ニュース
» 2009年07月01日 07時56分 UPDATE

Microsoftとの協力で:Google、「Apps Sync for Microsoft Outlook」の同期化問題を解消

Googleは、MicrosoftのExchange ServerからGoogle Appsへの移行を促すツールで生じたバグを、Microsoftとの協力により解消した。

[ITmedia]

 米Googleは6月30日、Google AppsとOutlookの同期を可能にするツール「Apps Sync for Microsoft Outlook」で報告されていたOutlook検索を無効にするバグを解消したと発表した。

 Googleは同ツールをOutlookのプラグインとして10日にリリースしたが、その後「Windowsデスクトップサーチ」でのすべてのOutlookのデータのインデクシングと検索ができなくなるほか、幾つかのバグが見つかった。

 GoogleはMicrosoftと協力し、Windowsデスクトップサーチに関連するバグを修正し、Outlookのデータの検索を可能にした。また「Microsoft Office Outlook Connector」プラグイン経由の「Windows Live Hotmail」への接続もサポートした。

 Googleは同日、Microsoft ExchangeからGoogle Appsへの移行を検討する企業ユーザー向けの情報サイトの立ち上げも発表した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -