ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「社会貢献」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ミドル以降の世代の働きがいとモチベーション実態調査」:
40歳代以上の正社員にとって重要なのは「社会や社内への貢献が感じられること」 プラスアルファ・コンサルティング
プラスアルファ・コンサルティングは、「ミドル以上の世代の働きがいとモチベーション実態調査」を実施した。難易度や専門性が高い仕事に就いている人はやりがいを感じ、単純作業に就いている人は仕事へのモチベーションを失っていることが分かった。(2021/6/17)

給料が安い:
「仕事にやりがいを感じない」ミドル層の28%、その理由は?
ネットリサーチを行うプラスアルファ・コンサルティングは、40代以降の正社員を対象に「働きがいとモチベーション実態調査」を実施した。その中で、ミドル層の約28%が仕事に働きがいを感じられていないことが分かった。(2021/6/16)

「献血すると世界がキラキラ輝いて見える」 ガチ“献血マニア”のプレゼン漫画が「分かる」「行きたい」と話題に
止まらない献血愛。(2021/6/11)

ワイヤレスジャパン 2021:
「分離プラン」と「新型コロナ」で逆風 携帯ショップのあるべき姿とは?
キャリアショップのビジネスモデルは、総務省が推し進める「通信と端末の完全分離」の方針によって打ち砕かれた。さらに、新型コロナウイルス感染症の流行により、店舗への来店客が減少している。キャリアショップは大きな業界構造の転換を迫られている。(2021/6/9)

磯部孝のアパレル最前線:
おしゃれの象徴だったアパレルの「買い物袋」 有料化から1年で各社の対応に差が
2020年7月から全国一斉にレジ袋有料義務化が始まった。導入からおよそ1年が経過し、マイバッグやエコバッグ使用の浸透度合いやアパレル業界の対応、今後の課題感について取り上げてみたい。(2021/6/3)

ビル・ゲイツが最も信頼した日本人:
マイクロソフト日本法人の初代社長・古川享が取り組む次世代支援 本格始動する「明るい大人の悪巧み団」とは?
マイクロソフト日本法人の初代社長であり、ビル・ゲイツが最も信頼した日本人の1人と言われている古川享氏。同氏は現在、起業などを志す若い人たちを支援したいとして、バーチャルな組織を立ち上げようとしている。構想しているのは「明るい大人の悪巧(わるだく)み団」。同氏が実現しようとしている次世代支援について聞いた。(2021/5/29)

「八方ふさがりからの脱出」:
元電通マンが島根で農業を志す理由 「実質リストラ」炎上の業務委託、当事者の“今”
電通を退職した社員が、業務委託契約を結ぶ──このプロジェクトに対し、ネット上で「体の良いリストラではないか」との批判が巻き起こったのが1月のこと。それから約5カ月が経過し、実際に退職したは今、何を思うのか。5人に話を聞いた。(2021/5/28)

DX実現に寄与するAutodesk製品群:
PR:“原則BIM/CIM化”の最新動向など、建築・土木ですぐに役立つ多彩な講演を開催「オートデスクの日」レポート
オートデスクと大塚商会は、2021年5月13日に「オートデスクの日(Otsuka & AUTODESK Collaboration DAY “2021”)」を開催。建築業界及び土木業界でのDX実現に寄与するAutodesk製品群の紹介や現場第一線でのユーザー導入事例など、多数のセミナーをオンラインで公開した。本稿では、会期中に繰り広げられたセッションのうち、オートデスクの提言「建築土木分野での変革」と、最新のBIM/CIMの法令動向を分析した土木向けテクニカルセッション「Autodesk AEC Collectionで原則BIM/CIM化へ備えよう!〜令和3年度のガイドライン、要領・基準類から読み解く対応のポイント」の2本を紹介する。(2021/5/28)

日立GLSが従業員主体で作成した「パーパス」って何?
日立グループの家電・空調製品の設計・販売・サービスを行う日立GLSが、行動指針「パーパス」を策定した。従業員主体で作成されたパーパスにより、さらなる成長を目指すという。その背景や意図、目的などの話を、谷口潤社長に聞いた。(2021/5/21)

5月15日はJリーグの日、28年前の開幕戦に出場したキングカズの姿にファンからは「KING驚異的!!!」と脱帽
キングカズは28年経過した現在も現役選手です。(2021/5/15)

コロナ禍でも健康に:
社長も歩く! アサヒ飲料が本気で「健康チャレンジ」したら、こうなった
アサヒ飲料が4月1日から、ウォーキングを促すことで、社員の運動不足を解消する取り組み「Walk for a smile」を始めた。ユニークなのは、この取り組みのためにカスタマイズしたアプリを用意したことだ。同社の米女太一社長に詳しい話を伺った。(2021/5/18)

社員が成長できる企業ランキング 3位「新生銀行」、2位「三菱UFJ」、1位は?
社員が成長できる企業ランキング。1位は?(2021/5/10)

保養施設を活用:
三菱UFJ銀行 西東京市に「MUFGパーク」開設へ
三菱UFJ銀行は、東京都西東京市に運動場や図書施設を備えた「MUFG パーク」を開設すると発表した。どんなところかというと……。(2021/5/7)

家電メーカー進化論:
スピード経営で知られるアイリスオーヤマ、問題発生のたびに躍進できたワケ
アイリスオーヤマは、コロナ禍でもマスク生産拠点をいち早く国内に構えるなど、スピード経営を実践し続ける企業の1つ。アイリスオーヤマ 代表取締役社長 大山晃弘氏に、時代の流れに素早く対応するスピード経営の秘訣と、時勢を見極める製品展開、今後の事業構想について話を聞いた。(2021/4/22)

製造ITニュース:
設計と製造の“隔たり”を解消、日立の3D組み立て手順書自動作成システム
日立製作所はLumadaの1ソリューションとして、製品の3D CADデータから最適な組み立て順序を算出して、3Dの組み立て手順書を自動作成する「組立ナビゲーションシステム」を提供中だ。手順書を自動作成することで何が変わるのか。担当者にシステムの強みや技術的仕組み、開発の背景を聞いた。(2021/5/10)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
有名ブランドの服を“激安”で売る「オフプライスストア」が増殖中 背景にバーバリーの焼却事件
売れ残った有名ブランドの洋服や靴を激安で販売する「オフプライスストア」が増えている。大手アパレルのワールドやゲオグループなどが参戦。単に安く売るのではなく、ある特徴を備えているという。(2021/4/19)

キャリアの展望も明らかに:
新入社員が考える「理想の上司像」 3位「行動力がある」、2位「相談にのってくれる」、1位は?
新入社員が職場に配属される時期がやってきた。どんな上司と一緒に仕事をしたいと考えているのだろうか。427人の新入社員に聞いた結果は?(2021/4/16)

Z世代のなりたい職業ランキング、3位芸能人、2位保育士・幼稚園教諭 1位は?
デジタルネイティブのZ世代(1990年代半ば〜2000年代の初め生まれ)は、将来をどのように考えているのか。15〜21歳の女性114人になりたい職業を聞いたところ、1位は……。(2021/4/7)

社会貢献型通販モール運営のWakeAi 福利厚生とCSR活動を同時に実現するプランをリリース
社会貢献型通販モールを運営するWakeAiは、企業内で福利厚生とCSR活動を同時に実現するプラン「WakeAiウェルフェア」をリリースした。(2021/4/2)

ブルボンが「マスク」の一般販売を開始 自社工場で生産
新型コロナウイルス感染症拡大が長期化していることに鑑み、ブルボンオンラインショップで販売を開始した。(2021/3/31)

お菓子メーカー・ブルボンが「日本製マスク」をオンラインショップで販売開始 自社工場で製造した不織布マスク
売り上げの一部が日本赤十字社に寄付されます。(2021/3/31)

製造マネジメントニュース:
売上高200億円を目指すYE DIGITAL、農業や物流分野のIoT事業を拡大
YE DIGITALは2021年3月30日、2020年度の決算報告と2021年度の事業計画に関する発表会を開催した。2022〜2024年度までの新中期経営計画を発表し、農業、交通、物流分野でIoTソリューション事業などを強化する方針を示した。(2021/3/31)

PR:他では得難い「大規模なフィールドで多彩な業務」を経験できるKDDIエボルバの魅力:キャリアアップ編
新しい領域にチャレンジし、キャリアアップしたいエンジニアにとってKDDIエボルバは有効な選択肢だ。「会社がエンジニアのキャリアアップを全面的にサポートする」、その理由とは何か。(2021/3/31)

PR:赤が映える! 性能がうなる! 浦和レッズオフィシャルパソコンを手にして分かったこと
マウスコンピューターは、2019年5月から浦和レッズの「オフィシャルPCサプライヤー」となり、2020年2月にはオリジナルデザインのノートPC2モデルを世に出した。2021年、その後継となるモデルが大幅にパワーアップして登場している。どこが変わり、何が変わらなかったのか、実機を細かくチェックした。(2021/3/31)

国分太一、Twitterへの認証バッジに首かしげてしまう 沸き立つファンは「使いなれてない感じして愛しい」
国分さんを見守るみんなの視線が温かい。(2021/3/26)

今日のリサーチ:
「エシカルな商品・サービスの提供は企業イメージの向上につながる」の回答が半数超え――電通調査
新型コロナウイルスの影響でエシカル消費をより意識するようになった人は約3割。(2021/3/23)

DX人材が欲しければ従業員エンゲージメントを高めよ 向上を図る3つの要素は
ガートナーは、新時代のITやデジタル人材戦略に関する展望を発表した。人材市場の逼迫(ひっぱく)が叫ばれる中、DXを推進する人材を確保するためには従業員エンゲージメントを重視したIT人材戦略が必要になると同社は予測する。(2021/3/23)

平均給与、管理職になった年齢、残業時間ランキングを“見える化”する企業――デメリットはないのか?
自社の年齢別平均給与、管理職になった平均年齢、部署ごとの残業時間のランキングなどを見える化している企業、タカミヤに話を聞いた。社内各所に設置されたサイネージや、社員が持つPCのスクリーンセーバーでこれらの情報を共有しているという。なぜ、このような取り組みをしているのか。また、デメリットはないのか。(2021/3/31)

富士ソフトの株主優待に「しいたけ詰め合わせ」があるって本当!? 担当者「品評会で6年連続金賞を受賞している自慢のしいたけを味わっていただきたい」
最高のしいたけ、食べてみたい!(2021/3/11)

アスタミューゼ調べ:
コロナ禍で転職に「積極的」な人が急増 企業に求めるものは”給与アップ”が後退
専門人材のマッチングなどを手掛けるアスタミューゼは、転職希望者を対象にしたアンケート結果を公表した。(2021/3/8)

広告から見る企業戦略:
600万回以上再生されたJTの「想うた」 製品が登場しないCMは何を訴えているのか
JTが展開するCM「想うた」をご存じだろうか。俳優の北村匠海が演じる「村上優人」を中心に、両親、友人、同僚とのつながりを表現しているCMだ。(2021/3/8)

コロナ禍の影響も:
2022年卒に聞いた「公務員になりたい理由」 3位は「社会貢献」、2位は「休日や福利厚生」、1位は……
マイナビは「マイナビ2022年卒公務員イメージ調査」を発表した。公務員になりたい理由や、進路に影響を与えた人物が明らかに。コロナ禍の影響も。(2021/3/4)

自治体職員の負担も減らす:
コロナ下の地震や台風…… 避難所の“たらい回し”を防げ! 混雑状況を可視化するIT企業の挑戦
感染防止のため、避難所の定員を少なくする自治体が増えている一方、災害時に定員オーバーの避難所を“たらい回し”にされる危険性が高まっている。IT企業のバカンは自社サービスを提供して、課題解決を目指す。(2021/3/3)

15年間の研究を経て量産へ:
世界初! 人工合成タンパク質素材を開発した「Spiber」の今
山形県に拠点を置く、次世代バイオ素材を開発している「Spiber(スパイバー)」をご存じだろうか。同社が開発したブリュード・プロテインは、石油に頼らない循環型の新素材であることから、“素材革命”として世界中から注目を浴びているのだ。同社の取締役兼代表執行役に、今後の展望などを聞いた。(2021/3/3)

製造マネジメントニュース:
「日立にとってCO2排出量削減は追い風」、環境とデジタルが成長エンジンに
日立製作所が環境や研究開発、知財に関する事業戦略を説明した。同社 執行役副社長でChief Environmental Officer(最高環境責任者)を務めるアリステア・ドーマー氏は「CO2排出量削減のマクロトレンドは日立にとって追い風だ」と語った。(2021/2/26)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
JALが推進する「ワーケーション」 旅行先で仕事をするだけじゃない”真の活用法”とは
新型コロナウイルス感染拡大により、在宅勤務やテレワークなど新しい働き方が広まっているが、コロナ禍前から働き方改革の一環として「ワーケーション」の導入に力を入れてきた企業がある。それが日本航空(JAL)だ。なぜワーケーション導入に至ったのだろうか。(2021/2/17)

NTTとKDDIが「就職氷河期世代」を対象とする就労/就業支援を実施 両社グループへの正社員採用も視野に
NTTとKDDIの「つなぐ×かえるPROJECT(連携協定)」の第2弾の取り組みとして、50歳未満の「就職氷河期世代」に対する就労/就業支援が実施されることになった。両社のグループ企業では、この支援の修了者に対する採用枠も用意するという。(2021/2/16)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
パソナの淡路島移転は「島流し」なのか? 移住した副社長が感じた“思った以上のポテンシャル”とは
パソナグループは、東京にある本社機能の一部を淡路島へ移転させている。移住した副社長に環境や社員の働き方がどう変わったのか聞いた。副社長は思った以上のポテンシャルを感じている。(2021/2/15)

ライザップとアシックス、運動効果が高まるビジネスシューズを発売
RIZAPはアシックス商事とコラボしたビジネスシューズブランド「texcy luxe(テクシーリュクス)」を発売する。(2021/2/12)

福原愛、級友とともに会社設立 今後は「皆様の心に寄り添えるようなボーダレスな活動をしていきたい」
引退から約2年4カ月。(2021/2/10)

製造マネジメントニュース:
NTNが社長交代、新社長の鵜飼氏は“しゃべる軸受”の開発を目指す
NTNは2021年年4月1日付で実施する代表執行役交代について発表。現在、同社 取締役 代表執行役 執行役社長 CEOを務める大久保博司氏が退任し、取締役 代表執行役 執行役常務の鵜飼英一氏が新たな代表執行役 執行役社長 CEOに就任する。(2021/2/8)

検診車で「画像診断」「トリアージ」「詳細分析」を実施:
医療診断機会の少ない地域でもAI画像診断を実現 NTTデータがインドで結核診断へのアクセスを支援
NTTデータは、Microsoftと連携し、インドの医療診断機会が乏しい地域で結核診断を受診できるようにする。AI画像診断技術を適用した検診車と「Microsoft Azure」を活用して、インドのチェンナイの住民に対して結核診断を提供する。(2021/2/2)

「メルカリ寄付」、寄付先に慈善団体を追加 日本財団や日本ユニセフなど10団体
メルカリがフリマアプリ「メルカリ」でユーザーが得た売り上げ金の一部を自治体や企業に寄付できる「メルカリ寄付」の寄付先として、日本財団など10の慈善団体を追加したと発表。(2021/2/1)

新連載・定年延長のリアル:
「定年延長」への対応方法 4月の高齢法改正で何が変わる?
70歳までの就業機会確保を定める、改正高年齢者雇用安定法(高齢法)の施行まで間もなくとなりました。今回の高齢法改正で何が変わるのか? 定年延長が義務化されるのか? 定年延長の効果は? など、よく聞かれる問いに答えます。(2021/1/29)

ディスコ調べ:
22年卒の就職志望業界ランキング 「商社」や「官公庁」を抑え1位になったのは……
3月の就職活動本番を2カ月後に控え、2022年卒学生の準備状況はどこまで進んでいるだろうか。大手就職情報会社のディスコ(東京都文京区)が調査したところ、志望業界が「明確に決まっている」と回答した学生32.0%となったことが分かった。(2021/1/25)

視点:
サステナブルな移動需要喚起
地域に眠る観光資源を掘り起こし、それを種として人々の移動需要を喚起し、地域経済を活性化するコンセプトを紹介。(2021/1/25)

「天下一品」飲み物になる 中野店が「こってりスープのみ」のカップ販売を開始、狙いを聞いてみた
お酒の締めにぐいっといっぱい。(2021/1/21)

パナソニックも自社製マスクを一般販売 Panasonicロゴ入り
パナソニックは、自社の国内工場クリーンルームで製造した不織布マスクを、1月12日から一般販売する。50枚入り1箱3278円(税込、送料別)。(2021/1/8)

製造マネジメントニュース:
パナソニックが不織布マスクを一般販売、閉鎖予定の岡山工場で国内生産
パナソニックは、これまで社内向けを中心に生産してきた不織布マスクの一般向け販売を開始する。新型コロナウイルス感染症の影響の長期化と、それに伴う社会貢献活動の一環として一般販売を決めた。2020年1月12日10時から、パナソニック公式ショッピングWebサイト「Panasonic Store Plus」で販売を開始。税込み価格は50枚入り1箱で3278円。(2021/1/8)

社会貢献活動の一環:
パナソニックがマスクを発売 これまでは自社工場で“自給自足”
パナソニックがマスクを発売する。これまで自社工場で生産し、社員などに向けて供給してきた。コロナ禍の影響が長引きそうなので、社会貢献活動の一環として販売することにした。(2021/1/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。