ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「エコロジー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
Business Media 誠:ECO誠チャンネル
質問!エコロジー→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でエコロジー関連の質問をチェック

セキュリティ、イングレスゲートウェイ、イベントドリブン、GraphQLなど:
Google、2022年以降のAPIエコノミーで注目すべき7つのトレンドを紹介
GoogleはAPIの活用を目指す企業に向けて、APIエコノミーの未来を形作る7大トレンドを紹介した。(2022/5/10)

「ラピュタのOPみたい」飲み物の熱でコップをかき混ぜるエコな装置がずっと見ていられる
約200年前の発明「スターリングエンジン」を応用。(2022/5/10)

千原ジュニアのこだわりキャンプギアと「フォード・エコノライン」がすてきすぎる
マネしたくなる!(2022/5/4)

4000人に聞いた:
荷物が多い人の6割以上が「エコバッグ」を必ず持ち歩く 外出時の荷物に関する調査
外出する時に持っていく物に関する意識調査を実施した。2割以上が新型コロナウイルス流行前後で外出時の荷物量が増えたと回答。荷物が多い人のマストアイテムには、「財布」「携帯」のほかにエコバッグがランクインした。(2022/4/30)

IIJ、6月上旬に従量制プラン/エコプランから「ギガプラン」への変更が可能に
IIJは、6月上旬に「従量制プラン」「エコプラン」から「ギガプラン」への変更手続きを受付開始。開始日以降、会員専用ページで変更手続きを行えば7月1日から利用できるようになる。(2022/4/27)

特選プレミアムコンテンツガイド
「クラウドストレージはエコ」は大きな誤解だった?
環境意識の高まりやエネルギー価格の高騰を背景に、環境に配慮した形でストレージを運用する動きが加速している。どう運用すればよいのか。具体的な方法を紹介する。(2022/4/21)

PR:水拭きモップの自動洗浄にも対応 エコバックスの“本気”ハイエンドロボット掃除機「DEEBOT X1 TURBO」を試す
(2022/4/21)

コンビニエンスウェア:
ファミマ、たたんで使える「エコリュック」発売 特徴は?
ファミリーマートは「エコリュック」の販売を19日から開始した。(2022/4/20)

なぜ長尺が人気?:
コロナ禍で「長尺トイレットペーパー」がシェア増 アピタ・ピアゴで新商品
ユニーは、通常タイプより2倍長尺なトイレットペーパー「ふんわりエコロール2倍巻」の発売を4月20日に始める。コロナ禍以降、長尺のトイレットペーパーが人気のため、プライベートブランドからの発売に至った。(2022/4/18)

合計額は既に2490億米ドルに:
大規模投資が半導体エコシステムにもたらすメリット
大手半導体メーカー各社が、2022年に入ってから続々と大規模投資を行っている。ようやく半導体不足が緩和される頃には、半導体バリューチェーンはこうした大規模投資のおかげで、大きな利益を享受できるようになるだろう。半導体不足のさらなる軽減の他、新たな雇用の創出や、製造装置の需要増加、半導体設計イノベーションの加速などが期待される。(2022/4/18)

誘致団体の幹部に聞く:
半導体企業は台湾に拠点を置くべきか?
エレクトロニクス業界の企業、特に半導体業界のエコシステム全体に関わる企業は、台湾に拠点を置くことで、具体的にどのようなメリットを得られるのだろうか。国内外の企業を台北に誘致する取り組みを進めるInvest Taipei Office(ITO)のエグゼクティブディレクターを務めるRobert Lo氏に聞いた。(2022/4/14)

IoT&5Gソリューション展:
カシオがエンドポイントAIカメラの事業化へ、リョーサンとエコシステムを構築
カシオ計算機は、「第11回 IoT&5Gソリューション展 春」のリョーサンブースにおいて、開発中のエンドポイントAIカメラモジュールの試作機を披露した。今回の参考出展を契機に、入退室管理や工場内の作業分析、店舗における顧客分析などの用途に向けて2022年度内を目標に事業化を目指す。(2022/4/8)

リサーチ会社調査:
脱プラスチックへの工夫 エコバッグ使用が最多
クロス・マーケティング(東京都新宿区)は、脱プラスチックに関する調査を実施した。「脱プラスチックを進めていきたい」と答えた人は全体の45.7%だった。(2022/4/7)

製造マネジメントニュース:
自動運転車両向けソフトウェア企業のストラドビジョンとZFが資本提携
ZFは、ストラドビジョンの株式の6%を取得した。StradVisionが持つ物体認識技術によって、自動運転レベル3およびレベル4のシステムのためのグローバルエコシステムを強化する。(2022/4/7)

IC基板分野は「アジアに20〜25年遅れ」:
米半導体支援策、成功には組み立て/テスト強化が必須
米国は現在、エレクトロニクス業界が全盛期だった頃の半導体製造を復活させようとしているが、業界専門家は、半導体チップの組み立て/テストメーカー各社による基本的な国内エコシステムを再構築しない限り、その取り組みが成功する見込みはないとみている。(2022/3/31)

これぞほぼ全自動で手間いらず:
メンテ作業不要のロボット掃除機で在宅ワークが快適に! エコバックス「DEEBOT X1」シリーズが狙うもの
エコバックスジャパンが、10万円台半ばから20万円前後の高機能ロボット掃除機の「DEEBOT X1」シリーズを発表した。日本市場はまだまだロボット掃除機の伸び代があるという、同社の狙いを聞いた。(2022/3/30)

モビリティ社会に求められるソフトウェア技術者像に迫る:
PR:大手自動車部品メーカーのデンソーがいまソフトウェア改革を推進する理由、それを支える技術者支援とは
長年にわたりクルマの信頼性を高め、社会に安心を届けるために車載分野のものづくりにこだわり続けてきたデンソー。自動車業界だけでなく、社会全体のエコシステムが大きく変わろうとする中、「環境」「安心」「共感」につながる新たなモビリティ社会の実現に向け、同社が推進しているソフトウェア改革、ソフトウェア技術者のキャリア開発支援とはどのようなものか。(2022/3/30)

プロジェクト:
日本初、CLT造の郵便局が千葉県南房総市で誕生
住友林業は、千葉県南房総市で施工を進めていた施設「丸山郵便局」が2022年2月に竣工したことを発表した。丸山郵便局は、環境に配慮した郵便局「+(ぷらす)エコ郵便局」の第1号店舗で、国内で初めてCLT造を採用した郵便局だという。(2022/3/28)

PCBなど苦しい分野が置き去りに:
米半導体支援策は「工場建設に重点を置きすぎている」
業界の経営幹部たちは、「米国の半導体業界を再生させるためには、組み立て/テストやPCB(プリント基板)などをはじめとするエレクトロニクスエコシステム全体において、バランスの取れた投資を行う必要がある」と主張する。(2022/3/25)

「Snapdragon Metaverse Fund」:
Qualcommがメタバース関連に1億ドルの基金設立
Qualcommは2022年3月21日(米国時間)、「Snapdragon Metaverse Fund」の設立を発表した。同ファンドは、エクステンデッドリアリティー(XR)体験の向上に向けて、XRエコシステムと拡張現実(AR)、AI(人工知能)技術を積極的に開発している開発者と企業の両方を支援するために総額1億米ドルを投資するという。(2022/3/25)

OnePlusの共同創業者の新興企業Nothing、今夏発売予定のスマートフォンを発表
OnePlusの共同創業者、カール・ペイ氏率いるNothingは、新スマートフォン「phone(1)」を発表した。AndroidベースのオリジナルOS「Nothing OS」で新たなエコシステムを創出する意気込み。4月には同OSのプレビュー版を公開する計画だ。(2022/3/24)

ソラコム、IoT向けにKDDI回線の5G対応プランを提供 小型の「エコSIM」採用
ソラコムは3月22日、データ通信サービス「SORACOM Air for セルラー」において、新プラン「plan-K2」の提供を開始した。新しいデザインのSIMが用意され、KDDI回線の5G/LTEに対応。300MB分のデータ通信料金を含む料金プラン、IoT向けの便利な機能を利用できる。(2022/3/22)

環境に優しいストレージ運用法【前編】
「クラウドストレージを使えば電力使用量を減らせる」は大きな誤解だった?
「エコ」意識が高まり、エネルギー価格が高騰する中、環境に配慮したIT機器の運用は企業にとって喫緊の課題となっている。その代表例はストレージだ。どうすればストレージの電力使用量を抑えられるのか。(2022/3/17)

欧州6箇所で拠点を新設、拡張:
Intel、ドイツ工場建設などEUに330億ユーロ投資へ
Intelは2022年3月15日(米国時間)、EUでの新たな半導体工場建設や拡張、研究開発に330億ユーロ以上を投資する計画の概要を明かした。同社は今後10年間で800億ユーロをEUで投資する計画であり、今回の発表はその第1段階の内容となる。同社は、「この投資によって、Intelは欧州に最先端の技術を導入し、欧州の次世代半導体エコシステムを構築、よりバランスのとれた弾力的なサプライチェーンの必要性に対処していく」と述べている。(2022/3/16)

