ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「社会貢献」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「がんになりました」――そのとき会社は? 中京テレビが示した一つの“答え”
中京テレビが放送した、アナウンサーの「乳がん闘病記」。「抗がん剤治療をしながらキャスターを続けたい」と希望した社員に対し、会社はどのように対応したのか。“病と生きる時代”に、治療と仕事を両立させる意義とは?(2019/6/28)

インタビュー:
柱をさらに太く、マキシム・ジャパン林社長に聞く
Maxim Integrated(以下、Maxim)の日本法人であるマキシム・ジャパンの社長に2018年12月、林孝浩氏にインタビューした。(2019/6/18)

「困っている人」「助けたい人」マッチング 「&HAND」アプリ開発
仕事の専門知識やスキルを生かした社会貢献活動「プロボノ」が、新たなビジネスの可能性を生み出している。一般社団法人PLAYERSは、身体・精神的な不安や困難を抱えた人と、手助けをしたい人をマッチングするサービス「&HAND(アンドハンド)」を開発。大手企業との連携により、やりがいと社会課題解決の両立を目指して活動している。(2019/6/6)

製造マネジメントニュース:
「社会イノベーションといえば日立に」、東原社長が2021年度中計に意気込み
日立製作所が同社の事業方針を投資家向けに説明する「Hitachi IR Day 2019」を開催。その冒頭、「CEO Remarks」として、同社執行役社長 兼 CEOの東原敏昭氏が登壇し、2019〜2021年度の中期経営計画について説明した。(2019/6/5)

サイゼリヤ1号店で20年モノのサイゼリヤワインを飲む
本八幡駅北口から徒歩5分。(2019/6/29)

2019年7月には新施設を建設か:
デルとEMCジャパン版“宮崎キャンプ”に潜入 新製品の予定や最新動向を聞いてきた
デルおよびEMCジャパンは2019年5月、ユーザー向けイベント「Dell EMC テクニカルセミナー 宮崎キャンプ」を開催した。メディアにはあまり公開されないというその様子をのぞいてきた(2019/5/30)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
SDGsカード・シミュレーションで社会的課題の認識と解決を体験
SDGsは、2030年に向けた持続可能な開発目標で、近年多くの企業や教育機関がSDGsに取り組んでいる。(2019/5/20)

仮囲い:
アート作品を建設現場の“仮囲い”に飾るプロジェクトを全国展開、評定点に加算
ヘラルボニーはコバプロと提携し、建設現場の仮囲いに、知的障がいのあるアーティストが描いた作品を飾って地域活性化に役立てる「全日本仮囲いアートプロジェクト」を全国展開する。(2019/5/17)

マネーの達人:
ネットワークビジネスに勧誘されやすい人とは? 断るために知っておきたい「勧誘手口の4ステップ」
ネットワークビジネスに勧誘されやすい人には4つの特徴があります。間一髪で勧誘から逃げ切った筆者の経験から、勧誘方法の4ステップと断り方を解説します。(2019/5/14)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「会社員消滅時代」到来? 令和時代の“自由な働き方”に潜む落とし穴
平成30年間で会社の「働かせ方」は変わり、働く人との“信頼”は崩壊した。令和時代の働き方はどうなるのか。政府が公表している報告書を読み解くと、「自立」という美しい言葉が目立つ。だが、そこには落とし穴があって……。(2019/4/26)

iPhoneの最新おすすめ機種は? 目的と価格で選ぶ(2019年版)
日本で大きなシェアを占めるスマートフォンといえば「iPhone」。最新モデルに加えて廉価な旧モデルも併売されていることが特徴です。何を基準に選べばいいのか、ポイントを示しつつオススメ機種をご紹介します。(2019/4/23)

日本マイクロソフト、今夏に週休3日制を試験導入
日本マイクロソフトは、今年8月の全ての金曜日を休業日とする週休3日制を試験的に導入すると発表した。(2019/4/22)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
希望した客はいつもタダ! 奈良のトンカツ「無料食堂」が繁盛する深い訳
奈良に「希望者はいつでも代金無料」というトンカツ店がある。純粋な社会貢献で取り組む同店が繁盛する秘密とは?(2019/4/19)

日本における投資はさらに拡大:
Salesforce.comの20年と「カスタマーサクセス」への熱い思いをマーク・ベニオフ氏が語った
元祖SaaS企業として躍進するSalesforce.comが守り続けるコアバリューとは何か。会長兼CEOのマーク・ベニオフ氏も登壇した創業20周年スペシャルイベントから、成功のヒントとなる言葉を紹介する。(2019/4/16)

