ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「プライベートブランド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プライベートブランド」に関する情報が集まったページです。

一周回っちゃいました:
「俺たちのワークマン」再び “職人向け”の新業態「プロ」は何が違う?
ワークマンは12月2日、職人向けの新業態「WORKMAN Pro」の1号店、板橋前野本通り店をオープンした。ここ数年、幅広い客層をターゲットにした店舗を展開してきた同社。“原点回帰”と位置付ける同店は何が違うのだろうか。オープン前の店舗を取材した。(2021/12/2)

ローソン、紙パック入りのミネラルウォーターを発売 ペットボトルと比較して約56%のプラ削減
関東・中部地区の一部店舗にて販売されます。(2021/11/28)

防災用にも:
ローソン、紙パック入りの天然水を発売 プラ削減が狙い
ローソンは、紙パック入りのミネラルウオーター「ローソンオリジナル 天然水 330ml」(税込140円)を11月30日に発売する。脱プラの取り組みの一環。(2021/11/24)

職人が入店しやすいデザイン:
ワークマン、“本業重視”の姿勢を強調 東京・板橋に「ワークマンプロ」出店
ワークマンが12月2日、職人向けの新業態「WORKMAN Pro(ワークマン プロ)」の1号店となる板橋前野本通り店(東京都板橋区)をオープンする。(2021/11/24)

粗利益率の改善:
島忠のPB商品 第1弾は「トイレットペーパー」と「BOXティッシュ」
島忠がプライベートブランド(PB)商品第1弾として、トイレットペーパーとBOXティッシュの販売を11月18日に開始した。(2021/11/24)

ノジマ、ツイ廃向け超縦長8.8インチディスプレイ発表
ノジマがSNSブラウズに適した超縦型ディスプレイの予約受付を開始した。(2021/11/22)

コートやジャケット:
ワークマン、防水防寒作業服「AEGIS」から、カジュアル向けアイテム発売
ワークマンが、高機能レインウェアブランドとして展開するPB「AEGIS(イージス)」シリーズから、カジュアル仕様のコートやジャケットを発売する。(2021/11/20)

Uber Eatsでコストコ商品配送 会費不要で単品から注文可能
Uber JapanはUber Eatsがコストコ商品の配送に対応した。コストコ利用に必要な会員登録なしで、1個から注文できる。(2021/11/17)

川崎倉庫店から:
Uber Eats、コストコ商品の提供を始める 900品目以上が対象
ウーバー・ジャパンは、コストコ商品の提供を開始すると発表した。900品目以上が対象で川崎倉庫店から北海道店に広げていく予定だ。どんな商品が対象になるのか?(2021/11/17)

商品マスターに関わる課題と解決【第2回】:
市場データ分析の悩み マーケターがPOSデータを上手に活用できない3つの要因
商品に関する情報の名寄せや正規化、エンリッチメントなど、商品情報に関するデータの取り扱いにどう向き合うか。エキスパートが解説する。(2021/11/17)

情熱価格:
ドンキ、「超絶ストレッチイージーパンツ」発売 「リラックス感」と「きちんと見え」の両立を目指す
ドン・キホーテは11月19日、「超絶ストレッチイージーパンツ」(2189円)を全国のドンキ系列店舗で発売する。「リラックス感」と「きちんと見え」の両立を目指して開発した。(2021/11/17)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
安いだけじゃない 「トップバリュ」「みなさまのお墨付き」の隠れたヒット商品とは
イオンの「トップバリュ」や西友の「みなさまのお墨付き」といった低価格PB。単に安いだけではなく、独自商品が支持されヒットにつながっているケースもある。どのような商品が売れているのか。(2021/11/16)

ワークマン、4〜9月の決算発表 PB好調、客層拡大で純利益79億円
ワークマンが、2022年3月期第2四半期(21年4〜9月)の決算を発表した。(2021/11/9)

イノベーションのレシピ:
ドンキのPB家電メーカーが開発、主婦目線で作った水拭き掃除機と2色鍋
ドン・キホーテのプライベートブランド(PB)製品などを開発するアズマは2021年10月29日、在宅勤務増加に伴う主婦層の悩みや課題を解決する新ブランドを発表した。水拭き掃除ができるコードレスモップクリーナー「Water CyCleaner」と、仕切り付きの「≪2食おやこ電気なべ≫」をそれぞれ発売する。(2021/11/4)

ファミチキ超えも:
売れすぎて販売中止になったファミマの「クリスピーチキン」再販 3日で500万食突破
ファミマは「クリスピーチキン(ハバネロホット)」の単品累計販売数が再販3日で500万食を突破したと発表した。2021年3月の発売初週ではハバネロホット・プレーンの販売個数がファミチキを超える結果にもなったという。広報に商品の特徴や売れ行きを聞いた。(2021/11/2)

PR:サプライチェーンのDXを阻む“落とし穴”を回避せよ カインズが取り組むマスターデータ戦略
蓄積したデータを「資産」としてビジネス戦略に生かしたい企業は多い。可否を決める要素の一つがデータの品質だ。カインズは誰でもデータを活用できるように、複数のシステムに分断されたり不足していたりした商品データの集約に取り組む。(2021/11/17)

お母さん食堂への署名活動と「直接の関係はない」:
ファミマ、新PB「ファミマル」を発表 2024年度末までに「PB商品の売上比率を35%以上に」
ファミリーマートは10月18日、新プライベートブランド(PB)「ファミマル」を発表した。「ファミリーマートコレクション」「お母さん食堂」「お母さん食堂プレミアム」を統合することでファミリーマートブランドの認知を高めていく狙いがあるという。(2021/10/18)

「お母さん食堂」改名は「批判があったからではない」―― ファミリーマートの新プライベートブランド「ファミマル」が生まれた理由
ネットで物議を醸した件は無関係だそうです。(2021/10/18)

ファミリーマートの「お母さん食堂」が消滅へ プライベートブランドを「ファミマル」にリニューアル
あの何でも作れるスーパーお母さんが……!(2021/10/11)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」 リテール×マーケ【前編】:
元西友のプロマーケターがうなる、オーケーストアの差別化戦略
西友、ドミノ・ピザジャパンなどでCMOを務めた“プロマーケター”の富永朋信氏と、東急ハンズ・メルカリなどでCIOを務めた長谷川秀樹氏が対談。富永氏が語る、オーケーストアを研究すべき理由と、小売りに求められる「差別化戦略」とは──?(2021/10/11)

採算より「ビジョン」を優先:
家具・家電のサブスク「CLAS」の売り上げが、3倍ペースで伸びているワケ
家具・家電のサブスクリプションサービス「CLAS」(クラス)は、9月に総額約21億円の資金調達を発表した。毎年3倍ペースで成長している同社は、この資金調達でさらなる事業規模の拡大を狙う。どのような暮らしの未来を描き、どのような戦略で事業成長を遂げてきたのか。(2021/10/8)

磯部孝のアパレル最前線:
小売り覇権に陰り? 丸井の衣料PB撤退が意味するもの
店舗ブランド「OIOI(マルイ)」としておなじみで首都圏を中心にファッションビル業態の商業施設を展開する丸井。その丸井がプライベートブランド(PB)事業からの撤退を決めた。(2021/10/1)

相次ぐ:
原料値上げ、PB価格悩むスーパー
国内の食品メーカーは、食用油や小麦粉といった食品価格の値上げを相次いで値上げを発表した。原料費の高騰のほか、物流費や資材費が上昇しているためだ。一方、消費者により近い小売り企業には……。(2021/9/16)

生活防衛意識の高まりを受け:
イオン、トップバリュの食料品 ”年内価格凍結宣言” マヨネーズや小麦粉など
イオンは9月13日、同グループが展開するプライベートブランド(PB)「トップバリュ」の食料品の価格を12月31日まで据え置き、値上げを実施しないと発表した。(2021/9/13)

小売・流通アナリストの視点:
イオンとヤオコー、スーパー業界の優等生がそれぞれ仕掛ける新業態の明暗
イオングループのスーパーにもかかわらず、トップバリュ製品を売らない新業態「パレッテ」。高品質が売りのヤオコーが新たに仕掛ける、低価格業態「フーコット」。両社の狙いはどこにあるのだろうか?(2021/8/26)

“本業重視”の姿勢を強調:
ワークマン、見た目や素材にこだわった作業服を展開  新業態「プロ」の“シンボル的製品”
ワークマンは2021年12月、東京都板橋区に職人向けの新業態「WORKMAN Pro(ワークマンプロ)板橋前野本通り店」をオープンする。(2021/8/21)

海外も好調:
PPIH、通期決算を発表 インバウンド“蒸発”で駅前ドンキが苦戦するもユニーが好調
ドン・キホーテなどを展開するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスが2021年6月期通期の連結決算を発表した。コロナ禍で国内のディスカウント事業が苦戦する一方、GMS事業や海外事業が好調で、増収増益を達成した。(2021/8/18)

タイムアウト東京のオススメ:
東急ハンズとコラボしたコンセプトホテル が8月30日新宿にオープン
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2021/8/17)

今秋に投入:
ワークマン、機能性をより重視した高価格帯PB商品を展開
ワークマンは、機能性をより追求したプライベートブランド(PB)商品の展開を進めていく。(2021/8/12)

今期はバッグ全体で25億円の売り上げ見込む:
ワークマン、ソロキャンパーらと開発した「はっ水リュック」発売 “ついで買い”から成長カテゴリーへ
ワークマンは7月28日、ソロキャンパーやバックパッカーと共同開発したはっ水リュックを発売すると発表した。(2021/7/31)

データ分析:
「半分青い」ヤクルトを、どう売ったのか 認知度が低くても、営業マンがスーパーを口説き落とせた理由
ヤクルトの営業マンには、悩みがあった。スーパーやコンビニの担当者に「ヤクルト商品をまとめて配置しましょう」と提案しても、「自社製品を売らんとするセールストークなのだろう」と勘繰られてしまい、なかなか説得力のある提案ができていなかった。どう説得したのか。(2021/7/21)

2位はイオン系:
食品宅配サービス利用率調査、圧倒的1位は「コープ」 背景のニーズは?
食品宅配サービスの利用実態調査を実施したところ、利用率で最も多かったのは「コープ」だった。調査から見えてきた利用者のニーズは?(2021/7/16)

売り場を見直し:
セブン&アイHD、純利益3倍 コロナで“小商圏化”、売れ筋が変わった?
セブン&アイHDによると、国内コンビニ事業ではコロナ禍で小商圏化が加速。売り場や品ぞろえを見直すなど対応を急ぐ。(2021/7/8)

大幅増収の予想:
セブン&アイ、スピードウェイ買収は「千載一遇のチャンス」 強気の井阪社長、背景に“米国特有のコンビニ事情”
7月1日、セブン&アイHDが2022年2月期通期の連結業績予想を発表した。前期比3.7%増の3800億円を見込んでいる。セブン&アイHDの勝算とは?(2021/7/3)

オンライン専業生保の販売力強化策:
ライフネット生命が手掛ける「ホワイトレーベル」「オンライン保険代理店」 他社との協業に行き着いた理由とは
ライフネット生命が経営方針の重点領域として掲げるのが「顧客体験の革新」と「販売力の強化」だ。オンラインに軸足を置きつつさらなる成長機会拡大に向け先駆者の取り組みから成功のヒントを探る。(2021/6/24)

ドンキが5万円のドラム式洗濯機 「乾燥機能をあえて省いた」理由は
「あえて乾燥機能を省いた」ドラム式洗濯機がドンキから。価格は5万4780円(税込)。(2021/6/22)

平均価格は最安時でも16万:
ドンキ、5万円台のドラム式洗濯機を発売 低価格のため省いた機能とは?
ドン・キホーテから5万4780円のドラム式洗濯機が発売された。総務省の調査によると、1番安い時期でも平均価格は16万7495円だという。5万円台という破格価格を打ち出せた理由とは?(2021/6/21)