いなば食品の「ツナ缶」がかわいいプライズ景品に デザインそのままマスコットやクッションになって登場
ツナ缶の中身をデザインしたエコバッグが強い。(2022/3/13)

あの会社の「SDGs」:
ナチュラルローソンの「量り売り」 コロナ禍で模索されていた「エコ」以外の役割
「ナチュラルローソン」が、洗剤やドライフルーツの「量り売り」を一部店舗で実施している。第1の目的はプラスチック削減だが、コロナ禍では新たな収益源として活用することも想定されていた。(2022/3/9)

サイバーセキュリティがESG目標の対象に:
Gartner、「サイバーセキュリティリーダーの役割が再構築の対象に」
Gartnerはサイバーセキュリティリーダーの役割を進化させる必要があるという見解を発表した。IT部門以外の幹部がサイバーリスクに関する説明責任を担うようになっていることに加え、エコシステムの分散化に伴い、サイバーセキュリティリーダーが直接コントロールできる意思決定の範囲が縮小しているためだ。(2022/3/1)

視点:
協調して進む欧州のサーキュラーエコノミー
循環型社会の実現に向け、資源や物質のトレースが行われ、CO2排出量を把握できる状態を作ることが求められている。(2022/2/21)

みんな大好き「キャベツを食べるウニ」がエコバッグに! ウニに食べさせて収納するデザインに「天才の発想」
エコバッグを収納するのが楽しくなりそう!(2022/2/20)

ソラコム、月額1ドルから利用できるIoT通信プラン 通常の4分の1サイズ「エコSIM」採用
ソラコムが月額1ドル、通信容量5MBのIoT向け通信プランの提供を始めた。専用の識別番号を使い、日本国内だけでなく海外でも利用できる。通常の4分の1サイズのSIMカードを使い、プラスチックや温室効果ガスの削減にも寄与する。(2022/2/18)

FAニュース:
冷却ファンレスのフラット構造と高効率性を備えるPMモーター
安川電機は、小型化と軽量化、高効率化を追求した「エコPMモーターフラットタイプ」を発表した。冷却ファンレス構造にすることで、トップランナーモーターより小型化、軽量化し、国際高効率規格「IE5」を達成している。(2022/2/18)

“どんなファッションにもなじむ”エコバッグがある意味完成されたデザイン 「各社これ作って」「間違って捨てそう」
機能美。(2022/2/18)

保険業務専用ルールエンジンとAI-OCRで支払業務を自動化:
「生命保険エコシステム」共同利用へ チューリッヒ生命、メディケア生命
アシストとアイリックコーポレーション、Ubicomホールディングスの3社が共同開発した「生命保険給付金支払いプラットフォーム」をメディケア生命が採用した。同プラットフォームを導入する企業はチューリッヒ生命に続いて2社目となる。(2022/2/17)

IIFES2022特別企画:
PR:製造現場の生産性を一段高めるフィールドネットワークの進化、つながる世界が拡大
スマート工場化が進む中、工場内でもさまざまな機器やロボットを高度なネットワークでつなぎ、それぞれの緊密な同期制御や、連携によるデータ活用の動きが広がっている。これらの製造現場の「つながり」を実現する産業用ネットワーク規格の1つがMECHATROLINKである。パートナーの拡大が進む中、IIFES2022ではエコシステムにより実現できる現場価値を訴求した。(2022/2/17)

「x86、Armに並ぶ存在」とIntelも認める:
RISC-Vを取り巻く環境が大きく変化した1週間
2022年2月7日の週はRISC-Vエコシステムにとって、非常に重要な1週間だったといえる。一連の発表により、オープンソースの命令セットアーキテクチャ(ISA)の注目度が高まったのだ。以下に詳しく取り上げていきたい。(2022/2/15)

ファウンドリー事業を強化:
IntelがRISC-V Internationalに加盟、投資ファンドも設立
Intelは、「IDM2.0」戦略の拡大を進める一環として、同社のファウンドリーエコシステムに統合可能な技術の開発を支援する10億米ドルの投資ファンドを創設したことを発表した。同社は同時に、新興のRISC-V市場での存在感を高めるための動きも見せており、世界的な非営利団体であるRISC-V Internationalへの加盟も表明した。(2022/2/14)

IX(Industrial Transformation:産業変革)を推進:
住信SBIネット銀行とデジタルホールディングスが「ID広告エコシステム事業」などで提携へ
両社の強みとノウハウを活用し、相互補完し合うことで社会課題を解決する。(2022/2/10)

インフィニオン AURIX TC4x:
車載向けマイクロコントローラーの新世代品
インフィニオン テクノロジーズは、車載向けマイクロコントローラー「AURIX TC4x」ファミリーを発表した。自動車の高機能化やAI搭載に対応すべく、エコシステムの構築に重点を置いている。(2022/2/7)

「地球の歩き方」をまんまプリントしたエコバッグがカプセルトイ化 街にいながら旅行気分に
これでクラスの人気者!(2022/2/2)

クラウド事例ウォッチ:
「オフィス点検でシステムが止まる」問題にどう挑む? エンジニア不在の電力小売事業者がAWS移行に踏み切った結果
2019年に業務システムをAWSに移行した、電力小売事業者のエコスタイル。社内にIT専任者が不在にもかかわらず、同社がクラウド移行に踏み切った背景とは。(2022/1/27)

解体材や廃材を活用:
東京・十条駅前に“エコ”な高層タワマン 東急不動産などが開発
東急不動産と日鉄興和不動産が、環境配慮型の超高層タワーマンション「THE TOWER JUJO (ザ・タワー十条)」(東京都北区に)を開発すると発表した。(2022/1/25)

製造ITニュース:
2022年の国内データエコシステム、IoT市場で起こる重要イベント10項目を発表
IDC Japanは、2022年の国内データエコシステムおよびIoT(モノのインターネット)市場で起こり得る重要な変化として、10項目を発表した。(2022/1/25)

2022年に子供と一緒にやりたい「アウトドア体験」 2位は「空中アスレチック」、1位は?
アソビューは、2022年に子供と一緒にやりたい「アウトドア体験」「ものづくり体験」に関する調査を実施した。子供とやりたい「アウトドア体験」3位は「登山、エコツアー」、2位は「空中アスレチック」だった。1位は?(2022/1/22)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
M&A順調も炎上も/RISC-Vエコシステムの急速な興隆
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウオッチする連載。今回は、2021年12月の動向を拾いつつ、2021年全体を振り返ってみたい。(2022/1/14)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
ITインフラの基盤となるKubernetes、基礎から“エコシステムの世界”まで解説
コンテナ管理プラットフォームの「Kubernetes」の採用が進んでいる。調査によると、企業規模が大きければ大きいほどKubernetesを大規模で導入しているという。既に出来上がりつつある、Kubernetesのエコシステムの世界を概観してみよう。(2022/1/7)

紀ノ国屋の「ニューイヤーハッピーバッグ」は限定カラーのエコバッグ付き 年末限定のドンペリ入り「お年玉袋」も
年末年始はちょっといいもの食べたい!(2021/12/28)

クラウド活用で脱炭素化に取り組むSiemens Energy【前編】
Siemens Energyが「SAP ERP」をGCPに移行 その“エコ”な狙いとは
Siemens Energyはデータセンターの規模縮小を進めている。「SAP ERP」に加えて、製造部門やサプライチェーン部門に関連するデータを全て「Google Cloud Platform」に移行させる計画だ。その狙いは。(2021/12/27)

省エネ機器:
年間消費量を50%削減可能に、新たな地中熱冷暖房システムの開発に成功
ベルテクス(千代田区)とエコ・プランナー(福井市)はNEDO事業の成果を活用し、あらたな地中熱冷暖房システムの開発に成功。外気熱を使う従来の空冷式エアコンに比べ、施設などの年間の消費電力量を約50%削減できるという。(2021/12/21)

メモリ容量を最大2Tバイト増加:
「CXL」ベースのアクセラレータープラットフォーム
オープンな業界標準インターコネクト規格「Compute Express Link(CXL)」のエコシステムには、多くのベンダーが参加している。アクセラレーターも同エコシステムの一部で、米国のファブレス半導体メーカーであるAstera Labs(以下、Astera)が最近発表したCXL 1.1/2.0向けメモリアクセラレータープラットフォーム「Leo」も含まれる。(2021/12/21)

イーデザイン損保、マイレージアプリ「ノルク」リリース 健康でエコな移動を促進
 イーデザイン損害保険は12月9日、米コネクトIQラボが開発した「Miles」の技術とノウハウをもとにした「ノルク」の提供を開始すると発表した。「ノルク」は、ユーザーが移動した距離と手段に応じ「マイル」を付与し、貯まったマイルに応じて特典を提供するスマートフォン向けのアプリとなる。(2021/12/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。