東大卒の父親に見下されてきた19歳女性が周囲の友達を「あの子はバカだ」と見下す 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
上野千鶴子の祝辞は、彼女にこそ聞いてもらいたかった。(2019/4/15)

製造業がサービス業となる日:
スマート工場のノウハウで病院をスマート化、GEヘルスケアは「社会実装」を重視
GEヘルスケア・ジャパンが2019年の成長戦略について説明。同社 社長兼CEOの多田荘一郎氏は、医療業界を取り巻く課題を挙げた上で「これらを解決するための社会実装をどうしていくかが重要だ。当社は、IoTやAI、協業による価値創造などで社会実装を進め、課題解決に取り組みたい」と語った。(2019/4/12)

スマートエネルギーWeek2019:
迫る太陽光パネルの廃棄問題、各社が再利用ソリューションを続々と披露
太陽光発電設備のリユース、リサイクルへの関心が高まっている。世界最大級の再生可能エネルギー展示会「スマートエネルギーWeek2019」でも、今年新たに「資源リサイクルEXPO」が開催され、注目を集めた。(2019/4/5)

就活でのチェックポイント:
会社説明会で見える“企業の嫌な点” 「社会貢献ばかりをアピール」「やたらパッションを訴えてくる」との声も
3月に入り、会社説明会が始まりました。これから参加する学生も多いようです。会社説明会は、会社の事業内容やビジョンなどを知るのと同時に、職場や働く人たちの雰囲気を確認することができます。この際、企業の嫌な部分を見つけてしまうこともあるようです。昨年、就活をした学生に、会社説明会やOB・OG訪問で企業の嫌な点が見えたときのことを挙げてもらいました。(2019/3/22)

竹中技術実務研修センター「想」に躯体の“ハイブリッド工法”“PC工法”の実物大モックアップを新設
竹中工務店は、兵庫県川西市の体験型研修施設「想」を増築し、躯体のハイブリッド工法/PC工法の実物大モックアップを新設し、新たな研修プログラムをスタートさせた。(2019/3/8)

mineo、パケットの寄付で仙台市復興支援 災害支援タンクを試せる「防災訓練」も
ケイ・オプティコムは、3月11日に応援パケットを活用した仙台市復興支援を実施。mineoユーザー全員でパケットを共有する「フリータンク」の仕組みを応用し、仙台ふるさと応援寄附を通じて「ふるさとの杜再生プロジェクト」への寄附を行う。また、災害時に開放する「災害支援タンク」が正しく使えるよう、3月11日限定で全ユーザーへ開放する。(2019/3/6)

エネルギー管理:
ブロックチェーンで電力をP2P取引、丸紅が米企業と日本で実証実験
丸紅は米国のLO3 Energと共同で、日本国内でブロックチェーン技術を用いた電力の「P2P取引」の関する実証実験を開始。発電事業者と需要家が、事前に設定した価格で模擬的に電力を売買する仕組みを構築する。(2019/2/26)

27歳起業家が挑む:
つらい飛び込み営業は駆逐できるか 「リファラル営業」の可能性と限界
飛び込み営業やテレアポの代わりに、企業と商材の売り込み先を紹介できる人をマッチングさせるSaleshubというサービスが登場。こうした「リファラル(紹介)営業」の可能性と課題とは。(2019/2/21)

スピン経済の歩き方:
なぜファミマの社会貢献は「24時間テレビ」のように見えるのか
ファミリーマートの「ファミマこども食堂」をめぐって、激しいディスり合いが行われた。「売名行為だ」と批判の声もあれば、「悪いことだと思わない」といった意見も。企業の社会貢献で叩かれるケースと、そうでないケースはどのような違いがあるのか。(2019/2/19)

ランニングにハマっていった女性たち:
「東京マラソンの仕掛け人」に聞く“ブームの作り方”
東京マラソンに構想段階から携わり続け、日本のランニングシーンを作り上げてきた早野忠昭氏に、マラソンブームをいかにして生み出したのかを聞いた。(2019/2/15)

前田建設と高知工科大が包括的連携協定を締結、大学内のICI分室とテレビ会議システムで共同研究
前田建設工業と高知工科大学は、社会的課題の解決や社会インフラ分野における科学技術の振興と発展に寄与することを目的とした包括的連携協定を締結した。(2019/2/14)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(50):
エンジニアのキャリアアップに「複業」をオススメする理由
将来の「キャリア」にモヤモヤすることはありませんか。もし、「仕事をそつなくこなせるようにはなったけれど、これから何をすればいいのだろう?」と悩んでいたら、複業してみるといいかもしれません。(2019/2/13)

国をあげての戦略が必要:
日本に根付くのか「スポーツボランティア」 応募者20万人と面談、8万人に絞り込み
2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は9日から、20万人超の大会ボランティア(愛称・フィールドキャスト)応募者と面談し、適性に応じて目標の8万人に絞り込む作業を始める。4年に1度の祭典を裏方として支える喜びや経験は今後、社会の活性化や街作りにも好影響をもたらし、2020年は日本の「スポーツボランティア元年になる」との期待が高まる。しかし、レガシー(遺産)を残すためには機運の継続や人材育成面など課題も多く、国をあげての戦略が必要となる。(2019/2/12)

広がる“嵐ロス”:
嵐「あと2年」の影響力 TV番組・CM・音楽……5人の足跡
来年末での活動休止を発表したアイドルグループ「嵐」はテレビやCM、音楽などで実績を残してきただけに、各業界に“嵐ロス”が広がる。一方で、2020年東京五輪・パラリンピックに向けた露出増大の予測やライブチケットの人気集中による混乱への懸念などさまざまな声が上がった。(兼松康、竹中文、三宅令)(2019/2/7)

連続2桁成長の主役:
「SAS Viya」が加速させるアナリティクスの民主化とデジタル変革、2019年度はどうなる?
SAS Institute Japanが2019年度のビジネス戦略に関する記者発表会を開催した。(2019/2/6)

ITりてらしぃのすゝめ:
Tカード情報の“令状なし提供”、本当に監視すべき相手は?
「Tカード」会員の情報が、令状なしで捜査機関に提供されていることが話題になった。この問題から、私たちはどんなことに気を付ければいいのだろうか。(2019/1/30)

特集:小学生の「プログラミング教育」その前に(9):
SOMPOシステムズ、サイボウズ、Microsoft、Google――企業がプログラミング教育に取り組む意義とは
みんなのコードは「コンピュータサイエンス教育週間」に全世界で実施されたプログラミング教育推進運動「Hour of Code」に合わせ、日本国内でのテクノロジー教育への関心を高める啓蒙活動を実施し、その一環として「パートナー企業 CSR取り組み報告会」を開催した。(2019/1/30)

CAE:
特許出願は技術者にとっての「タグ付け」、CAEで強い特許を取る方法とは
知財戦略は企業が市場を獲得を狙ううえで非常に重要だが、その意義が十分に理解されているとは言い難い。また技術者による特許への向き合い方もさまざまで、数百もの特許を出願する人がいる一方で、ノルマやクレーム対応としての関わりにとどまる人も多いのが現状といえる。(2019/1/25)

Tカード情報を令状なしで捜査当局に提供 CCC「社会貢献のため」
「弊社としては犯罪者が捕まることでよりよい社会に貢献できるのではないかという思いがあり、捜査に協力してきた」(2019/1/21)

食品ロス対策の現場を歩く:
西友の販売期限切れ食品はどこへ行く? 追跡して見えてきたものとは
食品ロス対策が社会問題化している。西友ではまだ食べられるのに廃棄せざるを得なかった食品の一部を寄付している。棚から商品が撤去されて寄付されるまでの流れを追ってみた。(2019/1/10)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
しらけ、後ろ向き、仲が悪いetc. 問題社員へのマネジメント5つのQ&A
経営者や管理職が日頃悩んでいる問題社員へのマネジメント課題のいくつかを、Q&A方式で考えてみた。(2019/1/10)

「上司と飲むのはイヤ」という部下も:
仕事に「やりがい」求める上司、「休みやすさ」求める部下――調査で分かった“世代間ギャップ”
30代以上の管理職と20代の若手では、仕事に求めるものはどう違うのか。人材会社アデコが調査結果を発表した。管理職はやりがいや社会貢献、若手は休みやすさや残業の少なさなどを重視していることが分かった。(2019/1/8)

自然エネルギー:
太陽光の“発電事業者”による新団体「ASPEn」誕生、その設立の狙いとは?
再生可能エネルギーの主力電源化がうたわれる一方で、太陽光発電には社会との共生など新たな課題も顕在化してきている。こうしたなか、中小規模の発電事業者を中心とする全国組織「一般社団法人太陽光発電事業者連盟(ASPEn/アスペン)」が誕生。発電事業者による組織を立ち上げた狙いとは? 設立シンポジウムの様子をレポートする。(2018/12/10)

Pepper社会貢献、北米へ ソフトバンクが100体以上を学校に寄付
日本では2017年から始まっているPepper提供プログラムが北米での展開を始めた。(2018/12/4)

「入院は痛いことばかり」「頑張れって言わないで」 aiboは“子どもの心”癒やせるか 初の検証へ
ソニーと国立成育医療研究センターが、犬型ロボット「aibo」によって長期入院中の子どもを癒やせるかを検証する。(2018/11/29)

就活ルール見直し:
新卒一括採用、今後の行く末は?
中西宏明経団連会長が就活ルールに対して問題提起をしたことを契機に、長らく議論されてきたルールの見直しが始まった。これまで何か課題で、今後どう変わっていくのだろうか?(2018/11/16)

Facebook、Twitter、LinkedInでも活用
ソーシャルメディアに使われるAI技術 マーケティングから密猟防止まで
企業はソーシャルメディアマーケティングにAI技術を利用することで、マーケティングオートメーションを進めている。ソーシャルメディアとAI技術を組み合わせた、意外な分野のユースケースも登場し始めた。(2018/11/13)

C&Cユーザーフォーラム&iEXPO 2018:
“自前主義”から脱却し、社会に貢献する技術を――NEC社長が語る「強化分野」とは?
NECのイベント「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2018」に登壇した新野隆CEOは、顔認証やAI、スマート化といった技術を使った社会貢献の事例を紹介しつつ、次世代を見据えた「共創」の重要性を取り上げた。(2018/11/9)

「分離プランのトップランナー」「楽天と“協争”」「au PAY」――KDDI決算説明会で語られたこと
KDDIが2018年度第2四半期の決算を公表した。報道関係者向けの説明会で、同社の高橋誠社長は何を語ったのだろうか。(2018/11/2)

社長の思い:
小さな段ボール工場が変えた避難所の光景
大阪府八尾市の一角にある小さな町工場のJパックス株式会社。作っているのは、段ボールだ。この会社が被災地の避難所の光景を変えようとしている。(2018/11/1)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
自動車メーカーの下請けいじめ?
自動車メーカーがサプライヤー(下請け)に価格低減などの厳しい要求をすることがしばしばある。このことと「いじめ」が本当にイコールなのだろうか。そもそもメーカーは下請けをいじめるメリットがあるのか?(2018/10/29)

ちょっとした面倒を解決:
「GitHub Actions」は、開発者に直接パワーを与える自動化ツール
GitHubが2018年10月中旬に発表した「GitHub Actions」は、一言で言えば「開発者のワークフローを自動化するサービス」。だが、一般的な自動化ツールではなく、開発者がそのパワーを直接、自身の問題を解決するために構成し、利用し、共有できるものだという。(2018/10/23)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
常識を「非常識」に徹底するマツダの働き方改革
マツダの働き方改革について書きたいと思う。あらかじめ断っておくが、マツダの働き方改革は、いわゆる総務・人事の領域の話ではない。それは徹底的にクルマづくりの話なのだ。(2018/10/22)

日本水産の取り組みから考える:
「から揚げのおじさんだ!」 食品ロス対策が社員と子どもを笑顔にした話
まだ食べられるのに捨てられる食品ロス問題が注目されている。日本水産では、これまで仕方なく廃棄していた自社商品を年間10トン以上、児童養護施設などに寄贈している。どのような経緯で活動をするようになったのだろうか。(2018/10/19)

詳細は10月25日に公表:
京都の僧侶が立ち上げた企業、電力小売りに参入 檀家減少を事業でカバー
僧侶が設立したベンチャーTERA Energy(京都市)が電力小売り事業に参入することが判明。商材は再生可能エネルギーを中心で、中国地方で展開する。過疎化による檀家の減少をビジネスでカバーする狙いがあるという。(2018/10/15)

77%が「レビューは有益」、93%が「レビューしてもよい」:
PR:「SIerに丸投げ」にできない時代、ビジネス向けITレビューサイトが企業ITにおける製品選択になくてはならない理由
SaaSを中心としたクラウドサービスが企業で広く用いられるようになった。10年ほど前から営業支援(SFA)や顧客管理(CRM)、経費精算、請求書管理などの分野でSaaSの提供が始まり、今では基幹システムを含めてありとあらゆるサービスがクラウド上で提供されるようになった。営業支援一つとっても数え切れないサービスが存在する。選択肢が増えるのはいい。だが、自社に合った製品やサービスをどう見つければいいのか。そのような中、米国で急速に人気を集めているのがビジネス向けITレビューサイトだ。(2018/10/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。