ニュース
» 2009年07月29日 11時49分 UPDATE

ファミリーマート、PC3500台に統合セキュリティ管理ツールを導入

ファミリーマートは、3500台のPCのセキュリティ管理にハミングヘッズの統合管理プラットフォーム製品を導入した。

[ITmedia]

 コンビニエンスストアチェーン大手のファミリーマートは、約3500台の社内PCのセキュリティ対策を強化する目的で、統合型セキュリティ管理プラットフォーム製品を採用した。システムを提供するハミングヘッズがこのほど発表した。

 採用したのは、情報漏えい対策ソフトの「セキュリティプラットフォーム」と、自動化ツールの「インテリジェンスプラットフォーム」。ファミリーマートでは情報セキュリティ対策の強化、内部統制報告に必要な業務の効率化を課題としており、1つの製品でこれらの課題に対処できるとして採用を決めたという。

 ファミリーマートは、セキュリティプラットフォームとインテリジェンスプラットフォームによるセキュリティ管理体制を構築。運用後は、旧無線LANのアンインストールと新しい無線LANのインストール、ネットワーク設定の変更、Active Directoryへの参加、旧セキュリティソフトのアンインストールなどの作業を行った。

 従来、こうした作業は外部に委託していたが、同時に作業できるPCの台数に制約があり、長期間を費やしていた。新しい管理体制の導入で大幅な作業時間の短縮と作業コストの削減を図ったという。

 ファミリーマートは今後、ログの管理や分析機能なども活用し、運用コストのさらなる削減に取り組むとしている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連ホワイトペーパー

情報漏洩 | セキュリティ対策 | 内部統制


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -