ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「バレーボール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「バレーボール」に関する情報が集まったページです。

女子アスリート新年会! 潮田玲子、宮里藍、田中琴乃、狩野舞子ら“日本スポーツ界の華”集結で笑顔が咲き誇る
みんな華があるなぁ。(2020/1/20)

映像分析やSNS、4K8K放送――技術で変わる五輪の見方
スポーツ観戦の在り方は、映像技術やソーシャルメディアの発展で変化を続けている。映像分析による競技のデータ化や、SNSで情報発信しながらスポーツを楽しむ観戦スタイル、総務省が普及を目指す4K8K放送などにより、東京五輪でもさまざまな観戦風景が見られるだろう。(2020/1/8)

JR東日本、高輪ゲートウェイ駅の改札にQRコード改札機導入
QRコードに対応した改札はJR各社では初めて。無人の決済システムを導入した店舗の営業も開始するほか、警備や清掃などのロボットを導入。(2019/12/4)

“まるで実写”の3D女子高生「Saya」、声を得て女子高の授業に登場 会話を通して「AIとは何か」教える
Sayaがりんなの技術を導入して会話ができるようになった。その能力を使い、リアルな女子高生と話した。(2019/11/30)

アニメ「ハイキュー!!」第4期が2020年1月10日から放送開始、オープニングテーマが流れるPVも公開
「ジャンプフェスタ2020」ではOVAの先行発売が行われます。(2019/11/29)

「いだてん」、チュート徳井義実の出演シーン再編集へ 11月3日放送回は43分から42分の放送時間
徳井さんの個人会社が所得の申告漏れを指摘されていたことを受けて。(2019/11/2)

新生烏野が集結! 舞台ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“飛翔”公開ゲネプロ
新たな歴史が始まる。(2019/11/2)

飛び蹴りしたりアタックしたり 思わずツッコみたくなる「立ち猫」さん 12月に大阪で写真展を開催
何でそうなるの?(2019/11/1)

28GHz帯の5G通信実演も:
行動認識AI×IoTボールで、サッカー選手をコーチング
KDDIは、「CEATEC 2019」(幕張メッセ、2019年10月15〜18日)で、行動認識AIとセンサー内蔵ボールを組み合わせた「アスリート育成支援システム」などを展示した。このシステムはKDDIとKDDI総合研究所のスポーツ行動認識AIとアクロディアが開発するセンサー内蔵サッカーボールで取得したデータを活用し、シュートフォームのアドバイスなどが行えるという。(2019/10/25)

人気の強制「修羅場」道場に密着【後編】:
ANA常務に聞く人材育成競争の“死角”とは――「ダイバーシティを目的化しない」
ANAで人事の責任者を務める常務の國分裕之氏に、社外の人材育成プログラムに参加した狙いを深堀りすると共に、現在の働き方改革をどのように捉え、ANAの人事や採用にどんな課題があるのか、いかにして乗り越えようとしているのかをインタビューした。(2019/10/30)

人気の強制「修羅場」道場に密着【前編】:
ANA社員が「女子高生バレーチーム」の監督に!? 謎の人材育成プログラム「文武両道場」に潜入
企業から派遣された受講生が2日間にわたってバレーボールチームを監督として率い、マネジメント能力を高める「文武両道場」という人材育成プログラムがある。全日本空輸(ANA)やそのグループ会社、横河レンタ・リース、日本財団、茨城県などの社員や職員が参加したこのプログラムに密着した。参加企業の狙いはどこにあるのか?(2019/10/24)

今日のリサーチ:
ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。(2019/10/14)

“水道屋マグネット”を並べてバボちゃんに マンション住民が無言の連携で作る話題のアートが着々と進化
Twitterで話題を呼んだ6月から、毎月どんどん絵柄が楽しげに。(2019/10/7)

“飲み物を横に置ける”コンパクトサイズで働き方改革を支援――「Let's note QV8」の秘密に迫る
パナソニックがLet's noteに「QVシリーズ」を追加した。パフォーマンス重視のコンパクト2in1で、働き方改革を促進するという。(2019/9/25)

年内めどにオープン化も:
「auスマートパスプレミアム」の会員特典が拡充 11月からコンテンツの“放題”サービスを追加
auの有料会員サービス「auスマートパスプレミアム」が、コンテンツの定額視聴に対応する。月額料金と既存サービスの内容は据え置きで、2019年内にはau契約者以外にもサービスを提供する予定だ。(2019/8/28)

精神論はもう古い IoTで野球技術を磨く
全国の野球愛好家たちに朗報だ。精神論や経験論が幅を利かせているスポーツ選手の育成において、特別な設備や指導者がいない環境でも、データを軸にした練習やけがの予防ができるサービスが登場した。(2019/8/19)

テレビアニメ「ハイキュー!!」5日間一挙放送決定 8月19日“ハイキューの日”に
いい語呂合わせ。(2019/8/13)

PR:「キャンペーンクイズの正解が3つに」「予定していた旅行も中止」 マネックス証券の中の人たちが語る「手数料引き下げ競争」の裏話が切なかった
投資家たちを騒がせた怒涛の1週間、中の人たちの悲しくもクスッとする素顔に迫ります。(2019/8/9)

東京五輪チケット追加販売が決定 システム上複数種目申し込めるが、申し込んだらアウトなトラップがあるので注意
8月8日から始まるよー。(2019/7/31)

イノベーター列伝:
フェンシング日本代表を支えるアナリストの闘志――日本フェンシング協会 千葉洋平氏
新市場の創造を目指す挑戦者を紹介します。(2019/7/25)

「かわいい」以外の言葉がみつからない コショコショからのバンザイを何度も繰り返す子猫ちゃん
語彙力がどこかへ行きました。(2019/7/14)

“IoT野球ボール”で選手の投球や体調をリアルタイム管理可能に
アクロディアとKDDIは、センサー内蔵型ボールを使って競技データを蓄積し、選手の技術向上や体調管理に活用できるIoTプラットフォーム「athleːtech」を開始。データに基づく全国ランキングやオンラインコーチング、コンディション管理サービスと併せて提供する。(2019/7/4)

見事な最終回「きのう何食べた?」 「腹八分目で長生きしような、俺たち」期待が高まる“シーズン2をゴールデンで”
原作からカットされた部分もあった(支持します)。(2019/7/1)

「デュエット機能」もフル活用:
卓球「Tリーグ」と「TikTok」のコラボレーションがお互いにもたらすメリットとは
認知拡大を課題とする卓球新リーグとファン層拡大を狙う大人気の動画SNS。パートナーシップの裏にある双方の思惑と協業の成果についてまとめた。(2019/6/24)

「タメって本当にいいですよね」 渡辺直美、辻希美、絢香ら1987年組の“タメ女子会”が最高の盛り上がり
絢香さんの歌、感動した。(2019/5/23)

春高へ向け、激闘必至! ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“東京の陣”公開ゲネプロ
今度の舞台は東京都代表決定戦。(2019/4/27)

これからのAIの話をしよう(スケート編):
元フィギュアスケート選手とディープラーニングの華麗な出会い 「選手の役に立ちたい」社会人大学院生の挑戦
プロでが見ても判断が分かれるフィギュアスケートの採点方法にAIを活用できないか? 元フィギュアスケート選手の廣澤聖士さんは、ジャンプの回転不足に着目して映像分析を進めている。(2019/4/12)

「少年マンガを少年に」 ジャンプとマガジン初の共同企画 "22歳以下限定”の狙いは
(2019/4/8)

アニメ「ハイキュー!!」新シリーズ制作決定! 熱いまなざしを送る日向と影山のビジュアルも公開
公式サイトでは告知PVも解禁。(2018/12/22)

「ありがとね。烏野高校排球部」 舞台「ハイキュー!!」を卒業した須賀健太、“仲間”とのクールな集合写真にファン感動
約3年間、烏野高校排球部の日向翔陽を演じました。(2018/12/18)

「餓死するかと思った」「顔に生理用ナプキンを……」壮絶な痛みを乗り越えて、整形女子たちが「かわいい」を求める理由
「美容整形トークショー vol.1」レポート。(2018/12/9)

バレーボールの選手かニャ? はりきって遊ぶ元気な猫さんたちがかっこいい
ETのような指先タッチもしてくれます。(2018/11/1)

観戦ビジネスの強み:
15兆円を目指すスポーツ市場、何を増やすのか?
日本の成長戦略の一環として、スポーツ市場を2025年までに15兆円の市場規模を目指すらしい。2012年時点の市場は7兆円(公営ギャンブルを除く)だが、何をどのようにして増やすのか。(2018/10/31)

NMR ねとらぼミステリー調査班:
実はノストラダムスの大予言は的中していた? 「創刊40周年記念 ムー展」で名物編集長を取材
ムー編集長に最強の超能力者は誰なのか聞きました。(2018/10/13)

平野ノラとぺえ、元バレー部同士の“対人レシーブ”に「軽く打ってるのに鋭い」「ずっと見ていられます」の声
現役時代は実力者の2人。(2018/10/7)

「自分の好きなものをやりたいだけ」 「水曜日のダウンタウン」の企画がヤバいのは演出の藤井健太郎がヤバいから説
「笑える番組って基本的には攻めてるものじゃないですか?」(2018/10/2)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ヒップをきれいに見せたい女性が増加 「ブラジリアンビキニ」ブームの真相
露出度が高く、ヒップを美しく見せるブラジリアンビキニがブームになっている。縮小を続けた女性の水着市場も底を打ったとみられているが、背景には何があるのだろうか。ブームの仕掛け人に聞いた。(2018/9/25)

PR:“ティッシュがなくてピンチ”な男性を無駄にスタイリッシュな方法で助ける動画「TISSUE STORY」が熱い
無駄に洗練された無駄のない無駄な動き。(2018/9/10)

混乱や待ち時間を解消?:
2020年東京五輪にNECの顔認証導入へ――関係者の認証チェックを「厳格かつ高速」に
※記事末尾に動画付き※ 東京2020大会の全会場と選手村、プレスセンターなどに、NECの顔認証が導入されることが分かった。関係者以外立ち入り禁止エリアの入場管理を、安全かつ迅速に実現できるという。(2018/8/8)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(46):
東京編:YOUは何しに奥多摩へ?――山の廃校で語学教育とシステム開発と地域活性化を模索する“くらげ”たち
JELLYFISHは奥多摩の廃校を活用し、高度IT人材育成を目的とした学校を開校した。学校は同時にラボ型開発の拠点でもある。生徒たちは語学やエンジニアとして必要な思考力などを学び、同時にアルバイトとして開発経験も積む。ゆくゆくは自身のアイデアやプロダクトで地域活性化も狙う。(2018/7/23)

スポーツチームを“投げ銭”で応援 NEMブロックチェーンで実現へ
NEMブロックチェーンを活用し、ファンがスポーツチームに“投げ銭”して応援できるコミュニティーサービスが9月にスタートへ。(2018/7/17)

元バレー日本代表、高橋みゆきが第1子出産 ブログではわが子との2ショットも
2015年に一般男性と結婚していました。(2018/7/11)

「不意にハート奪われた」「天使かよ」 “10頭身モデル”アンジェラ芽衣、KUNOICHI出演で世間が魅力に気付いてしまう
これでアニメや漫画も大好きとか完璧超人すぎる。(2018/7/3)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
自動運転で変わるクルマの未来を「移動のプラットフォーム」でリードしたい――IDOM 執行役員 北島昇氏
自動運転の普及で移動がサービス化する時代に向け、「車のプラットフォーム」を「移動のプラットフォーム」に変えたいと語るIDOM 新規事業・人事・広報管掌 執行役員の北島昇氏。その時代を見据えた新規事業開発や組織風土変革のコツとは?(2018/4/13)

中島美嘉、バレーボール・清水邦弘との離婚を発表 「家族としての時間を作ることが難しかった」
今後については「お互いの夢を追いかけ、お互いの人生を応援していきたいと思います」と前向き。(2018/2/3)

このミス、本ミス、文春3冠! ミステリ界を揺るがした『屍人荘の殺人』をネタバレなしで解説する
何がそんなにすごいのか。(2017/12/9)

「自分を好きでいてほしい」 同性愛告白の元女子バレー滝沢ななえ、告白後の心境つづる
初めて女性と付き合ったのはチームを移籍した20代前半とのこと。(2017/11/21)

DAZN「年間視聴パス」をJリーグの各クラブが発売 料金の一部がチームの強化費用に
「DAZN」が年間1万9250円(税別)で見放題になる「年間視聴パス」を発表。Jリーグ2018-19シーズンに向けクラブごとに特典を付けて順次販売する。料金の一部はチームの強化費用として還元する。(2017/11/17)

「似てる!」「神可愛い」 足立梨花、黒髪メガネで『ハイキュー!!』烏野高校バレーボール部の女神になる
もっと見下した感じでもいいです、いや、お願いします!(2017/10/22)

PR:給料日前はいつもギリギリの若者に翌日1000万円当たるチャンスを与えてみた結果
みなさんにもチャンスがあります。(2017/10/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。