ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ゴミ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ゴミ」に関する情報が集まったページです。

宇宙開発:
アストロスケールが宇宙ごみ除去に向け開いた3つの扉、宇宙の持続利用を実現へ
宇宙空間に存在するごみ「スペースデブリ」の除去サービス開発に取り組むアストロスケールは2021年3月20日に打ち上げを予定しているスペースデブリ除去実証衛星「ELSA-d」をはじめとする同社の事業と、スペースデブリの除去によって宇宙における人類の活動を持続可能にするためのプロジェクト「#SpaceSustainability」について説明した。(2021/2/19)

ファブリック調の「ルンバ i3+」発売 自動ごみ収集機付きで10万円切る
アイロボットジャパンはロボット掃除機「ルンバ i3+」を2月26日に発売する。ルンバが戻ってくると自動でごみを吸い出す「クリーンベース」付きで価格は9万9800円(税込)。(2021/2/17)

「テディだけかわいそう」と話題になっていた「PUI PUIモルカー」のぬいぐるみ、付属の「ごみ」を「ブーストにんじん」と差し替え可能な神仕様に
「ごみを食べさせられるのはかわいそう」といった声が多数上がっていました。(2021/2/5)

「PUI PUIモルカー」のぬいぐるみマスコット発売決定 にんじんやレタスを引っ張るとブルブル震えるぞ
テディだけ第4話のゴミとセットでふびん。(2021/2/3)

材料技術:
日産が新車生産で発生したアルミ端材をリサイクル、新車向けの部材で再出荷へ
日産自動車は2021年1月22日、グローバルモデルでアルミニウム製部品のクローズドループリサイクルプロセスを初めて適用すると発表した。同プロセスは、生産時に発生した廃棄物やスクラップ、回収した自社の使用済み製品を、品質を維持した材料として再生し、自社製品の部品に採用する手法だ。(2021/1/25)

漫画「罪悪感ですぐ辞めたドーナツ屋のバイト」に反響 廃棄のドーナツをごみ袋に詰めてから……
ぎゃああああ。(2021/1/24)

森林浴をイメージ:
ごみ収集車の臭気を「ハーブの香り」に 製造メーカーが花王と共同開発
ごみ収集車などの開発、製造を行うモリタエコノス(兵庫県三田市)は、花王と共同でごみ収集車用の臭気抑制装置「ミラクルキヨラ」を開発した。(2021/1/7)

製品動向:
ごみ箱の遠隔監視が行えるセンサー、設置が容易で既設容器に後付け可能
積水マテリアルソリューションズは、ごみの量を遠隔監視でき、ごみの回収を定時巡回から必要時に行えるようにするセンサー「Smart LEVEL」を開発した。(2021/1/6)

近所の公園で小学生がゴミをポイ捨て 勇気を出して注意した出来事を描いた漫画に賞賛の声
行動で示せる大人になりたい。(2020/12/7)

子どもの嘔吐をガードする「ごみ袋ポンチョ」の作り方 汚れ&感染を気にせず抱っこできる優しいライフハック
子ども用に使い捨てのビニールエプロンなども用意すれば万全。(2020/12/4)

テレワークで社内に増えた電子廃棄物、対処はどうする――Blancco調査
Blancco Technology Groupは、電子廃棄物に関する調査「The Rising Tide of E-waste」の結果を発表した。電子廃棄物の問題に対処するために、電子廃棄物ポリシーの導入を担当する役職を設置した日本の大企業の割合は54%だった。(2020/11/30)

なぜか紙袋も有料化 ユニクロやGU、百貨店も……「環境保護の観点なら実効性少ない。ポーズ以上の印象を持てない」
 7月から始まったレジ袋の有料化は、5カ月が経過しようとしている。プラスチックごみの排出抑制が目的だったはずだが、なぜか紙袋まで有料化する小売業も出てきている。その理由を聞いてみた。(2020/11/22)

