ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「プライベートブランド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プライベートブランド」に関する情報が集まったページです。

企業が備えるBCP:
クルマの電気でレジ稼働 ファミマ、被災地店舗の営業再開への道
年始の大地震は、能登半島を中心に大きな被害をもたらした。石川県および北陸3県で最も店舗数が多いコンビニチェーンであるファミリーマートは営業再開に向け、どのように進んできたのか。また、平時からどのようなBCP(事業継続計画)を用意し、改善してきたのか。(2024/3/1)

磯部孝のアパレル最前線:
ファミマの「服」は実際どうなのか ユニクロやワークマンと比較して見えた“矛盾点”
コンビニでアパレル商品が売れている。ファミリーマートが展開する「コンビエンスウェア」や、ローソンが人気セレクトショップとコラボした「インスタントニット」は軒並み人気商品となった。なぜ、コンビニで扱われるアパレル商品がこれほど人気なのだろうか。(2024/2/29)

「吉本の給料上がらず」 山田花子、“リアルな台所事情”さらし共感の嵐 割引駆使する“ママの顔”に「親近感」「見切り品も買って偉い」
食べ盛りの子ども2人がいる山田さん。(2024/2/25)

小学生が発明した“天才すぎる絆創膏” 予想を上回る売上と要望に「改良版」を検討
マツキヨココカラ&カンパニーのプライベートブランド「matsukiyo」から2023年8月に発売された「matsukiyo 指にまきやすい絆創膏」の話を聞きました。(2024/2/20)

肉球まんじゅうに、ねこ型ケーキ! ファミマ「ファミリ〜にゃ〜ト大作戦!」で2月22日“ねこの日” 商品が全19品登場
昨年の第1弾から品数が増えてパワーアップ!(2024/2/9)

小売・流通アナリストの視点:
300円ショップ好調の裏で 「100円死守」なセリアが苦しいワケ
物価高を背景に、ディスカウント型のスーパーを利用する消費者が増えている。多くの消費者がより安いものを求める中、100円ショップ業界ではある意外なことが起きている。(2024/2/2)

ウニ、いくら、カニ、ねぎとろ、うなぎの“代替”食品で海鮮丼 ファミマ「だいたい(代替)海鮮丼」発売
ファミリーマート初の試み。(2024/2/1)

イオン従業員が選ぶ「トップバリュ」の商品、1位は?
イオンのプライベートブランドである「トップバリュ」。イオンのグループ従業員を対象にしたアンケート調査「お客さまにおすすめしたいトップバリュ商品」によると、1位は……。(2024/2/1)

リサイクルニュース:
ファミマが弁当の容器規格を見直し、年間約421tの石油系プラスチックを削減
ファミリーマートは、プラスチック削減の取り組みとして、プライベートブランド「ファミマルKITCHEN」のチルド弁当やチルドすしの容器を変更する。年間約421tの石油系プラスチックを削減する。(2024/1/30)

ファミマ、高級「クリームパン」が好調 狙うはスイーツの代替 パッケージで「生」強調の背景は
ファミリーマートが1月16日に発売した「とろけるたっぷりクリームパン」の初速が好調だ。プレミアムな価格帯にしたり、パッケージで「生」を強調したりする背景を開発担当者に聞いた。(2024/1/27)

なぜ、ファミマで「普通の服」を売ろうとしているのか 「ユニクロ並み」価格を実現できた背景
ファミリーマートがアパレル商品を展開している。これまでは靴下やTシャツなどがメインだったが、2023年12月からは本格的な商品も発売。「ユニクロ並み」の価格でラインアップをそろえており、新たな定番商品としての期待がうかがえる。(2024/1/22)

ファミマ、チルド弁当などで容器を変更 年間400トン超のプラ削減へ
ファミリーマートがチルド商品の容器を見直すと発表した。1月から順次実施し、年間で400トン超の石油系プラスチック削減を見込む。(2024/1/18)

スピン経済の歩き方:
「値下げで過去最高益」のイオンが、賃金を上げなければ非常にマズいワケ
「値下げ」は消費者にとって喜ばしい話のようだが、実は日本全体の視点で考えると、あまり喜ばしい話ともいえない。その理由は……。(2024/1/17)

Payments Dive:
Appleの“相棒探し”、難航のうわさは本当か 「大きすぎる」のがアダに?
BIG4(旧GAFA)の一つであるAppleの“相棒探し”が難航しているといううわさを「Payments Dive」がつかんだ。新しい提携先として数社の名前が挙がっているがベストな“相棒”は見つけるのが難しいようだ。(2024/1/17)

小売・流通アナリストの視点:
首都圏で急増中のコスモス薬品 物価高を味方にした戦い方とは?
九州を地盤とする大手ドラッグストア「コスモス薬品」。九州でトップシェアとなった後は、店勢圏を東に向けて拡大し、今まさに関東攻略作戦を進行中だ。コスモスを躍進には、物価高を味方にした戦い方がある。(2024/1/16)

製造業×生成AI インタビュー:
“超高速”でアイデアを具体化 DNPが「生成AIラボ」で目指す共創活動
生成AIに関心を示し、自社サービスや業務への導入を検討する製造業は多い。だが、生成AIで何かできるのか、どういったサービスを作れるのかをイメージし、具体化していく仕組みが社内にあるだろうか。そのための仕掛けとして、東京都内に生成AIの共創施設をオープンしたDNPの和田剛氏と大竹宏之氏に話を聞いた。(2024/1/11)

後編:
小売のECやグローバル展開で考えるべきテーマとは? 2024年の重点課題総ざらい
テクノロジーの浸透が進む小売業界で、2024年に目を向けるべき課題、取るべき施策は何か。ECや出店、グローバル展開などのテーマに絞って、小売業界に精通する筆者がポイントを解説していく。(2023/12/29)

ドンキの「動けるこたつ」はどうやって誕生した? 背景にある商品戦略の変更とダメ出しの殿堂
ドン・キホーテは、利用者のダメ出しを募集する特設サイト「ダメ出しの殿堂」を開設している。これまで、どのように商品を改良してきたのだろうか。(2023/12/16)

イオン「値下げ」第2弾を発表 9月に続き、必需品や季節品など29品目が対象
イオンが9月に続き、一部商品の値下げを発表した。対象は29品目で、前回発表したものと合わせて60品目が値下げとなる。(2023/12/15)

「この座椅子、色がダサい」と屈辱的ダメ出し! ドンキが新商品に採用した流行のカラーとは?
ドンキはプライベートブランド(PB)「情熱価格」の商品に対する、利用者からのダメ出しを募集する特設サイトを運営している。「色がダサい」と指摘された座椅子をどのように改善したのだろうか?(2023/12/5)

イオン船橋店、売り場とオペレーションを刷新 狙いは?
イオンリテールは、住まいと暮らしの売場環境とオペレーションの刷新を発表。11月17日より、イオン船橋店で検証を開始している。(2023/11/24)

小売・流通アナリストの視点:
ディスカウント王者・オーケーの銀座進出が「勝ち確」と言える3つの理由
ディスカウントスーパーとして有名なオーケーが銀座にオープンした。実は、オーケーにとって銀座進出は「勝ち戦」ともいえる。それはなぜなのだろうか。(2023/11/22)

ファミペイ、金曜日に10%還元キャンペーン 11月から毎月開催
ファミリーマートは、11月の金曜日から毎月「金曜日はファミペイ払いで10%還元キャンペーン」を開催。期間中にエントリーしてファミリーマートでファミペイ払いをすると、買い物金額から0%還元される。(2023/10/30)

コウメ太夫、顔面そのままブランドのモデルとしてデビュー 武井壮も「そんな見てくれで選ばれるわけない」とツッコミ
コウメ太夫さん「顔面はねこれで行かないと誰だか分からないから」(2023/10/26)

相次ぎ「楽しい」新店:
大阪・河内エリアに「本州初」や「西日本初」が増えている
大阪市への通勤・通学圏であるベッドタウンの大阪・河内エリアに「本州初」や「西日本初」という新たな商業店舗の新規出店が相次いでいる。(2023/10/20)

しまむら決算好調 ユニクロと決定的に異なる独自のビジネスモデル
しまむらの連結売上高と各利益高は、上期として過去最高を更新した。しまむらが消費者からの支持を集める要因を考えると、ユニクロと決定的に異なる独自のビジネスモデルが見えてくる。(2023/10/16)

Marketing Dive:
崖っぷちブランドが生まれ変わるために下した「他社のマーケティング戦略に追随しない」という決断
再起を図る米老舗百貨店が、包括性とコミュニティーを重視する新たな「Make It Count(今を大切に)」というブランドメッセージを届けるために大きな投資をしている。同キャンペーンの手法は他社のやり方とは一線を画するものだと、責任者は語る。(2023/9/28)

アイリスのパックご飯に「菌」、残存可能性で回収 セブンのPB商品約10万個も対象
「菌」は自然界に広く存在するもの。(2023/9/20)

1話あたり約26億円:
「実写版ワンピース」 ネトフリが平気で「映画10本分」以上の予算を投入するワケ
Netflixが配信する「実写版ワンピース」が話題だ。1話あたりの製作費は日本円で約26億円と破格。なぜNetflixはオリジナルコンテンツにここまでの巨額投資を行うのか。同社の黄金サイクルについて解説する。(2023/9/13)

小売・流通アナリストの視点:
なぜ「半額ショップ」はイマイチなのに、絶対王者オーケーは伸びているのか 「安売り」の手法に違い
最近「半額ショップ」という新しい業態の小売チェーンが各地で勃興している。値上げが相次ぐこのご時世、多くの消費者の支持を得られるかと思いきや苦戦気味だ。そこにはある盲点があった。(2023/9/7)

ファミマ社員“ガチ推し”のペットボトル飲料、1位は……? 「蛇口から出てほしい」おすすめ商品ランキングを公開
納得のラインアップ。(2023/9/2)

ダイエーVS.西友の「赤羽戦争」はなぜ起きた? 駅東口2大スーパー、半世紀の歴史に幕
東京・赤羽駅東口を代表する老舗スーパーとして約半世紀にわたり親しまれた「西友赤羽店」と「ダイエー赤羽店」が今年、相次ぎ閉店。かつて両店は「赤羽戦争」と呼ばれる歴史的商戦を繰り広げていたことをご存知だろうか――。(2023/8/28)

意外に食べている:
女性にもっと「かつ丼」食べてほしい ファミマが「チルド丼」を強化するワケ
ファミリーマートは、プライベートブランド「ファミマル KITCHEN」からチルド丼商品4種類を順次発売する。チルド丼のラインアップを強化し、女性需要の取り込みを図る。(2023/8/22)

あの話題は今:
「朝食無料」から10年、伊藤忠の社員は何を食べているのか 働き方改革の今
伊藤忠商事は2013年、朝食を社員に無料で提供し始めた。働き方改革の一環で、朝型勤務を推奨することが狙い。実際にどんなものが提供されているのか。(2023/7/31)

今日のリサーチ:
食品価格は依然高止まり傾向、マヨネーズなど調味料でさらに値上げ強まる――インテージ調査
インテージは「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に、食品・日用雑貨など主な消費財を対象として店頭販売価格の値上げについて調査しました。(2023/7/29)

ファミマのBOXティッシュが「シンプル・イズ・ベスト」 5箱セットでシンボルカラーになるデザインがすてき
ファミマのブランドカラーの2色(ブルー、グリーン)が店頭で目立つデザイン。(2023/7/17)

トップバリュの1リットルアイスが売っていない……? SNSで報告見られる イオンに聞いてみた
一部品目は7月中旬の販売再開を予定しているといいます。【訂正あり】(2023/7/6)

好みが分かれるのに:
”スモーキー”なハイボール缶が100万本を突破した、3つの理由
国内発のスモーキーハイボール缶「三郎丸蒸留所のスモーキーハイボール」が、累計販売本数100万本を突破した。これまで市場になかったジャンル、かつ355ml缶で327円と高価格帯。チャレンジングな製品にもかかわらず、なぜ売れているのか。(2023/7/5)

3.5mm to USB Type-Cイヤフォン変換ケーブル発売 ビックカメラから
ビックカメラは、6月29日にプライベートブランド「HashTAG」から3.5mm to USB Type-Cイヤフォン変換ケーブルを発売。オーディオ用の有線イヤフォンやマイク付きイヤフォンを変換し、5色で展開する。(2023/6/28)

株主はコンビニ注力要求:
「物言う株主」と対立のセブン&アイ コンビニとスーパーの「二刀流」を選んだ理由
事業の方向性を巡り、米投資会社バリューアクト・キャピタル・マネジメントと「セブン&アイ」経営陣の対立が深まっている。セブン&アイはなぜコンビニとスーパーの「二刀流」を選んだのか。(2023/6/30)

猛暑に商機 「ひんやりグッズ」の狙い:
「ひんやりグッズ」需要高まる、ドンキが注力 風力1.5倍のハンディファン、電動ネッククーラー
ドン・キホーテは今夏に向けてどんな「ひんやり」商品を売っていくのか。都内の商品展示会で開発担当者に話を聞いた。(2023/6/17)

発売から約1年:
売れ筋は398円トランクス…… ドンキ、新型ボクサーパンツ投入 「人には言えない」悩み解消目指す
ドン・キホーテは2022年3月、男性特有の悩みや不安を解消するボクサーパンツを6種類発売した。どんな売れ方をしてきたのか。企画担当者に聞いてみた。(2023/6/8)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
コストコさん、うちにも来て! 激化する誘致合戦 出店ラッシュはいつまで続く?
各地の自治体が、熱心にコストコを誘致している。どういった背景があるのか、各市町村の担当者に聞いた。モテモテ状態はいつまで続くのか。(2023/5/30)

独自のPB商品:
どうしてそんな名前に? 「誰も傷つけたくないスポンジ」ウエルシアが考えた理由
ウエルシア薬局が自社のPB商品にユニークな名前をつけている。「誰も傷つけたくないスポンジ」はSNSで話題になった。その背景は?(2023/5/28)

LINE調べ:
好きなスーパーマーケット 3位「オーケー」、2位「業務スーパー」、1位は?
LINEが運営する「LINEリサーチ」は、全国の15〜64歳の男女5254人を対象に、スーパーマーケットに関する調査を実施した。(2023/5/27)

渋谷・道玄坂の新たな大型複合施設、8月24日オープンが決定 ドンキのPB専門店などが出店
渋谷文化村通りで開発を進めている「道玄坂通dogenzaka-dori」。開業日は8月24日に決定した。どんな店が入るの?(2023/5/24)

好評のシリーズ:
ファミマ、「凍ったまま食べるスイーツ」発売 夏を前に冷涼感で訴求
ファミリーマート(東京都港区)が、凍ったまま食べられる冷凍スイーツ「凍ったまま食べるパイコロネ」と「凍ったまま食べる白桃のタルト」を5月23日から発売する。(2023/5/24)

購入時に重視すること:
「使っている醤油」ランキング、2位「ヤマサの醤油」、1位は?
データ・リストの販売、調査代行などを手掛けるナビットは、「醤油について」の調査を実施した。現在使用している醤油を聞くと……。(2023/5/21)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
売上大幅減なのに6年ぶり最終黒字 ミニストップ浮上のカギは「トップバリュ」と「ベトナム」
決算書から日本経済を読み解く本連載。今回は業界4位のコンビニチェーンを運営するミニストップを取り上げていきます。直近の23年2月期では、売り上げを大きく減らしながら6期ぶりの純利益黒字化を達成しています。なぜでしょうか?(2023/4/28)

脱プラットフォームや自前化の動きは2サイドプラットフォーム論では説明できない
プラットフォームという言葉は、英語の日常語から産業界で利用されるようになり、さらにIT産業や自動車産業で使われるようになった。この言葉をアカデミックの世界に持ち込んだのは日本の研究者である。プラットフォームの理論はどのように発展してきたのか。(2023/4/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。