ニュース
» 2009年07月27日 20時13分 UPDATE

IDC Japan調べ:企業のIT投資意欲、まだ上向かず

2009年度のIT投資予算を「減らす」と回答した国内の企業は「増やす」と回答した企業を大きく上回った。

[ITmedia]

 調査会社のIDC Japanは7月27日、世界景気の停滞により国内企業のIT投資がどのような影響を受けているかを調査し、結果を発表した。2009年度のIT投資予算を「減らす」と回答した企業は「増やす」と回答した企業を大きく上回り、IT投資の意欲は上向きとはならなかった

 調査によると、2008年度に対する2009年度のIT投資予算を「減らす」と回答した企業は43.3%だった。「増やす」とした企業は10.5%で、IT投資を抑制する傾向は強かった。

 2009年2月に実施した同様の調査と比較すると、「減らす」と答えた企業は19ポイント減少、(前回調査時は62.3%)、「増やす」と答えた企業は4.1ポイント増加(前回は6.4%)している。IDC Japanは今後のIT市場は改善に向かう兆候があるとまとめている。

 業種別では、サービス業に大きな改善が見られた。「減らす」と答えた企業は33.3%(前回は56.6%)、「増やす」という回答は20.2%(前回は15.9%)となった。金融業や製造業に比べて、IT投資に対する意識が高かった。

 IDC JapanでITスペンディング リサーチマネジャーを務める福田馨氏は「IT市場は徐々に改善しているが、ユーザー企業のIT投資予算は回復していない。ユーザー企業は、サーバの仮想化や統合化などの技術を継続的に利用し、支出を抑える」と話している。

 国内企業のCIO(最高情報責任者)を対象にIT投資動向を調査した。期間は5月13日から17日。363社の回答を得た。

2009年度のIT投資予算の増減 2009年度のIT投資予算の増減(出典:IDC Japan)

関連キーワード

IT投資 | IDC | CIO | 製造業


関連ホワイトペーパー

IT投資 | CIO


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -