ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「買い物」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

QRコード決済、政府の還元施策で利用増 35%→45%に
「キャッシュレス・消費者還元事業」が始まる前後(10月1日以前と以降)で、QRコード決済は35%から45%に増えたと、MMD研究所が発表。コンビニやスーパーなど身近な買い物でも、キャッシュレス決済が広がっているようだ。(2020/1/20)

今日のリサーチ:
購買データ分析で見る「不足しがちな栄養素」は?――シルタス調べ
スーパーで買い物をしているユーザーの購買データから不足しがちな栄養素と充足している栄養素について分析ています。(2020/1/17)

Yahoo!ショッピング、5〜10%のPayPayボーナスが付与されるセールを実施
ヤフーは、1月11日〜1月15日に「ワイ!ワイ!SALE」を開催。期間中に「Yahoo!ショッピング」などの対象店舗で買い物をすると、対象金額の5〜10%のPayPayボーナスライトが付与される。(2020/1/10)

【お知らせ】買い物を楽しくする“お気に入り”発見サイト「Fav-Log」がオープン
自分の“お気に入り”を見つけられるサイト「Fav-Log by ITmedia(ファブログ・バイ・アイティメディア)」がデビューしました。ITmedia MobileやITmedia PC USERを通して培ってきたノウハウで、より広いユーザーの商品選びのお手伝いをしていきます。(2020/1/10)

パソコン工房、分割支払い時の金利手数料が最長36回まで無料になる「ショッピングローン0%金利キャンペーン」
ユニットコムは、分割支払い時の金利手数料が最長36回まで無料になる「ショッピングローン0%金利キャンペーン」を開始した。(2020/1/6)

ご主人、私にお任せを! 買い物袋を持ってお手伝いしてくれるワンコ
持っていくのはいいけど置くとこないワン……。(2020/1/2)

令和の消費、「例年よりお金を使った人」が7割 増税前よりキャッシュレス決済が増えた人は5割
最も高かった買い物1位は「旅行」。(2019/12/27)

KDDIとローソンが12月20日から提携記念キャンペーン開催 「au PAY」利用で最大20%をポイント還元
KDDIとローソンが資本業務提携を記念したキャンペーンを開催する。全国のローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100の買い物にスマホ決済サービス「au PAY」を利用すると、最大20%のポイントを還元する。(2019/12/19)

2019年冬のボーナス、もらえそう? もらえる人も7割が「貯金する」と回答、将来への不安が原因で
旅行や買い物は、いまやぜいたく?(2019/12/16)

滋賀県の特産品ECサイト、年間売り上げが40万円で目標の1%未満に 苦戦の理由は
滋賀県が県内の特産品を販売するECサイト「ここ滋賀ショッピングサイト」の売り上げ実績が目標の1%未満だったことが分かった。県は苦戦の理由として認知度不足や商品の不足などを上げている。(2019/12/16)

トリプルカメラもしっかり守る! Spigenの「iPhone 11 Pro Max」ケース4種を試す
ボーナスが入り、「iPhone 11 Pro Max」を購入しようと考えている人もいるだろう……が、いかんせん高い買い物。ケースでしっかり守って使いたい人のために、この記事ではSpigenのケースをいくつか試してみる。(2019/12/14)

「Apple 川崎」先行レビュー 川崎駅直結でアクセス抜群
12月14日にオープンする「Apple 川崎」。日本では初めてのショッピングモール内に立地するApple Storeは、どのようなものなのだろうか。先行潜入してみた。(2019/12/12)

怪しい日本語で意図的に商品を高評価「サクラレビュー」に中国の影
クリスマスや年末年始にネットショッピングを楽しむ人も多いだろう。便利なのはネット通販大手のアマゾンだが、注意したいのは電化製品などで意図的に高評価のレビューを書く「サクラ」の問題だ。(2019/12/10)

JR東など4社、NFCの用途拡大に向け協業 スマホでタグに触れると乗車・買い物・食事ができる社会へ
JR東日本など4社が、NFCの用途拡大に向け協業する。スマホでNFCタグに触れると、注文や決済が完了するサービスを共同で企画・立案。実現に向けた課題を検証する。(2019/12/9)

「ファミペイ」が400万ダウンロード達成、回数券サービスも提供へ
ファミリーマートのバーコード決済機能付きアプリ「ファミペイ」が、累計400万ダウンロードを達成。2020年1月中旬からは、さらに買い物がお得になる「回数券」サービスを行い、第1弾はファミマカフェでの展開を予定している。(2019/12/9)

「分身ロボット」でお買い物 ANAと三越伊勢丹、日本橋に限定店舗をオープン
ANAホールディングスと三越伊勢丹は、遠隔操作に対応したコミュニケーションロボットを使い、遠隔地から買い物ができる施設を東京都日本橋に期間限定でオープンする。(2019/12/6)

象印のECサイトに不正アクセス、最大28万件の顧客情報が流出 決済画面が改ざん
ECサイト「象印でショッピング」が不正アクセスを受け、氏名やメールアドレスなど、最大28万件の顧客情報が流出。流出したメールアドレス宛には、不審なサイトに誘導するメールが送られているという。(2019/12/5)

「分身」使い百貨店でお買い物 ANAと三越伊勢丹、日本橋に限定店舗
 ANAホールディングスと三越伊勢丹は、「アバター(分身)」と呼ばれるロボット技術を使い、離れた場所から実際に百貨店にいるような感覚で買い物ができる施設「avatar-in store(アバターインストア)」を東京・日本橋に5日から24日までの期間限定でオープンすると発表した。(2019/12/5)

今日のリサーチ:
買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う理由」に関する調査です。(2019/12/5)

プロジェクト:
街の活性化を目指し、豊洲の千客万来施設事業用地に商業施設「江戸前場下町」を開業
三井不動産は1980年代から豊洲エリアでオフィスや商業施設、レジデンスを展開するなど、IHIと連携し、豊洲の街づくりに参画してきた。2006年に開業した「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲」は、新しいショッピングゾーンとして豊洲エリアに注目が集まるきっかけの1つとなり、豊洲エリアの代表的なスポットになっているという。こうした中、豊洲エリアの地域開発をさらに進めるため、「千客万来施設事業用地(5街区)」に商業施設「江戸前場下町」を2020年1月24日に開業する。(2019/12/4)

au PAY、ファミリーマートで最大20%還元キャンペーン開催 1月7日から
au PAYのファミリーマート導入を記念したキャンペーンを開催。2020年1月7日から1月20日まで「au PAY」で買い物をすると、最大20%のau WALLET ポイントを還元する。(2019/12/3)

渋谷に“デジタルハチ公”出現、周辺はWi-Fi無料 「新たな待ち合わせ場所に」
GMOインターネットが、待ち合わせスポット「GMOデジタル・ハチ公square」を公開。新生「東急プラザ渋谷」の2階に位置する。内部には、忠犬ハチ公の2D映像を投影したディスプレイを設置。買い物客は人を待ちつつ、タブレットを操作して「お手」「伏せ」などができる。(2019/12/3)

スピン経済の歩き方:
結局、大型ショッピングモールは街を生かすのか、殺すのか
首都圏で大型ショッピングモールが相次いで開業している。巨大な商業施設は地域の人々に便利さと、楽しさを提供しているが、実のところはその町の独自性を奪っているのではないか。そのような指摘がある中で、筆者はどのように見ているのかというと……。(2019/12/3)

ドコモが「CECIL McBEE」などとコラボしたスマホアクセサリーを限定発売
NTTドコモが、ショッピングサイト「Favo Square」の2周年を記念し、ファッションブランドとのコラボスマホアクセサリーの限定発売を開始。iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxに対応したケースやスマホリングなど14種類を取りそろえている。(2019/12/2)

今日のリサーチ:
シニアの8割以上は5年以上前からネットショッピングを利用していた――アスマーク調べ
高齢者のIT利用率が増加し、ネットは若者のものというイメージは過去のものとなっているようです。(2019/12/2)

Apple、12月14日にラゾーナ川崎内に「Apple 川崎」をオープン 初のショッピングモールApple Store
1年半以上前からお宝が予想していたとおり、川崎ラゾーナのあの場所はApple Storeだった。(2019/12/2)