「式神っぽくてカッコいい」「我が家も取り入れよう…!」 ゴミを放置すると現れる“遣いの折り紙カラス”が話題に
「最近ゴミを放置すると妻の使役するカラスが来る」というツイートにほっこり。(2020/11/21)

ビルメンヒューマンフェア&クリーンEXPO2020:
スマホでゴミ量が分かるスマートIoTゴミ箱、カイスイマレン
カイスイマレンは、スマートフォンやPC、タブレットで専用クラウドにアクセスして、ゴミの堆積状態を調べられるスマートIoTゴミ箱「SCA120」を開発した。(2020/11/19)

製品動向:
大和ハウスがごみ捨てや手入れが簡単な戸建て住宅向けダストボックスを発売
大和ハウス工業は、ナスタと共同で戸建住宅向け据え置き型ダストボックス「D's stocker」を開発した。現在、注文住宅を購入する施主に対して、D's stockerの提案を進めている。(2020/11/4)

烏野VS音駒“ゴミ捨て場の決戦”が舞台に! ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」公開ゲネプロ
あの名勝負がついに。(2020/10/30)

AI・機械学習の用語辞典:
Garbage In, Garbage Out(ゴミを入れたら、ゴミが出てくる)とは?
用語「Garbage In, Garbage Out」について説明。ゴミ(Garbage)のような不良データを入力すると、出来上がる機械学習モデルもゴミのように不良なものになる、という戒め/金言のこと。ゴミを入れないのは簡単なように見えて難しい。(2020/10/21)

リアルタイムに状況把握:
表参道に“IoTごみ箱”34台設置 タピオカごみの回収費用低減へ
原宿表参道欅会は10月8日、IoTを活用したスマートごみ箱「SmaGO」(スマゴ)34台を表参道沿いの歩道に設置し、運用を始めた。(2020/10/8)

スマホ専用「テプラPRO」登場 アプリでラベル作成、「ごみ出し日」「賞味期限」などをお知らせする機能も
キングジムが、ラベルプリンタ「テプラ」PROシリーズ初のスマートフォン専用モデルを発売する。スマホアプリには、ラベルに「ごみ出し」「賞味期限」など特定の日時を設定し通知する機能を搭載。価格は1万5000円(税別)。(2020/9/8)

意味がわかると怖い話:「ゴミ屋敷」
ゴミ屋敷に隠されている秘密。(2020/8/30)

【うっかりおうちで死にかけた】ゴミ出し中につっかけが引っ掛かって階段の一番上から落ちかけた……というお話
「危険は身近なところに潜んでいて一瞬のスキをついて現れる、ということをあらためて感じた」(2020/9/12)

FAニュース:
フロー精密合成による機能性化学品原料の連続合成技術を開発
産業技術総合研究所は、フロー精密合成を用いて、機能性化学品原料の1つである芳香族アミン類を連続で合成できる技術を開発した。安価で入手しやすい原料から合成でき、廃棄物を大幅に削減する。(2020/8/14)

「お菓子の過剰包装やめて」にブルボンが回答、これまでの取り組みを報告 「プラごみ削除の趣旨は当社と方向性が一致する」
お菓子の過剰包装についてはChange.org上で呼びかけが始まり、約1万8000人の賛同を集めていました。(2020/7/31)

砂浜に埋められた大量の空き缶に「勘弁してほしい」 過去にはバーベキューゴミで子どもが大やけどした事例も
ゴミが原因で一生残る傷を負う場合も。(2020/7/24)

ごみの中で暮らす母猫と目が開かない子猫たちを保護 すっかり元気な姿に胸が熱くなる
最悪の事態を回避できてよかった。(2020/7/14)

消費行動の意外な変化も:
レジ袋有料化、消費者最大の懸念は「ごみ袋として再利用できなくなる」――調査で判明
「レジ袋有料化で不都合に感じたこと」を調査。トップは「自宅用ごみ袋として再利用できなくなること」。調査会社が消費者に聞いた。(2020/7/10)

分別できない悪い子はいねが〜? なまはげの聖地・男鹿市の指定ごみ袋が「かわいい」「おみやげに欲しい」と話題
お面がかわいいごみ袋なまはげ。(2020/7/3)

宇宙開発:
宇宙のお掃除サービスはいつ実現する? デブリ除去衛星開発の最前線を追う
民間企業による宇宙利用が活発化する中で深刻な問題となっているのが、宇宙ごみ(デブリ)の脅威だ。本稿では、デブリをこれ以上増やさない対策の1つである「デブリを除去する技術」に焦点を当てるとともに、存在感を発揮している日本企業の取り組みを紹介する。(2020/7/2)

材料技術:
塗装なしで漆黒を再現する高機能バイオ素材、クラファンでスマホケースも
NECプラットフォームズは、海洋プラスチックごみなどの環境問題の解決に貢献する高機能バイオ素材「NeCycle」の販売開始を発表した。当面は、高付加価値、環境性が求められる製品向けに展開をスタートし、事業規模を拡大。2025年度に年間50億円の売上高を目指す。(2020/7/1)

レーザーで宇宙ごみを除去する人工衛星、スカパーが開発へ 理研も協力 26年の実用化目指す
スカパーJSATが、レーザーで不用衛星などの宇宙ごみを除去する人工衛星の設計・開発に着手すると発表した。打ち上げた衛星からレーザーを発射し、宇宙ごみに照射して軌道を変え、大気圏に再突入させて除去するという。理研やJAXAと連携し、2026年のサービス開始を目指す。(2020/6/11)

製品動向:
ICT施工に対応するCATの次世代中型ブルドーザー「D5」、生産性50%向上
キャタピラージャパンは、次世代モデルと位置付ける中型のブルドーザ「D5」を発売した。D5は、土木の造成工事や産業廃棄物処理場で、高い能力を発揮し、従来機に比べトン当たりのコスト低減が見込める。また、オフロード法の2014年基準をクリアする環境性能の他、国土交通省が推進するi-Constructionに対応している3次元マシンコントロールシステム「Catグレード3D」も、オプションで装着することができる。(2020/6/9)

犬「ごみ捨てお手伝いするワン!」 うれしそうにごみ袋を運ぶワンコがお利口さん
ごみ袋の口が開いてしまっているのがおちゃめっ。(2020/6/8)

プレミアムコンテンツ:
AIの判断を邪魔する「ゴミデータ」をきれいにするには
機械学習で人工知能(AI)エンジンの精度を上げるには、質の良い学習データが不可欠だ。質の悪い学習データでは、AIエンジンの不適切な判断を招くリスクがある。事例を基に、学習データの作成方法を考える。(2020/5/1)

「分別してない缶は袋を開けないといけないので今の時期は……」 ごみ清掃員による新型コロナで変わったこととお願いの話
清掃員が感染すると困るのは私たち。(2020/4/27)

自然エネルギー:
“ごみ”をエタノールにできる革新技術、積水化学が実用化へ本腰
積水化学工業がゴミを微生物の力でエタノール化する新技術の実用化に向け、合弁会社を設立。大量に存在しながらその工業利用が難しかった“ごみ”を、化石資源に替わる資源として使える革新技術として、早期の実用化を目指す方針だ。(2020/4/22)

KEYUCAの左右両開きゴミ箱「arrotsダストボックス」にプッシュタイプが登場 さらに置き場所を選ばなくなりました
引き出しの中に置いたりも。(2020/4/1)

AIと量子アニーリングでごみ収集ルート最適化 総走行距離2300kmを1000kmに短縮 三菱地所ら
AIモデル構築などのクラウドサービスを提供するグルーヴノーツ(福岡市)と三菱地所は、み収集ルートを機械学習と量子コンピュータ(量子アニーリング方式)を用いて最適化すると、従来の総走行距離を約57%削減できるとする計算結果を発表した。(2020/3/31)

部下がゴミクズを見るような目で見てくる…… 課長とエリート新人のすれ違い漫画にやきもき
部下の眼力が強すぎる。(2020/3/11)

サイズ感覚が狂う小ささ……! ミクロサイズの「ゴミみたいな大きさの布」で作る花が神業
爪楊枝との比較で混乱するほど小さい……!(2020/3/9)

第2回 資源リサイクルEXPO:
施設内の火災を瞬時に発見し、PCやスマホに高精細な映像で即時配信する新システム
近年各地のクリーンセンターなどで、ごみの中に紛れ込んだリチウムイオン電池が、処理中に発火する事故が多発している。富士通特機システムは、こ問題打開のため、施設内の火災発見に有効な発火監視通報システムを開発した。(2020/3/5)

丸くない「ルンバ」登場 シリーズ初、D型シェイプで「もっとごみに近づける」
アイロボット ジャパンはD型形状になったロボット掃除機「ルンバ s9+」を2月28日に発売する。進行方向にある壁や家具との距離を認識し、壁際や部屋の隅まで入りこむ。(2020/2/19)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
コロナウィルスで打撃を被るのは「製薬会社」となり得る意外なワケ
不謹慎だと思われる方もいるかもしれないが、株式市場では、早速「コロナウィルス関連株」の物色が始まっている。特に、今後需要が見込まれるマスクや医療廃棄物を手がける会社の株価は、ここ2週間で大きく増加した。(2020/2/7)

汚染土壌・地下水浄化技術:
下水汚泥焼却灰から肥料用リンを抽出する新技術、残渣は建設資材原料に活用可能
国土交通省の資料によれば、下水道普及率の増加に伴い、発生汚泥量は近年増加傾向にある。2003年度の産業廃棄物の発生量に占める下水汚泥の割合は18%になったという。こういった状況の中、西松建設は新潟大学とともに、高い採算性で下水汚泥焼却灰から肥料用リンを抽出する技術を開発した。(2020/2/5)

背負ったままのリュック、ドア横キープマンを抑えた第1位とは 駅や電車で「迷惑」と感じる行為ランキングが発表
ヘッドホンからの音もれやゴミの放置などもランクイン。(2019/12/23)

ハードウェアを安全に廃棄する方法【後編】
PC廃棄時の情報漏えいを防ぐ「データ消去ソフトウェア」の選定ポイント
産業廃棄物処理業者にハードウェアを受け渡す際の情報漏えいを防ぐためには、中身のデータを適切に消去しておくことが重要になる。そのための主要な手段である、データ消去ソフトウェアの選び方を紹介する。(2019/11/29)

ハードウェアを安全に廃棄する方法【前編】
PC廃棄を安心して任せられる「産業廃棄物処理業者」の正しい選び方
寿命を終えたハードウェアは適切な方法で廃棄しないと、情報漏えいやコンプライアンス違反を招くリスクがある。ハードウェアを安全に廃棄するために知っておきたい、産業廃棄物処理業者の選定ポイントを説明する。(2019/11/27)

「何もしてニャイですけど?」 生ごみをあさってとぼける猫ちゃん 首につけた動かぬ証拠でバレバレになる
後ろ姿から漂う、ひと仕事終えた感。(2019/11/24)

渋谷ハロウィンで有志たちが自発的にごみ拾い、Twitterで称賛集まる 仮装のままごみ拾いをする人も
「早朝6時にはすでにきれいだった」との意見も。(2019/11/1)

写真から粗大ごみの種類を判別するAI 横浜市が導入
写真から粗大ごみの種類を判別するAIが、横浜市粗大ごみ受付センターのチャットbotで導入された。(2019/10/9)

撮影した写真だけで粗大ゴミの種類や料金がわかる 画像認識AIを横浜市が導入
なんと便利!(2019/10/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。