ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「生活費」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「生活費」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

開発現場にはびこる恐怖の文化
「エンジニアがやる気をなくす」“4つの理由”
エンジニアは職場でどのような悩みや不満を抱えているのか。調査で見えた4つの課題と対策を踏まえて、より生産性の高い職場をつくるためのヒントを探る。(2024/5/20)

新型「やくも」登場で消える国鉄特急マーク 「輝く逆三角形」誕生秘話
昭和33年にビジネス特急として東京−大阪間を結んだ「こだま」が登場して以来、国鉄の特急型先頭車の前面を飾った逆三角形のシンボルマークが一線から姿を消す。(2024/5/13)

還暦を迎える人の8割が「65歳以降も働きたい」、その理由は?
PGF生命は、2024年に還暦を迎える「還暦人」を対象に、「2024年の還暦人に関する調査」を実施した。還暦以降の就労意向について聞いたところ、65歳以降も働きたいと思う人の割合は80.8%、70歳以降も働きたいと思う人の割合は42.7%といずれも高い割合を示した。(2024/5/13)

20代の昇給分の使い道 3位「趣味」、2位「生活費」、1位は?
 就職情報サイトを運営する学情は、20代社会人を対象に「給与・初任給」に関する調査を実施した。その結果、「昇給した給与」「初任給」の使い道について、どちらも「預貯金」と考えている人が最多であることが分かった。(2024/5/3)

コスパ最強ホラー、公開25年目のリブート決定に主演俳優3人が“正当報酬”要求 「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」
過去に30万ドルを受け取りながらも再度声を挙げた意図は。(2024/4/26)

Z世代の4割「社会人以前から資産形成」 貯蓄意識の高い新卒は「初任給」何に使う?
新社会人の4割以上が、社会人になる前から資産形成を開始していることがGA technologies(東京都港区)が運営するネット不動産投資サービスブランド「RENOSY(リノシー)」による調査で明らかとなった。新社会人は1年間でどれくらい貯金したいと考えているのか。(2024/4/24)

今日のリサーチ:
社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。(2024/4/20)

「悪夢だ」「刑務所の方がいい」 5畳で家賃10万円の“激安”物件! NY最狭クラスの部屋紹介が1980万再生【米】
住人の工夫でおしゃれな部屋に。(2024/4/21)

初任給いくらもらった? 約1000人に調査:
初任給の使い道 「親・家族へのプレゼント」「趣味」を抑えた1位は?
家計診断・相談サービス「オカネコ」を運営する400F(東京都中央区)が「オカネコ 初任給と給料に関する調査」を実施した。初任給の使い方1位とは。(2024/4/17)

ミニマリスト女性のカバンの中身に驚愕 “詰め込みすぎ”な人には目からウロコの選び方・考え方に「参考にしたい」の声続々
デザインと機能性が備わった便利なアイテムも登場!(2024/4/1)

粗品、“通帳没収”されるも即68万円大負け 無断送金も開き直り「違法賭博じゃない」「平気でウソつくんですよ我々は」
まあこうなるよね。(2024/3/29)

新社会人が感じるギャップ 3位「仕事量」、2位「上司とのコミュニケーション」、1位は?
新社会人が入社前後で感じるギャップは何か。auじぶん銀行(東京都中央区)が実施した調査によると、1位は「給与が低い」(34.0%)で、2位は「上司とのコミュニケーションが難しい」(20.4%)、3位は「仕事量が多い」(19.0%)だった。(2024/3/27)

「ギャンブル依存症」の現実や対処法を描く漫画に注目 借金をし親にはウソを、そして盗みにまで手を染めて
依存症という「病気」に、周囲の人間はどう対応するべきか? 作者の三森みささんに詳しい話を聞きました。(2024/3/27)

“元アイドル”に暴行→逮捕報道の“ワタナベマホト”に「BreakingDown」溝口COOが怒り爆発 「弱い人に対して暴力とか」「いつまでたってもバカ」
過去のSNS投稿で紹介した「過去にありえない罪を犯した有名人」の正体を説明しました。(2024/3/22)

大量解雇時代のキャリア論【中編】
「首なんか怖くない」という境地に達するための“退職準備リスト”はこれだ
レイオフ(一時解雇)を言い渡される日は、突然やって来る可能性がある。レイオフを想定して幾つかの作業や対策をしておけば、焦らずに次のステップに踏み出すことができる。やっておいた方がよいこととは。(2024/3/20)

元UFC王者が火災で危篤状態に、両親救い出すも愛犬助けるため燃え盛る家に戻る クラファンに世界中から支援
娘「父は私が知る限り、最も強く勇敢な男」(2024/3/14)

素材/化学メルマガ 編集後記:
日経平均株価が4万円台を突破、そんなことより老後の生活と年金を考える
日経平均株価が好調みたいですね。そんなことより老後の生活と年金について考えてみました。(2024/3/11)

移住希望地ランキング「群馬県」急上昇2位、理由は?
地方移住を支援するNPO法人「ふるさと回帰支援センター」は1日、令和5年1年間に窓口を訪れた相談者の都道府県別移住希望地ランキングを発表した。(2024/3/2)