通院や買い物に合わせて「AI運行バス」を予約 地域サービスとの連携でMaaSの実現へ――横須賀市で実証実験
神奈川県横須賀市、京急電鉄、NTTドコモらは、2019年12月9日から地域サービスと連携した「AI運行バス」の実証実験を開始する。医療機関や商業施設の業務システムとAI運行バスのシステム連携により、通院や買い物の予定に合わせたバスの予約ができる。(2019/11/29)

ファミリーマートでdポイント最大20%還元 ファミペイ連携で
NTTドコモは、ファミリーマートで買い物をしたユーザーに総額10億円分のdポイントを還元するキャンペーンを実施。dポイントカードを連携したファミペイを提示して支払うと20%のdポイントを還元する他、おむすび購入でも50ポイントを進呈する。(2019/11/28)

ANA、分身ロボ「newme」普及に本腰 100体を東京・日本橋に設置へ 遠隔地からの買い物など実現
ANAHDが三井不動産と協業。遠隔操作に対応したコミュニケーションロボット「newme」を都市に配置する共同事業を行う。12月から東京・日本橋に、newmeを設置した特設ショップをオープンし、遠隔地から買い物ができるようにする。2020年からはオフィスなどへの設置も進め、エリア全体に計100体のnewmeを投入する予定。(2019/11/27)

LINE Payが「年末感謝クーポン祭」開催 コンビニ、スーパー、ドラッグストアなどが対象
LINE Payは、12月1日〜12月31日まで「年末感謝クーポン祭」を開催。対象はコンビニ、スーパー、ドラッグストア、エンタメカテゴリーの加盟店で、好きな店舗と商品を選んで買い物に利用できる。利用されたクーポンが合計400万個に達した時点で終了する。(2019/11/26)

LINE Pay、12月に「クーポン祭」開催 加盟店での買い物を割引 コンビニ3社など対象
LINE Payが新たなキャンペーン「年末感謝クーポン祭」を行うと発表。「LINE Pay」での買い物代金を割り引くクーポンを全ユーザーに付与する。開催期間は12月1日〜31日。クーポンはセブン-イレブン、ファミリーマートなどの加盟店で利用できる。(2019/11/26)

ドローンで物流の在り方は変わるのか、セイノーHDが陸上輸送との組み合わせを下関で検証
セイノーホールディングスは、ドローン物流の社会実装に向けたビジネスモデル実証に取り掛かる。買い物代行サービスに注文が入った商品を、陸上輸送とドローン輸送を組み合わせて配達する。(2019/11/26)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
ドバイブランド? スマートウォッチが無料でもらえる謎の格安スマホを発見
ドバイといえば世界最大級のショッピングモールがあり、中でも「ドバイモール」は家電量販店だけでも5店舗以上あります。ひっそりと売られていた無名メーカーのスマートフォンが気になります。3〜4年前のスマートフォンが半額程度で売られていることもあります。(2019/11/26)

Amazonで「買い物の翌月にまとめて支払い」可能に クレカ不要「Paidy翌月払い」対応
Amazonにクレカ不要の後払い手段が加わりました。(2019/11/22)

Spigenが「10周年記念イベント」を開催 記念グッズや10%オフクーポンをプレゼント
Spigenは11月17日に10周年を迎えることを記念し、公式ストア、Amazon.co.jp、Yahoo!ショッピングにおいて「Spigenジャパン10周年記念イベント」を開催。商品購入者に抽選で「10周年記念品」をプレゼントする他、10%引きクーポンの配布やハッシュタグイベントも行う。(2019/11/15)

dポイントが3倍たまる「dポイント スーパーチャンス」、12月2日から開催
NTTドコモは、12月2日から2020年1月6日まで「dポイント スーパーチャンス」を開催。キャンペーンにエントリーしてdポイント加盟店で買い物をすると、通常より3倍のdポイントを付与する。事前エントリーは11月15日から受付中。(2019/11/15)

テクノロジーと人間の関係:
過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる人々が知るべきポイントを紹介する。(2019/11/15)

スマートリテール:
イオンモールがスマート化、「快適なカスタマージャーニー」をどう実現するのか
イオンモールは、「イオンモール幕張新都心」をパイロット店舗として、さまざまなデジタル機器を活用してショッピングセンターをスマート化する「スマートモール」の取り組みを進めている。この“スマート・イオンモール”の実証で効果を確認できたサービスは、順次国内で展開を広げていく方針だ。(2019/11/13)

店頭価格を外貨で表示 NTTコム新サービスで 
 NTTコミュニケーションズは12日、シンガポールのフィンテック関連企業と協業し、常に変動する外国為替レートを1日間固定して提供する日本初のサービスを11月下旬から始めると発表した。飲食店や小売店などが導入すれば、訪日外国人観光客の支払いの際に外貨での価格表示が可能になる。為替レートを気にせず、安心して買い物や飲食ができるようにして、店舗での売り上げ拡大につなげたい考えだ。(2019/11/12)

JR東日本が駅ビルやエキナカの電子マネー対応を強化 2020年春以降に「iD」や「QUICPay+」など5種類に対応
JR東日本が、駅ビルやエキナカ(駅構内のショッピングサイト)における電子マネー対応を強化。Suicaを始めとする「交通系電子マネー」以外のFeliCaを使った決済に順次対応する。(2019/11/8)

カード審査後すぐにQRコード決済できる「セゾンカードレス決済」
クレディセゾンが10月23日にセゾンカードの入会から決済までをスマートフォンで行える「セゾンカードレス決済」を開始。「PARCOカード」新規入会者が対象。プラスチックカードが届く前に、アプリの決済用QRコード「ポケパル払い」を使ってパルコで買い物が可能になる。(2019/11/6)

YouTubeのホームフィードと検索結果にショッピング広告
YouTubeのホームフィードと検索結果にショッピング広告が表示されるようになった。例えば「ランニング」と検索するとスニーカーのショッピング広告が表示される。(2019/11/6)

【お買い物の疑問】30円と150円の豆腐は何が違うのか? 食べ比べて分かった「マーボー豆腐こそ豆腐にこだわるべき」
値段が高くなると、どう変わるのか知りたい。(2019/11/8)

au Wowma!、au WALLET ポイントを優遇レートで交換 11月は20%割増
KDDIは、11月1日にショッピングモール「au Wowma!」で「お得なポイント交換所」を提供開始。auスマートパスプレミアム会員を対象に、au WALLET ポイントを優遇レートでau WALLET ポイントに交換する。(2019/10/31)

気が変わった、お金ない…「代引き」で受け取り拒否のトラブル相次ぐ サービス中止の企業も
 商品の配達時に代金と引き換える「代引き」サービスをめぐるトラブルが目立っている。注文した利用者が、商品が届いたのに「気が変わった」と受け取りを拒否する悪質なケースもあり、店側の経営を圧迫している。自宅で簡単に買い物できるインターネットショッピングの利用世帯は4割に迫る勢いだが、モラル低下もあり、サービス中止に踏み切る企業も出てきた。(大渡美咲)(2019/10/28)

東京モーターショー2019:
スズキのパートナーロボットの名前は“友達”、買い物や散歩についてくる
スズキは2019年10月23日、「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、生活支援モビリティのコンセプトモデル「KUPO(クーポ)」「MITRA(ミトラ)」を披露した。(2019/10/24)

今日のリサーチ:
Criteo、Facebook、Googleショッピング広告が人気――フィードフォース「データフィード利用状況調査2019」
データフィードを活用している企業が利用する人気の媒体(フィード送信先)やその推移、データフィード管理環境などについてまとめています。(2019/10/24)

買い物難民救え!コンビニ商品もドローンでお届け
 高齢化、過疎化が進む岡山県山間部の和気町で10月から、無人航空機のドローンを使った生活物資の配送実験が行われている。配送先は、自動車でたどり着くには一本道しかない集落など。住人は高齢者が多い。買い物支援の一つとして期待されるが、土砂崩れなど災害時には孤立の恐れがあり、地域の新しいインフラとしても注目される。(2019/10/23)

買い物難民救え! コンビニ商品もドローンでお届け
高齢化、過疎化が進む岡山県山間部の和気町で10月から、無人航空機のドローンを使った生活物資の配送実験が行われている。(2019/10/23)

買い物難民救え! コンビニ商品もドローンでお届け
高齢化、過疎化が進む岡山県山間部の和気町で10月から、無人航空機のドローンを使った生活物資の配送実験が行われている。配送先は、自動車でたどり着くには一本道しかない集落など。住人は高齢者が多い。(2019/10/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。