コロナ禍の苦境を救う?:
資生堂が撤退したアメニティーに商機 化粧品メーカーの新たな一手とは
化粧品がさまざまな場所で“活躍”している。コンビニのPB商品や、ホテルのアメニティー開発など、化粧品の可能性を広げる取り組みが増えた。(2021/6/18)

店内を取材:
初の融合店「ニトリホームズ」オープン ロゴの色をオレンジにした理由は?
ニトリホールディングスが、「島忠」との初の融合型店舗「ニトリホームズ 宮原店」をオープンした。どのような店舗なのだろうか(2021/6/11)

KDDI×menu提携の狙い au経済圏の拡大、ID連携によるシームレスなサービスを
KDDIが、フードデリバリー事業を展開するmenu(メニュー)と資本業務提携する。「アフターコロナ、ニューノーマル時代でも伸びる市場」と考えて提携を決めた。menuとの提携によって、店舗ラインアップを拡大し、ID連携によるシームレスなサービスを目指す。(2021/6/3)

【Amazonタイムセール祭り】Amazonベーシック特集 乾電池やケーブルなどの消耗品、モニターアームなどがお買い得に
PCやゲーム、ペット関連商品などがお買い得。(2021/5/23)

トップバリュ“キューブ状の骨取り魚”が天才的発想で話題 便利だしディストピア飯ごっこもできる
使い方いろいろ。(2021/5/19)

ワークマンが「春夏製品の売り上げランキング」を発表 人気を支えるニーズとは?
コロナ禍でアパレル各社が苦境にあえぐ中、10期連続最高益を達成したワークマン。その人気を支えるのは「サマーパンツ」だという……(2021/5/13)

ドンキの格安ノートPCに新モデル 指紋認証搭載、メモリ4GBで3万2780円 1TBまでのSSDを増設可能 
PPIHがノートPC「MUGA ストイックPC4」を発表。タッチパッドに指紋認証機能を搭載。1TBまでのM.2 SSDを接続できる拡張スロットも備える。価格は3万2780円(税込)。(2021/5/13)

ワークマン10期連続最高益 PB強化で「ジュニアアイテム」から「スーツ」まで
ワークマンは5月10日、2021年3月期通期の決算を発表した。純利益が同27.5%増の170億円となり、10期連続で最高益を更新した。(2021/5/11)

出店も加速:
ワークマン増収増益 スーツやアウトドア用品が後押し
ワークマンは5月10日、2021年3月期通期の決算を発表した。コロナ禍で作業服需要が減少する中、PB商品の拡充を図り、若年層へのアピールやブランドイメージの向上を進め売り上げを伸ばした。(2021/5/10)

モノづくり最前線レポート:
「モノ」から「コト」そして「ヒト」へ、ビームスが進める転換
ファッションワールド東京(2021年3月23〜25日、東京ビッグサイト)において、ビームス 取締役 開発事業本部 本部長 クリエイティブディレクターの窪浩志氏が「BEAMS(ビームス)のPB戦略とものづくり」をテーマに特別講演を行った。講演ではワクワクドキドキ感や面白さを追求する中で生まれた具体的なヒット事例をもとに、ビームスの商品戦略の原点を紹介した。(2021/5/10)

ローソンの商品パッケージデザインが変更 「分かりやすくなった」と好評、変更の理由を聞いてみた
「見やすく・区別しやすく・機能を分かりやすく」を重視し変更。(2021/4/28)

全19種類の展開:
ファミマが「100均コーナー」強化 巣ごもり需要で100均業態が好調
ファミリーマートは100均コーナーを強化する。クッキングシートや食品保存容器などの新商品を新たに投入。コロナ禍でも100均業態は好調だ。(2021/4/27)

ドンキの格安小型ノートPCに新モデル メモリ8GBで3万2780円
ドン・キホーテが、小型ノートPC「Nanote P8」を発売。前モデルからCPUを変更し、メモリも4GBから8GBに強化した。価格は3万2780円(税込)。(2021/4/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。