独身男女の56.9%が「お金の余裕ない」 自由に使える金額は毎月どのくらい?
モデル百貨の調査から、独身男女の経済状況に関する実態が見えてきた。半数以上が「お金の余裕がない」と回答。1カ月の可処分所得はどれくらいなのか?(2024/2/29)

フリーランスになって初めての「確定申告」 やってみて分かった“意外”な落とし穴(後編)
2023年夏に、勤め先であったアイティメディア社を退職してフリーランスとなった筆者。面倒な確定申告を、いかに手間なく簡単に、かつお得になるようにやってみたという趣旨のもと、SaaSを存分に活用した実体験をお届けしたい(後編)(2024/2/28)

アニメ「喧嘩独学」キャストが一挙発表 カースト最底辺の主人公・光太役に丹羽哲士、杉田智和は謎の鶏頭役
LINEマンガの人気連載が4月からフジテレビ「+Ultra」で放送。(2024/2/26)

「吉本の給料上がらず」 山田花子、“リアルな台所事情”さらし共感の嵐 割引駆使する“ママの顔”に「親近感」「見切り品も買って偉い」
食べ盛りの子ども2人がいる山田さん。(2024/2/25)

クレカ発行、消費者が「ポイントサービス」より重視することは?
クレジットカードを3枚以上持っているとした人は52.7%に上ったーー。そのような結果がマイボイスコム(東京都千代田区)による「クレジットカードの利用」に関する調査で明らかとなった。人々はどのようにカードを使い分けているのか。(2024/2/20)

20代フリーター「家に生活費入れていない」半数に 平均月収はいくら?
ジェイックが20代のフリーターを対象に実施した調査から、彼らの経済状況に関する実態が分かった。(2024/2/20)

ITエンジニアが集まる世界の10大都市【後編】
ITエンジニアのキャリアと年収が伸びそうな「急成長の都市」はここだ
ITエンジニアの需要は世界中で高まり続けている。給与が上がるキャリア形成を考える場合、「どのような技術を身に付けるか」とともに「どの都市で働くか」も考慮したい。成長株の都市を紹介する。(2024/2/17)

Gartner Insights Pickup(338):
地球インテリジェンスが気候変動リスクの管理に果たす役割
地球インテリジェンスとは、地球に関するあらゆるデータを収集し、行動につながる情報に変えることを指す言葉だ。商業や環境問題への応用で、ますます重要になっている。ビジネス価値の高いユースケースとしては、環境モニタリングや気象予報、山火事の軽減などが挙げられる。(2024/2/16)

ITエンジニアが集まる世界の10大都市【前編】
「第二のシリコンバレー」はどこだ イケてる高額年収エンジニアが働く都市5選
ITエンジニアとしてのキャリア形成を考えた時、業務内容や給与だけでなく「どの都市で働くか」も重要なポイントになる可能性がある。世界中のITエンジニアが熱視線を送る、IT産業が活況な5都市を紹介する。(2024/2/10)

スピン経済の歩き方:
EVシフトで「トヨタは遅れている」は本当か
世界的なEVシフトの中、エンジン不正が騒がれているトヨタグループ。日本は本当に世界から遅れをとっているのだろうか、それとも……。(2024/2/7)

野沢直子、3年別居の夫と“離婚”&再婚予定も「ガチの貧乏笑」 還暦でのバイト生活に「はじめは惨めに思っていた」「やってみたらおもしろくて」 
自宅ローンや固定資産税の支払いに追われているもよう。(2024/1/22)

生活苦は「社会保険料」のせいなのか? 負担率から本当の原因を考える
最近「生活が苦しい」とSNSや街の声としてテレビで聞くようになりました。その要因の一つとして「社会保険料」が挙げられていますが、本当に社会保険料が生活苦をつくりだしているのでしょうか? 負担率から真の要因について考えていきます。(2024/1/12)

長距離通勤を有意義な時間にするためのヒント【中編】
オフィス回帰が本格化する前に考えたい、「長距離通勤」の光と影
勤務先の所在地までの距離を考慮せずに、望んだ場所で暮らしながら働けるのが長距離通勤の強みだ。その選択にはさまざまなメリットがあるが、無視できないデメリットもある。(2023/12/27)

「PayPayがお年玉の在り方を変えたい」 個人間送金の活性化で“現金駆逐”へ
PayPayが個人間送金の施策を強化する。PayPay専用のポチ袋で500円以上のお年玉を送金すると、送る側と受け取る側両方に、最大1万ポイントが当たる「お年玉くじ」を展開する。同社は、PayPay未利用者の3500万人に使ってもらうための鍵が個人間送金だとみている。(2023/12/21)

初めてのカードローンで怖かったこと 2位「返済できないときにどうなるか」、1位は?
ビズヒッツは「初めてのカードローン利用に関する意識調査」を実施。初めてカードローンを借りる際に怖さを感じた人は71.5%、怖かったことの1位は「きちんと返済できるか」だった。(2023/12/20)

