ニュース
» 2009年07月09日 12時02分 UPDATE

利益は熱帯雨林の再生に:「富士通」を冠した天然水と緑茶が発売

富士通は、社会貢献の一環としてプライベートブランド飲料を発売した。

[ITmedia]
fujitsutea.jpg 発売した天然水と緑茶

 富士通は7月9日、プライベートブランドの飲料製品として500ミリリットル入りの天然水と緑茶を発売した。1本当たり90円で、富士通グループ企業の社内売店で販売している。

 飲料発売は社会貢献や環境保護活動の取り組みの一つで、90円のうち2円をマレーシア・サバ州にある「富士通グループ・マレーシア・エコ・フォレストパーク」での熱帯雨林再生活動の費用に充当する。

 天然水は富山県黒部市で採取したもので、緑茶は静岡県産の茶葉を100%使用した。第一段階として、都内港区の本社や川崎工場、富士通ソリューションスクエア、あきる野テクノロジセンター、芝公園オフィスで販売し、今後は全国事業所の売店に展開する。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -