ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「プライベートブランド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プライベートブランド」に関する情報が集まったページです。

商品開発手法も刷新:
ドンキが「情熱価格」に関しておわび 「いまひとつ面白みに欠ける普通のPBになってしまった」
ドン・キホーテがプライベートブランド(PB)「情熱価格」を刷新する。運営会社は「いまひとつ面白みに欠ける普通のPBになってしまった」とおわび文を発表。ロゴを刷新するとともに、商品開発手法を見直していく。(2021/2/25)

ドン・キホーテが「ヘッドフォン一体型VRゴーグル」を発売 税別3980円で2月25日から順次発売
ドン・キホーテが、プライベートブランド「情熱価格」のリニューアルを発表。その第1弾商品の1つとして、VRゴーグルとBluetoothヘッドフォンを一体化したものを2月25日から順次発売する。4月には、4Kチューナーレスの4K HDR液晶TVの発売も予定している。(2021/2/24)

「売上が伸び悩んでいます」 ドンキ、PB商品の“ダメ出し”を募集する特設サイト 140文字以内で募集
商品に対する“ダメ出し”を募集するWebサイト「ダメ出しの殿堂」をドン・キホーテが公開した。売り上げが伸び悩んでいる商品などを赤裸々に紹介し、消費者から寄せられた意見を生かす商品開発サイクルの実現につなげたいという。(2021/2/24)

エントリーモデル:
ワークマン アウトドア用品の取り扱いを開始 価格を抑えた「テーブル」や「チェア」など
ワークマンがキャンプ用品などのアウトドアグッズの展開を開始。1月下旬から順次テーブルや保冷容器、ローチェアなどを販売している。(2021/2/9)

TGCにも参加表明:
ワークマン コロナ禍でも大幅な増収増益 「自己修復機能付きダウン」や「ヒーターベスト」などPB商品が好調
ワークマンは2月8日、2021年3月期第3四半期決算を発表した。売上高にあたる営業総収入は前年同期比16.1%増の831億円、営業利益が同23.6%増の201億円、純利益が同22.9%増の133億円と大幅な増収増益となった。(2021/2/9)

緊急事態宣言の影響も懸念:
ユニクロや無印、ワークマンは前年越え 気温低下で12月度は好調
アパレル各社の2020年12月度の既存店売上高は前年同月比超えが相次いだ。月下旬からの気温低下が追い風となった。一方21年1月度は、首都圏を対象に発出される見込みの緊急事態宣言の影響も懸念される。(2021/1/6)

数字で見る2021年注目企業:
「炎上」と「改革」で4000億円企業に コロナバブル後に真価が問われるZOZO
サービス開始からわずか17年で商品取扱高が約22倍以上に伸びたZOZOTOWN。急成長できた背景とコロナ禍でも成長し続ける強みを著者の磯部孝氏はこう分析する。(2021/1/4)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ワークマンやカインズを育てた群馬発「ベイシアグループ」の正体
高成長を続けて注目されるワークマンやカインズ。これらの企業は「ベイシアグループ」に属する。1958年、群馬県に誕生した「いせや」はなぜここまで成長したのか。(2020/12/24)

小売・流通アナリストの視点:
ウォルマートの「西友切り」は遅すぎた? それなのに今、楽天が西友とタッグを組むワケ
ウォルマートが保有する西友株式の85%を手放す。売却する株式のうち20%は、新会社を通じて楽天が取得するという。長らく伸び悩む西友だが、あえて今、楽天がタッグを組む理由とは?(2020/12/24)

通年採用:
コロナの影響で中退してしまった学生を正社員として採用 ドラッグストアの「ゲンキー」
新型コロナウイルスの影響で、中途退学を余儀なくされた学生が増えている。福井県などで展開するドラッグストアのゲンキーは、そういった学生を正社員として採用する。(2020/12/4)

小売・流通アナリストの視点:
「次なる島忠」は? 買収劇から透けて見えた、ニトリの壮大な野望
島忠争奪戦に勝利したニトリ。小売・流通アナリストの中井彰人氏によると、どうやらホームセンター業界だけでなく、まだまだ狙いがありそうだ。(2020/11/30)

「経営可視化が簡単」なんてことはない:
情シス専門採用ゼロのチームが挑む、アジャイルなDXからの経営高度化への道のり
データドリブン経営を考えたときにまず着手する必要があるのが、経営情報、実績情報の可視化だ。だが、重厚長大なシステム設計をしていては市場トレンドに取り残されてしまう。IT専門の人材がいない、数百万の商品を扱う企業はどうこの問題を克服したのだろうか。(2020/11/25)

ファミマ、100円均一でキッチン用品を展開 今後もラインアップ拡充へ
プライベートブランド「ファミリーマートコレクション」から。(2020/11/19)

約6万円の電動アシスト自転車、ドンキが発売
ドン・キホーテが電動アシスト自転車「EVA PLUS」を発売。価格は5万9800円(税別)。(2020/11/19)

アルミホイルなどを売る:
ファミマに「100均コーナー」が出現 コロナ禍で変化した消費行動に対応
ファミリーマートは全国の店舗で100円(税込110円)均一のコーナーを展開する。アルミホイルやスポンジなどを手ごろな価格で提供する。コロナ禍で変化した消費行動に対応する。(2020/11/18)

生活応援特価:
イオンリテール、11月6日から最大約700品目を値引き コロナ禍で冷え込んだ消費マインドを踏まえた対応
イオンリテールは11月6日から最大約700品目を値引きする。本州(東北を除く)と四国のイオン・イオンスタイルで実施。「イオン生活応援プロジェクト」の一環。(2020/11/5)

島忠へのTOB正式参戦:
ニトリ・似鳥昭雄会長「お値段以上」の買収に自信!
家具大手のニトリホールディングスが、島忠に株式公開買い付けを実施すると発表した。似鳥昭雄会長は記者会見で「島忠ブランドを今まで以上に発展させていくパートナーになりたい」と強調、「お値段以上」の買収に自信をのぞかせた。(2020/11/1)

王手飛車取り:
島忠へのTOB どちらに転んでもニトリにはメリットしかない理由
ニトリが島忠の買収に名乗りを上げた。筆者は仮に買収できないとしても、ニトリにとっては大きなメリットがあると指摘する。その姿は、かつてのドン・キホーテと重なるという。(2020/10/31)

小売・流通アナリストの視点:
島忠巡り『キングダム』状態のホームセンター業界 秦=カインズにDCM、ニトリはどう戦う?
DCMと島忠の連合に、ニトリが待ったをかけた。小売・流通アナリストの中井彰人氏は、昨今のホームセンター業界を「古代中国戦国時代」と説く。同時代は人気マンガの『キングダム』で描かれているが、さて、その心は。(2020/10/30)

1株5500円で:
ニトリHD、島忠へのTOBを正式発表 DCM以上の買付価格で対抗
ニトリHDが島忠に対し、11月中旬をめどにTOBを始めると発表した。買い付け価格は1株当たり5500円。すでに島忠に対しTOBを実施している、DCMホールディングスの4200円を上回る額を提示した。(2020/10/29)

ミニストップ、キャッシュレス決済専用の“極小無人店舗” オフィスなど職場向け
ミニストップが、キャッシュレス決済のみに対応する小型の無人店舗の提供をスタート。来店者はセルフレジを使い、QRコード決済や電子マネーで商品を購入できる。オフィスや工場などでの導入を見込む。(2020/10/26)

キャッシュレス決済:
ミニストップが「極小コンビニ」を展開 オフィスや工場内で商品を販売
ミニストップが極小CVS(コンビニエンスストア)ユニット「MINISTOP POCKET(ミニストップ・ポケット)」のサービスを開始する。オフィスや配送センターなどに設置する予定。(2020/10/26)

多くの関係者は疑問視:
伊藤忠、商社流経営で“負け組”ファミマを再生できるか
伊藤忠商事などによる全株式の取得が決まり、ファミリーマートは、伊藤忠主導の経営に移行する。今後の焦点は、令和2年8月中間決算で、コンビニ大手で唯一の最終赤字に転落した“負け組”のファミマを、3年3月期の業績予想で最終利益が初めて総合商社首位に躍り出た伊藤忠が再生できるかに移る。(2020/10/22)

Amazon.co.jpに「ライフ」のストアが開設 Webサイトとアプリから食品やプライベートブランド商品などが注文可能に
プライム会員向けサービスです。(2020/10/22)

人工知能ニュース:
ToFカメラと独自AIで手にした商品をカウント、目白に無人決済店舗オープン
TOUCH TO GOは2020年10月16日、紀ノ國屋と共同で、無人AI決済システムを導入した「KINOKUNIYA Sutto 目白駅店」をオープンした。店内のカメラと独自のAIアルゴリズムを組み合わせたシステムを使って、顧客が手に取った購入商品の品目などを自動認識することで、無人レジでの決済を可能にする仕組み。(2020/10/19)

中国「メイソウ」が米国市場に上場 「無印とユニクロとダイソーを足して3で割った」ようだと話題の雑貨店
いつの間にかめちゃくちゃ店舗が増えていた。(2020/10/16)

「Amazonプライムデーって結局何を買えばいいの?」と悩んでいる人必見 13日にねとらぼで売れていたセール商品30選
まだ祭りは終わっちゃいない。(2020/10/14)

【Amazonプライムデー】テレワークをもっと快適に! Surface、ゲーミングPC、モニターなどPC関連セールまとめ
そろそろPCが非力だなーと感じたら。(2020/10/14)

【Amazonプライムデー】イヤフォン・スピーカー新規購入&買い替えのチャンス BOSE・SONY・Beats・Ankerなど
オーディオはこだわりだすと無限。(2020/10/14)

【Amazonプライムデー】Apple Watch Series 3が1万9580円から! Apple Pencil、MacBook ProなどApple製品セールまとめ
最新モデルではないので「型落ちでも全然OK!」という人向け。(2020/10/14)

【Amazonプライムデー】衣類と食器の洗剤がセール中 一日の疲れを癒す入浴剤や「めぐりズム」など日用品まとめ
トイレットペーパー・ティッシュもセール。(2020/10/13)

【Amazonプライムデー】ベビー用品はネット購入がおすすめ メリーズ・パンパース・マミーポコのおむつが買いどき
メリーズで大きくなりました。(2020/10/13)

【Amazonプライムデー】Adobe Creative CloudやPhotoshop CC、Illustrator CCなど、Adobe製品が30〜35%OFF!
最大約7万円の節約に。(2020/10/13)

【Amazonプライムデー】今売れている食品・飲料・お酒まとめ 生茶やフルーツグラノラがお買い得
おいしいやつまとめ。(2020/10/13)

【Amazonプライムデー】テレワーク応援セール! HHKBのキーボードやワコムの液タブ、Wi-FiルーターなどPC周辺機器まとめ
PC周辺機器のセールまとめ。(2020/10/13)

【Amazonプライムデー】Fire TV Cubeが6000円OFF! KindleやEchoシリーズなどAmazonデバイスまとめ
Alexa対応のスマートホーム家電も一緒にまとめました。(2020/10/13)

【Amazonプライムデー】PS4本体やPCエンジンミニ、ゲームソフトも安い! ゲーム関連セールまとめ
ゲーミングモニターなども。(2020/10/13)

【Amazonプライムデー】年間最大級のビッグセール「プライムデー」がいよいよスタート! ルンバやMacBook Proなどがさっそくセール価格で登場
サイバーマンデーと並ぶ大型セール!(2020/10/13)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ビックカメラ、ワークマン、アルペン…… 異業種の参入で盛り上がるアウトドア市場の今
アウトドア市場が盛り上がっている。ビックカメラやコーナン商事が相次いで専門店をオープンするなど、異業種からの参入も相次ぐ。どこまで伸びるのか。(2020/10/13)

コジマは好調:
ビックカメラ、巣ごもり需要で減益幅縮小 前年比6割減に、20年8月期
ビックカメラは10月6日、2020年8月期(19年9月〜20年8月)の通期連結業績予想を上方修正し、純利益が55億1000万円(前年比60.8%減)になる見通しだと発表した。巣ごもり需要の影響で、減益幅が縮小した。(2020/10/6)

第3のビールは価格据え置き:
イオン、PB初の本格ビール発売 酒税改正でビール需要の高まり見込む
イオンは、プライベートブランド(PB)から初の生ビールとなる「トップバリュベストプライス富良野生ビール」を発売する。本体価格は1缶350ミリリットルで150円(税別)。一方、税率が引き上げられる第3のビールでは、PB商品の価格を増税後も据え置く。(2020/9/29)

オンラインでも「しまパト」! ファッションセンターしまむらが初の直営オンラインストアをオープン
送料無料の「店舗受取り」も。(2020/9/28)

ノジマ、2万円台のフルHD表示対応15.6型モバイル液晶ディスプレイ
ノジマは、自社プライベートブランド「ELSONIC」からフルHD表示対応の15.6型モバイル液晶ディスプレイ「EKMD156」を発売する。(2020/9/23)

【Amazonタイムセール祭り】酒! つまみ! 牛丼! セール最終日の注目アイテムまとめ
もう買い忘れはないですか?(2020/9/21)

【Amazonタイムセール祭り】アイリスオーヤマの4Kテレビが3万3800円、ASUSのゲーミングモニターが1万1676円など、セール2日目の注目商品をチェック
セールは9月21日の23時59分まで。(2020/9/20)

【Amazonタイムセール祭り】セール開幕! マスク、PC、日用品など注目商品ピックアップ
セールは21日23時59分まで。(2020/9/19)

サバ水煮缶マニアが語る「サバ水煮缶の特異点」 サバ水煮缶レビュアー・サバ子の一押し「高級&レア缶」4選
フライングタイガーコペンハーゲンから、ローカルスーパー「ツルヤ」まで。(2020/9/21)

サバ水煮缶マニアが選ぶ「本当においしいサバ缶」はこれだ! 初心者もすぐ楽しめる個性派サバ缶4選
サバ水煮缶の「4つの系統」って?(2020/9/20)

ポプ弁で有名なポプラ:
ポプラや生活彩家140店舗が「ローソン」「ローソン・ポプラ」へ 共同事業契約を締結
ローソンとポプラが共同事業契約を締結した。「ポプラ」「生活彩家」「スリーエイト」460店舗のうち、140店舗を「ローソン・ポプラ」か「ローソン」ブランドに転換する。(2020/9/10)

独禁法違反の恐れも指摘:
「時短営業の交渉を拒絶」「無断で発注された」「インフルエンザでも休めない」 コンビニ加盟店と本部のトラブル、公取委の調査で浮き彫りに
公取委が、全国1万2093店舗のコンビニ加盟店へのアンケート結果を公開。「時短営業の交渉に応じてもらえていない」「本部指導員に無断で発注された経験がある」といった現状が浮き彫りに。(2020/9/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。