老老介護で知っておきたいこと:
親や自分が65歳以上になったら、絶対に知っておきたいお金についての大切な6つのこと
認知症や転倒による寝たきりは、高齢になってくると突然訪れることも少なくない。親が高齢であるなら、急にそうなる可能性もあるので、ぜひお金のことについて話しておいてほしい。(2023/12/20)

冬のボーナス「100万円超」は1割 平均支給額は?
冬のボーナスの平均額はどれくらいとなったのか。ネクストレベル(神奈川県横浜市)が運営する「縁結び大学」が調査を実施した。(2023/12/15)

プロジェクト:
HARUMI FLAG、板状マンション2690戸が完成 2024年に入居開始
東京オリンピック・パラリンピック(東京2020大会)の跡地で整備が進む大型複合開発「HARUMI FLAG(ハルミフラッグ)」で、中層の分譲マンション(板状棟、2690戸)が2023年11月に竣工し、報道陣に公開した。2024年1月から入居が始まる。(2023/12/12)

効果的な節約術 「ポイ活」「自炊」を超えた1位は?
人々はどのような節約を心がけているのか。ナイル(東京都品川区)が運営する情報メディア「Appliv(アプリヴ)」が、節約に関するアンケート調査を実施した。(2023/12/8)

英国Apple Storeの労働問題【第2回】
まさかAppleが? “労働組合つぶし”に使った汚い手口
英国でApple Storeの従業員が労働組合を結成する動きが広がっている。Appleはこうした活動に積極的に介入を試み、従業員が労働組合に加入する権利を行使するのを阻止しているという。その実態とは。(2023/11/17)

2023年冬のボーナス、支給額はいくら? 中小・零細企業に聞いた
フリーウェイジャパンは、中小・零細企業の従業員130人と代表取締役166人を対象に「2023年度冬のボーナス実態調査」を実施した。2023年冬のボーナスの支給額はどれくらいだったのか?(2023/11/15)

Cybersecurity Dive:
CISAは1300人以上のサイバーセキュリティ人材をどうやって集めたのか?
サイバーセキュリティ人材の不足が全世界で叫ばれている。これを解消するために企業が取り組むべきことは何か。CISAが注意すべき2つの要素を紹介した。(2023/11/12)

英国Apple Storeの労働問題【第1回】
Appleで何が起きている? 相次ぐ“労組結成”の真相
英国ホワイトシティーとサウサンプトンにあるApple Storeで新たに労働組合が結成された。しかしApple側が組合活動を阻止する動きがあるという。(2023/11/10)

自動車業界の1週間を振り返る:
「私たちはアメリカンドリームを救った」、UAWが勝ち取ったものは
週末です。11月3日が文化の日でお休みだった方も、普通の金曜日だった方も、1週間お疲れさまでした。3連休ということもあってか、各地で大混雑が発生しています。(2023/11/4)

「老後資金と働き方」に関する調査:
老後資金、いくら貯めてる? 50代会社員の実態、約2割が「2000万円以上」
「老後資金と働き方」の調査によると、50代会社員の8割以上が老後の生活費を不安視していることが分かった。老後資金としてどれくらい貯蓄しているのだろうか? 実態を調査した。(2023/10/24)

米移住のたむらけんじ、1カ月の家計簿に思わず「Oh my God」 ファンからは「収入がそれ以上でしょう」の声も
外食代、高っ!(2023/10/11)

ドラマ「きのう何食べた?」4年ぶり新シリーズに現実の波 生活費巡るシロさんの“決断”に「月25000円なんて到底無理」
2019年に放送されたseason1はTwitter世界トレンド1位も獲得。(2023/10/9)

約3割が「奨学金の影響で夢をあきらめた」 具体的には?
奨学金の返済があることで夢をあきめたことがある人は、どのくらいいるのか。奨学金を返済している20〜30代に聞いた。(2023/10/6)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
賃金は上がっても「130万円の壁」は不変……経済を悪化させる政府の“怠慢”
コロナ禍と円安が招いた大幅な物価の高騰は、日本の一般家計における大きな悩みの種になっている。名目の賃金から物価上昇率を加味した実質賃金は足元で16カ月連続のマイナスとなっており、国民の実質的な所得は大きく削られている。(2023/10/6)

お金が貯まらない理由 3位「計画性がない」、2位「必要な支出が多い」、1位は?
求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、貯蓄に関する調査を実施した。「十分に貯蓄できている」と回答した人は12.4%だった。(2023/10/4)

事例で学ぶAIガバナンス:
「人を審査するAI」のリスクとは? 現金給付アルゴリズムが“暴走”した世界銀行の事例
世界銀行は、貧困層向けの現金給付プログラムの受給者を自動的に選別するアルゴリズムを開発した。しかし、アルゴリズムに不備があり、本来受け取れる人たちも選ばれない事態に。AIの暴走を防ぐためにも重要なのが「透明性」の確保だ。(2023/10/3)

初めての東京一人暮らしの家賃は? 約6割が「家賃に満足」
東京で初めて一人暮らしをした人は、どのくらいの家賃を支払っていたのか。平均額は……。(2023/10/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。