名刺所有者を送信元とした一斉メール配信や、配信履歴管理、不達や配信拒否などのステータス管理、スケジュールと連動したメール予約配信などの機能を開発。新サービスとして6月4日から開始した。開発期間は約2カ月。

 HDEは、開発支援も含めて同基盤を提供していくという。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

HDE | API | CRM


関連ホワイトペーパー

SaaS


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