ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ゴミ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ゴミ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「ワイスピ」故ポール・ウォーカーの娘が結婚 父の盟友ヴィン・ディーゼルとバージンロード歩く姿にファン感極まる
目にゴミがっ。(2021/10/23)

「ゴミ出しの日」をディズニー風にしてみた 生活感あふれる用紙が夢の国に変身
ゴミ出しが楽しくなりそう。(2021/10/22)

犬「た、助けて〜(汗)」 家のごみ箱を荒らしたワンコ、フタに挟まりションボリする姿がかわいい
許しちゃう。(2021/10/19)

製品動向:
現場単位で稼働する揚重機などのCO2排出量を算出する機能を「Buildee」に実装
イーリバースドットコムは、建設現場施工管理サービス「Buildee」と電子マニフェストサービス「e-reverse.com」向けに、建設機械の稼働や廃棄物の運搬で生じるCO2の量を可視化する「CO2機能」を開発した。(2021/10/13)

週末に「へえ」な話:
表参道に「IoTゴミ箱」を設置して1年、ゴミはどうなったのか
2020年10月、表参道の歩道に「IoTゴミ箱」が登場した。あまり聞きなれない「IoTゴミ箱」とは、どんな特徴があるのか。また、1年ほど運用してみて、どのようなことが分かってきたのだろうか。(2021/9/25)

大分県で実証実験:
コカ・コーラ、「進撃の巨人」のごみ箱を自販機横に設置 リサイクル促す
コカ・コーラ、「進撃の巨人」のごみ箱を自販機横に設置するプロジェクトへの参画を発表した。リサイクルボックス横にごみ箱を設置することで、リサイクルを促進する。(2021/9/15)

カクテル×SDGs:
ホテルニューオータニ、5トンの生ごみから「カクテル」を開発 誕生のワケを探った
ホテルニューオータニ東京は「生ごみ由来のカクテル」を開発したと発表した。ホテルの厨房などから1日に出る5トンの生ごみを活用しているというが、どういうことなのだろう? 担当者に話を聞いてみたところ……(2021/9/3)

工場ニュース:
2030年までに廃棄ゴム半減へ、豊田合成が短時間のリサイクル工程を確立
豊田合成は2021年8月19日、ウェザーストリップのリサイクルを推進し、2030年までに廃棄物を2012年度比で50%削減すると発表した。約6000トンの削減を目指す。(2021/8/24)

国交省「コンクリートブロックを剥がして使わないで」 堤防の一部をBBQに使う行為に注意喚起
ゴミの放置も急増しているようです。(2021/8/20)

未来につなげるモノづくり:
3Dプリンタだから実現できた東京五輪表彰台プロジェクトとその先【後編】
本来ゴミとして捨てられてしまう洗剤容器などの使用済みプラスチックを材料に、3Dプリンティング技術によって新たな命が吹き込まれた東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(東京2020大会)表彰台。その製作プロジェクトの成功を支えた慶應義塾大学 環境情報学部 教授の田中浩也氏と、特任助教の湯浅亮平氏に表彰台製作の舞台裏と、その先に目指すものについて話を聞いた。(2021/8/16)

施工:
西松建設と宮城大学がペーパースラッジを混合した流動化処理工法を開発
西松建設は、宮城大学 食産業学群 教授 北辻政文氏との共同研究で、産業廃棄物であるペーパースラッジを主原料とした混和材を用いた流動化処理工法を開発した。新工法は、施工現場で品質の安定した流動化処理土を製造・打設することを可能とする。今後、西松建設は、流動化処理土を使用する実際の施工現場への利用拡大を進めるとともに、ペーパースラッジ混和材を他の工種へ活用し、資源の有効活用を進めていく。(2021/8/5)

未来につなげるモノづくり:
3Dプリンタだから実現できた東京五輪表彰台プロジェクトとその先【前編】
本来ゴミとして捨てられてしまう洗剤容器などの使用済みプラスチックを材料に、3Dプリンティング技術によって新たな命が吹き込まれた東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(東京2020大会)表彰台。その製作プロジェクトの成功を支えた慶應義塾大学 環境情報学部 教授の田中浩也氏と、特任助教の湯浅亮平氏に表彰台製作の舞台裏と、その先に目指すものについて話を聞いた。(2021/7/27)

3Dプリンタニュース:
最大100%再利用可能な材料を使用した、3Dプリントサービスを開始
マテリアライズは、最大100%再利用できる材料を使用した3Dプリントサービス「Bluesint PA 12」を開始した。これまで廃棄物となっていた粉末を新しい部品造形に再利用できるほか、二酸化酸素の排出量も削減する。(2021/7/15)

「もう訳わかんねーよのんちゃん」 アレクサンダー、妻・川崎希が“70万円のゴミ箱”購入で困惑してしまう
川崎さん「一生物のゴミ箱に出会ったと思って大奮発!!」(2021/7/14)

家庭ごみ有料化に関する調査:
家庭ごみの有料化が進む地域 3位「中国地方」、2位「九州・沖縄地方」、1位は?
「家庭ごみの有料化」に関する調査が発表された。トップ3の有料化率は70%超えで、最下位の東北地方とは約30ポイントほどの開きがあった。(2021/7/7)

産業動向:
廃食用油などが原料のバイオディーゼル燃料の共同研究を開始、西松建設ら
西松建設と佐賀市は、同社が佐賀市に保有する清掃工場に設置した「次世代型バイオディーゼル燃料製造プラント」で生産される高品質バイオディーゼル燃料の実用化を目指し、共同研究を進めている。西松建設では、2021年度末までに、プラントでの製造安定性や品質の安定性を確認する。その後、建設機械、市営バス、ごみ収集車への高品質バイオディーゼル燃料の導入を推進し、廃食用油などを高品質バイオディーゼル燃料へ精製する新たな技術の実用化を図る。(2021/7/6)

ゴミ収集車の火災が発生 「リチウムイオン電池」や「スプレー缶」を一般ゴミと一緒に捨てないよう一宮市消防本部が注意喚起
モバイルバッテリーによるゴミ収集車の火災例も報告されています。(2021/6/27)

産業動向:
除去土壌の効率的な一次分別処理を可能とする新たな分別促進材、大成建設
大成建設は、付着性が高い粘性土を砂状に改質し、機材や廃棄物などに付いた土壌を容易に剥がすことができ、ふるい分け作業などの分別処理を効率化する分別促進材「T-クイック土ライ」を開発したことを2021年4月14日に発表した。T-クイック土ライは、吸水性ポリマー、多孔質物質(ゼオライト)、炭酸カルシウムで構成されており、破袋機に投入することで、これまで困難であった高含水率の粘性土を砂状に改質し、除去土壌の効率的な一次分別処理を可能とする。(2021/6/22)

宿泊予約サイトのブッキング・ドットコムによる調査:
宿泊施設にゴミのリサイクルを求める日本人旅行客は22% 世界の半分以下
日本の旅行客の8割超が旅行で「環境への配慮」を重視(2021/6/8)

「ダイソン史上、最もインテリジェント」 レーザーでゴミを可視化するコードレス掃除機が登場
ダイソンは、ヘッドからレーザー光を床面に照射して微細なホコリを可視化し、取り逃しを防ぐコードレス掃除機「Dyson V12 Detect Slim」を発売した。(2021/5/26)

環境に配慮:
エステー、ガラス容器の「消臭力」発売 返却・再利用でプラごみゼロを目指す
エステーが、ガラス製の容器を採用した消臭芳香剤の「消臭力 クリアビーズ イオン消臭プラス」を発売する。使い捨てされていた一般消費財容器などを耐久性の高いものに替え、再利用(リユース)する取り組みの一環(2021/5/19)

“緊急事態宣言”前夜の京都・鴨川で「外飲み」する密な人影→ゴミが散らかる翌朝の写真に反響 撮影者を取材
緊急事態宣言で改善されるといいのだけれど。(2021/4/26)

ダルビッシュ聖子、“地球を救う”次男に「カッコ良かった」 アースデイのゴミ拾いに反響
ゴミは落ちてる!拾うんだ!(2021/4/26)

ごみ袋から保護された瀕死の子猫たち 新しいおうちで幸せになるまでを描いた漫画が切なくもあたたかい
“命”の重みを感じてほしい。(2021/4/18)

直接ゴミを吸えちゃうゴミ箱が登場 サンコーから「センサー式ゴミ箱掃除機」発売
見た目はゴミ箱、中身は掃除機。(2021/4/17)

エコだよそれは! バンダイが「ガンプラリサイクルプロジェクト」始動 ガンプラのごみがガンプラに生まれ変わる
実現すれば世界初の「プラモデルのケミカルリサイクル」に。(2021/4/1)

ロボット:
東急建設らが建設廃棄物を自動で選別するロボットを開発、既存施設にも導入可能
東急建設と石坂産業は、建設副産物の中間処理プラントで、建設廃棄物の自動選別を行う「廃棄物選別ロボット」を共同開発した。廃棄物選別ロボットは、既存の中間処理プラントの手選別ラインにも設置でき、現在は石坂産業のプラントで試験導入している。今後、実際のラインで得られたデータをもとに改良を重ね、2021年春には廃棄物選別ロボット2台の体制で実用化を目指す。(2021/3/29)

インコ「ゴミはゴミ箱、お金は貯金箱にね!」 ゴミとお金を見分けて片付けてくれるインコさんが賢い
貯金はいくら貯まったのかな?(2021/3/11)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
「E-Waste」最新事情 国民一人当たりで最も多くの電子廃棄物を排出しているのは?
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。(2021/3/5)

今こそ知りたい電池のあれこれ(2):
リチウムイオン電池で発熱や発火が起きる要因を整理しよう
小型電子機器やモバイルバッテリーの発火事故、ごみ収集車や集積場の火災、電気自動車からの出火など、リチウムイオン電池の普及に伴い、それに起因する発火・炎上はたびたび問題となっています。発熱、発火、爆発といった事故は用途を問わず大きな問題となりかねない事象です。今回は「リチウムイオン電池の異常発熱問題」について解説していきたいと思います。(2021/3/8)

宇宙開発:
アストロスケールが宇宙ごみ除去に向け開いた3つの扉、宇宙の持続利用を実現へ
宇宙空間に存在するごみ「スペースデブリ」の除去サービス開発に取り組むアストロスケールは2021年3月20日に打ち上げを予定しているスペースデブリ除去実証衛星「ELSA-d」をはじめとする同社の事業と、スペースデブリの除去によって宇宙における人類の活動を持続可能にするためのプロジェクト「#SpaceSustainability」について説明した。(2021/2/19)

ファブリック調の「ルンバ i3+」発売 自動ごみ収集機付きで10万円切る
アイロボットジャパンはロボット掃除機「ルンバ i3+」を2月26日に発売する。ルンバが戻ってくると自動でごみを吸い出す「クリーンベース」付きで価格は9万9800円(税込)。(2021/2/17)

「テディだけかわいそう」と話題になっていた「PUI PUIモルカー」のぬいぐるみ、付属の「ごみ」を「ブーストにんじん」と差し替え可能な神仕様に
「ごみを食べさせられるのはかわいそう」といった声が多数上がっていました。(2021/2/5)

「PUI PUIモルカー」のぬいぐるみマスコット発売決定 にんじんやレタスを引っ張るとブルブル震えるぞ
テディだけ第4話のゴミとセットでふびん。(2021/2/3)

材料技術:
日産が新車生産で発生したアルミ端材をリサイクル、新車向けの部材で再出荷へ
日産自動車は2021年1月22日、グローバルモデルでアルミニウム製部品のクローズドループリサイクルプロセスを初めて適用すると発表した。同プロセスは、生産時に発生した廃棄物やスクラップ、回収した自社の使用済み製品を、品質を維持した材料として再生し、自社製品の部品に採用する手法だ。(2021/1/25)

漫画「罪悪感ですぐ辞めたドーナツ屋のバイト」に反響 廃棄のドーナツをごみ袋に詰めてから……
ぎゃああああ。(2021/1/24)

森林浴をイメージ:
ごみ収集車の臭気を「ハーブの香り」に 製造メーカーが花王と共同開発
ごみ収集車などの開発、製造を行うモリタエコノス(兵庫県三田市)は、花王と共同でごみ収集車用の臭気抑制装置「ミラクルキヨラ」を開発した。(2021/1/7)

製品動向:
ごみ箱の遠隔監視が行えるセンサー、設置が容易で既設容器に後付け可能
積水マテリアルソリューションズは、ごみの量を遠隔監視でき、ごみの回収を定時巡回から必要時に行えるようにするセンサー「Smart LEVEL」を開発した。(2021/1/6)

近所の公園で小学生がゴミをポイ捨て 勇気を出して注意した出来事を描いた漫画に賞賛の声
行動で示せる大人になりたい。(2020/12/7)

子どもの嘔吐をガードする「ごみ袋ポンチョ」の作り方 汚れ&感染を気にせず抱っこできる優しいライフハック
子ども用に使い捨てのビニールエプロンなども用意すれば万全。(2020/12/4)

テレワークで社内に増えた電子廃棄物、対処はどうする――Blancco調査
Blancco Technology Groupは、電子廃棄物に関する調査「The Rising Tide of E-waste」の結果を発表した。電子廃棄物の問題に対処するために、電子廃棄物ポリシーの導入を担当する役職を設置した日本の大企業の割合は54%だった。(2020/11/30)

「式神っぽくてカッコいい」「我が家も取り入れよう…!」 ゴミを放置すると現れる“遣いの折り紙カラス”が話題に
「最近ゴミを放置すると妻の使役するカラスが来る」というツイートにほっこり。(2020/11/21)

ビルメンヒューマンフェア&クリーンEXPO2020:
スマホでゴミ量が分かるスマートIoTゴミ箱、カイスイマレン
カイスイマレンは、スマートフォンやPC、タブレットで専用クラウドにアクセスして、ゴミの堆積状態を調べられるスマートIoTゴミ箱「SCA120」を開発した。(2020/11/19)

製品動向:
大和ハウスがごみ捨てや手入れが簡単な戸建て住宅向けダストボックスを発売
大和ハウス工業は、ナスタと共同で戸建住宅向け据え置き型ダストボックス「D's stocker」を開発した。現在、注文住宅を購入する施主に対して、D's stockerの提案を進めている。(2020/11/4)

烏野VS音駒“ゴミ捨て場の決戦”が舞台に! ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」公開ゲネプロ
あの名勝負がついに。(2020/10/30)

AI・機械学習の用語辞典:
Garbage In, Garbage Out(ゴミを入れたら、ゴミが出てくる)とは?
用語「Garbage In, Garbage Out」について説明。ゴミ(Garbage)のような不良データを入力すると、出来上がる機械学習モデルもゴミのように不良なものになる、という戒め/金言のこと。ゴミを入れないのは簡単なように見えて難しい。(2020/10/21)

リアルタイムに状況把握:
表参道に“IoTごみ箱”34台設置 タピオカごみの回収費用低減へ
原宿表参道欅会は10月8日、IoTを活用したスマートごみ箱「SmaGO」(スマゴ)34台を表参道沿いの歩道に設置し、運用を始めた。(2020/10/8)

スマホ専用「テプラPRO」登場 アプリでラベル作成、「ごみ出し日」「賞味期限」などをお知らせする機能も
キングジムが、ラベルプリンタ「テプラ」PROシリーズ初のスマートフォン専用モデルを発売する。スマホアプリには、ラベルに「ごみ出し」「賞味期限」など特定の日時を設定し通知する機能を搭載。価格は1万5000円(税別)。(2020/9/8)

意味がわかると怖い話:「ゴミ屋敷」
ゴミ屋敷に隠されている秘密。(2020/8/30)

【うっかりおうちで死にかけた】ゴミ出し中につっかけが引っ掛かって階段の一番上から落ちかけた……というお話
「危険は身近なところに潜んでいて一瞬のスキをついて現れる、ということをあらためて感じた」(2020/9/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。